Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

Entry 2018/01/17
Update

『パンズ・ラビリンス』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

  • Writer :
  • 窓下

ギレルモ・デル・トロ監督といえば『パシフィック・リム』が記憶に新しく、そして2018年3月1日には『シェイプ・オブ・ウォーター』が公開!

今回はギレルモ監督の作品の中でも根強い人気を誇る『パンズ・ラビリンス』を紹介します。パッケージだけを見ると少女がファンタジー世界に迷い込む「不思議の国のアリス」のような作品に見えますが…?

スポンサーリンク

1.映画『パンズ・ラビリンス』の作品情報


(C) 2006 ESTUDIOS PICASSO, TEQUILA GANG Y ESPERANTO FILMOJ

【公開】
2007年

【原題】
El laberinto del fauno(英題:Pan’s Labyrinth)

【監督】
ギレルモ・デル・トロ

【キャスト】
セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、イバナ・バケーロ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル、アレックス・アングロ

【作品概要】
内戦後のスペインを舞台にしたダーク・ファンタジー。数々の映画賞を受賞し、アカデミー外国語賞にノミネートされた作品です。

ギレルモ監督の持ち味であるダイナミックなCG描写はあるものの、なにか重々しい雰囲気を感じさせる本作。ギレルモ監督によるスペイン内戦を舞台にした映画化作品の二作目になります。

3.映画『パンズ・ラビリンス』のあらすじとネタバレ


(C) 2006 ESTUDIOS PICASSO, TEQUILA GANG Y ESPERANTO FILMOJ

1944年、内戦下のスペイン。

戦争で父を亡くしたオフェリアは、母が独裁主義のヴェダル大尉と再婚したため彼の家のある砦で暮らし始めます。

レジスタンス掃討を指揮する大尉は母のおなかの中にいるやがて生まれる自分の子供だけを可愛がり、オフェリアには非常に冷たく接します。

母もまた大尉の機嫌を伺うばかりだったため、彼女の相手をしてくれるのは家政婦のメルセデスのみです。

ある日、オフェリアはメルセデスが大尉の目を盗んでこっそりとレジスタンスに協力していることを医者との会話から知ってしまいます。

あまりにも重すぎる事実に心が押しつぶされそうになったオフェリア。

この砦にはオフェリアの居場所はどこにもなく、息苦しさを感じた彼女は、やがて空想の世界へと自分の居場所を探すようになります。

ある夜、空想の中だけであったはずの妖精が突然オフェリアのもとにあらわれ、森の奥にある迷宮へと連れていかれます。

そこにいたのは迷宮の番人であるパンがいました。
(*パンはギリシア神話上に存在する牧羊神。本作では羊の角を持つ悪魔の姿を模して描かれています)

パンはオフェリアに対して「あなたこそ地底の王国の姫君だ」と告げます。

そしてこの迷宮が地底の王国への入り口であること、そして満月の日までに三つの試練を達成できれば姫君であると認められることを告げ、一冊の本を彼女に託します。

オフェリアをこの試練に挑戦することとなります。

一つ目の試練は「大きな樹の下にいるカエルに石を二つ飲みこませること」。

大尉が用意した晩餐会よりも試練を優先してしまったオフェリアですが、泥だらけになりながら最終的に目的を達成し、鍵を見つけ試練を無事達成することが出来ます。

しかし現実の世界では晩餐会をすっぽかし用意されたきれいな服も泥だらけにしてしまっただけでした。

母親に呆れられてしまい、冷たくされるオフェリア。残酷な現実がいまだ繰り広げられてしまいます。

そしてまた逃げるように、二つ目の試練を達成するためにパンから託された本を開きます。

すると突然ページがみるみる赤く染まり始め、それと同時に悲鳴が聞こえると大量に出血し倒れそうになっている母親の姿がありました。

直ちに医者を呼ぶように手配する大尉、オフェリアは母と同じ部屋から一人部屋に移されてしまいます。

その夜、パンが彼女のもとに現れると「急いで二つ目の試練を行うように」と案内の妖精、以前手に入れた鍵、砂時計を渡して告げます。

ですが彼女は母親の体が心配だから無理だといいます。

するとパンはオフェリアにマンドラゴラの根を渡し「これを母親の牛乳に浸し毎日血を二滴たらし、母親のベッド下に置くように」と伝えます。

翌日いわれた通りに行うとマンドラゴラの根は突如赤ん坊のように動き出し、母親の体調はみるみる快方へと向かっていきました。

医者も驚くほどの回復力に安心したオフェリアは二つ目の試練に挑みます。

二つ目の試練は「チョークで四角形を書き砂時計をひっくり返して中に入り、豪勢な料理の置かれた宴の席に行って、砂時計の砂が落ちる前に鍵を開け中の物を取ってくる」というものでした。

しかしこの試練には絶対に料理に口をつけてはいけないというルールがありました。

いわれたとおりに壁にチョークで描くとそこには広間があって、たくさんのおいしそうな食事が大きなテーブルに並んでいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『パンズ・ラビリンス』ネタバレ・結末の記載がございます。『パンズ・ラビリンス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

部屋の奥には人間のような形をした何かが座っていましたが、動く気配はありません。

初めはそろそろと動いていたオフィリアですが、動かないのを見ると手早く鍵を開け中に入っていた短刀を取ります。

しかし、そのまま帰ればいいものの思わず誘惑に負けてブドウを二つ食べてしまいます。

すると今まで動かなかった人型のものが動き、顔と思わしき場所に眼球をはめて妖精をつかんで食べてしまいます。

オフェリアは砂時計の時間に間に合わず閉じてしまった扉の代わりに新しい扉を書くと、命からがら逃げだすことに成功します。

しかし生き残った妖精がルールを破ったことをパンに告げ口したため、試練は達成したものの「おまえは姫君になる資格はない」と言われ怒られてしまいます。

そしてそのままパンは彼女のもとから消えてしまいます。

次の日の朝、ゲリラの拠点になっている家をレジスタンスに襲撃された大尉は、森の中に潜んでいたレジスタンスを一網打尽にし、捕えた男を離れにある拷問部屋に監禁し、拷問を始めます。

なかなか口を割らない男に大尉は医者を呼び、さらなる拷問に耐えられるように治療しろと伝えますが、その時偶然にも彼が持っていた抗生剤がレジスタンスの物と同じであることを確信します。

苦しむ男を安楽死させようとする医者を自分に従わないものとして始末した大尉ですが、近くに内通者がいるのではないかと疑い始め家の中を調べ始めます。

偶然母のベッドの下にいたオフェリアとマンドラゴラを見つけると、「くだらないまじないだ」と言ってマンドラゴラを暖炉に投げ入れてしまいます。

オフェリアにはマンドラゴラの苦しみもがく叫び声が聞こえますが、ほかの誰にも聞こえることはなく、信じてもらえるはずもありません。

そうこうしているうちに母親が苦しみはじめ、出産が始まりますが、難産の末男の子は無事に生まれたもののおまじないが切れてしまった母親は死んでしまいます。

ますます残忍になってゆく大尉は兼ねてから怪しいと踏んでいたメルセデスにカマをかけると、見事に嵌ってしまった彼女は拷問部屋へと連れていかれてしまいます。

また彼女と仲の良かったオフェリアは怒った大尉に部屋に閉じ込められてしまいます。

そんなオフェリアの前に再びパンが現れ、最後の試練を行うように、これが出来たら王女と認めようといいます。

迷宮に弟を連れてくるように命じられたオフェリアは、チョークで閉じ込められた部屋から脱出すると、大尉の部屋から弟を抱えて逃げようとします。

その時ゲリラの夜襲による明かりで照らされ大尉に見つかったオフェリアでしたが、あらかじめ大尉の酒に大量の睡眠薬を盛ったことで大尉の足がもつれ、うまく部屋から連れ出すことが出来ました。

弟を連れて迷宮にやってきた彼女はパンに「弟の体を第二の試練で手に入れた包丁で切るように」と言われますが、弟の身体を傷つけたくないと拒みます。

その様子を追ってきた大尉は後ろから見ていました。パンにそれでは王女に慣れないと言われたオフェリアは、現実に引き戻され大尉に後ろから撃たれて死んでしまいます。

彼女の手から赤ん坊を取り上げて迷宮から出てきた大尉でしたが、ゲリラに襲われ倒れてしまいます。

自力で拷問部屋から脱出したメルセデスは、ゲリラの後ろから迷宮へとやってきて、赤ん坊を抱え倒れる大尉を見てなにがあったかを察します。

そして迷宮の中で倒れているオフェリアを見つけます。

彼女の傷口から流れた血が迷宮の満月を映し出す水たまりへと流れ込むと、彼女は地下の王国へと招き入れられます。

そこはとても美しい黄金に輝く場所で、そこには優しい王と王妃が待っていました。

彼女は弟を守ったことで姫になることが出来たのです。

現実では、ただオフェリアの死を悲しむメルセデスの歌声が迷宮の中に響いていました。

スポンサーリンク

3.映画『パンズ・ラビリンス』の感想と評価

ギレルモ監督ならではのCGや特殊メイク技術がすごい!

この作品では幻想の世界をオフェリアが渡り歩きますが、なんといっても幻想の世界のCG技術が素晴らしい!

おどろおどろしくて、ちょっとホラーで魅力的なんです。

公開当時も第二の試練で出てくるクリーチャー「ペイルマン」がネット上で少し人気になったりしましたね。

パンを演じているのはダグ・ジョーンズですが、声のみの出演と思いきや彼は実はCGで作られているのは足だけ。あとは特殊メイクですべて作られているというのだから驚きです。

第79回米アカデミー賞では撮影賞、美術賞、メイクアップ賞を受賞するのも納得ですね。

最後の地下の王国は逆にすべてCGで作られています。

幻想の世界と現実の世界を違和感なく見せるCG技術はさすがです。

戦争のリアルさと恐ろしさから感じるメッセージ性

2001年の映画『デビルズ・バックボーン』でもスペイン内戦を扱っていたギレルモ監督ですが、大尉の性格や恐ろしさ際立つ演技もあってか、本作『パンズ・ラビリンス』のほうがよりフランコ軍(大尉が所属していた政府軍)の残忍さ、独裁的な表情が際立ちます

大尉という人間そのものが軍自体を模したような存在で、すべてを自分の思い通りにしようとする、そんな存在ですね。

そんな彼が最後勝利しないラストは、ファシズムに対する監督からの反抗のメッセージなのかもしれません。

スポンサーリンク

4.映画『パンズ・ラビリンス』を見るならHuluがお得!

映画『パンズ・ラビリンス』は、PandoraやDailymotionのサイト内で、すでに削除されてしまい、見れなくなってしまっている場合があります。

そんな時は動画配信サイトhuluが公式にアップロードをしている作品を視聴する方が安心安全です。

Huluは映画(邦画・洋画)、海外ドラマ、アニメなど、たくさんご覧いただいても視聴制限はありません。

決められた月額933円(税抜)で、配信中のタイトルは全て何回でも観ることが可能です。(一部を除く)

しかも、なんと!契約して最初の2週間は無料のお試し期間があります

この期間内に解約すれば、1円も払うことなく無料で映像コンテンツが観られるわけです。

お仕事の休日や暇な時に、映画館やレンタルDVD店に行くのがメンドウだな〜といった、あなたには!

Huluのお試し期間を使ったほうがだんぜんお得ですよ!

▼Huluで映画『パンズ・ラビリンス』はご覧いただけます。
映画『パンズ・ラビリンス』を今すぐ無料で見る

5.Huluのメリットとは

自宅でじっくりHuluを視聴する

動画配信サイトHuluには、ご紹介している『レオン 完全版』のほかにも、人気映画やドラマ40,000本が見放題のオンライン動画配信サービスです。

Huluならインターネットに接続したテレビやパソコン、またゲーム機などでHuluにある動画をお楽しみいただくことができます。

外出先など好きな場所ですぐにHuluを視聴!

Huluと契約をしておくだけで、自宅のテレビで視聴していた映画の続きを、一時停止をした場面から外出先でお手持ちのスマートフォンやタブレットを使って視聴することも可能です。

▼Huluで映画『パンズ・ラビリンス』はご覧いただけます。
映画『パンズ・ラビリンス』を今すぐ無料で見る

まとめ

本作『パンズ・ラビリンス』は、現実と幻想の世界が折り重なる世界ですので、考察しながら見るのもオススメです!

パンに出会ってからオフェリアの周りの世界は現実と幻想が曖昧になっていきます。

母の症状が軽くなったのはマンドラゴラのおまじないが本当に効いていたのか?

そもそも地下の帝国は本当にあって、パンは存在したのだろうか?

一度映画を見た段階ではオフェリアが幻想の世界を作り上げてそこに逃げ込むことで現実逃避しようとしたのだろうと考えたのですが、それにしては自分に対してあまりにも厳しすぎる世界ですよね。

クリーチャーに襲われるところなんて特におなかを常に空かしているオフェリアとしては耐え難い試練なわけです(実際に誘惑に負けてしまうのですが)。

しかし現実にあの世界が存在するとするなら、オフェリア以外の人間の誰にも見えないのはなぜなのか…。

あなたは本当に地下の帝国は存在すると思いますか?そんなことを考えながら見るのも楽しいかもしれませんね。

▼Huluで映画『パンズ・ラビリンス』はご覧いただけます。
映画『パンズ・ラビリンス』を今すぐ無料で見る

Huluは過去の名作から話題の最新作まで、幅広い映画やドラマの動画が安心して楽しめるサービスです。

さて、『パンズ・ラビリンス』が観られるHuluでは現在2週間無料トライアルを実施中

無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりませんし、記事でご紹介した作品以外にも映画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなど、大量の作品が見放題となっています。

作品によって追加料金がかかるVOD(定額制動画配信サービス)もありますが、Huluは全作品見放題というのも安心して使えるポイントですね!

映画『パンズ・ラビリンス』を見るのに、パンドラTV(Pandora)やデイリーモーション(Dailymotion)で視聴するのも、1つの方法かもしれませんが、最近では動画リンクが削除されている場合も多いのです。

そこで動画がストレスなく見られる公式動画配信サイトHuluで、動画をサクサクと観られ、ウィルスなどの心配もない安心安全の高いに環境をオススメします!

▼Huluで映画『パンズ・ラビリンス』はご覧いただけます。
映画『パンズ・ラビリンス』を今すぐ無料で見る

*掲載された記事は2018年1月現在のものになります。この作品のHuluでの動画配信サービスが終了することもございます。

スポンサーリンク

関連記事

ファンタジー映画

【ハリーポッターと不死鳥の騎士団】動画無料視聴方法とネタバレ感想

『ハリーポッターと炎のゴブレット』見て衝撃を受けたあなた!休んではいられません。 そう、続いては第5作品『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』の時間です! 今回も前作に引き続き、まだまだダークな雰囲気が漂 …

ファンタジー映画

映画『ゆれる人魚』感想レビュー。ラスト結末に見た姉妹の成長の真意とは

映画『ゆれる人魚』は2月10日(土)より新宿シネカリテほか全国順次公開! 2016年にサンダンス映画祭「ワールドシネマコンペティションドラマ部門」の審査員特別賞をはじめ、海外の映画祭で多くの映画賞の獲 …

ファンタジー映画

いぬむこいりキャストとあらすじ!原作は民話?有森也実の演技評価も

天孫降臨の地より日本の千年を撃つ!美しくパンクな幻想世界!片嶋一貴監督の4時間を超える大作は衝撃の連続の4章構成! 2017年まさに大作の名に相応しい『いぬむこいり』のクロニクルを有森也実が女優人生を …

ファンタジー映画

映画『エンドレス・ポエトリー』感想レビュー【ホドロフスキー監督】

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の『エンドレス・ポエトリー』は、11月18日(土)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほか全国順次公開。 世界に潜むマジック・リアリ …

ファンタジー映画

菊地凛子映画ハイヒールあらすじと演技力の評価!公開日と映画館は?

2017年6月24日より劇場公開される映画『ハイヒール こだわりが生んだおとぎ話』には、菊地凛子が1人2役に挑戦して、相反するキャラクターに見ごとに演じています。 監督はイ・インチョルが務める作品とは …

日本映画大学
映画『アウトサイダーズ』
映画『タクシー運転手〜〜約束は海を越えて』
映画『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』