Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

海外ドラマシリーズ

【エージェントオブシールド シーズン1】動画無料視聴と5話ネタバレ

  • Writer :
  • shitanita

海外ドラマエージェント・オブ・シールドのシーズン1。

花柄ドレスを着た女性が暗躍します。そしてスカイの秘密も…?

第5話、「花のドレスの女」を紹介します!

1.海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド シーズン1』
第5話「花のドレスの女」の作品情報


© 2014 Marvel

【公開】
2013年(アメリカ放送)

【原題】
Agents of S.H.I.E.L.D.「Girl in the Flower Dress」

【監督】
ジェシー・ボチコー

【キャスト】
クラーク・グレッグ、ミン・ナ・ウェイ、クロエ・ベネット、イアン・デ・カーステッカー、エリザベス・ヘンストリッジ、ブレット・ダルトン

【作品概要】
「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズの作品を多く手掛けるジョス・ウェドンが制作指揮を、「クローザー」「プリズン・ブレイク」などのサスペンスドラマを得意とするジェシー・ボチコーが監督を務めます。
ディズニースタジオがマーベルスタジオを買収した後、ABCスタジオが制作しました。

▼海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド』はHuluでご覧いただくことができます。
海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド シーズン1』を今すぐ見る

スポンサーリンク

2.『エージェント・オブ・シールド シーズン1』の登場人物紹介

フィル・コールソン捜査官(クラーク・グレッグ)

シールドの捜査官で映画「アベンジャーズ」にてロキの手にかかり殉職したと思われていましたが、「タヒチ」により復活し、チームのリーダーを務めます。

メリンダ・メイ捜査官(ミン・ナ・ウェイ)

シールドの捜査官でエースパイロットですが、戦闘技術にも長けています。コールソンの右腕で常に冷静沈着。時折頭に血が上ってしまうことも。

スカイ(クロエ・ベネット)

ハッカーグループ「ライジング・タイド」のメンバーでしたが、コールソンに半ば強引に勧誘されチームの一員になります。

グラント・フォード(ブレット・ダルトン)

シールドの捜査官で、特殊工作員として爆弾解体を得意としていましたが、コールソンにより半ば強引にチームの一員になります。戦闘技術がとても高く堅物な性格。

レオ・フィッツ捜査官(イアン・デ・カーステッカー)

シールドの捜査官で兵器開発を専門としています。シモンズといつも一緒にいて兄弟のような関係です。

ジェマ・シモンズ捜査官(エリザベス・ヘンストリッジ)

シールドの捜査官で生命科学を専門としています。フィッツとは兄弟のような関係で、親しいパートナーです。

3.海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド シーズン1』
第5話「花のドレスの女」のあらすじとネタバレ


© 2014 Marvel

香港でチャンという売れないマジシャンがショーをしていますが、ありきたりマジックのネタだと観客に笑われていました。

しかし、チャンは手から直接炎を出し、観客を驚かせます。

チャンに興味を持った花柄ドレスを着た黒人女性のレイナは、彼に声をかけました。

そんなチャンはある日、突然、パイロキネシスに目覚めたといいます。

選ばれた能力だと褒めるレイナでしたが、チャンを騙して誘拐をしたのです。

飛行機の中でウォードとスカイが仲良くボードゲームを楽しんでいます。

スカイがチームに馴染んできたことをコールソンは安心しました。

シールドの中国支部から要請が入ります。

行方不明になってしまったチャンを探す手助けをしてほしいとコールソンたちは言われます。

数年前に起きた火災事件で被害にあってからパイロキネシスに目覚めたチャンは、シールドの超能力者リストに載っていました。

そのチャンの能力を知っている者に誘拐され、リストの情報をハッキングしたライジング・タイドが犯人ではと疑われます。

当然スカイが疑われてしまいますが、否定するスカイは犯人を見つけることを宣言を行います。

目が覚めたチャンの目の前にはレイナがいました。

チャンはレイナをシールドのエージェントだと思っていましたが、否定したレイナはチャンをヒーローにさせると伝えます。

ヒーローになることは望まないチャンでしたが、ただ名を上げたいと思っていたことでレイナの誘いに乗り、「スコーチ」というヒーローネームを名付けてもらいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『エージェント・オブ・シールド シーズン1』第5話「花のドレスの女」ネタバレ・結末の記載がございます。『エージェント・オブ・シールド シーズン1』第5話「花のドレスの女」をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

チャンの情報をハッキングしたのはマイルズというハッカー界の有名人でした。

マイルズがいるテキサスに向かったコールソンたちは彼を見つけ追いますが、マイルズは信号機をハッキングし撒かれてしまいます。

彼が自宅に逃げ戻るとスカイがそこにはいました。

自分が飛行機の中にいることを知りながら、シールドをハッキングしたことにスカイが怒りを感じます。

マイルズとスカイは以前から関係を持っていました。

体を重ねた2人は再会の約束をしスカイは部屋を出ますが、外にはメイが待っていました。

マイルズとは助け合っているだけで、ちゃんと仕事をしようとしたというスカイですが、裏切ってしまったのは事実でメンバーからの信頼を失ってしまいます。

マイルズと共にスカイは手錠をかけられ、飛行機の中に監禁されました。

レイナの研究所に来たチャンは、能力を強化するという血清を打ち、パイロキネシスをさらに強力にします。

フィッツとシモンズはマイルズの経歴を調べますが、出生や家族など何も記録がありませんでした。

しかし、何者かに情報を売っている証拠を掴んだウォードがマイルズを問い詰めると、スカイは激昂します。

マイルズが手に入れたシールドの情報と引き換えに大金を支払っていた依頼者は、花柄ドレスの金持ちのレイナでした。

大金の出所は「ムカデ」の研究所だとマイルズはいい、ウォードとスカイは顔を青ざめさせます。

レイナたちムカデ組織は、血清として打ち込んだエクストリミスの副作用をチャンの血小板が安定させることを発見します。

チャンの血小板が炎に強い耐性があるため、監禁したチャンから血小板を抜き取ります。

逃げようとパイロキネシスを使ったチャンは、血小板がなくなったことで手が焼け焦げてしまいました。

マイルズが売った情報でチャンが危険な目にあうことをスカイは責めますが、ただ、2人で裕福になりたいだけだったとマイルズと口論になります。

研究所に乗り込んだコールソンたちはチャンを助けますが、自ら血清を打ったチャンは溢れる力を暴走させ襲いかかります。

コールソンたちがいる研究室のロックを解除するためにウォードとスカイが現場に向かいます。

スカイの活躍によりコールソンとメイは研究室から脱出しますが、復讐にかられたチャンは研究者の女性を燃やし尽くします。

コールソンの命令で飛行機からマイルズが研究所をハッキングし、チャンがエクストリミスの副作用で爆発した被害を最小限に抑えることができました。

ハッキングと同時に研究所のデータをコピーしたスカイにより、黒幕に一歩近づける手がかりを得られます。

マイルズはコールソンに特殊なブレスレットをつけられ、遠回しに監視していることを伝え脅しました。

改めてマイルズに別れを告げたスカイは、コールソンのオフィスに呼ばれます。

スカイが抱える秘密をコールソンは問い詰めました。

スカイがハッキングを覚えたのも、ライジング・タイドに入ったのも、シールドに近づいたのも、全て何も知らない両親の情報を知るためです。

スカイを手伝うことを約束したコールソンは、マイルズと同じブレスレットをつけさせました。

花柄ドレスの女性は留置所で男性と面会し、エクストリミスを抑える手立てを見つけたといいます。

シールドに見つかったため、「クレヤボヤント」と接触するよう花柄ドレスの女性はいい、去って行きました。

次回、第6話「宙に浮く死体」へつづく

4.海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド シーズン1』
第5話「花のドレスの女」の感想と評価

チャンの血小板がどうして炎に強い耐性を持っていたのかは分かりませんが、力を使って自分はもっと有名になれるはずだと、信じていることを悪用されてしまったのは、とても可哀想でした

