Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

インタビュー特集

Entry 2018/06/23
Update

オゾン監督来日!新作『2重螺旋の恋人』のティーチインのインタビュー内容とは

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

フランソワ・オゾン監督の『2重螺旋(らせん)の恋人』は、8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。

オゾン監督が、アメリカの女性作家ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を大胆に翻案、4年の構想期間を経て放つ、極上の心理サスペンス。

そんなオゾン作品が上映された、フランス映画祭2018(開催期間6/21~24)出品を記念して、この度フランソワ・オゾン監督が来日され、ティーチインイベントが開催されました。

スポンサーリンク

映画『2重螺旋の恋人』の作品情報


©2017 – MANDARIN PRODUCTION – FOZ – MARS FILMS – FILMS DISTRIBUTION – FRANCE 2 CINÉMA – SCOPE PICTURES / JEAN-CLAUDE MOIREAU 

【公開】
2018年(フランス映画)

【原題】
L’amant Double

【原作】
ジョイス・キャロル・オーツ「Lives of the Twins」

【脚本・監督】
フランソワ・オゾン

【キャスト】
マリーヌ・ヴァクト、ジェレミー・レニエ、ジャクリーン・ビセット、ミリアム・ボワイエ、ドミニク・レイモン

【作品概要】
『まぼろし』『スイミング・プール』のフランソワ・オゾン監督が、アメリカの女性作家ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を映画化。

性格が正反対な双子の精神分析医と、禁断の関係にのめり込んでいく女性の姿を官能的に描く心理サスペンス。

オゾン監督来日のティーチインの様子

本作『2重螺旋の恋人』の公開にあたり、今回は5年ぶりの来日となったオゾン監督。

フランス映画祭2018のなかで上映された『2重螺旋の恋人』の後にティーチインは開かれました。

6月22日の金曜日夕方17:45の回で、会場はイオンシネマ みなとみらい スクリーン8。

登壇者したのは、ご存知フランソワ・オゾン監督、そしてモデレーターには、矢田部吉彦(東京国際映画祭 プログラミング・ディレクター)でした。

この作品が日常と妄想を行き来するストーリーに関して、もともと「双子」というテーマにずっと興味を持っていたが、ジョイス・キャロル・オーツの原作に出会ったことで、この映画が生まれた語りました。

登場人物のキャラクターの作り方の過程や、混乱を引き起こす要因となるセクシュアリティに関する考え方についても、丁寧にも会場に訪れた観客に説明をしていました。

また、矢田部さんらしい投げかけでもあり、次は「次は団長で!」とお願いされたオゾン監督は、笑顔で「もっと歳を取ったらね!」とユーモアたっぷりにかわす一幕も見られました。

スポンサーリンク

オゾン監督のティーチインの質疑応答


©2017 – MANDARIN PRODUCTION – FOZ – MARS FILMS – FILMS DISTRIBUTION – FRANCE 2 CINÉMA – SCOPE PICTURES / JEAN-CLAUDE MOIREAU 

Q:今回の作品の発想の源は?

「出発点は私が双子に興味があったことですね。そこで原作(ジョイス・キャロル・オーツ)に出会いました」

Q:2人とも精神分析医にするというのは、オゾン監督の発想ですか?

「それはもともと原作にありました。変えたのは、精神分析のシーンですね。原作はアメリカ風の精神分析でしたが、フランス式に変えました。

アメリカとフランスの違い?フランスの方が精神分析医と患者が寝る可能性が高いのかどうか、それは私にはわかりません、でもやらないほうがいいと思うよ!笑

あと、ラストを変えました。原作は文学としては成立しますが、映画には向かなかったので変えました」

Q: ジェンダーを超越したような映画ですね?

「奇妙な意見だ。でも、私はこの映画でのセクシュアリティというのは「不満足」がテーマになってると思ってる。

この映画の主人公も恋人に対して愛情はあるんだけど、何かが足りない。

でも、性と心の乖離はよくある話だよね。どんな恋人でも満たされないものはあるし、その解決法は日本人の方が長けているのではないかな?」

Q: マリーヌ・ヴァクトをキャスティングした決め手は?


©2017 – MANDARIN PRODUCTION – FOZ – MARS FILMS – FILMS DISTRIBUTION – FRANCE 2 CINÉMA – SCOPE PICTURES / JEAN-CLAUDE MOIREAU 

「脚本を執筆した後に決めたよ。『17歳』の時もヌードだったから、受けてくれるか不安だったけど、みごとに勤めてくれた」

Q:なぜ猫が出てくるの?

