Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

【ハリーポッターと不死鳥の騎士団】動画無料視聴方法とネタバレ感想

  • Writer :
  • ひまわり

『ハリーポッターと炎のゴブレット』見て衝撃を受けたあなた!休んではいられません。

そう、続いては第5作品『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』の時間です!

今回も前作に引き続き、まだまだダークな雰囲気が漂っています。

ついに復活したヴォルデモート卿…。今作ではどのようなことが起きるのでしょうか。

なにやらタイトルにもヒントが隠れている様子。

今回は大人気シリーズ「ハリー・ポッター」から、第5作品目『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』をご紹介いたします!

スポンサーリンク

1.映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』の作品情報


(C)2007 Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights (c) J.K.R.

【公開】
2007年(アメリカ映画)

【原題】
Harry Potter And The Order Of The Phoenix

【監督】
デヴィッド・イェーツ

【キャスト】
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、ロビー・コルトレーン、レイフ・ファインズ、マイケル・ガンボン、ブレンダン・グリーソン

【作品概要】
「ハリー・ポッター」シリーズ第5作目。ホグワーツ魔法魔術学校の5年生になったハリーは、邪悪なヴォルデモート卿や死喰い人を倒すため、「ダンブルドア軍団」を結成。ダンブルドア率いる秘密組織「不死鳥の騎士団」と協力し、ヴォルデモート卿と戦っていく姿が描かれる。激しい魔法の戦いのみならず、ハリーの初恋も描かれている。

▼▼U-NEXTで 映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』はご覧いただけます。
映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』を今すぐ見る

2.映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』のあらすじとネタバレ


(C)2007 Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights (c) J.K.R.

ハリー・ポッターは7年制のホグワーツ魔法魔術学校で、5年生になる前の夏休みをダーズリー家で、憂鬱と孤独に耐えながら過ごしていました。

いつもなら親友ロンやハーマイオニーが家に招いてくれるのですが、今年は何の便りもありませんでした。

ある日、ハリーは従兄弟のダドリーから虐めを受けていましたが、突如、人間界に吸魂鬼が現れて2人に襲いかかります。

ハリーはダドリーの危機に、思わず人間界で使ってはいけない魔法を使い吸魂鬼に応戦すると危機を脱します。

しかし人前では使用を禁じられている掟を破ったことが知れて、ホグワーツから除籍を宣告する通知が届きます。

ホグワーツ校長ダンブルドアの取り計らいで、ハリーの処分は魔法省で開かれる尋問会まで保留となります。

その間、ハリーはダンブルドアが組織した秘密同盟「不死鳥の騎士団」に呼ばれます。

そこには騎士団の一員であるハリーの名付け親シリウス・ブラック、そしてロンやハーマイオニーもいました。

ハリーは騎士団メンバーから、復活を遂げた闇の帝王ヴォルデモート卿の動向についてあることを知らされます。

ヴォルデモート卿は極秘にしか手に入れられない、あるものを探しているといういうのです。

やがて尋問会が開かれると、魔法大臣コーネリウス・ファッジはこれを機にハリーを魔法界から永久追放しようと目論んでいました。

しかし、ダンブルドアの努力の甲斐もあって、ハリーの正当防衛が認められると無罪放免となりました。

しかし、ヴォルデモート卿の復活をハリーのつくり話と信じ込み、ハリーを信用していない魔法省は、上級次官ドローレス・アンブリッジを闇の魔術に対抗する防衛術の教授としてホグワーツ魔法魔術学校に送り込みます。

以下、『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』ネタバレ・結末の記載がございます。『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

アンブリッジは魔法省の権威を盾にホグワーツ内で権力を振るいます。そして、彼に逆らう者は容赦なく処罰を与えるようにしました。

ハーマイオニーはシリウスから魔法省の企てを聞かされ、自分たちで防衛術の実技を学ぶことで、ヴォルデモート卿に対抗することを考えます。

ロンとハーマイオニーは、ハリーを説得して実技の講師役に据え、校内の有志を集めて「ダンブルドア軍団」を結成。

生徒たちはハリーから闇の魔術から身を守る方法を伝授されました。

ハリーはヴォルデモート卿の手下に命を奪われたセドリックの元恋人チョウ・チャンと、初恋を実らせ交際を始めます。

そんな折、魔法監獄アズカバンから10人の死喰い人が脱獄したことが知らされると、そこにハリーの級友ネビル・ロングボトムの両親を呪いで廃人としたベラトリックス・レストレンジも含まれていました。

ある晩、ハリーは悪夢にうなされます。それは魔法省の「神秘部」に捕らえられたシリウスが拷問を受けているものでした。

ハリーは真相を探るため、ダンブルドア軍団を引き連れて神秘部に向かいます。しかし、ベラトリックス率いる死喰い人が襲いかかってきます。

ハリーたちが危機に陥ると、シリウスたち不死鳥の騎士団が駆けつけてくれ、激しい戦いとなります。

そこでシリウスはベラトリックスに命を奪われてしまいます。

怒りに満ちたハリーは、逃げるベラトリックスを追いかけると、そこにはヴォルデモート卿がいました。

ハリーは一騎打ちを挑みますが、ヴォルデモート卿の強靭な魔力によって苦戦を強いられます。

すると、ダンブルドアが駆けつけて応戦してくれると、ヴォルデモート卿はベラトリックスとともに退散します。

今回の一件により、もはや魔法界ではヴォルデモート卿の復活は揺るぎない事実となり、生徒たちから非難されたアンブリッジはホグワーツ魔法魔術学校から追い出されてしまいます。

5年生修了とともに、強い決意を胸に秘めたハリーは、ダーズリー家へ戻って行きます。

スポンサーリンク

3.映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』の感想と評価


(C)2007 Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights (c) J.K.R.

今作も前回の雰囲気をそのまま引き継いでいるようでした。悪の手がハリーやハリーの周りに迫ってくる…。

大丈夫か、逃げ切れるのか、とドキドキハラハラ引き込まれます。

今回の見どころの1つはもちろん、タイトルにあるように「不死鳥の騎士団」の再結成。

これは、ヴォルデモート卿と死喰い人たちに対抗するためにアルバス・ダンブルドアが創設した秘密の組織のことです。

1981年にヴォルデモート卿が赤ん坊のハリーに敗れ騎士団が勝利したその日からこの組織は活動を休止していました。

しかし、前作でヴォルデモート卿が復活。ここでダンブルドアが「不死鳥の騎士団」を再結成するのです!

前作の顔ぶれが再集結。

今作の後半部分で、彼らは姿を現します。ハリーたちを守るために戦う彼らの姿は本当にかっこいいの一言に尽きます。

ヴォルデモート卿って本当に強すぎるのですが、ダンブルドアも負けていません。

火と水の対決は目を見張りました!

もちろん、戦いには必ず犠牲が伴います。

今作も、ハリーにとって大切な人がまたひとり…。

ハリーもハーマイオニーもロンも、みんな大人に成長しています。

発言や行動も立派になっていて、それだからこそ、つらいことが起きたり、危険な戦いに挑んだり。

成長に伴って、作品の内容もどんどんシリアスになっていきます。

見どころ2つ目!ハリーの初恋ついに実る?!

前作から登場したハリーが気になる女の子。チョウ・チャンの存在です。何やらハリーはチョウのことを気にかけていましたね。

今作ではハリーが指導者となって防衛術を教える学生組織「ダンブルドア軍団」を結成します。

そこにはチョウ・チャンの姿が!この組織を通じて、チョウとハリーの距離が縮まっていきます。
そしてついに二人はキス・・・
ハリーの初キスは是非本編で!

チョウ・チャン演じるのは黒髪のアジア系美少女
ケイティ・リューングです。
セドリックからもハリーからも気に入られるチョウ役にピッタリの女優さん。

原作者J・K・ローリングが、チョウ役は無名の女優さんがいいとのことで、
3000人もの中からオーディションを勝ち抜きデビューを果たしました。
ご両親が香港からの移民でいらして、ケイティはスコットランドで育ったそう。

ハリー・ポッター以外あまり見ないなと思いきや、
テレビドラマや、最近では『T2 トレインスポッティング』などに出演しているみたいです。
きっと今後もまだまだご活躍されることでしょう。

黒髪のかわいいチョウのあどけない演技にも注目してみてくださいね!

ハリーが中心となる「ダンブルドア軍団」に参加し、
みんなで防衛術を学ぼうとする彼らの一体感
ハリーを守ろうとする友情、悪を倒したいと思う強い情熱・・・。

ハリーは赤ちゃんの時から両親がいなかった。だからもちろん悲しいことやつらいこともあったはず。

それでも、彼らのような友達に出会えたこと、ハリーを守ろうとしてくれる先生たちにも出会えたことはハリーの人生を大きく変えたと思います。

まだまだハリーにはたくさんの試練が待っています。
どんどんクライマックスへと近づいていく「ハリー・ポッター」シリーズに目が離せません!

4.映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』で学べる英会話!


(C)2007 Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights (c) J.K.R.

今回は恋愛に関するスラング(若者言葉)をピックアップしました!

テーマはキス。イギリス英語でキスはなんというでしょう?

それは・・・Snogging(スノッギング)

劇中の会話からハリーたちはどのように使っているのか見てみましょう!

ロン:Well? How was it?
(そう?どうだった?)

ハリー:Wet. I mean, she was sort of crying.
(ぬれてた。つまり、彼女ちょっと泣いてたんだ。)

ロン:That bad at it, are you?
(そんなにヘタだったのか?)

ハーマイオニー:I’m sure Harry’s kissing was more than satisfactory.
(ハリーのキスはいいものだったに違いないわ。)

Cho spends half her time crying these days.
(チョウは最近泣いてることが多いじゃない。)

ロン: You’d think a bit of snogging would cheer her up.
(ちょっとキスすれば元気づけられるもんな。)

こんな会話が「ハリー・ポッター」に出てくるなんて!
ハリーのキスの感想や、ロンとハーマイオニーをまじえての恋バナが
かわいらしく微笑ましいですね。

あなたも是非、友達との恋バナにぜひ、Snogging使ってみてください!

スポンサーリンク

まとめ

(C)2007 Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights (c) J.K.R.

ハリーの成長とともに、内容もどんどんシリアスになってきている「ハリー・ポッター」シリーズ

物語もさらに複雑化してきます。

ヴォルデモート卿からハリーを守る、そして世界を悪から守るため、みんなで一丸となって戦う、そんな「不死鳥の騎士団」そして「ダンブルドア軍団」の活躍は、この作品の一番の見どころです。

もちろん、ハリーのSnoggingにも注目してみてくださいね!

それではそろそろ魔法の世界へと戻る時間です!

また第6作目でお会いしましょう。

映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』を安全かつ無料で見る方法は
U-NEXTがオススメです。

▼▼U-NEXTで 映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』はご覧いただけます。
映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』を今すぐ見る

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができますで、大変お得になっています。

そのポイントを使えば、『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』は無料で見ることができます。

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

ファンタジー映画

映画『ケイタネバーダイ』あらすじと感想。中村友則監督が描いたリアルな人物描写とファンタジーの世界観とは

どうしようもないチンピラがたどり着いた先はあの世? 自分を殺したヤクザたちへの復讐のため、あの世で再開できた父親のため、主人公ケイタは戦う決意を固める…。 東京・池袋の知る人ぞ知る映画館シネマ・ロサで …

ファンタジー映画

メリーポピンズリターンズ(2018)ネタバレ感想。続編キャストはエミリー・ブラントしかいないと監督から熱烈オファー!

ディズニーの普及の名作映画『メリー・ポピンズ』の続編が54年ぶりについに登場! 楽しい歌とダンスに、うっとりする映像美で、観客に新たな魔法をかけます。 そして普遍的な感動を与える教訓に満ちたストーリー …

ファンタジー映画

ディズニー映画『くるみ割り人形と秘密の王国』あらすじとキャスト。共同監督の2人のプロフィール紹介も

映画『くるみ割り人形と秘密の王国』は、11月30日(金)より全国ロードショー! チャイコフスキーによる傑作バレエ作品として広く愛されてきた『くるみ割り人形』をディズニーが実写映画化。 『ギルバート・グ …

ファンタジー映画

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』|ネタバレ感想と内容評価。キャスト演じる魅力的なキャラたちの“ハリポタ”シリーズ前日譚

エディ・レッドメイン主演『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 「ハリー・ポッター」シリーズでおなじみJ・K・ローリングが、ロバート・ガルブレイス名義で執筆した「ファンタスティック・ビースト」 …

ファンタジー映画

実写映画『ライオンキング(2019)』あらすじネタバレと感想。ディズニー名作アニメを最新映像技術によってリメイク

映画『ライオン・キング』は2019年8月9日(土)より全国ロードショー公開! ミュージカル作品をも生み出した往年の名作ディズニー・アニメーション映画が、最新最高のCGI技術によって“超”実写化リメイク …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学