Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2019/12/03
Update

『ゴーストマスター』洋画ホラー映画愛を解説。鬼才ロメロやフーパー監督に心酔した【脚本家・楠野一郎とヤングポール監督の臓物リスト】

  • Writer :
  • 増田健

映画『ゴーストマスター』は2019年12月6日(金)より、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー!

映像企画発掘コンペ「TSUTAYA CREATERS’PROGRAM FILM 2016」で準グランプリを受賞。その後、各国の映画祭に出品され、世界の映画ファンから“究極の映画愛”を描いた作品として熱い支持を集めた映画『ゴーストマスター』

この作品には過去の名作ホラーのオマージュと言うべきシーンや、監督の名前の引用など、様々な形でホラー映画への愛が表明されています。

この映画をよりお楽しみいただくために、今回はこの作品に影響を与えた作品、人物についてごく一部ですが解説してまいります。

それでは『ゴーストマスター』攻略リスト、まずは【洋画編】を紹介してまいります

スポンサーリンク

映画『ゴーストマスター』の作品情報


(C)2019「ゴーストマスター」製作委員会

【公開】
2019年12月6日(金)(日本映画)

【脚本】
楠野一郎

【監督・脚本】
ヤングポール

【出演】
三浦貴大、成海璃子、板垣瑞生、永尾まりや、原嶋元久、寺中寿之、篠原信一、川瀬陽太、柴本幸、森下能幸、手塚とおる、麿赤兒

【作品概要】
安易な恋愛青春映画の撮影現場が、血みどろホラーの舞台へと変貌。やがて物語は映画製作への熱い愛を語り始める。怒涛のクライマックスへ向け突っ走る、ホラー・コメディ映画。

監督はアメリカ人の父と日本人の母を持つヤングポール。黒沢清監督に師事し、東京芸術大学大学院修了製作の映画『真夜中の羊』は、フランクフルト映画祭・ハンブルク映画祭で上映されています。

その後イギリスのレイダンス映画祭では、「今注目すべき7人の日本人インデペンデント映画監督」の1人に選出され、『それでも僕は君が好き』などドラマの演出にも活躍中です。

三浦貴夫と成海璃子が主演を務め、2人をとりまく撮影現場の俳優・スタッフ陣を、川瀬陽太・森下能幸・手塚とおる・麿赤兒など個性派俳優たちが固めます。

映画『ゴーストマスター』のあらすじ


(C)2019「ゴーストマスター」製作委員会

とある廃校で撮影中の人気コミック映画化作品、通称「ボクキョー」こと『僕に今日、天使の君が舞い降りた』。その現場には監督やスタッフからこき使われる、助監督・黒沢明(三浦貴大)の姿がありました。

日本映画代表する巨匠と同じ名を持つ黒沢ですが、本人はB級ホラー映画を熱烈に愛する気弱な映画オタク。今日も現場で散々な目に遭わされますが、いつか監督として映画を撮らせるとの、プロデューサーの言葉を信じて耐え忍んでいます。

黒沢の心の支えは、自分が監督として撮る映画『ゴーストマスター』の書き溜めた脚本。それ敬愛する、トビー・フーパー監督の『スペースバンパイア』にオマージュを捧げた作品でした。彼はそれを肌身離さず持ち、手を加え続けていました。

ところが「ボクキョー」の撮影は、主演人気俳優が“壁ドン”シーンに悩んで撮影が中断。皆の不満は黒沢へと集中します。それでも黒沢は、出演女優の渡良瀬真菜(成海璃子)に自分が撮る映画、『ゴーストマスター』への熱い想いを伝える事が出来ました。

ところが黒沢に対し、真菜は厳しい言葉を浴びせます。さらにプロデューサーは彼に映画を撮らせる気など無いと知り、黒沢は絶望のどん底へと突き落とされます。

黒沢の不満と怨念のような映画愛は、『ゴーストマスター』の脚本に憑依します。悪霊を宿した脚本は、キラキラ恋愛映画の撮影現場を、血みどろの惨状に変えてゆきます。

どうすればこの恐怖の現場から逃れられるのか、悪霊と化した脚本を浄化させる事ができるのか。残された者たちの、映画への情熱が試される…。

『ゴーストマスター』に影響を与えた作品・人物を解説

『ゴーストマスター』に最も影響を与え、作品の骨子となっているものは映画『スペースバンパイア』であり、それを生んだトビー・フーパー監督です。

この大きな存在については、別に記事を用意させて頂きました。

では、それ以外で作品登場する作品・人物の一部を、深掘り解説いたします。

スポンサーリンク

“マスター・オブ・ホラー”と呼ばれた男、ジョージ・A・ロメロ

ジョージ・A・ロメロ監督のプロフィール

1940年生まれ。中学生の頃には8㎜映画を撮り始めていた彼は、1968年地元ピッツバークの仲間と共に製作した映画『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』を発表、作品はカルト的な人気を呼び大ヒット、現在我々がイメージする“ゾンビ”像を作り上げます。