「原作に出てくるからね。あとは、犬と違って、映画映えするんだよ、猫は。あと、猫は英語でプッシーというし、女性器の意味でもあるよね。でも、僕は猫が苦手、昔襲われたからさ。笑」

映画『2重螺旋の恋人』のあらすじ


©2017 – MANDARIN PRODUCTION – FOZ – MARS FILMS – FILMS DISTRIBUTION – FRANCE 2 CINÉMA – SCOPE PICTURES / JEAN-CLAUDE MOIREAU 

原因不明の腹痛に悩まされるクロエ。

彼女は精神分析医ポールの元を訪れます。

穏やかなカウンセリングにより、痛みから解放されたクロエはポールと恋に落ち、同居を始めます。

ある日、美術館の監視員の仕事を終えたクロエは、バスに乗り帰宅の途で、街角でポールに瓜二つの男を見かけます。

ポールは女性と浮気をしているのではないかと怪しんで、気になった男の元を訪ねます。

すると、ルイと名乗る男はポールと双子で、精神分析医だといいます。

しかも、なぜかポールはルイの存在を隠していました。

真実を突き止めるためルイの診察室に通い始めたクロエは、優しいポールと違い傲慢で、挑発的な態度を見せるルイに惹きつけられていきます。

やがて、クロエ、ポール、ルイの三角関係は、鏡合わせの様相と螺旋の謎にバランスを崩してしまい…。

スポンサーリンク

本作を上映する劇場情報

【北海道地区】
北海道 ディノスシネマズ札幌劇場 8/4(土)~終了

【東北地区】
青森 シネマディクト ルアール/ルージュ 9/29(土)~終了

【関東地区】
東京 ヒューマントラストシネマ有楽町 8/4(土)~終了
東京 ヒューマントラストシネマ渋谷 8/4(土)~終了

神奈川 シネマジャック/ベティ 8/4(土)~終了

群馬 シネマテークたかさき 終了

【中部地区】
愛知 伏見ミリオン座 8/4(土)~終了

【近畿地区】
大阪 テアトル梅田 8/4(土)~終了

兵庫 シネ・リーブル神戸 8/4(土)~終了

【九州・沖縄地区】
福岡 KBCシネマ 8/18(土)~終了

熊本 Denkikan 終了

沖縄 桜坂劇場ホール 9/8(土)~終了

*上記に記載された劇場は6月23日現在のものです。作品の特性からセカンド上映や全国順次公開されることが予想されます。お近くの劇場をお探しの際は必ず公式ホームページをご覧ください。

まとめ

今回はフランス映画祭2018のなかで上映された『2重螺旋の恋人』の後に行われたティーチインの報告と、5年ぶりの来日となったフランソワ・オゾン監督の様子とインタビューを紹介しました。

本作品『2重螺旋(らせん)の恋人』は、8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開

コワイ、コワイ映画、オゾン監督ファン必見。

ぜひ、お見逃しなく!


関連記事

インタビュー特集

【西原孝至監督インタビュー】映画『シスターフッド』に込めた想いと作家としての原点を語る

2019年の第14回大阪アジアン映画祭「インディフォーラム」部門でも上映された映画『シスターフッド』 学生団体「SEALDs」の活動に迫ったドキュメンタリー映画『わたしの自由について』(2016)で高 …

インタビュー特集

【荻颯太郎監督インタビュー】新人映画作家が2018年の今をどう生きているのか

2016年度の立命館大学映像学部の卒業成果作品『地球がこなごなになっても』では、卒業制作の域を超える実力を覗かせた期待の新人作家・荻颯太郎監督。 他作品に於いてもインパクトのある、独自性を発揮した映画 …

インタビュー特集

【三上博史インタビュー】最新映画『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』役者魂と自身の人生観を語る。

映画『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』は、2019年1月18日(金)より東京・テアトル新宿ほか全国順次公開。 【俳優:三上博史】 ©︎ Cinemarche 俳優、劇作家としても活躍す …

インタビュー特集

【サンドバーグ直美インタビュー】映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る

2018年11月17日(土)より、ユーロスペースほかにて全国順次ロードショーされる『MAKI マキ』。 本作で映画初出演にして主演を務めたサンドバーグ直美さんに、本作の見どころや魅力、撮影の裏側などを …

インタビュー特集

映画『地蔵とリビドー』笠谷圭見監督&山下完和(やまなみ工房施設長)インタビュー特集【アーティストの魅力と衝動を語る】

ドキュメンタリー映画『地蔵とリビドー』は、やまなみ工房のアーティストを通して、障がいとは何かを問い、彼らのリビドー(衝動)の根源を探ります。 (写真向かって左:笠谷圭見監督、写真向かって右:山下完和施 …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP