Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

海外ドラマシリーズ

ストレンジャーシングス 未知の世界シーズン2|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 糸魚川悟

世界中で根強い人気を持つNetflixオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』

オリジナル作品に莫大な資金を投入するNetflixだからこそ実現可能な豪華なキャストと、様々なジャンルが入り混じった脚本の秀逸さが話題となったドラマですが、シーズン2はさらに全ての要素がパワーアップしています。

今回は、そんな大進化を遂げる『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン2』のあらすじとその魅力をご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

海外ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン2』の作品情報

【公開】
2017年(Netflix限定)

【原題】
Stranger Things

【キャスト】
フィン・ヴォルフハルト、ウィノナ・ライダー、デヴィッド・ハーバー

【作品概要】
ウィノナ・ライダーや、デヴィッド・ハーバーなど主なキャストは前シーズンから引き続き登場し、さらなる世界観の広がりを見せるNetflixオリジナルドラマ。

新たなキャストとして、『グーニーズ』(1985年)や『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで活躍したショーン・アスティン、『エイリアン2』(1986年)などで印象的かつ確かな実力を見せるポール・ライザー、『パワーレンジャー』(2017年)で主演を勤めた新進気鋭の若手俳優デイカー・モンゴメリーなど。

海外ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン2』の登場人物紹介

マイク(フィン・ヴォルフハルト)

1年前にホーキンスで起きた騒動の際に消えた少女エルを探している中学2年生。
エルの消滅などの経験から「裏の世界」に対しての警戒心は仲間のなかでも特に高い。

ウィル(ノア・シュナップ)

1年前「裏の世界」からホッパーと母の手によって帰還したマイクの友人。
身体は回復したものの、事あるごとに「裏の世界」へ意識が飛んでしまう現象に脅かされている。

ダスティン(ゲイテン・マタラッツォ)

1年前の騒動に巻き込まれたマイクの友人。
仲間の中でも特にお調子者で、ハロウィンの夜に見つけた「裏の世界」の化物を家で飼ってしまう。

ホッパー(デヴィッド・ハーバー)

ホーキンスの警察署長。
1年前の騒動で研究所のしてきたことを知り、全ての事を黙認する代償として研究所に町の安全を保障する約束を取り付けた。
町と人を守る正義感に溢れつつも、誰にも言えない秘密を抱えている。

スティーヴ(ジョー・キーリー)

町でも有名な不良。
1年前の騒動により、恋人ナンシーとの微妙な距離感に悩んでいるところを、化物の騒動で困っているダスティンに頼られる。

イレブン/エル(ミリー・ボビー・ブラウン)

1年前に失踪した超能力を持った少女。
かつてホーキンス研究所で実験体として扱われていたが、現在は「とある場所」に身を隠している。
特殊な能力を持ちつつも年頃の少女らしい性格を持ち、マイクに対する想いを募らせている。

ボブ(ショーン・アスティン)

ウィルの母親ジョイスと付き合う男性。
ホッパーとジョイスの同級生であり、持ち前の包容力と柔軟性により、ウィルからもある程度慕われている。
機械関係に強く、たびたびジョイスの手伝いをする。

オーエンズ(ポール・ライザー)

ホーキンス研究所の研究員。
1年前の騒動で研究員の大半を失ったため、後始末として派遣される。
荒っぽいことを好まない性格であり、数々の問題を丸く収めようとしているが……。

スポンサーリンク

海外ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン2』のあらすじとネタバレ

1984年10月、ピッツバーグで起きた強盗は逃走の際、不思議な能力を使い追手の警察に幻覚を見せ、逃走を成功させます。

カリと呼ばれたその女性の手首には「008」の刺青がありました。

郊外の町ホーキンスでは、マイク、ダスティン、ルーカス、ウィルがお金を持ちより、ゲームセンターで高記録を出そうとしています。

実際にいくつかのゲームで1位を取っていたダスティンでしたが、「MADMAX」と言うプレイヤーネームの人間に記録を塗り替えられ、悔しさをにじませていました。

ウィルはゲームセンター内でも、突如「裏の世界」が見えてしまい、荒れ果てたゲームセンターの外に出ると嵐が迫っているのが見えました。

翌日、マイクのクラスには都会から女の子の転校生がやってきます。

彼女は皆に「マックス」と呼ぶように自己紹介し、彼女が「MADMAX」であるとマイクたちは気が付きます。

マックスを遠くから観察するルーカスたちは次第にマックスを仲間に入れるようになるのでした。

陰謀論者の記者マレーに超能力を持つ少女の話しをされる警察署長のホッパーは、その少女を知りつつもマレーの話しをのらりくらりとかわし、通報のあった腐ったカボチャの事件の捜査へと向かいます。

カボチャ農園に辿り着いたホッパーは、園主から一夜にして全てのカボチャが腐ったと言う不思議な現象を耳にするのでした。

ジョイスはボブと言う元同級生の男と交際を進めていました。

奇跡の生還を果たしたことで、学内でも奇異な目で見られるウィルは定期的にホーキンス研究所に検査に通っていました。

ホッパーとジョイスの付き添いで、ホーキンス研究所のオーエンズ博士と話すウィルは、ゲームセンターでの出来事を話します。

「裏の世界」の悪魔が、自分以外の全員の人間を殺そうとしている、とウィルは打ち明けるのでした。

ウィルの言動がPTSDだとジョイスとホッパーに告げるオーエンズの言葉に、ホッパーは実在する病気であると納得するのでした。

しかし、その日の夜に「裏の世界」とのリンクを感じたウィルは、前より嵐が近づいていて、さらに中心に巨大な蜘蛛のような生物がいることに気がつくのでした。

ナンシーとスティーヴは、バーバラの両親にディナーに誘われ彼女の実家に行きます。

売りに出されている彼女の家のことを尋ねると、バーバラの両親は行方不明となっているバーバラを探すため、マレーを雇っていることを教えてくれました。

しかし、バーバラの死を知るナンシーは席を立ちトイレで悲しみにくれます。

深夜、山奥の罠を張り巡らせた家に帰宅したホッパーは、姿を消したはずのエルと共に過ごしていました。

1年前、マイクたちを守るため「何か」を消滅させたエルは、「裏の世界」へと転送されていました。

壁に出来た裂け目を超能力で広げ脱出したエルでしたが、捜査員たちに取り調べを受けるマイクのもとに戻ることが出来ず、森で身を隠しているところをホッパーに保護されていたのです。

ウィルの書いた空を覆う大きい蜘蛛の絵を、妄想であると思えないジョイスはホッパーに相談します。

しかし、ホッパーはウィルがPTSDの状態であると言う結論を変えませんでした。

ナンシーはバーバラが死亡していることを皆に言うことが出来ず、そのもどかしさが日に日に募っていっていることをスティーヴに告げます。

そんな彼女を励ますためにスティーヴはハロウィンパーティーにナンシーを誘います。

ハロウィンのパーティに訪れたナンシーはお酒を次から次へと飲み、心配したスティーヴすらも罵倒します。

ナンシーに愛していないと言われ、パーティ会場を去るスティーヴ。

泥酔したナンシーはパーティに来ていたジョナサンに連れて帰ってもらうのでした。

カボチャ農園の園主に話しを聞くホッパーは、病気や寒さが原因だと高を括っていましたが、他の農作物を育てる農園も全く同じ被害にあっていること知り、捜査に本腰を入れ始めます。

農園を調べるホッパーは近くの木にも腐敗が進んでいることに気がつき、部下と連絡を取り腐敗が進む農園全てをチェックさせます。

ハロウィンの夜、ダスティンは自宅のゴミ箱で見つけた生物を捕まえ飼育を始めます。

トカゲのようで、ナメクジにも見えるその生物をダルタニアンと名付けるダスティンですが、夜間、その生物は脱皮を繰り返し、肥大化し始めていました。

ダルタニアンをマイクたちに見せるダスティンは様々な文献を探しても類似の生物を見かけないことから、世紀の発見であると有頂天になります。

しかし、ウィルはかつて自分が吐き出した生物に似ていることに気が付きます。

そのことをマイクに告げると、ダルタニアンが「裏の世界」の生き物の可能性があり、殺さなければ危険だとダスティンに言いますが、ダスティンはダルタニアンを殺すことを拒否。

カゴの中から出たダルタニアンは脚を生やす進化を遂げたあと、学校内に逃げ出してしまいまうのでした。

マイクに会えないことに怒りを募らせるエルは、ホッパーと喧嘩しホッパーがいない隙に1人で外に出てしまいます。

エルはマイクに会うため、ホーキンス中学校まで独断で来ていました。

しかし、マイクがマックスと仲よさそうにしていることに嫉妬したエルはマックスを転倒させ、姿を消します。

ウィルはトイレでダルタニアンを発見しダスティンたちに無線で連絡をしますが、またしても「裏の世界」へとリンクしてしまいます。

追いかけてくる存在から逃げるウィルでしたが、蜘蛛のような生物に取り込まれてしまうのでした。

いちはやくダルタニアンのもとに駆けつけたダスティンはダルタニアンを保護し、マイクたちには見ていないと嘘をつきます。

校庭に立ち、マイクたちの呼びかけにも答えなかったウィルを保護したジョイスは、ウィルから何かが自分の中に入っていると告げられます。

腐敗した作物の調査を続けるホッパーは、腐敗した作物たちの中心にある建物がホーキンス研究所であることに気がつきます。

研究所のオーエンズにそのことを伝えるホッパーは研究所は町に被害を与えない約束を遂行しろと調査を命じます。

ホッパーはオーエンズと共にカボチャ農園を訪れ、研究所の職員が調査を始めていることを確認しますが、そこにエルの目撃情報が無線で入るのでした。

エルが自宅に帰ると、ホッパーはエルに対しルール破りの罰としてテレビを壊し2人は決裂してしまいます。

お風呂にも入らず、高温を嫌うウィルから話しを聞くホッパーとジョイスは、「裏の世界」で影に取り込まれ、体内にその影が侵入し1つとなっている感覚があるとウィルに言われます。

