Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

カラー・アウト・オブ・スペース |映画ネタバレと評価解説。原作ガチ怖小説をニコラスケイジが熱演!

  • Writer :
  • 増田健

映画『カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇』は、U-NEXTにて配信中

小説や映画化作品、ゲームに萌え系アニメの原作として、日本でもお馴染みのクトゥルフ神話

怪奇小説家H・P・ラヴクラフトが生み出した創造神話は、彼の友人や信奉者の作家が著作で世界観を広げ、今や世界に影響を与える存在に成長しました。

ラヴクラフトはクトゥルフ神話的な作品だけでなく、自身がコズミック・ホラー(宇宙的恐怖)と呼んだ、SF的性格を持つ作品も発表していいます。

その代表的な小説、「宇宙からの色(異次元の色彩)」が、『カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇』として映画化されました

未知の異常現象に向かい合うのは、個性派俳優ニコラス・ケイジ。異次元の恐怖がもたらす狂気を映像化した作品です。

スポンサーリンク

映画『カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇』の作品情報


(C)2019 ACE PICTURES ENTERTAINMENT LLC. All Rights Reserved

【日本公開】
2020年(ポルトガル・アメリカ・マレーシア合作映画)

【原題】
Color Out of Space

【監督・脚本】
リチャード・スタンリー

【出演】
ニコラス・ケイジ、ジョエリー・リチャードソン、マデリン・アーサー

【作品概要】
アーカム郊外にある、自然豊かな田舎に移り住んだガードナー家。理想的の生活は彼らが住む地に落下した、隕石によって終わりを告げました。一家は心と体に影響を与える何かに翻弄され、静かな田舎暮らしは、極彩色に染められた悪夢に変貌します…。

『ハードウェア』(1990)や『ダスト・デビル』(1992)を監督し、『スキン・コレクター』(2017)の脚本の書いた、リチャード・スタンリーが手掛けた作品です。

主演は本作と同じく、イライジャ・ウッドが製作を務めた『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(2017)で、存在感を見せつけたニコラス・ケイジ。共演は『レッド・スパロー』(2018)、そして名作ホラー映画『回転』(1961)をリメイクした『ザ・ターニング』(2020)のジョエリー・リチャードソン。『ビッグ・アイズ』(2014)や『好きだった君へのラブレター』(2018)、続編『好きだった君へ P.S.まだ大好きです』(2020)の、マデリン・アーサーが出演しています。

映画『カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇』のあらすじとネタバレ


(C)2019 ACE PICTURES ENTERTAINMENT LLC. All Rights Reserved

アーカムの西にある深い森。魔女の伝説が伝わる、忌まわしい場所と噂されていました。

森に現れた発電会社の調査員で学者のワード・フィリップスは、魔術の儀式で母の回復を祈る娘、ラヴィニア・ガードナー(マデリン・アーサー)と出会います。

彼女はこの森で父ネイサン(ニコラス・ケイジ)と母テレサ(ジョエリー・リチャードソン)、ベニーとジャックの2人の弟と暮らしていました。

ネイサンはガンを患ったテレサのため、自然豊かなこの地で父が遺した農場を経営し、アルパカを飼育していました。

テレサは病気に苦しみながらも、今もネットで株取引のコンサルタントとして働いています。こうして飼い犬のサムと共に、幸せに暮らすガードナー一家。

ある夜、彼らの家は怪しい光に包まれ、そして轟音が響き渡ります。家の前の庭に隕石が落下したのです。

怪しく光り、嫌な臭いを放つ隕石を目撃した一家。幼い息子ジャックは強いショックを受けました。

翌日通報を受け、アーカムの市長トゥーマと、ピアース保安官がやって来ます。そこに現れたワードを、隕石の落下現場に連れて行くラヴィニア。

市長に意見を求められたワードは、一般的な隕石なら害は無いと答えます。

ワードはベニーの案内で近くに住む変わり者の住人、エズラの家を訪ねました。

元電気技師で、世捨て人の様に暮らすエズラから、湧き出る水が黒く濁っていると聞かされたワード。

突然雷が鳴り響きます。激しく雨が降り、雷が何度も隕石に落ちました。

雷が直撃し怪しく光る隕石。ラヴィニアは隕石が雷を引き寄せたと呟きます。

同じ夜、採取した水を調査していたワードは、電波障害や機器の誤作動を体験します。そして森の中でうごめく、怪しい光を目撃したワード。

次の朝、ガードナー家の庭に落ちた隕石は消えていました。ネイサンとテレサは、庭の井戸の傍に見たことの無い花が咲いたと気付きます。

その夜、料理中に放心状態になったテレサは、指を切り落としました。

両親は病院に向かい、子供たちが農場に残されます。しかし彼らは奇妙な出来事を体験します。

井戸に向かい口笛を吹くジャックは、井戸の中にいる男と会話していると言います。そして何か奇妙な音を聞くラヴィニア。

父からの電話は雑音で通じず、井戸の中で何かを目撃したジャックの前に、地球上のものとは思えない昆虫が現れます。

何かの光に包まれたラヴィニアは、体調を崩して吐きました。

ガードナー家に現れたワードは、やつれたラヴィニアに水が汚染されていると告げ、飲まないよう警告します。

彼が井戸に向かって立つジャックに声をかけると、少年は友達と遊んでいると答えました。

ワードはエズラの家に警告に向かいます。現れた彼に録音した奇妙な音を聞かせるエズラ。

エズラは物音の正体は、床下にいるエイリアンだと言い張ります。彼の発言は理解し難いものでした。

その夜、指の接合手術を終え帰宅中のネイサンとテレサは、路上で奇妙な生物を目撃します。それはかつて、エズラの飼い猫だった生き物でしょうか。

ジャックは現れた怪しい光を魅入られたように見つめ、それに向かった飼い犬のサムは悲鳴を上げます。

奇妙な物音に悩まされラヴィニアは眠れず、ベニーは時間の感覚を失っていました。

帰ってきた両親はジャックの面倒を、ラヴィニアとベニーが見ていなかったと責めます。2人は事情を説明しますが、理解してもらえません。

何かが現れ、一家や農場に悪い影響を与えているとラヴィニアが訴えても、耳を貸さないネイサン。

ラヴィニアはベニーに、私たちはここから出て行かねばならないと呟きます。

家に戻りシャワーを浴びていたネイサンは、排水口にいた奇妙な生物に触れました。

夫と息子ジャックの奇妙な発言に、テレサも混乱します。徐々に蝕まれていくガードナー家の人々…。

以下、『カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇』のネタバレ・結末の記載がございます。『カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 ACE PICTURES ENTERTAINMENT LLC. All Rights Reserved

