Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

LGBT映画

Entry 2019/10/16
Update

LGBT映画『ウィークエンド』あらすじネタバレと感想。ゲイ特有の葛藤がリアルに見え隠れする

  • Writer :
  • 伊藤博章

ロンドン映画批評家協会賞受賞ほか、各国の映画祭で多数受賞した映画『ウィークエンド』。

あなたは、自分の運命を変えるような出会いを経験したことはありますか?そんな、運命の出会いを描いたのが『ウィークエンド』。

監督は『さざなみ』や『荒野にて』で知られるアンドリュー・ヘイ。

主人公は心に葛藤を抱えた2人のゲイの青年です。そして、描かれるのはたった2日間の出来事。

それは2人の孤独な心が癒されていく、ささやかで美しい瞬間でした。

今回は、そんな運命の2日間を描いた映画『ウィークエンド』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『ウィークエンド』の作品情報


(C)Glendale Picture Company MMXI

【公開】
2019年(イギリス映画)

【原題】
Weekend

【監督】
アンドリュー・ヘイ

【キャスト】
トム・カレン クリス・ニュー、ジョナサン・レース、ローラ・フリーマン

【作品概要】
『さざなみ』(2016)『荒野にて』(2019)のアンドリュー・ヘイ監督による、ゲイ2人のある週末を描いたラブストーリー。

ゲイのリアルな葛藤と心の交流を描いた本作には批評家から多くの好評価を受けました。

ロンドン映画批評家協会賞をはじめ、世界中の映画祭で数多くの賞を受賞。イギリスでの公開から8年越しに、待望の日本公開を迎えました。

映画『ウィークエンド』のあらすじとネタバレ


(C)Glendale Picture Company MMXI

イギリスのノッティンガム。ある金曜日。

プールで監視員として働くラッセルは友人が開くパーティに参加しました。

パーティでは、どこか口数が少ないラッセル。その後にしたラッセルは、一夜の相手を探しにクラブに向かいました。

ラッセルが、クラブで出会ったのはアーティストのグレン。バーを後にした2人は、ラッセルの家で一夜を共にします。

土曜日。目覚めたグレンはラッセルに昨晩の出来事の詳細を話すよう促します。

アート作品の一貫として、その語りを録音するためでした。それをためらうラッセル。

そのラッセルの姿から、グレンはラッセルの中にある葛藤を感じ取ります。

どこかラッセルに惹かれるグレン。そして、お互いの携帯電話の番号を交換し、ラッセルの自宅を後にしたグレン。

グレンの帰宅後、仕事に向かうラッセル。彼は同僚との休憩中でも、どこか口数が少なく上の空。

そんな中、グレンから一通のメールが届きます。それは、仕事の後に会おうという誘いでした。

朝以来に再開した2人は、ラッセルの家に向かい始めました。道中2人は互いのことを話し、自分のキャリアや過去についてを語ります。

そして、ラッセルは「自分には両親がいなく、他のゲイのようにカミングアウトを経験したことがない」と心の葛藤を明かします。

このことが原因でラッセルは自分に自信を持てずに、周囲の目線を気にしてばかりいたのでした。

心の距離を縮め始める2人。ラッセルの家に戻った2人は、再度、愛をかわし合います。

そんな中、グレンはラッセルにあることを告げます。

以下、『ウィークエンド』ネタバレ・結末の記載がございます。『ウィークエンド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

「明日、ノッティンガムを去る」グレンが告げたのはそれでした。

グレンはアートの勉強のため、アメリカのオレゴンへの移住を決めていたのです。

動揺するラッセル。それはグレンも同じでした。

グレンはラッセルを自身のお別れのパーティに招待し、ラッセルの家を去って行きました。

パーティにやってきたラッセル。彼はそこで、グレンのルームメイトのジルと出会います。

そこで、グレンの過去を知ります。それは、過去に付き合っていたジョンに何度も浮気をされていたこと、ゲイを理由に暴行を受けたことがあること。

そして、友人たちはグレンの渡米が本当は成功しないと思っているということを。ラッセルはグレンの孤独を知りました。

その後、ラッセルはグレンとパーティを抜け出し、2人は遊園地に立ち寄ります。

楽しいひとときを過ごす2人。遊園地を後にした2人が向かった先は、ラッセルの家でした。

そこでグレンは、ラッセルにジョンについて話はじめます。

ジョンに浮気をされたことは怒っていない、隠していたことに怒っていたのだと。

なくならないLGBTQへの差別に対する抵抗感、差別がなくなったと楽観する他のゲイ達に対する呆れが重なり、他者を信じることができなくなってしまっていたのです。

グレンの孤独を知ったラッセル。その後、2人は情熱的な夜を共にします。

日曜日。起きたラッセルはグレンに、自分が自信を持てない理由について話はじめます。

それは、通過儀礼としての両親へのカミングアウトを経験したことがないから。そこで、グレンはラッセルの両親になり代わり、ラッセルのカミングアウトを受け入れます。ラッセルは自信を取り戻します。

グレンはノッティンガムを出発する時間を告げ、ラッセルの家を早々に去っていってしまいました。

それは、ラッセルが友人の娘の誕生日パーティへ参加する予定になっていたためです。

グレンと過ごしたいと思いつつ、誕生日パーティに向かうラッセル。彼は誕生日パーティでもグレンのことが気になって仕方がない様子。そして、ラッセルは友人に初めて自身がゲイであることを告白します。

また、このようにも告げます、グレンにもう一度会いたいと。

友人に見送られ、駅に急ぐラッセル。彼はグレンと再会します。

ホームで電車を待つラッセルとグレン。決して多くの言葉は交わしませんが、互いの思いを感じ取る2人。

そして、2人は熱いキスを交わすのでした。これまでのラッセルだったら、人前でキスを交わすことなど、あり得ませんでした。

そこには、冷やかす周囲を睨み返すほどに自信を取り戻したラッセルの姿がありました。

帰宅したラッセルは、グレンが土曜日の朝に録音していた自身の言葉を聴き返します。自身の運命を変えた週末が終わっていくのを感じながら。

スポンサーリンク

映画『ウィークエンド』の感想と評価


(C)Glendale Picture Company MMXI

リアルなゲイの姿

映画『ウィークエンド』で描かれるゲイの姿はとてもリアルでした。現代社会でLGBTQが抱える葛藤は、より複雑になっています。

世間での理解が進んだとしても、なくならない彼らへの差別の目線。職場での雑談に加わるのでさえ難しいということ。ゲイである自分を受け入れることの難しさ。また、ゲイ同士の間でも生じる温度差

そのことは、グレンの「マッチングアプリと脱毛にしか興味がないやつばかりだ」という台詞が物語っていました。

そんな、他のLGBTQ映画では描かれてこなかったリアルな葛藤が『ウィークエンド』では描かれています

この映画では、大きな出来事は起こりません。描かれるのは2日のささやかな瞬間です。

そんな日常こそ、複雑な現代社会を生きるゲイ特有の葛藤が数多く見え隠れするのです。

『ウィークエンド』が、それ以降の映画でのゲイの描かれ方を変えたという批評家からの評価にも納得です。

かけがえのない瞬間の切り取り


(C)Glendale Picture Company MMXI

人と人が心を通わせること、それがいかに美しく尊いことなのか静寂に包まれた無機質なアパートで交わされる心の交流は、とても美しく温かに描かれます。

誰もが一度は経験するであろう、自身を大きく変えるような運命的な出会い。永遠に続くことはない、ほんの一瞬の時間の儚さ。
心を通わせるに連れ、徐々に部屋に満ちる慈しみ。

自身がゲイであることを公言するアンドリュー・ヘイは、そんな瞬間を儚くも温かく切り取っています

また、窮屈なパーティでのシーンに続いて描かれる遊園地でのデートの場面では、きらめくような美しさでした。

ゲイであるかに関わらず、人と人が心を通わせる普遍的な美しさが存分に伝わってくることでしょう。

まとめ

今回は『さざなみ』『荒野にて』のアンドリュー・ヘイ監督による『ウィークエンド』紹介しました。

そこには、人が人と心を通わせあうことの美しさが描かれていました。

それは“ゲイならでは”のものではなく、誰もが経験したことがあるかもしれない瞬間です。

その、きらめくような瞬間を真空パックしたかのような美しい映画が『ウィークエンド』です。

また、そこで描かれるラッセルとグレンの姿は現代的でリアルな姿でした。

LGBTQへの理解が進んでいるとしても、自分を受け入れることへの葛藤、なくならない差別意識、ゲイの中でも温度差があることが観客に示唆されています。

本作がこの後のLGBTQ映画に大きな影響を与えたということも十分納得できます

関連記事

LGBT映画

吉田羊&太賀『母さんがどんなに僕を嫌いでも』あらすじ。キャスト特報映像解禁!

俳優太賀&吉田羊による、迫真の演技が詰まった『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の特報がついに解禁! 女優の吉田羊が、ちょっぴり“嫌な”母親役に挑んだ本作は、その息子役LGBTであることを公表し …

LGBT映画

映画『BPMビート・パー・ミニット』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

90年代初頭のパリを舞台に、HIV/エイズに対する偏見と差別と闘った若者たちを描く『BPM ビート・パー・ミニット』をご紹介します。 『パリ20区、僕たちのクラス』(2008)等、ローラン・カンテ監督 …

LGBT映画

LGBT映画『彼が愛したケーキ職人』あらすじと感想。男女の性差を超えた愛を堪能する秀作

映画『彼が愛したケーキ職人』は、12月1日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開! アトナの寂しさや悲しみを取り去ってくれたのは、夫のオーレンが愛した男性トーマスだった…。 …

LGBT映画

映画『最初で最後のキス』あらすじと感想レビュー。ロレンツォ役の俳優リマウに注目

映画『最初で最後のキス』は、2018年6月2日(土)より新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次ロードショー。 思春期の「期待と不安」。それは“膨らむ夢と絶望”であると、あらためて見せつける高校 …

LGBT映画

チョコレートドーナツ動画無料視聴はHulu。実話ネタバレと感想

ダウン症の子どもを愛情込めて育てたいと願ったゲイ・カップル。 40年前のアメリカ西海岸であった実話を元に作られた映画『チョコレートドーナツ』。 マイノリティに対する偏見と差別の不条理さ、その偏見と闘う …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP