Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

LGBT映画

『ハンズ・オブ・ラブ』動画無料視聴はU-NEXT!実話の感想は

  • Writer :
  • いたる

25年間真面目な警官として生きてきたローレルはレズビアンであることを隠していました。

しかし、自分より若くオープンに生きるステイシーと出会ったことで生き方が変わり始めます。

大きな病と、平等を勝ち取るための闘いに人生を賭けた女性の物語『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』。

自分に正直に強く生きることの意味を教えてくれる映画『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』の作品情報

[c]2015 Freeheld Movie, LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2016年(アメリカ映画)

【原題】
Freeheld

【監督】
ピーター・ソレット

【キャスト】
ジュリアン・ムーア、エレン・ペイジ、マイケル・シャノン、スティーヴ・カレル、ルーク・グライムス、ジョッシュ・チャールズ

【作品概要】
2015年6月、全米の州で同性婚が合憲であるという司法判断が示されました。

この物語はそれから13年前に遡った2002年の実話を基にして作られました。全米で同性婚が実現していく過程で、州ごとに採用されたのがドメスティック・パートナー制度です。

これは日本でもこの数年、渋谷区や札幌市などで採用されている「パートナー条例」と同じように、同性カップルにも結婚に準ずる権利を与えるという制度です。

それまで何の権利も認められていなかった同性愛者にとっては、この制度ができたことはとても大きな助けとなりました。

しかし、あくまで「結婚に準ずる権利」に過ぎないわけで、認められない権利をめぐって当事者の不満が大きくなっていきました。

郡警察で25年間、優秀な刑事としてのキャリアを積み上げてきたローレルはレズビアンであることを隠して生きてきました。

ところが年下のステイシーと巡り合ったことで人生に対する考え方が変わり、郡で始まったばかりのドメスティック・パートナー制度を申請します。

同棲を始め、幸せな生活が続くと思ったところで、ローレルが末期の癌であることは判明します。

ステイシーに自分の年金を遺したいと願うローレルですが、法的に結婚しているわけではないという理由で郡政委員会で拒絶されます。

この決定を不服としたローレルとその支援者たちによる郡政委員会との闘いは大きな注目を集めていきます。死期が目前に迫るローレルの願いは叶うのか? この闘いを追いかけたドキュメンタリー映画『フリーヘルド(Freeheld)』を原作として、この映画は作られました。

(『フリーヘルド(Freeheld)』は2008年の第17回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭にて上映されました)

▼▼映画『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』はU-NEXTで観られます。
ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気をU-NEXTで無料で見る

2.映画『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』のあらすじとネタバレ

[c]2015 Freeheld Movie, LLC. All Rights Reserved.

2000年代初頭の、ニュージャージ州オーシャン郡。
男性社会の保守的な郡警察の中で、ローレルは優秀な刑事として、男に混ざって犯罪捜査の任についていました。

肉体的にハードな逮捕劇で活躍しても、郡政委員は同僚の男の刑事ばかりを評価します。
しかし、ローレルの相棒デーンは、そんな男性優位な社会を良しとはしていないようです。