ガードナー農場には怪しい植物が咲き乱れ、奇妙な生物がうごめいていました。畑のトマトは1ヶ月も早く大きく実りますが、形は不気味で味は不味く、怒り狂うネイサン。

ネットの通話は途切れ、テレサの仕事もままならず、夫婦の関係は険悪になります。そしてネイサンの腕の皮膚は、奇妙に変質していました。

夜目覚めたジャックは、兄のベニーと共に星空の下で、怪しく輝く光を見つめます。

魔術書ネクロノミコンを開き儀式に救いを求め、自らの体を傷付けるラヴィニア。

ベニーとジャックが魅入られた様に、アルパカの厩舎に向かう姿をテレサは目撃します。

ジャックとベニーが厩舎の中で目撃したのは、奇妙な色彩の光に包まれた、醜く変貌した奇怪な生物の姿でした。

逃げ出した兄弟を光が追ってきます。駆け付けたテレサがジャックを抱きしめますが、2人の体を光が襲います。

倒れた2人をネイサンとベニーが運びます。体が醜く歪み癒着し、動けなくなったテレサとジャック。

救急に電話はつながらず、車を出そうにも動きません。ネイサンの目の前には、別世界と化した農場が広がります。

うめき声を上げ横たわるテレサとジャック。テレサの体は息子を吸収しつつあるようでした。

それを見守しかないラヴィニアに、人体だけでなく時間も歪み、時の流れが遅くなった告げるベニー。

日光を浴び苦しむテレサとジャックを、家族は2階の部屋に運びます。

外からのうめき声に怒ったネイサンは、銃を持ちアルパカの厩舎に向かいました。

1つに融合し、醜悪な姿と化したアルパカを射殺するネイサン。

戻ってきたネイサンは、ラヴィニアとベニーを部屋から出し、テレサに銃を向けます。しかし彼は発砲を断念します。

その頃ワードはミスカトニックのダム開発を強引に進める、アーカム市長トゥーマの元を訪れていました。

そこでピアース保安官からガードナー農場で回収した、醜く変貌した生き物の死体を見せられたワード。

彼にはその死体が、放射線熱傷を起こしたように見えました。

その夜、ラヴィニアとベニーは飼っている馬を引き出し、それに乗り逃げ出そうと試みます。

しかし馬は逃げ、ベニーが愛犬サムの声が聞こえたと言い出します。井戸の中にいると告げ、中に降りるベニー。

井戸の底から怪しい光が発します。その光に包まれベニーは姿を消しました。

一部始終を目撃したラヴィニアを捕まえたネイサン。嫌がる娘をネイサンは、2階の部屋に連れて行きます。

家族は一緒にいろと叫び、融合したテレサとジャックの部屋に、ラヴィニアを閉じ込めたネイサン。

ガードナー農場に向かうワードと保安官は、農場から逃げた馬を見て異変を悟り先を急ぎました。

正気を失ったネイサン。そしてラヴィニアに、怪物と化したテレサとジャックが迫ります。

到着したワードと保安官をネイサンが招き入れます。しかし2人には、彼の姿も言動も怪しく見えました。

悲鳴が聞こえ2階に向かう2人。扉を破るとラヴィニアを襲う生き物の姿がありました。

2人を追って現れたネイサンは、怪物と化した妻テレサに続き息子ジャック射殺します。

ネイサンは正気を失っているようでした。ワードはラヴィニアを抱きかかえ外に逃れます。

すると井戸から怪しい光が現れます。その色に魅せられ銃を構えたネイサンを、保安官が撃ちました。

光は井戸の中に消えました。撃たれたネイサンは娘に看取られ、息を引き取ります。

脱出を勧める2人に、奴らから逃れられないと告げるラヴィニア。怪しい音を聞き、近所に住むエズラを助けに向かうワードと保安官。

ワードの説得にも関わらず、ラヴィニアは離れないと言い張ります。後で助けに来ると告げ、エズラの家に向かうワード。

家の中にはエズラの亡骸と、彼が残した録音テープが残っていました。

レコーダーは音声を流していました。命あるものは奪われ、水の飲むものは支配され襲いかかる。それは遠い星々から来襲する、「色」の正体を語る内容です。

家から出た保安官は何かに襲われ姿を消します。ワードは必死に走り農場に戻りました。

そこには井戸の前に立つ、ラヴィニアの姿がありました。ワードの方を振り向いたラヴィニア。

彼女の目と額からあの光、「色」が現れます。ワードが目撃したのは「色」が棲息していた、理解を越えた遠い星の世界の光景でしょうか。

ワードの前で、井戸から星空に向け光が伸びていきます。その光の中にラヴィニアは姿を消しました。

家に入ったワードは、死んだはずのネイサンに襲われ、ガードナー家の人々の声を聞き、姿を目撃します。

これは時空の歪みがもたらしたものか、それとも「色」が支配する世界なのでしょうか。必死に地下室に逃れるワード。

やがて光も、そして襲い来るネイサンも轟音と共に消え去りました。

全てが終わり、地下室からはい出したワード。光は消え、白い灰に覆われた世界が広がっていました。

想像を絶する体験をしたワードは、呪われたこの地がダムの底に沈むことを願います。しかし、ダムが出来てもその水は飲まない、と言葉を続けます。

現れたのは遠い宇宙から来た「色」だった。それが錯乱する人々に、人知を超越した深淵を見せたと振り返るワード。

彼はダムから立ち去ります。そこには地球上の物とは思えない、奇妙な昆虫が飛んでいました。

スポンサーリンク

映画『カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇』の感想と評価


(C)2019 ACE PICTURES ENTERTAINMENT LLC. All Rights Reserved

『襲い狂う呪い』(1965)、ドイツ映画『Die Farbe』(2010)と過去に映画化されている、ラヴクラフトの怪奇小説「宇宙からの色」。

『襲い狂う呪い』の主演は、フランケンシュタインの怪物を演じた怪奇スター、ボリス・カーロフ。

ゴジラシリーズの作品『怪獣大戦争』(1965)や、『フランケンシュタイン対地底怪獣』(1965)の、ニック・アダムスが出演した映画として知られています。

ゴシックホラーの香りを漂わせつつ、奇怪なクリーチャーが登場する隠れた傑作ホラー映画として、ファンから評価されている『襲い狂う呪い』

それを新たに映画化したリチャード・スタンリーは、熱心なラヴクラフト信者です。

舞台の農場がアーカムの西にあるのは原作通りですが、ミスカトニックやダンウィッチといったお馴染みの地名が登場し、クトゥルフ神話ファンはニヤリとするでしょう

魔術に傾倒している、ラヴィニアが持つ本は「ネクロノミコン」。ホラーファンなら嫌な予感しかしません。

事件を目撃する人物、”ワード・フィリップス”は、当然”ハワード・フィリップス・ラヴクラフト”から頂いた名前です。

劇中で彼はイギリスの古典的ホラー作家、アルジャーノン・ブラックウッドの「柳」を読んでいます。

ブラックウッドはラヴクラフトに影響を与えた小説家です。リチャード・スタンリーのこだわり、お判り頂けましたか?

彼はホラー映画『スキン・コレクター』の脚本を執筆しています。この映画にはバーバラ・クランプトンが出演しています。

バーバラ・クランプトンはラブクラフト原作のホラー映画、『ZOMBIO 死霊のしたたり』(1985)のスクリーム・クイーンとして記憶に残る人物です。

ラブクラフト映画への愛


(C)2019 ACE PICTURES ENTERTAINMENT LLC. All Rights Reserved

2020年4月20日、バーバラ・クランプトンは「リチャード・スタンリー監督の新作を見たよ!」と、画像付きの謎かけツイートを行い、ファンの間で話題となりました。

『死霊のしたたり』も本作と同じく、クトゥルフ神話の本流から外れたSF的要素のある小説、「死体蘇生者ハーバート・ウェスト」が原作です。

リチャード・スタンリーは『死霊のしたたり』を生んだ、80年代のホラー映画ブームから少し遅れて監督デビューしました。

彼にとってバーバラ・クランプトンは気になる存在で、ホラー映画界の同志であり、そして親しい間柄なのでしょう

本作に登場するモンスターは、『遊星からの物体X』(1982)に登場した怪物に似ています。

同時に『襲い狂う呪い』や、バーバラ・クランプトンほか『死霊のしたたり』と同じスタッフ・俳優で作られた映画、『フロム・ビヨンド』(1986)からの影響を感じました。

『フロム・ビヨンド』もラヴクラフトのSF要素の強い小説、「彼方より(彼方へ)」を原作とした作品です。

ラブクラフトの大ファンだった母から、8歳か9歳頃作品を読み聞かされ(!)、以来熱心なラブクラフト信者となったと語るリチャード・スタンリー

母は研究の為にアフリカに移住した人類学者で、この地で息子を育てました。彼が母親から様々な影響を受けたことは、いうまでもありません。

まとめ


(C)2019 ACE PICTURES ENTERTAINMENT LLC. All Rights Reserved

クトゥルフ神話ファンは必見の映画『カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇』。

あなたの近くにラヴクラフトの愛読者がいれば、とっ捕まえてでも見せてあげて下さい。

本作はクトゥルフ神話を題材にしたテーブルトークRPG同様に、登場人物の”SAN値”(正気度ポイント)を激しく削る内容です

狂気に陥る人物を演じるに相応しいのは、ニコラス・ケイジと誰もが認めるでしょう。劇中の様々な状況で、鬼気迫る演技を繰り広げたニコラス・ケイジ

監督はその演技は全てコントロールされたもので、撮影現場を混乱させるもので無かったと話しています。

怪優ニコラス・ケイジを愛する人は、彼のパフォーマンスを大いに楽しんで下さい

多くのホラー映画には、作り手が体験した本当の恐怖が潜んでいます。

リチャード・スタンリーに大きな影響を与えた母親は、ガンを患い10年の闘病の末に亡くなりました。

それを踏まえて鑑賞すると、ニコラス・ケイジ演じる主人公の振る舞いに、別の側面が見えてきませんか。

母が衰えた時、幼い頃とは逆に、自分が母にラブクラフト作品を読み聞かせた監督

苦難の時期を支えたのはラブクラフトの小説であり、本作の製作は自分にとってカタルシスだったと監督は告白しています





関連記事

ホラー映画

レザーフェイス 悪魔のいけにえ(2018)あらすじネタバレと感想。ラスト結末

1974年、トビー・フーパー監督によって生み出された映画『悪魔のいけにえ』とチェーンソーを片手に大暴れする殺人鬼レザーフェイス。 いくつもの実在の殺人鬼の要素を取り込む、更に何倍にも拡大させたレザーフ …

ホラー映画

映画『ウィッチ』あらすじとキャスト!2017公開日や試写会情報も

貴方はまだ、本当に恐ろしい“魔女映画”を知らない…。 サンダンス映画祭監督賞など数々の賞レースを席巻したホラー映画『ウィッチ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS1.映画『ウィッチ』の …

ホラー映画

映画『マーダー・ミー・モンスター』あらすじと感想レビュー。ホラーを愛するアレハンドロ・ファデルがアンデス山脈で描いたモンスターとは

映画『マーダー・ミー・モンスター』は2019年11月15日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷にて、【WEC2019ワールド・エクストリーム・シネマ2019】作品としてロードショー! ヒューマントラ …

ホラー映画

『イット・フォローズ』動画無料視聴はHulu。ネタバレ感想と考察

「ずっと、ずっと、ついてくる・・・」 派手に脅かせるわけでもなく、派手に肉体が損壊するわけでもない・・・なのに、じわじわと、真綿で首を絞められるような新しい怖さがここにあります・・・。 今回は、斬新な …

ホラー映画

映画『来る』あらすじネタバレと感想。ラスト結末の【ぼぎわん】の正体や意味の紹介も

2015年第22回日本ホラー小説大賞を受賞した澤村伊智の「ぼぎわんが、来る」を、『告白』で日本アカデミー賞を受賞、『嫌われ松子の一生』『渇き』など、話題作を放ち続ける中島哲也監督によって映像化。 中島 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学