Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『シャーロック シーズン2』2話ネタバレと動画無料視聴

  • Writer :
  • shitanita

コナン・ドイルの名作、シャーロック・ホームズを現代のイギリスを舞台した海外ドラマのシーズン2。
存在するはずのない「巨大な犬(ハウンド)」の正体を追います。

第2話、「バスカヴィルの犬」を紹介します!

1.海外ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)シーズン2』
第2話「バスカヴィルの犬」の作品情報


© 2012 Hartswood Films

【公開】
2012年(イギリス)

【原題】
Sherlock 「The Hounds of Baskerville」

【監督】
ポール・マクギガン

【キャスト】
ベネディクト・カンバーバッチ、 マーティン・フリーマン、ラッセル・トーヴィー、ルパート・グレイヴス

【作品概要】
監督はポール・マクギガン。原案はコナン・ドイルの「バスカヴィル家の犬」「悪魔の足」。

制作国であるイギリスではBBC Oneで放送。日本ではNHK総合で地上波初放送となりました。

▼海外ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)シーズン2』は、U-NEXTでご覧いただくことができます。
ドラマ『シャーロック」シーズン2を今すぐ見る

スポンサーリンク

2.『SHERLOCK(シャーロック) シーズン2』の登場人物紹介

シャーロック・ホームズ(ベネディクト・カンバーバッチ)

天才だが変人の自称「コンサルタント探偵」。事件と推理が大好きでニコチン症候群。
持ち前の推理力と主にスマートフォンを使って事件を解決するが、自ら事件に首を突っ込み警察からは厄介者扱いされている。

ジョン・ワトソン(マーティン・フリーマン)

アフガニスタン帰りの元軍医。肩を撃たれ心の病を負い杖をついていた。
平和な日常を望んでいるようだが、その実本心では危険に飛び込み戦場に戻りたがっている。

グレッグ・レストレード警部(ルパート・グレイヴス)

シャーロックに事件を依頼する刑事。シャーロックの推理の腕”は”認めている。シャーロックによく警察手帳をスられている。

マイクロフト・ホームズ(マーク・ゲイティス)

シャーロックの実の兄であり敵。「英国政府の小さな地位」というが、大きな権力を握っていると思われる。

ハドソン夫人(ユーナ・スタッブス)

シャーロックとジョンがルームシェアをする「221B」の大家。朗らかな性格でよく2人の世話を焼いてくれる。

ジム・モリアーティ(アンドリュー・スコット)

シャーロック最大の敵。スポンサーとして犯罪者に協力し、シャーロックと「ゲーム」をすることが好き。しかしその手口は残忍で多くの人を犠牲にし、自ら手を汚さず人を殺すことを躊躇わない。

アイリーン・アドラー(ララ・パルヴァー)

権力者の男女を相手にし過激なサービスを提供する謎多き女性。シャーロックを惑わし出し抜く狡猾さを持つ。モリアーティと繋がりがある。

3.海外ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)シーズン2』
第2話「バスカヴィルの犬」のあらすじとネタバレ


© 2012 Hartswood Films

ある日、シャーロックはおもしろい事件がなくストレスで煙草が吸いたいと暴れ、ジョンにもハドソン夫人にも当たり散らします。

その時ヘンリーという男性が依頼人としてやってきました。

ヘンリーが幼少期の頃、故郷のバスカヴィルで父親が黒い犬の怪物に襲われ殺されてしまいました。

20年後ヘンリーは、父親が襲われた窪地で巨大なハウンドの足跡を見たといいます。

バスカヴィルにある極秘実験場と関連があると予想したシャーロックは依頼を引き受けます。

バスカヴィルに到着した2人は現地を調査します。

バスカヴィルでは、テレビでも特集が組まれたヘンリーのハウンド事件により、観光者が多く訪れていました。

宿屋に入った2人は、ハウンドを見たという観光客ガイドに話を聞きます。

シャーロックは、ハウンドを見たのは嘘っぱちだとガイドを問い詰めますが、証拠である大きな足跡の現物を見せられました。

2人はマイクロフトからくすねた許可証を使ってバスカヴィルの研究所に入ります。

許可証が偽装だとバレる前に調査を進めようと、警備をしている軍人に査察だと嘘をつきます。

中ではステープルトン博士が、ウサギなどの動物に遺伝子配合実験を行っていました。

許可証の偽装がバレて捕まりそうになる2人ですが、ヘンリーの父親の友人を名乗るフランクランド博士に助けられました。

研究所を出た2人はヘンリーの自宅を訪れます。

ヘンリーはフラッシュバックする当時の記憶から「リバティー」と「イン」という言葉が繰り返し浮かぶといいます。

その夜、ハウンドの足跡を見た窪地を3人で調査します。

ジョンは丘の上から見える光がモールス信号で、「UMQRA」と打たれていることに気づきました。

それを伝えに行きますが、ジョンはシャーロックたちを見失ってしまいました。

森の中を彷徨っていると、遠くから犬の遠吠えのような声を聞き慌てて走り出します。

同じ頃シャーロックとヘンリーも、ハウンドらしき黒い影を見ていました。

実際に見てしまったハウンドをシャーロックは信じられません。

2人が宿屋に戻ると、シャーロックはハウンドの存在を認めました。

現実に存在しないと思っていたものを目の当たりにし、シャーロックは体が震え恐怖します。

ハウンドを否定するジョンをほっといてくれと当たり散らします。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『SHERLOCK(シャーロック)シーズン2』第2話「バスカヴィルの犬」ネタバレ・結末の記載がございます。『SHERLOCK(シャーロック)シーズン2』第2話「バスカヴィルの犬」をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

シャーロックの言葉に傷ついたジョンが宿屋から出ると、またモールス信号が見えました。

信号の元に近づきますが、モールス信号ではなく性行為に及んでいる男女が乗っている車のライトでした。

シャーロックからのメールに従い、ジョンはヘンリーのセラピストに会いに行きます。

セラピストと食事をしていると、研究所で会ったフランクランド博士に邪魔をされセラピストに話を聞くことができませんでした。

翌朝、シャーロックはヘンリーの自宅へ行き使っていた砂糖を盗みます。

ジョンと合流したシャーロックは、昨夜当たり散らしてしまったことを謝ります。

ジョンにモールス信号の話を聞いたシャーロックは、ハウンドという単語がそれぞれ何かの頭文字であることに気づきます。

宿屋に戻ると、マイクロフトに監視を頼まれたレストレードがやってきました。

宿屋の偏りがあるメニューを不審に思っていたジョンは、レストレードに頼んで調査をしてもらいます。

宿屋の主人たちは森で大型犬を放し飼いにし、騒ぎを大きくしてハウンド事件に便乗したと白状しました。

マイクロフトに頼んで2人はもう一度研究所に入ります。

ハウンドの正体を探すよう頼まれたジョンは、研究所内の隔離された部屋に入ります。

部屋を出ると、突然光と大きな音に襲われました。出ようとしてもカードキーが認証してくれません。

そのうち光と音が止みました。

檻の中を調べると、ひとつこじ開けられ何かが脱走した跡があります。

ジョンは部屋を出ようとしますが、やはりカードキーは認証しません。同時に獣の唸り声がして、急いでジョンは隠れます。

シャーロックから電話がかかってきました。未だ唸り声は止みません。

ハウンドらしき黒い影に襲われそうになったその時、シャーロックが助けにきました。

ハウンドを見たと恐怖するジョンに、いないとシャーロックは断言します。

ステープルトンの研究室に訪れたシャーロックは、顕微鏡を借ります。

ヘンリー宅にあった砂糖に含まれた薬のせいでハウンドの幻覚を見たと推理したシャーロックでしたが、砂糖からは薬が検出されませんでした。

どこかに薬の元があるとシャーロックは「マインドパレス」に入ります。

ヘンリーの言葉から、インディアナ州リバティで行われたハウンドというプロジェクトに関係があると気づいたシャーロックは、軍のネットワークに侵入します。

そこには、恐怖を刷り込む薬剤を開発し対人兵器として使おうとしたが、被験者が正気を失い多大な悪影響を及ぼし中止に。しかし研究に携わっていたフランクランド博士が諦めきれず、開発を続けていたことがわかりました。

ヘンリーに襲われたセラピストが、ジョンに助けを求める電話をかけてきます。ヘンリーは正気を失ってしまい、セラピストを襲った後窪地に向かったといいます。

ショックを受けていたヘンリーは自殺しようとしますが、2人が止めに入りヘンリーの本当の記憶を呼び起こします。

ハウンドに襲われたと思っていた父親は、ハウンドプロジェクトを止めようとしたためフランクランド博士に殺されていました。

ヘンリーに真実を思い出されたくないフランクランドは、薬を使ってヘンリーにハウンドの幻覚を見せ、正気を失うよう仕向けていました。

その時シャーロックたちはハウンドの幻覚に襲われます。

立ち込めた霧の中に薬が入っていることに気づきハウンドに打ち勝ちますが、シャーロックたちを殺そうと襲ってきたフランクランドに逃げられてしまいました。

フランクランドは、逃げた先で地雷を踏んでしまい爆死します。

翌朝、研究所でジョンは薬を吸わされ、ハウンドに襲われる実験をさせられていたことをシャーロックに明かされました。

留置所では、マイクロフトによってモリアーティが釈放されますが、壁一面に「シャーロック」と殴り書かれていました。

次回、第3話「ライヘンバッハ・ヒーロー」へつづく…。

4.海外ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)シーズン2』
第2話「バスカヴィルの犬」の感想と評価

「怖いものはない」と豪語するシャーロックが、初めて目にする非現実的なハウンドに恐怖する姿はかわいらしささえ感じます。

その後心配してくれたジョンを友人だとやっと認めてくれます。

シーズン1から合わせると5話目になるのに、やっと友達になったの!?と思わず驚いてしまいますね。

まとめ

ラストシーンで、モリアーティがマイクロフトと留置所で会話をするという突然の展開が起きました。

シャーロックへの執着を見せるモリアーティは、次に何を仕掛けてくるのでしょうか?

次回は「ライヘンバッハ・ヒーロー」。原作ファンなら誰でも知ってるライヘンバッハですが、もしかしてシャーロックが…?

『SHERLOCK(シャーロック)シーズン2』第2話「バスカヴィルの犬」を観ならU-NEXTがオススメです

▼海外ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)シーズン2』は、U-NEXTでご覧いただくことができます。
ドラマ『シャーロック」シーズン2を今すぐ見る

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができますで、大変お得になっています。

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

海外ドラマシリーズ

【プリズンブレイク.シーズン5】無料動画視聴方法。1話あらすじネタバレ

『プリズン・ブレイク』は2005年から放送が始まり、シーズン4がファイナルでした。 しかし、なんと!2017年にシーズン5であるファイナル・ブレイクがスタートしました。 かつて一緒に脱獄した仲間たちが …

海外ドラマシリーズ

ドラマ『エクソシスト孤島の悪魔』シーズン1の各話あらすじとキャスト!

1973年に世界を震撼させたオカルト映画の金字塔である名作映画『エクソシスト』。 そのテレビドラマシリーズ版で、2017年9月に全米放送開始となったばかりの最新シーズンの邦題『エクソシスト 孤島の悪魔 …

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『トップオブザレイク~チャイナガール』あらすじと放送日は

女優エリザベス・モスとニコール・キッドマン共演!海外ドラマ『トップ・オブ・ザ・レイク~チャイナガール』。 1993年に公開された映画『ピアノ・レッスン』にて、女性監督として初めてカンヌ国際映画祭パルム …

海外ドラマシリーズ

パリスジャクソン『STAR 夢の代償』あらすじとフル無料動画視聴方法も

マイケル・ジャクソンの愛娘パリス・ジャクソンがTVドラマ初出演! すでにシーズン2の制作も決定している話題の音楽ドラマ『STAR 夢の代償』のあらすじとキャストと、動画無料視聴の方法をご紹介します。 …

海外ドラマシリーズ

『クワンティコ 2』あらすじとキャスト。アレックス役の女優に注目!

CIAの諜報員養成機関“ファーム” たちが、過去と現在が交錯するノンストップ・クライムサスペンス! 海外ドラマ『クワンティコ』シーズン2が、9月23日(土)よりDlifeにて日本初放送開始です。 スポ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学