言葉で上手く説明できないウィルに、ジョイスは絵で描くように促すのでした。

ウィルの描いた絵をつなぎ合わせると、まるで蔓のような絵になり、その蔓を腐敗したカボチャ農園で見たことから、ホッパーはカボチャ農園へと向かいます。

カボチャ農園の地面を掘りすすめるホッパーは、根の部分が空洞になっていることに気がつき空洞に入ります。

すると、空洞はトンネル状にどこまでも続いているのでした。

地下に出来たトンネルを調査するホッパーは、トンネル内に生えた謎の植物から粘液をかけられ、視界がぼやけ倒れてしまいます。

入ってきた入り口の穴も、生え始めた蔓によって閉じてしまうのでした。

ホッパーの捜査資料の中から、娘を研究所に奪われたと主張していたテリー・アイヴスの記事を見つけたエルは、能力で彼女こそが自分の母であると直感します。

テリーに会いに来たエルは、テリーに自分が娘であることを伝えますが、研究所による実験の後遺症から、テリーは上の空で彼女の話しを聞いていないようでした。

テリーの妹から話を聞き、彼女がもう二度と正気を取り戻さないのでは、と思うエルは、超能力を使いテリーの過去を追体験し、ひどくショックを受けるのでした。

悪夢をみたウィルはジョイスとマイクにホッパーが危険な目にあっていることを告げます。

ダスティンが帰宅し、ダルタニアンの様子を見ると、ダルタニアンはダスティンの飼い猫を食い殺していました。

ダルタニアンを隔離することを決めたダスティンは母親を家から巧みに追い出し、ダルタニアンを地下室に閉じ込めることに成功します。

バーバラの失踪の真実を公表しようとするナンシーは、ジョナサンと共に記者のマレーのもとを訪れます。

独自の調査でかなりの部分にたどり着いていたマレーに真実を話すことを決めるナンシー。

ナンシーから1年前の騒動の全てを聞き終えたマレーは、このことを世間に公開しても誰も信じないと言います。

真実に近い作り話を世間に公表し、研究所の人間を逮捕させる方法を思い浮かんだマレーはナンシーとジョナサンにそのことを話します。

新聞社に編集した録音テープを送ることにしたナンシーとジョイスはマレーの家で一夜を明かします。

一方、ホッパーのいる場所を絵に描くウィルですが、自宅中に張り巡らされたその絵は漠然としていてウィル自身ですら良くわかりませんでした。

ジョイスは謎解きが好きなボブが家を訪ねてきたことをきっかけに、ボブに絵の謎を解くことを頼みます。

事情を聞かされず困惑するボブでしたが、見覚えるのある形からその絵がホーキンスの町そのものであることに気がつきました。

マイクとジョイスの協力で、ホッパーのいる地点が分かり、彼を見つけるため現地に向かいます。

地図の場所でホッパーの掘った穴を見つけたジョイスとボブはトンネル内に入り、蔓に覆われ、身動きが取れなくなっていたホッパーを救出します。

カボチャ畑の土の成分から不可思議な現象に気がついた研究所の職員も駆けつけ、ホッパーたちを救助するとともにトンネル内の蔓を燃やしました。

その後、ウィルとホッパーは研究所に運ばれ除染されます。

火傷のような症状を訴え暴れるウィルですが、身体に火傷の症状は見つかりませんでした。

一方、ダルタニアンによる非常事態に助けを求めるダスティンは仲間全員と連絡が取れず、焦ります。

マイクの家に駆けつけたダスティンでしたが、真実を知るマイクもナンシーもおらず、仕方なくナンシーに謝罪しようと訪ねてきたスティーヴに助けを求めるのでした。

スティーヴはダスティン家の地下室に釘バットを持って侵入しますが、脱皮した様子のダルタニアンの皮と、地下室の壁が破壊され脱出された形跡しか発見できませんでした。

家に帰宅したルーカスは妹から、ダスティンが助けを求める無線がうるさかったと聞き、ダスティンと連絡を取ります。

ダスティンはダルタニアンが1年前に戦った「何か」の幼生児であるではないかと話し、スティーヴと共に追っているからすぐ来てくれとルーカスを呼びます。

マックスの兄ビリーは、スティーヴを越える運動神経と粗暴な行為が目立つ人物で、血が繋がっていないマックスに、ルーカスとは話しをするなときつく言い聞かせていました。

しかし、ルーカスはマックスにしたかつての話しが真実であると証明するために、ダルタニアンの捜索に彼女を連れて行くのでした。

研究所で今までの全てを聞かされたボブは目を覚ましたウィルに駆け寄りますが、彼はボブを覚えていない様子でした。

ウィルはその場にいる人間で覚えているのはジョイスとマイクだけで、オーエンズもボブもホッパーも記憶にありません。

オーエンズがウィルに了承を取り、蔓を目の前で燃やす実験をするとウィルが苦しみだし、蔓とウィルの中に入り込んだ生物が共通意思を持っていること知ります。

研究者同士の打ち合わせで、ウィルの脳内が驚くべきスピードで侵蝕されていることをオーエンズは知ります。

しかし、他の研究者はウィルの命に興味が無く、蔓を燃やし汚染を止めることを提案しますが、オーエンズはウィルの命を優先させるため苦悩します。

マイクに話しかけられたウィルは、侵蝕を食い止める方法をみたとマイクに話し、自身の中にいる存在が見せたがらないポイントを自分が描いた絵に指し示します。

そこに何があるか分からないと付け加えたウィルですが、何の手がかりもない状況なため、研究員たちはそこに調査隊を派遣します

ダスティンとスティーヴはダルタニアンを追う中で、オタクと歳の離れた不良でありながら、女子の話しで盛り上がり次第に仲を深めます。

しかし、彼らが向かっていく先は野菜の腐敗が広がる研究所への道でした。

依然、マイクたちと研究所の職員から隠れるために使っていた、捨てられた車が集まる空き地でダルタニアンを捕まえる準備を進めるスティーヴとダスティンのもとに、ルーカスとマックスが加わります。