1978年に『ナイト・オブ~』を発展させた続編『ゾンビ』を発表。前作により激しいアクション、人体破壊描写を加えた『ソンビ』は全世界で大ヒット、ロメロの描いた“ゾンビ”像は、ご存知の通り今やサブカルチャーの分野で、欠かせない存在になりました。

その後監督した『死霊のえじき』などの「ゾンビ」シリーズ以外にも、数多くのホラー映画を手がけていますが、作品に社会的なテーマを盛り込む、自身の作家性を重視したスタイルで映画を作り続けていました。

その結果ハリウッドから距離を置いて活動する事になりますが、その姿勢はホラー映画・ソンビ映画のファンのみならず、多くの映画ファンから尊敬されることになります。

2017年77歳にて死去。その報が駆け巡るや、世界中のホラー映画ファンが、“マスター・オブ・ホラー”の死を悼みました。

なぜロメロでなく、フーパーが選ばれた?

参考映像:『ランド・オブ・ザ・デッド』予告編(2005年日本公開)

トビー・フーパーと同じく、インディーズのホラー映画の成功からキャリアをスタートさせたジョージ・A・ロメロ。しかしその歩みは順風満帆ではなく、辛く困難な時期も経験しています。

ならば『ゴーストマスター』のモチーフは、ロメロ監督と『ゾンビ』でも良かったのでは?

ロメロにとっての幸運は、2002年に感染系ゾンビ映画『28日後』と、ソンビシューティングゲームを映画化した『バイオハザード』がヒットしたことでした。

これ以降現在に至る、新たなゾンビブームが巻き起こり、ロメロの『ゾンビ』はザック・スナイダー監督、ジェームズ・ガン脚本の『ドーン・オブ・ザ・デッド』としてリメイクされました。

その結果ロメロ自身が、新たな「ゾンビ」シリーズの映画を監督する環境も整います。彼は『ランド・オブ・ザ・デッド』に『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』、監督としては最後の作品となる『サバイバル・オブ・ザ・デッド』を完成させました。

他のゾンビ映画と一線を画する社会風刺を込め、シリーズを通し独自にゾンビを進化させる事が出来た、ジョージ・A・ロメロ。晩年に自らが望む映画を監督出来たのは幸いでした

ロメロと同様にファンの尊敬を集めながらも、それより厳しい映画監督人生を歩み、ロメロよりも娯楽性の高い映画を作ろうとしたトビー・フーパー。その姿こそ、『ゴーストマスター』の主人公に相応しいものでした。

そして、脚本を担当した楠野一郎が、『ゴーストマスター』の脚本を書いている最中にフーパー、ロメロが亡くなります。彼は意識してこの作品を、偉大な2人のホラー映画監督に捧げて脚本を完成させました

サム・ライミと「死霊のはらわた」シリーズ

参考映像:『死霊のはらわた』予告編(1985年日本公開)

主人公・黒沢の怨念が憑りついた『ゴーストマスター』の脚本は、禍々しい顔を持つ呪われた書物に変貌します。

これはサム・ライミ監督の映画『死霊のはらわた』に登場する、悪霊を蘇らせてしまう呪文が記された書物、「死者の書(ネクロノミコン)」のパロディです。

今や「スパイダーマン」シリーズの監督として、『ドント・ブリーズ』などホラー映画製作で有名なサム・ライミですが、彼もまたインディーズホラー映画『死霊のはらわた』が出世作となった監督です。彼が後のホラー映画に与えた功績の1つは、突き詰めた残酷描写は、結果として笑いを生むことを証明したことです

クラシック映画のファンでもあったライミは、ホラー映画のバイオレンスシーンは、スラップスティック・コメディ映画のドタバタ劇に通じていると、正しく理解していました

ちなみに『ゴーストマスター』で何かの一部が暴走して、ドタバタ劇を繰り広げるシーンは『死霊のはらわたⅡ』へのオマージュであり、狙い通りにブラックな笑いを提供しています。

スポンサーリンク

映画という名の悪魔に憑りつかれた男、ウィリアム・フリードキン

参考映像:『エクソシスト』予告編(1974年日本公開)

ブチ切れた黒沢は憎きプロデューサーに対し、自分が敬愛する映画監督の名を次々と口にします。その中の1人は、怨霊と化した『ゴーストマスター』の脚本すら、震え上がらせる人物でした。

その名はウィリアム・フリードキン。悪魔祓いを描いた『エクソシスト』の監督として有名ですが、製作当時は映画にリアルを求めるあまり、俳優をサディステックに追い込み、この映画の本物の悪魔は、実は監督だと周囲に恐れられた人物でした

スタジオのセットに業務用の冷却装置を大量に持ち込み、常時0度と言われる環境で役者を演じさせ、震えに耐える姿と白い吐息を表現します。悪魔に憑りつかれた少女を演じたリンダ・ブレアはその環境で、薄着でベットに横たわって演じていたのです。

さらにフリードキンは現場に銃を持ち込み、撮影中いきなり発砲する行為を繰り返します。それは俳優の神経をズタボロにしますが、画面に異様な緊張感をもたらします。

エレン・バースティンが倒れるシーンが気に入らないと、彼女の体にピアノ線を付けスタッフに引きずり倒させ、出演してもらった実際の神父がNGを繰り返すと、その頬にビンタを喰らわし、動揺し震える姿を撮影します。

気弱な黒沢に、このような行為ができるとは思えませんが、彼の映画への情熱の中には、この悪魔の様な監督への憧れもありました。なるほど怨霊を生み出す訳です

フーパーの映画のために“炎上”した男、ジョン・ランディス

娯楽映画を愛する黒沢は、ホラーだけを愛して訳ではありません。彼の口にした監督の中に、ジョン・ランディスの名があります。

映画製作の現場で働き、スタントマンとして出演しながら経験を積み重ねた彼は、1973年自主製作のホラー・コメディ映画『シュロック』で監督デビューを果たします。

そして『ケンタッキー・フライド・ムービー』、『アニマル・ハウス』、そして『ブルース・ブラザース』に『狼男アメリカン』と大ヒットコメディ映画を連発し、時代の寵児となります。

そしてスティーヴン・スピルバーグと共に製作した、オムニバス映画『トワイライトゾーン 超次元の体験』の1エピソードを監督します(ちなみに黒沢はこの映画に参加した監督全員、ランディス、スピルバーグ、ジョー・ダンテジョージ・ミラーの名を口にします)。

ところがランディスは、この映画の撮影中の事故で、出演者のビック・モローと2人の子役を死なせてしまいます。彼は大きな挫折を味わうと共に、心に深い傷を負う事になります。

以降もランディスは、ハリウッドのメジャースタジオで映画を作り続けますが、どこか彼の作品には暗い影が現れるようになります。そんな彼の作品に、カメオで多くの監督が出演してるのは、傷心の彼を応援する行為だったと言われています。

参考映像:『スポンティニアス・コンバッション 人体自然発火』予告編(1991年日本公開)

そんなランディスも、挫折を経験したトビー・フーパーのために、彼の映画『スポンティニアス・コンバッション 人体自然発火』に、久々にスタントマンとして出演します。この映画で火を噴き転げ回っている人物こそ、ジョン・ランディスです

70年代頃にハリウッドのメジャースタジオ以外から、デビューを果たしたアメリカの映画監督たちの間には、そんな絆がありました。黒沢もきっと、そんな仲間を求めていたに違いありません

意外にもホウ・シャオシェン(侯孝賢)の名が飛び出す

参考映像:侯孝賢監督作『冬冬の夏休み』『恋恋風塵』デジタルリマスター版予告編

他に黒沢が口にした監督には、ジョン・カーペンターブライアン・デ・パルマ、そしてルチオ・フルチの名がありました。

よくもまぁ、次々名前が出たものです。しかし一般映画ファンにも大人気の、B級映画が大好きな、あの有名監督の名前が無いと指摘されます。黒沢も妙なこだわりを持つ男です。

黒沢に散々言われたプロデューサーにも、憧れの映画監督がいました。その人物の名こそホウ・シャオシェンです。

80年代に台湾ニューシネマと呼ばれた、抒情的で芸術的にも高く評価された映画を手がけた人物の1人がホウ・シャオシェンです。当時日本でミニシアターと呼ばれた、アート系映画中心に上映する映画館で、人気の高かった作品を数多く監督しています。

黒沢とは映画の趣味が全く異なるプロデューサー、トビー・フーパーや『スペースバンパイア』を知らないのも無理はありません。なるほど両者の対立は不可避です。

そして、今は金の事しか考えないプロデューサーもまた、映画に憧れて業界に入った人物だと考えましょう。いつしか映画への愛を忘れ、業界の現状に流された、哀れな元映画青年だと

そして、ドニー・イェンが登場!

参考映像:『イップ・マン 序章』予告編(2011年日本公開)

B級映画オタクの黒沢は無論、プロデューサーもまたかつては映画を愛した人物でした。

さらに『ゴーストマスター』では、ある人物が突然、“詠春拳”を引っ下げ登場します。“詠春拳”の使い手と言えばイップ・マン(葉問)、ブルース・リーの師である偉大なカンフーマスターで、映画ではドニー・イェンの当たり役です。

この展開には黒沢も驚かされます。同時にこの人物が黒沢とは別の形で、映画を深く愛していることに気付かされるのです。

なお、血みどろのスプラッターコメディホラー映画に、いきなり場違いな人物がカンフーの使い手として登場、ゾンビの様な悪霊と闘う何ともふざけた展開は、ピーター・ジャクソン監督作品の『ブレインデッド』へのオマージュです。

今や「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」3部作の監督として名高いピーター・ジャクソン。彼もまた、4年の歳月をかけ完成させた、スプラッターコメディ映画『バッド・テイスト』で監督デビューを果たし、今の地位を築いた人物です。

おそらく黒沢が理想とする成功を成し遂げた映画監督は、間違いなくピーター・ジャクソンでしょう

まとめ


(C)2019「ゴーストマスター」製作委員会

『ゴーストマスター』を構成する、海外の映画や人物について解説してきました。

紹介できたのはごく一部、他にもあの映画を思わせる音楽が流れたり、特殊メイクや造形でこの映画を思わせるシーンが登場するなど、多くの映画の要素が詰め込まれています。

ヤングポール監督と脚本の楠野一郎は、自らが愛する映画をこれでもかと『ゴーストマスター』に詰め込んでいます。

しかしこの作品が描いたのは、B級ホラー映画愛ではなく、実は究極の映画愛です。それは『ゴーストマスター』に登場する、日本の映画や人物について知るとより深みを増すのです。

これらは改めて、別の記事にて紹介させて頂きます。この映画には過去の日本映画への愛情と、そして現在の日本映画界の現状への憂慮が込められているのです

映画映画『ゴーストマスター』は2019年12月6日(金)より、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー!





関連記事

ホラー映画

『来る』ネタバレ感想と考察。ホラー映画に登場したアレの正体を解説【オムライスのくにへいってみたいの意味も】

独特の美意識であるスローモーションと美しいCGの作風で人気を誇る中島哲也監督が、「第22回日本ホラー小説大賞」を受賞した澤村伊智の原作『ぼぎわんが、来る』を映画化。 主人公のジャーナリスト野崎役に『海 …

ホラー映画

『イット・カムズ・アット・ナイト』ネタバレ感想。結末まで怖い“それ”の正体とは

新感覚ホラーとしてスマッシュヒットした『イット・フォローズ』の製作陣が新たに放った“外は恐怖。中は狂気。のサスペンスホラー! 映画『イット・カムズ・アット・ナイト』は、11月23日(金・祝)より新宿シ …

ホラー映画

『ゴーストマスター』邦画への映画愛から考察!東映アクションの視点を見逃すな【ヤングポールの怪作『秘孔』紹介も】

映画『ゴーストマスター』は2019年12月6日(金)より、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー! 映像企画発掘コンペ「TSUTAYA CREATERS’PROGRAM FILM 201 …

ホラー映画

映画『ハロウィン( 2018)』あらすじネタバレと感想。続編ブギーマンの見どころとは?

映画『ハロウィン』2019年4月12日(金)全国ロードショー! 1978年ジョン・カーペンター監督の手によって生み出されたホラーアイコン“ブギーマン=マイケル・マイヤーズ”がシリーズ誕生40周年の年に …

ホラー映画

『死霊館』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ホラー映画】

映画『死霊館』は、アメリカの実話を元にしたホラー映画「死霊館」シリーズの第1作目。 「死霊館」シリーズはファンも多く、9月21日にはスピンオフ作品の『死霊館のシスター』が公開されます。 累計興行収入は …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP