Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

海外ドラマシリーズ

Entry 2017/05/17
Update

海外ドラマ『秘密のホテル』あらすじと放送日!いつどこで見られる?

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

メキシコ発の大ヒットミステリードラマ『秘密のホテル:シーズン1』が、2017年5月17日(水)昼12時より動画配信サービスHuluにて独占配信されます!

メキシコといえば、“メキシコとの国境に壁を築く”とアメリカのドナルド・トランプ大統領が公約に挙げるなど、何かと注目を浴びていますね。

今回はメキシコ制作のミステリードラマ『秘密のホテル』をご紹介します。


D.R.(C)Televisa, S.A. de C.V.2016

スポンサーリンク

1.メキシコ制作のドラマ?あなどってはいけない⁉︎

メキシコ出身の監督といえば、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督

メキシコドラマというと、見慣れていないだけに期待ができないのではと思う方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、2015年公開のはドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『ボーダーライン』や、 2017年公開中の『ノー・エスケープ 自由への国境』は、危険なイメージを持つメキシコをドラマモチーフをにした作品です。

また、映画で舞台となることも多いメキシコですが、実はそれだけではないのです!

『ゼロ・グラビティ』でアカデミー賞を受賞したアルフォンソ・キュアロン、 『パシフィック・リム』のギレルモ・デル・トロ

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『レヴェナント: 蘇えりし者』で2年連続アカデミー賞を受賞したアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

『リアリティのダンス』のアレハンドロ・ホドロフスキーなど、 世界的な知名度持ち、活躍する映画監督を多く輩出しているのもメキシコの知らせざる特徴なのです。

なかでもアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督は、自身2度目のアカデミー賞授賞式の際、プレゼンターを務めたショーン・ペンから「コイツにグリーンカード(永住権)を与えたの誰だ⁈」とジョークを飛ばされました。

映像感覚に秀でた人材の宝庫ともいえるメキシコに、エンタメ業界から期待も大きいのでしょう。そのような中で、メキシコ制作の大ヒットドラマ『秘密のホテル』も注目を集めているのです!

▼Huluにて『秘密のホテル』は視聴可能です。
Huluで今すぐ視聴

2.『秘密のホテル』作品情報

【原題】
英題:SECRETS AT THE HOTEL  原題:El Hotel de los Secretos

【監督】
フランシスコ・フランコ・アルバ、 アナ・ロレーナ・ペレス・リオス
 
【製作総指揮】
エロベルト・ゴメス・フェルナンデス

【キャスト】
エリック・イライアス、 イレーネ・アスエラ、 ディアナ・ブラチョ、 ドミニカ・パレタ、 アレハンドロ・デ・ラ・マドリッド、 パブロ・クルーズ

スポンサーリンク

3.ドラマ『秘密のホテル』の見どころは


D.R.(C)Televisa, S.A. de C.V.2016

エンタメ業界も大注目のメキシコ発である期待のミステリードラマ『秘密のホテル』は、 2011年にスペインで放送されたドラマ『グランド・ホテル』をメキシコがリメイク版です。

また、2016年に放送が開始されると、ヨーロッパ、アフリカ、アジアにわたり、130各国と地域で放送され世界的大ヒットを記録

最も注目された点は、20世紀初頭の貴族たちのエレガントでクラシカルな世界感を見事に再現したことです。 衣装制作には250人が参加、 計13,000点以上の衣装が制作されました。

1910年頃に精神病院であった『ラ・カスタネダ』

ほかにも今作のもう1つの主人公ともいえるミステリアスな“グラン・ホテル”。

エントランスの前に大きく広がる庭園と長い石段を構えた優美な正面玄関は、実はかつて悪名高き精神病院として実際に建設された「La Castaneda(ラ・カスタネダ)」を再利用したものだそうです。

ここは20世紀後半まで最大規模の精神科施設でした。開院の全盛期は60,000人もの患者の世話を行なっていた施設だったそうです。

このような裏エピソードからも、ストーリーを視聴者に納得させる細部に手抜きがない、あるいは、こだわりぬいた豪奢な本格的ミステリーだということも想像ができますね。

4.『秘密のホテル』あらすじ


D.R.(C)Televisa, S.A. de C.V.2016

時代は1908年。プエブラ行きの最終列車を待つフリオ。突然、音信不通となった双子の妹クリスティーナを捜すため、彼女がメイドとして働いていたグラン・ホテルに向かおうとしていました。

フリオは駅のホームで美しい女性イサベルに目を奪われてしまいます。彼は同じ列車に乗ったイザベルに近づくと、自身の身分を偽り話しかけます。

やがて、うたた寝をする彼女に別れを告げると、目的地であるグラン・ホテルに着いたフリオ。

クリスティーナの手紙に“1番の仲の良い親友”と書かれていた接客係アンドレスを見つけて、妹の行方を問いただすも、何も言わずに消えたと意味深に話すばかりでした。

しかし、アンドレスの助けもあって、フリオは新人の接客係としてホテルに潜り込むことに成功して、妹クリスティーナの行方を捜すことにしました。

そこでフリオは、列車の中で惹かれた美しいイサベルの姿を見かけます…。

そんな中、ホテルのオーナーのテレサは、夫亡き後しばらく空席となっていた総支配人を決めるため、子どもたちを呼び集め、盛大なパーティの準備していました。

借金に苦しんでいたホテルを救う唯一の方法は、夫の右腕として手腕を発揮していたディエゴを総支配人にすることでした。

ディエゴと娘のイサベルを結婚させて、彼女にディエゴを操らせるのが目的でした。

イサベルは母テレサの願いを聞き入れ、そのパーティで婚約の発表をします。

一方のフリオは、妹クリスティーナが住んでいた部屋で何か手がかりはないかと探します。そこでべッド下の壁穴に隠されていた日記と投函されることのなかった手紙の束を見つけます。

やがて、フリオは、ある日の夜に血のついたクリスティーナの制服が、調理場にある釜の中で焼かれているところを発見。

次々と見つかる妹クリスティーナの不穏な手がかり、果たして妹の行方は…。

▼Huluにて『秘密のホテル』は視聴可能です。
Huluで今すぐ視聴

スポンサーリンク

.まとめ

世界130カ国以上で視聴されて大ヒット!! メキシコ発ミステリードラマ『秘密のホテル』が、遂に日本上陸!

愛と陰謀うずまくホテルの行方は?妹クリスティーナが握っていた大きな秘密とはいったい何なのか?

ぜひ、あなたの知らないメキシコが見られるかも知れませんよ。お楽しみに!

海外ドラマ『秘密のホテル』はHuluでの視聴可能。ぜひ、お見逃しなく!

さて、海外ドラマを幅広く、一早くFOXチャンネルはお贈りしていますが、Huluでは本国で観ているかのように話題作の各話をじっくりと堪能できますよ。

Huluでは現在2週間無料トライアルを実施中

無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりませんし、記事でご紹介した作品以外にも映画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなど、大量の作品が見放題となっています。

作品によって追加料金がかかるVOD(定額制動画配信サービス)もありますが、Huluは全作品見放題というのも安心して使えるポイントですね!

▼Hulu Huluで今すぐ視聴

※紹介している情報は2017年9月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

海外ドラマシリーズ

ドラマ『エクソシスト孤島の悪魔』シーズン1の各話あらすじとキャスト!

1973年に世界を震撼させたオカルト映画の金字塔である名作映画『エクソシスト』。 そのテレビドラマシリーズ版で、2017年9月に全米放送開始となったばかりの最新シーズンの邦題『エクソシスト 孤島の悪魔 …

海外ドラマシリーズ

海外ドラマ『タイム・アフター・タイム』あらすじとキャスト!

海外ドラマ専門チャンネルAXNにて、2017年9月6日(水)より、『タイム・アフター・タイム ~H・G・ウェルズの冒険』日本独占初放送! なんと!シンディ・ローパーの楽曲「タイム・アフター・タイム」が …

海外ドラマシリーズ

【エージェントオブシールド シーズン1】動画無料視聴と4話ネタバレ

海外ドラマエージェント・オブ・シールドのシーズン1。 コールソンの部下であった元エージェントの真相をチームが追います。 第4話、「<span class="fontBold" …

海外ドラマシリーズ

ワンダヴィジョン5話感想とネタバレ考察!ピエトロは別人?ラスト結末とMCUシリーズの「ある噂」も解説

『ワンダヴィジョン』はDisney+で配信。 作り出された「世界」の真実が明かされ始めたのと同時に、多くの謎がさらに散りばめられた「Episode4」。 遂に「世界」の外側と内側の時間軸が重なり、「E …

海外ドラマシリーズ

【エージェントオブシールド シーズン1】動画無料視聴と3話ネタバレ

海外ドラマエージェント・オブ・シールドのシーズン1。 「グラヴィトニウム」と呼ばれる重力異常を発生させる鉱石が、チームを混乱に招きます。 第3話、「グラヴィトニウム」を紹介します! CONTENTS1 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学