そのような敵がいるからシールドが能力を制限していたことを、チャンにはしっかり理解してほしかったですね。

今回スカイの秘密が次々と暴露されてしまいます。

マイルズとスカイは付き合っていて信頼していたはずなのに、ただスカイと幸せに暮らしたいマイルズが本来のライジング・タイドの目的を逸脱してしまい、スカイに見限られてしまったのは男としてもう少しよく考えてほしかったなぁと思います。

両親のことを全く知らないスカイはかわいそうだと思いますが、最初からそれをいってチームに入っていれば、せっかく築き上げた信頼をまた失ってしまうことはなかったかもしれませんね。

花柄ドレスの女性は富豪だそうですが、ただの出資者というわけではなく組織の中でも高い位置にいそうです。

最後に彼女の口から告げられた「クレヤボヤント」とは人名でしょうか?謎が残りますね。

まとめ

第1話「シールド精鋭チーム誕生」でも登場した「エクストリミス」が再登場、というより同じ物だということがわかりました。

超人的な力を手に入れる代わりに、細胞の変化を体が耐え切れず時間経過で爆発してしまう危険や薬「エクストリミス」が、今シーズンで重要な役割を担っているようです。

今回主な撮影場所が中国だったこともあり、香港の趣のある風景や中国人も多く登場していました。

メイ役のミン・ナ・ウェイは香港系アメリカ人だということもあり、普段使わない中国語でチャンらと対話するシーンは白色があってかっこよかったです!

『エージェント・オブ・シールド シーズン1』
第5話「花のドレスの女」が観られるHuluは現在2週間無料トライアルを実施中

▼海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド』はHuluでご覧いただくことができます。
海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド シーズン1』を今すぐ見る

無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりませんし、記事でご紹介した作品以外にも映画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなど、大量の作品が見放題となっています。

作品によって追加料金がかかるVOD(定額制動画配信サービス)もありますが、Huluは全作品見放題というのも安心して使えるポイントですね!

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

海外ドラマシリーズ

君は私の春|3話 ネタバレあらすじ感想と結末評価。ダジョンとヨンドが急接近!?新たに波乱をもたらす人物までもが出現

Netflixドラマ『君は私の春』が2021年7月5日(月)から配信されています。 ホテルのコンシェルジュとして働くカン・ダジョン(ソ・ヒョンジン)が暮らすビルに、クリニックを開業した精神科医のチュ・ …

海外ドラマシリーズ

『ロキ』ネタバレあらすじ感想と結末考察の解説。ラストにはマーベル作品の根底を覆す“壮絶な運命”が待っている

大人気ヴィランを主人公としたタイムトラベルドラマ『ロキ』 自身の未来が運命によって定められており決して覆すことが出来ないと知った時、それが悪い運命だとしても簡単に受け入れることが出来るでしょうか。 「 …

海外ドラマシリーズ

【エージェントオブシールド シーズン1】動画無料視聴と3話ネタバレ

海外ドラマエージェント・オブ・シールドのシーズン1。 「グラヴィトニウム」と呼ばれる重力異常を発生させる鉱石が、チームを混乱に招きます。 第3話、「グラヴィトニウム」を紹介します! CONTENTS1 …

海外ドラマシリーズ

君は私の春|2話ネタバレあらすじ感想と結末評価。ラストでジュン(ユンパク)の身に衝撃の出来事⁉︎ダジョンの行方はいかに!

Netflixドラマ『君は私の春』が2021年7月5日(月)から配信されています。 ホテルのコンシェルジュとして働くカン・ダジョン(ソ・ヒョンジン)が暮らすビルに、クリニックを開業した精神科医のチュ・ …

海外ドラマシリーズ

Netflix韓国ドラマ『梨泰院クラス』ネタバレ感想とあらすじ考察。恋愛・復讐・経営という3つの物語が一方通行の恋愛模様を含んで展開

恋愛・復讐・サクセス、3要素が秀逸な韓国ドラマ『梨泰院クラス』 Netflixで配信されている韓国ドラマ『梨泰院クラス』。韓国のケーブルテレビ局で放映されていた連続ドラマです。 主演は、映画『パラサイ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学