4人は、相手が化物であることを理解し、着々と準備を進めるのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン2』ネタバレ・結末の記載がございます。『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン2』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

夜になり、ダルタニアンを待つスティーヴたち。

やって来たダルタニアンは餌として巻かれた牛肉に興味を示さず、スティーヴたちに襲いかかります。

ダルタニアンは1匹ではなく、同種が複数匹でスティーヴたちに襲いかかり、窮地に追い込まれますが、なぜかあと一歩のところで攻撃をやめ、どこかに行ってしまいます。

一方、ウィルの示した場所に来た研究員でしたが、その場所はホッパーが蔓に囚われていた場所で、ウィルが泣きながら「あいつらにやらされた」と語ります。

マイクはウィルが敵側のスパイであり、研究員たちを罠に嵌めたと気がつき叫ぶのですが、時遅く、現地の研究員たちは化物たちに食い殺されます。

そして、ホッパーたち研究所にも敵の存在は近づいているのでした。

超能力を使い、テリーの伝えたいメッセージを読み解くエルは、自分が受けた実験にはもう1人の被験者がいたのではないかと気が付きます。

テリーの集めていた資料から、それが過去に失踪していたインド人の少女であることを知ったエルは超能力で居場所を突き止めます。

イリノイ州ピッツバーグに1人でやって来たエルはインド人の少女を探すため、スラム街を歩いていました。

超能力で見た場面に向かい、モヒカンの男アクセルに写真を見せ尋ねるエル。

アクセルはナイフを使いエルを脅しますが、突如蜘蛛が腕にたかる幻視をし、暴れ出します。

それは、探していたインド人の少女カリが使った能力でした。

カリはアクセルたちと強盗などでお金を稼いでいるようですが、同じ研究所で実験をされた仲間であり、かつて面識があったことを知るとエルを暖かく迎え入れお互いを姉妹と呼びます。

カリには他人に思い通りのビジョンを見せることが出来る能力を持っていると実際にカラフルな蝶々を使って見せてくれます。

エルから話しを聞いたカリはホッパーが行おうとしている研究所との対話での自由の獲得を、生ぬるく、そして危険な行為であると言いました。

翌日、カリの進言で彼女たちのメンバーに迎え入れられたエル。

カリ以外は特殊能力さえ持っていないものの、エルと同様に社会から見捨てられたはみ出し者の集団でした。

しかし、彼女たちは単なる強盗ではなく、自分の研究に関わった人間たちを次々と殺害していることをエルは知りますが、彼女たちの行動に自分も参加することを希望します。

テリーを廃人にし、カリにも手ひどい暴力を振るっていた職員レイに狙いを定めたカリたちは彼の家に押し入ります。

命乞いをするレイは、1年前のホーキンスでの騒動で死亡したはずのブレナー博士が実は生きていると話しますが、カリは構わず殺害しようとします。

しかし、レイに子供がいることが分かり、エルが殺害を邪魔すると警察が駆けつけてきたためその場から離れるのでした。

隠れ家でカリから、ブレナーたちと戦うか、それとも元の生活に戻るかを問われるエル。

エルは超能力で、ホッパーとマイクに深刻な危機が訪れていることを悟ると、カリに別れを告げホーキンスへと戻るのでした。

研究所では地下へと繋がる穴から大量の化物が噴出し、研究員の多くが食い殺されます。

マイクの提案で「裏の世界」のスパイとなっているウィルを眠らせたジョイスとボブ。

そこにホッパーとオーエンズが合流し、一同は倉庫のような場所に逃げ込みます。

一方、マックスが自宅から無断で出たこと知ったマックスの父親は激怒し、マックスの子守りを任せていたビリーに強く当たります。

父親に逆らうことに出来ないビリーは、父にマックスを連れ戻すように言われるのでした。

ジョナサンの自宅に戻ったナンシーとジョナサンは奇妙な絵の数々と、ジョイスもウィルもいないことから、家で何かが起きたことを知ります。

ダルタニアンの声が聞こえ研究所に向かうスティーヴ、ダスティン、ルーカス、マックスはウィルとマイクを探すナンシー、ジョナサンと研究所前で合流します。

研究所内の電源が落ち、オーエンズから脱出口を空けるためには電源の復旧が必要だと言われたホッパーは電源の復旧を目指しますが、ボブが解錠コードの書き換えも必要であると指摘します。

プログラム言語を理解できているのがボブだけだったことから、ボブは1人で復旧のため行動を始めます。

ボブが主電源を入れ、解錠コードを上書きしたことによって、研究所内の全てのドアが開きました。

研究所内に残ることを決めたオーエンズを残し、ホッパーはジョイス、マイク、ウィルと共に研究所から出ますが、追いついて来たボブが目の前で化物に喰い殺されてしまいます。

ボブが外のゲートを開いたことによって、ジョナサンが車で駆け付け、ホッパーたちは研究所の敷地内から出ることに成功するのでした。

ジョイスの家で救援を待つことにしたマイクは、敵が集合意識体であることに気がつき、支配する個体を倒せば全員を倒すことが出来ると言います。

ウィルが敵側のスパイであることを警戒し、居場所をバレなくするため、偽装工作をした納屋でウィルから話しを聞くマイクたち。

暴れるウィルですが、ジョイスが思い出話をすると指でモールス信号を叩いていることにホッパーが気がつきます。

信号の内容を解析すると「close gate(ゲートを閉めろ)」と言っていることに気がつきますが、家の電話が鳴ったことで居場所を特定されてしまいます。

化物に取り囲まれるマイクたちでしたが、そこに現れたのはエルでした。

エルならばゲートを閉じることが出来、敵を全滅させることができると考えますが、それは同時にウィルが死んでしまうことを意味しています。

ジョナサンはウィルの体内に潜んだ敵が高温が苦手だと知り、ナンシーとジョイスと共にウィルの知らない場所でウィルから敵を取り除くことを決めます。

ホッパーはエルを連れ、ゲートを閉じるために行動し、スティーヴはマイクたちを家で守ることを決めました。

ゲートへと向かうホッパーは自身の過去についてエルに話し、お互いが謝罪することで和解しました。

何も出来ないことに苛立つマイクは、トンネル内で蔓を焼き研究所内の化物を引きつける計画を立てますが、その場にビリーが現れスティーヴやルーカスに殴りかかります。

反撃するスティーヴと殴り合いになりますが、マックスがスティーヴに馬乗りになるビリーに鎮静剤を注射したことで、ビリーは倒れるのでした。

ジョイスたちはホッパーがエルと暮らしていた隠れ家に着き、ストーブや暖炉を使いウィルの身体を温め始めます。

ビリーから車を奪ったマックスたちは、化物たちを陽動するためにトンネルに向かいます。

当初は反対するスティーヴでしたが、ダスティンの言葉によって戦うことに決め、先陣をつとめます。

途中、ダスティンが蔓が吐き出す粘液によって転倒しますが、スティーヴたちは蔓の集合地点にたどり着き火を放ちます。

化物の陽動に成功したスティーヴたちですが、トンネル内は化物で溢れ決死の脱出を始めることになります。

逃げる途中、ダルタニアンと出会ったダスティン。

威嚇こそされるもののダルタニアンとの絆は終わっておらず、襲われることなく脱出に成功するのでした。

研究所内に侵入したホッパーは階段で瀕死のオーエンズと出会い、エルのことを説明します。

全てのことを終わらせる代わりにエルの生活の保障をさせることを誓わせたホッパー。

その頃、ジョイスたちはウィルの身体から敵を追い出すことに成功しウィルを取り戻していました。

ゲートにたどり着いたホッパーとエル。

以前とは比べ物にならないほど大きく開いたゲートを閉じることに難航し、次々と襲いかかる化物を銃で倒すホッパー。

感情を解放し、最大級の力を発揮したエルによって、無事にゲートは閉じられました。

1ヶ月後、マレーの告発によって、研究所は汚染物質の流出事故という形でバーバラの死を認めました。

オーエンズはホッパーに感謝の印として、エルに「ジェーン・ホッパー」としての戸籍を授けます。

そしてスノーボールの日、ダスティンにアドバイスを授けたスティーヴは会場にいるナンシーを一目見て帰路につきます。

マイクはエルとスノーボールで会い、仲間たちそれぞれがその場でダンスを楽しみ、マイクとエル、そしてルーカスとマックスはキスをします。

しかし、「裏の世界」では、嵐と共に巨大な怪物がその場に佇んでいるのでした。

海外ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン2』の感想と評価

前シーズンではウィルの失踪から始まる、ホーキンス研究所との攻防や「裏の世界」の存在がメインとなり、物語の面白さもその部分にフォーカスされていました。

ですが今シーズンでは、ホーキンス研究所との仲はそれなりに改善しているため、「裏の世界」の恐怖がメインとなっています。

意思を持っているのか、何が目的なのかが全く分からない「裏の世界」が徐々に現実世界に侵攻してくる恐怖は、回を増すごとに強くなり、いつどんな時に破滅を迎えるのか、に鑑賞していてドキドキしてしまいます。

もちろん、前シーズンと同様に恐怖演出だけでなく、それぞれの人間関係が織り成す群像劇も見どころの1つで、一見バラバラに見える各人の行動がしっかりとラストに繋がっていく脚本の魅力は今シーズンにも備わっていました。

スポンサーリンク

まとめ

前シーズンでは、町きっての不良であるゆえに、行動が想像できない人物だったスティーヴ

しかし、今シーズンでは、意外な人物との組み合わせで登場人物の誰よりも格好良いシーンを見せるキャラクターとなっています

このように『ストレンジャーシングス 未知の世界 シーズン2』は、前シーズンから続けて視聴することによって、何倍もの意外さを味わうことの出来るドラマです。

丁度いい恐怖演出と、青春を感じることの出来る展開、夏に一気見するのに適した海外ドラマと言える作品です。

関連記事

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』動画無料視聴のお薦め方法は

海外ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』は、2011年から放送開始。 現在シーズン6までU-NEXTで配信されている人気の海外ドラマです。 またシーズン5は、あのレディー・ガガの出演もあって更に注 …

海外ドラマシリーズ

『ウェントワース女子刑務所』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』は、もともとはオーストラリアの人気ドラマ『Prisoner Cell Block H』のリメイク作品として制作されました。 主なキャラクターはそのままにストーリー …

海外ドラマシリーズ

ドラマ『ジーニアス:ピカソ』あらすじとキャスト。アントニオ・バンデラスのプロフィール紹介

アントニオ・バンデラス主演『ジーニアス:ピカソ』は、ナショナルジオグラフィックで日本初放送2018年7月29日(日)放送スタート!  自由と平和を愛し、奔放な愛に生きた20世紀最大の芸術家パブロ・ピカ …

海外ドラマシリーズ

ドラマ『エクソシスト孤島の悪魔』シーズン1の各話あらすじとキャスト!

1973年に世界を震撼させたオカルト映画の金字塔である名作映画『エクソシスト』。 そのテレビドラマシリーズ版で、2017年9月に全米放送開始となったばかりの最新シーズンの邦題『エクソシスト 孤島の悪魔 …

海外ドラマシリーズ

ドラマ『リリーが一番!恋も仕事も全力ガール』あらすじとキャスト

日本初上陸の海外ドラマ『リリーが一番!~恋も仕事も全力ガール~』GYAO!にて独占配信されます。 朝の情報番組のプロデューサーのリリー・ウッドワード29歳。 彼女が仕事とプライベートを謳歌するも毎日は …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP