Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

LGBT映画

Entry 2018/05/11
Update

吉田羊&太賀『母さんがどんなに僕を嫌いでも』あらすじ。キャスト特報映像解禁!

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

俳優太賀&吉田羊による、迫真の演技が詰まった『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の特報がついに解禁!

女優の吉田羊が、ちょっぴり“嫌な”母親役に挑んだ本作は、その息子役LGBTであることを公表している原作・歌川たいじの感動の実話のストーリー。

今秋の11月公開に向け大きな話題を集めている『母さんがどんなに僕を嫌いでも』に注目です!

スポンサーリンク

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』とは


©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

2018年3月に映画化が発表され、注目の若手俳優の太賀が主演を務め、実力派女優の吉田羊と共演することで大きな話題となった『母さんがどんなに僕を嫌いでも』が2018年11月より全国公開されます。

感涙の実話を映画化した『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は、親からも、友達からも愛されたことがない青年が壮絶な過去を乗り越えて、母から愛をつかみ取るまでの実話の物語です。

主人公のタイジを演じるのは、若手俳優のなかでも高い演技力を認められた太賀

母親を演じる実力派女優の吉田羊は、さわやかなイメージを覆すほどの鬼気迫る熱演を披露。

共演で脇を固めるキャストに森崎ウィン、白石隼也、 秋月三佳のフレッシュな顔ぶれに加え、木野花たちの実力派俳優も脇を固めます。

演出は映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』や『ドラマW ダブル・ファンタジー』の御法川修監督が務めます。

特報映像の内容は

解禁された特報で「あんたなんか生まなきゃよかった」と泣き叫ぶ母親の衝撃的なセリフから幕を開けます。

太賀の目に溢れる涙や感情を露わにする痛切な場面、さらには吉田演じる母のさびしげな横顔が次々と映し出され、あなたの心を揺さぶられるはず。

併せて解禁された場面写真は、特報の緊張感とは一転、仲むつまじい親子にしか見えない太賀と吉田が映し出されています。

わずか、15秒の特報と場面写真だけでも、“誰も見たことがない太賀と吉田羊”に見入ってしまい、作品への期待が期待が高まります。

スポンサーリンク

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』のあらすじ


©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

タイジは小さい頃から大好きな母親の光子に愛されないまま、壮絶な家庭環境の中で育てられました。

耐えかねて17歳で家を飛び出し、一人で生きてきたタイジだったが、友人の言葉に動かされ、母親と向き合う覚悟をしました。

大人になっても自分を拒絶していた母親に歩み寄り、タイジは“母さんからの愛”を取り戻すために立ち向かっていきます…。

まとめ

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』2018年11月より全国公開!

本作『母さんがどんなに僕を嫌いでも』で、迫真の演技を見せる若手俳優太賀、今旬に飛躍する女優吉田羊の演技に注目です。

ぜひ、お見逃しなく!

スポンサーリンク

関連記事

LGBT映画

今田美桜映画『カランコエの花』あらすじとキャスト。作品はグランプリ5冠へ

今田美桜主演の映画『カランコエの花』は、2018年7月14日(土)より新宿K’s cinemaにて1週間限定ロードショー。 世界的な映画の1つテーマに浸透つつあるLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシ …

LGBT映画

映画『Boy Erased(ボーイイレイスド)』あらすじネタバレと感想。同性愛の“矯正”治療をテーマに扱う問題作

同性愛の“矯正”治療を描いた問題作『Boy Erased(原題ボーイ・イレイスド)』 今回ご紹介するのは2019年度アカデミー賞有力候補、ラッセル・クロウ、ニコール・キッドマン、ルーカス・ヘッジズとい …

LGBT映画

映画『アバウト・レイ16歳の決断』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『アバウト・レイ 16歳の決断』は、2018年2月3日(土)より、全国順次公開中です。 エル・ファニングが16歳のトランスジェンダーの少年役に挑み、ナオミ・ワッツ、スーザン・サランドンと共演を果た …

LGBT映画

映画『最初で最後のキス』あらすじと感想レビュー。ロレンツォ役の俳優リマウに注目

映画『最初で最後のキス』は、2018年6月2日(土)より新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次ロードショー。 思春期の「期待と不安」。それは“膨らむ夢と絶望”であると、あらためて見せつける高校 …

LGBT映画

映画『BPMビート・パー・ミニット』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

90年代初頭のパリを舞台に、HIV/エイズに対する偏見と差別と闘った若者たちを描く『BPM ビート・パー・ミニット』をご紹介します。 『パリ20区、僕たちのクラス』(2008)等、ローラン・カンテ監督 …

【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP