Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

【ネタバレ】グッドナイト、マミー|結末あらすじ考察と感想評価の解説。グロいホラーで描く包帯姿の母の正体と豹変する恐怖とは何か⁈

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

数年ぶりに再会した母親は、母親以外の「何か」だった…

双子のエリアスとルーカスが遭遇する、豹変した母親の恐怖を描いた、ホラー映画『グッドナイト、マミー』

数年ぶりに再会した母親は、顔中に包帯が巻かれた衝撃的な見た目となっており、これまでとは違う、冷酷な性格になっていたという本作。

幼い双子が母親へ抱く「疑念と恐怖」が、想像を絶するラストへと繋がる、本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『グッドナイト、マミー』の作品情報


(C)Amazon Prime Video

【公開】
2022年製作(アメリカ映画)

【原題】
Goodnight Mommy

【監督】
マット・ソベル

【原作】
ベロニカ・フランツ、セベリン・フィアラ

【脚本】
カイル・ウォーレン

【キャスト】
ナオミ・ワッツ、キャメロン・クロベッティ、ニコラス・クロベッティ、ピーター・ハーマン、クリスタル・ルーカス=ペリー、ジェレミー・ボブ

【作品概要】
2014年に公開され話題になった、オーストラリアのカルトホラーをリメイクした「Amazon Prime Video」オリジナル配信作品。

本作で豹変した母親を演じるナオミ・ワッツは『マルホランド・ドライブ』(2001)で、世界的な女優となり『ザ・リング』(2002)『21グラム』(2003)『インポッシブル』(2012)などの話題作に出演し、アカデミー主演女優賞にもノミネートされている、実力派女優です。

ナオミ・ワッツは本作で、製作総指揮も担当しています。

映画『グッドナイト、マミー』のあらすじとネタバレ


(C)Amazon Prime Video

幼い双子のエリアスとルーカスを寝かしつける為、子守唄を歌う母親。

母親は元女優で、老いてしまった自分の容姿に自身が持てず、父親がスマホで動画を撮影することすら嫌がっています。

数年後、ある理由で、母親と別々に暮らしていたエリアスとルーカスは、父親に連れられて母親の住む住居へ戻って来ます。

エリアスとルーカスを送った父親は「ママはまだ、パパと会いたくないようだ」と言い残し、車で立ち去ります。

数年ぶりに母親と再会したエリアスとルーカス。ですが、母親の顔は包帯で覆われており、顔がハッキリと分からなくなっています。

母親は「変化が欲しかった、仕切り直し」とだけ伝えます。エリアスは、母親にルーカスと描いた絵を渡し、母親は喜びます。

その夜、エリアスは久しぶりに、母親に「子守唄を歌って」とせがみますが、母親は子守唄を拒否します。

「母親は自分のことが嫌いになったのか?」と悩むエリアスを、ルーカスは励まし、子供の頃によく遊んだ納屋へ誘います。

母親から「入ってはいけない」と忠告されていた、その納屋の中には、謎の血痕が残っていました。

怯えるように納屋から出たルーカスを、母親は乱暴に掴み「約束を守れ」と異常な怒り方をします。

母親に恐怖を覚え始めたエリアスは、夜中に母親が「いつまで、あの子と一緒にいればいいですか?私はもう自身が無い」と、謎の電話をしている所を目撃します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『グッドナイト、マミー』ネタバレ・結末の記載がございます。『グッドナイト、マミー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Amazon Prime Video

母親を疑い始めたエリアスは、母親がリビングで昼寝しているのを確認し、ルーカスと2人で、母親の寝室に忍び込みます。

母親のベッドの下に、トランシーバーを仕掛けたエリアスですが、母親が寝室に戻って来た為、洗面台の下に隠れます。

そこでエリアスは、エリアスとルーカスが母親の為に描いた絵が、ゴミ箱に捨てられているのを目撃します。

さらに、煙草嫌いだったはずの母親が、煙草を吸いながら鏡の前で踊っている姿を見て「あれは母親じゃない」と、エリアスは確信します。

それ以降、エリアスとルーカスは母親を拒絶し、部屋の中に閉じこもります。ある夜、エリアスがトイレに行こうとした際、母親がパックをしてバスタブで眠っている所を目撃します。

エリアスが、母親の顔を見ようとパックに手をかけた瞬間、母親が目を覚まします。

母親から逃げて、部屋に戻ったエリアスは、部屋の扉が開かないように鍵をかけますが、母親がバールで鍵を破壊し、部屋の中に入って来ます。

エリアスが「お前なんかママじゃない!ママはどこだ!」と叫んだことで、怒った母親は、エリアスにシャワーで冷たい水をかけ「ママと言いなさい!」と強要します。

母親の異常性に耐えられなくなったエリアスとルーカスは、夜中に家を出て逃げ出します。

無人の民家を発見したエリアスとルーカスは、そこで夜を明かそうとしますが、捜索に来た警官に保護されます。

エリアスとルーカスを保護した警官は、母親のもとへ連れ戻します。姿を見せた母親は、包帯を取っており、元の母親の顔になっていました。

警官が帰った後に、母親は「あなた達のお陰で、包帯を取るのが3日早くなった」と怒ります。

次の日、母親が目を覚ますとエリアスとルーカスに、手足を縛られていました。

エリアスが持っている、女優時代の母親の写真は目が緑ですが、現在の母親の目は青。

目の色の違いから、エリアスは「目の前の母親は偽物」と確信していました。

エリアスは「本物のママは何処だ!」と、縛った母親に冷水をかけます。

エリアスは、目の色が写真と違うことを指摘しますが、母親は「それは宣材写真用に、カラーコンタクトを付けた写真。緑のカラーコンタクトがバッグの中に入っている」と言います。

実際にバッグを探したルーカスから「カラーコンタクトは無かった」と聞かされたエリアス。

エリアスとルーカスは、母親を縛ったまま、家を出ることを決意します。

再び家から逃げ出したエリアスとルーカスですが、縛られたままの母親が気になり、エリアスは家に戻ります。

そして、バッグの中をエリアスが探ると、母親の言う通り緑のカラーコンタクトが入っていました。

その瞬間から、ルーカスが姿を消します。エリアスは、縛っていた母親を解放し、謝罪します。

母親はエリアスに「真実を伝える」と、立ち入り禁止の納屋に連れて行きます。

そこで蘇る、エリアスの記憶。

納屋にあった猟銃で遊んでいたエリアスは、誤って猟銃を発砲させてしまい、その弾丸がルーカスに当たっていました。

納屋にあった血痕はルーカスのもので、ルーカスは死亡していました。それ以降エリアスは、死んだルーカスの幻影を、ずっと見ていたのです。

現実が受け入れられないエリアスは、母親を納屋の2階から突き落としてしまいます。

そして、母親が持っていたランタンの火が、納屋全体に燃え広がります。

燃える納屋から逃げ出したエリアスの前に、ルーカスと母親の幻影が笑顔で現れます。

スポンサーリンク

映画『グッドナイト、マミー』感想と評価


(C)Amazon Prime Video

幼い双子のエリアスとルーカスが、数年ぶりに再会した母親の、豹変した恐怖に遭遇するホラー『グッドナイト、マミー』

再会した母親の、顔中包帯だらけという見た目が衝撃的だけでなく、一切先が読めない構成が、見事な作品です。

母親が豹変した理由や、突然消えたルーカスなど、いろいろ謎が残る作品ですが、作中にヒントは隠されていますので、本作の謎を考察していきます。

母親が豹変した理由は?


(C)Amazon Prime Video

本作最大の謎にして、恐怖のポイントとなるのが「何故、突然母親は豹変したか?」という部分です。

結局のところ、母親が包帯だらけの見た目になったのは、美容整形をしたからです。

作品の冒頭で、母親が老いた自分の姿を撮影されるのを、極度に嫌がっていたことからも「容姿に関するコンプレックス」を、感じていたことが分かります。

母親は、再会したエリアスに「変化が欲しかった、仕切り直し」と言っているので、ルーカスが亡くなったことから、気持ちを切り替える為に、自分の中で何かを変えようとし、このタイミングでの美容整形となったのでしょう

では「何故、母親の性格まで変わったのか?」ですが、亡くなったルーカスが、エリアスには、今でも見えていることから動揺したと思われます

そもそも、エリアスが母親と再会するまで「何処にいたのか?」は説明されていません

エリアスが、夜中に母親の電話を聞いた際「いつまで、あの子と一緒にいればいいですか?私はもう自身が無い」という話をしているのですが、これは精神病院の医師との会話でしょう。

つまり、ルーカスを殺してしまったエリアスが、精神病院に入院し退院した後も、ルーカスの幻影が見える、精神的な病に侵されている姿を見て、母親は耐えられなくなったのです。

母親はエリアスに「鍵を閉めるな、外に出るな、家を走るな」などの約束事を決めますが、これは、精神的に不安定なエリアスを、母親が監視する為です。

作品の終盤で、いきなり姿を消すルーカスですが、母親が買っておいた玩具が1つだけだったり、母親の寝室に一緒に忍び込んだルーカスが、いつの間にか消えていたり、警官と話をしているのがエリアスだけだったり、最初から伏線は張られています。

『グッドナイト、マミー』は、豹変した母親の恐怖を描いた作品ですが、目線を母親に変えて作品を観てみると、実は悲しい物語であることが分かります

寝室での母親の奇妙な行動の理由


(C)Amazon Prime Video

『グッドナイト、マミー』では、エリアスが寝室で、母親の奇妙な行動を目撃する場面が、かなり不気味で恐怖を煽ります

ここで謎なのが、煙草嫌いのはずの母親が、何故煙草を吸っていたのでしょうか?

重要なのは、母親が元女優という点です。

母親はおそらく、子供達にとって「理想の母親」を演じており、エリアスとルーカスにとっての「優しくて大好きなママ」が、実は虚構だったのです。

誰も見ていない1人の寝室で、母親は1人の女性である本来の自分に戻ったのでしょうね。

エリアスとルーカスが産まれたことをキッカケに、煙草をしばらくやめていたのでしょうが、ルーカスの死と、エリアスの精神的な病が耐えられなくなり、再び吸い始めたと考えられます。

本作の母親だけでなく、誰しも「自分が与えられた役割」を少なからず、演じている部分はあるのではないでしょうか?

エリアスにとって、理想の母親だった存在は、実は母親が演じていた幻影だった可能性が高いですね。

ラストにエリアスが見た幻影


(C)Amazon Prime Video

ラストで、全ての真相が明かされた直後、母親を突き落とし殺してしまったエリアスが見る、ルーカスと母親の幻影

完全にバッドエンドですが、エリアスはこれまで見えていたルーカスの幻と共に、今後は母親の幻影も見えるようになったということで、完全に病が悪化しています

ただ前述したように、エリアスにとっての理想の母親は、元女優が演じていた、言わば幻想のような姿。

例え幻影でも、大好きなルーカスと母親と、今後一緒にいられることで、エリアスにとっては幸せなのかもしれません。

『グッドナイト、マミー』のエンディングは、解釈次第で「救いようのないラスト」にも「エリアスにとってのハッピーエンド」にも、どちらにも受け取れる、やはりここも視点の変化で印象が変わるという、かなり計算された作品です。

まとめ


(C)Amazon Prime Video

リメイク版となる本作は、オリジナル版の『グッドナイト、マミー』と、ほぼ同じ内容です。

オリジナル版は、母親へ不信感を抱き始めたエリアスの妄想が、結構グロいので、特に虫が苦手な方は、リメイク版をオススメしたいです。

ラストが分かったうえで、もう一度観賞すると、伏線の張り方や構成が、かなり練られていることが分かるので、ホラーやサスペンス好きの方は、いろいろと考察しがいのある作品ではないでしょうか?



関連記事

ホラー映画

映画『透明人間(2020)』ネタバレ考察評価と内容解説。人間に狂気を感じてゾッとする怖さの正体

女性の復讐劇だけない、追い詰められた人間の狂気が怖いリメイク版『透明人間』 2020年7月に公開されたホラーのリメイク作品『透明人間(2020)』。1897年に刊行された原作小説を基に、1933年版の …

ホラー映画

映画『ドント・ブリーズ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末までガチ怖ホラーを解説

映画『ドント・ブリーズ』のあらすじネタバレと感想や評価をまとめました! 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『ドント・ブリーズ』映画作品情報をどうぞ! スポンサーリンク CON …

ホラー映画

映画『クワイエットプレイス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『クワイエット・プレイス』は、9月28日(金)より全国ロードショー! 『ボーダーライン』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のエミリー・ブラントが主演の新感覚ホラー。 プライベートでも彼女の夫であ …

ホラー映画

The Mortuary Collection/葬儀館のコレクション|ネタバレあらすじと感想。ラスト結末の解説も【死体に纏わる残酷ホラーをファンタジックに描く】

《全ての死には物語がある》 幻想的な『葬儀館のコレクション』は奇妙な葬儀屋が語る、死体にまつわる残酷で悲劇的な物語たちを描いたオムニバス・ファンタジーホラー映画。 脚本・演出を担当したライアン・スピン …

ホラー映画

映画『ポゼッション』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

その怪物を生んだのは、愛か…狂気か…。 フランス映画界の至宝イザベル・アジャーニの咆哮が響き渡る『ポゼッション』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『ポゼッション』の作品情報映画『 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学