休日、ローレルの姿は地元からかなり離れた街の体育館にありました。

レズビアン・コミュニティのバレーボール・サークルの練習に参加していたのです。


地元ではレズビアンであることをひた隠して生きているローレルは、知り合いもいない離れた町だからこそレズビアン・コミュニティに加わることができるのです。

ブロンドでウェーブのかかった長い髪のローレルは、ダイクと呼ばれるボーイッシュなレズビアンの中では目立つ存在でした。

自動車修理工として働く若いステイシーはローレルが気になり、声をかけます。
これが2人の出会いでした。

次の休日、ローレルとステイシーはセクシュアル・マイノリティが集まるクラブにいました。

お酒を買いに行こうとカウンターに向かったローレルは、同僚の若い男性刑事が男と親しげに話している姿を見かけて、顔色を変えて表に出てしまいます。


戻ってこないローレルを心配して追いかけてきたステイシー、店の外で話し込む2人にガラの悪い3人の男が絡んできます。

男勝りのステイシーが男たちに反撃しようとした瞬間、ローレルは拳銃を取り出して男たちを威嚇し、追い払います。

拳銃を持っていたことに驚き怒るステイシーに、ローレルは刑事だと伝えます。

その夜はローレルの家に泊まったステイシーですが、翌朝、2人の間には気まずい空気が流れていました。


刑事だということを隠していたローレルに怒るステイシーと、自分を隠して生きねばならない状況を理解しようとしないステイシーに戸惑うローレル。


オープンリーなレズビアンのステイシーと、クローゼットなレズビアンのローレル
生きる世界が違う2人の関係はこれで終わり、と思われたのですが・・・。

警察署に出勤したローレルに、クラブで見かけた同僚の男性がこっそり声をかけてきます。

「あそこで会ったことは秘密にしておいてほしい」と。

もちろんローレルは誰にも言うつもりはありませんでした。

しかし、この会話をステイシーと自分の関係に重ねたローレルは、署の外に出て電話をかけます。
仕事中に電話を取ったステイシーに、「好きだ」という気持ちをローレルは素直に伝えました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』ネタバレ・結末の記載がございます。『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

2人の関係は一挙に深まっていき、一緒に暮らす家を探しはじめます。

ステイシーが気に入ったのは海の側に建つ古い一軒家。
自分たちが暮らしやすい家にするために、ステイシーがレズビアンの大工仲間に協力してもらいながら内装工事を施していきます。

ローレルは住んでいる町から遠く離れた役場に行き、ニュージャージ州で始まったばかりのドメスティック・パートナー制度の申請をします。

ステイシーは仕事を探そうと近くの自動車修理工場に行きます。
ボーイッシュとはいえ小柄な女性というだけで断られそうになりますが、工場で一番の腕の男とタイヤ交換の時間勝負をして見事に勝ち、仕事とオーナーからの信頼を手に入れます。

楽しく始まった2人の生活ですが、ローレルの相棒であるデーンが引越し祝いを突然持ってきたことから、ローレルがレズビアンであることを知られてしまいます。
しかし、デーンは周囲の人にそれを話したりはしませんでした。

健康診断でひっかっかったローレルは精密検査を受けて末期の癌であることが分かりました。
自分の死期を受け入れるローレルですが、心配なのは若いステイシーのこと。
ステイシーが気に入って住みやすいようにカスタマイズした2人の家と愛犬との生活を遺してあげたいと考えます。

そこで、25年間勤務してきた警察の遺族年金をドメスティック・パートナーであるステイシーに遺したいと、郡政委員会に申請します。

5人の男性メンバーで構成された郡政委員会。
保守的なオーシャン郡の住人たちの考えを意識する4人は、ハナからローレルの申請を退けようと決めます。
その中で唯一反対したのが、メンバーでは最年少のリベラルな感覚を持つブライアン。
しかし多数決では叶わず、ローレルの申請は退けられます。

ローレルは郡政委員会の公聴会で直接訴えることにします。
しかし、保守的な委員の反対によりローレルの訴えは退けられます。

このことにより、ローレルがレズビアンであることを同僚が知ることになりました。
ヨソヨソしい態度を取り始めた同僚たちの視線を浴びながら、ローレルは治療に専念するために休職します。

公聴会を取材していた地元記者が、ローレルのことを記事にしたことで状況が動き始めます。

ユダヤ人のゲイ男性スティーブンが率いる同性愛者支援団体「GARDEN STATE EQUALITY」が、ローレルを支援すると申し出てきました。

スティーブンの狙いは、ローレルを宣伝塔にして、同性婚容認への道筋をつけたいというもの。
ローレルもその狙いを知りながら、目的達成のために共闘することを選びます。

スティーブンの仕掛けによるデモや、それを報道する地元新聞によって、郡政委員会への批判の声が大きくなっていきます。

ブライアンは娘から「弱いものをいじめる悪人」であるかのように責められます。

なぜ認めようとしないのだとデーンに問い詰められたブライアンは、郡政委員の弱みを示唆します。

スティーブンは州知事とのコネクションを利用して圧力をかけようと企みます。

ローレルの症状が悪化する中、訴えを通すための闘いは着々と進んでいきました。

そして再び公聴会に出席するローレル。


もはや自分の足では歩けないローレルの車椅子をステイシーが押していきます。
彼女たちを支えるデーン。
そしてデーンの説得で考えを改めた同僚の警官たちに囲まれて公聴会が始まります。

状況が不利と見た熱心なキリスト教信者の委員が欠席することで公聴会を無効にしようと画策しますが、公聴会寸前に州知事から電話がかかり圧力をかけられます。


スティーブンら多数の支援者が睨みつける中、郡政委員たちもローレルの願いを受け入れざるをえなくなります。

いよいよ死期が迫ったローレルは、ステイシーと愛犬と共に自宅で最後の時間を過ごしていました。
そこに訪ねてきたのが警察幹部とデーン。


ローレルが郡で初めての女性警部補に昇進したことを報告しにきたのです。

程なくして訪れたローレルの死。
ステイシーは思い出の海岸で、ローレルとの時間を回想するのでした。

スポンサーリンク

3.映画「ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気」の感想と評価

[c]2015 Freeheld Movie, LLC. All Rights Reserved.

この作品の主軸となるテーマは
「同性愛」
「重い病」
「権利を求める闘い」
「実話を基にした映画」

という4つの要素が浮かびます。

同じテーマで描かれた映画が思い受かびませんか?

そう、トム・ハンクスがエイズを理由に法律事務所を解雇されたことを不当であると法律事務所を訴える裁判を起こした実話を基にした1993年の映画『フィラデルフィア』です。

作品の主軸となる4つの要素、そして物語の構成が非常に酷似しているのですが、これは両作が同じ脚本家、ロン・ナイスワーナーの手によるものだからでしょう。

ゲイであることを公表しているロン・ナイスワーナーは同性愛やホモフォビア、HIVなどに関する作品を多く手がけています(ハリウッドにおける同性愛を暗示する描写を解説したドキュメンタリー『セルロイド・クローゼット』など)。

それだけではなく、LGBTやエイズでの差別に関する講演を積極的にしたり、LGBT映画のアーカイブを設立したりと、当事者の活動家としての顔も持っています。

『フィラデルフィア』と酷似した要素、構造を持っていますが、脚本としてはこの『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』の方が遥かに洗練され巧みな仕上がりになっています。

「同性愛」
「重い病」
「権利を求める闘い」
「実話を基にした映画」

という、両作に共通する4つの要素に加えて、『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』にはローレルとステイシーの出会いから恋に落ちていくという「ガール・ミーツ・ガール」の要素も加わっています。

主軸となる要素が増えたにも関わらず、上映時間を比較すると『フィラデルフィア』が125分で、『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』は103分です。

つまり『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』は、冗長な部分がほとんどない作品だと言えるでしょう。
その分、要素が多いのに上映時間が短いと、ダイジェスト的に物語を追うだけになるのでは? という危惧を覚える方もいるかもしれません。

しかしこの作品の脚本は、短い場面に多くの情報を圧縮して見せていくという手法でその危惧を払拭しています。

例えば冒頭の場面。

ローレルとデーン、もう一組の男性刑事たちによる麻薬密売グループの囮捜査の場面から犯人逮捕を祝うパブでの場面につながる部分に、その後の物語の展開に必要となるほとんどの要素が描かれています。

それは、
・警察内部での男性優位な構造
・それゆえに男性に負けないよう体を張って頑張らねば評価されないローレルの現状
・ローレルとデーンのパートナーとしての信頼感
・保守的な考え方の郡政委員会のメンバー
・そのメンバーの中で物語のキーとなる委員ブライアンとその娘の存在
・そしてローレルに仕事上のパートナー以上の好意を抱くデーン

というかなりの情報量が詰め込まれています。

そして、その直後に登場する場面では、オーシャン郡から距離のある土地でのレズビアンのバレーボール・サークルが練習する体育館。ローレルとステイシーの出会いが描かれます。

ここでも2人の僅かな会話だけで、ローレルが保守的な土地で公務員(警察官)であるためにいかにクローゼットな生活を送っているのか、対して若いステイシーはかなりオープンなレズビアンとして生活しているという対比が提示されます。

この短い場面に情報量を圧縮して見せていくという手法が、この後も何回も登場します。
冗長な部分が削ぎ落とされていくことによって、主軸となるテーマ・要素が明確に浮かび上がってきます。

『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』の物語の構造は非常にシンプルです。

・末期癌ゆえに余命が少ないローレルの残された短い人生
という時間軸に、
・ローレルとステイシーの出会いから深め合っていく愛情
・平等を求めるローレルの闘い

という2つの物語が同時に進行していきます。

ローレルの闘いに関しては
・闘う相手は保守的な郡政委員会
・最初はデーンしかいなかった味方が徐々に増えて大きな力となっていく

と明快な図式があります。

絶対強者に対して勝ち目がなさそうな闘いを挑む不屈の弱者、そしてその弱者に力を貸す助っ人が集まってくるという図式は、活劇の基本と言っても間違いないくらい映画的な興奮を呼び起こすわけです。

特にクライマックスの郡政委員会の公聴会の場面は、まさに活劇そのものです。

(戦いの)場が設えられていく戦の前の静けさ、そして敵が待ち受ける場に助っ人を従えて主人公が入ってくる、という「これはアクション映画のクライマックスか?」と思わせるほどの興奮を呼び起こす描かれ方でした。

冗長な部分をそぎ落とし、無駄のない直線的な物語の構造で、かつ活劇を思わせるような興奮させる描き方。退屈させる場面などまったくなく、冒頭からラストまでストレートに伝わってくる登場人物たちに感情移入するしかなくなります。

スポンサーリンク

4. まとめ

[c]2015 Freeheld Movie, LLC. All Rights Reserved.

スティーブ・カレルが演じるユダヤ人ゲイの活動家・スティーブンのエキセントリックな演技に散々笑わせられながらも、主軸となる物語はとても力強く感動的。

脚本、演出の巧さに加え、役者陣の演技も見事です。

冒頭はパワフルで健康的な警察官のローレルが、見る見る間に末期癌患者らしく変貌していく様を演じたジュリアン・ムーアの気迫の凄さ。外見だけじゃなく、声を枯れさせていく発声の変化は見事です。

笑って、泣いて、パワーをもらえるという、映画として超一流の完成度を堪能できる『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』。

レズビアンの映画だから自分には関係ない、なんて理由で敬遠してしまうのは勿体無い秀作です。

なお、ご覧になる際は、ティッシュやハンカチ、タオルなどのご用意をお忘れなく。

▼▼映画『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』はU-NEXTで観られます

ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気をU-NEXTで無料で見る

映画『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTがオススメです。

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができますで、大変お得になっています。

このポイントを使用すれば、今作『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』は無料視聴可能です。

また、31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2017年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

関連記事

LGBT映画

『しあわせな人生の選択』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

トマスは長年の友人でスペインに住むフリアンの余命が僅かであること聞き、カナダからフリアンに会いに訪れます。 映画『しあわせな人生の選択』は余命宣告されたフリアンと、彼を取り巻く人たちの最期の4日間を描 …

LGBT映画

チョコレートドーナツ動画無料視聴はHulu。実話ネタバレと感想

ダウン症の子どもを愛情込めて育てたいと願ったゲイ・カップル。 40年前のアメリカ西海岸であった実話を元に作られた映画『チョコレートドーナツ』。 マイノリティに対する偏見と差別の不条理さ、その偏見と闘う …

ココマルシアター招待券10名様プレゼント
日本映画大学