Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ファクトリー・ウーマン』ネタバレ感想と結末あらすじの評価解説。サリー・ホーキンスが男女平等を求めて闘う女性を凛々しく演じる

  • Writer :
  • からさわゆみこ

“フォード社”のダゲナム工場で働く女性たちのストライキが奇跡を起こした実話!

今回ご紹介する映画『ファクトリー・ウーマン』は、1968年のイギリス河畔にある米国車“フォード”のダゲナム工場を舞台に、男女同一賃金制を訴えた女性工員たちの実話を映画化した作品です。

監督はイギリスの地方で暮らす平凡な女性たちが、一生に一度は輝きたいと奮起した物語『カレンダー・ガールズ』(2003)を手掛けたナイジェル・コール監督が務めます。

ロンドン東部の町ダゲナムは自動車産業の中心地。アメリカの自動車会社フォードの工場もダゲナムにあります。ここから1日3000台を生産していました。

それを支えたのが5万5000人の男性工員と187人の女性工員です。ところが支給される賃金には男女に格差がありました。

ミシン工として確かな技術を持つ女性工員は、その差別に不満が増幅し労働組合に改善を訴えますが……。

スポンサーリンク

映画『ファクトリー・ウーマン』の作品情報


(C) 2010 Dagenham Girls Limited, The British Broadcasting Corporation and UK Film Council. All Rights Reserved.

【公開】
2010年(イギリス映画)

【原題】
Made in Dagenham

【監督】
ナイジェル・コール

【脚本】
ジョン・デ・ボーマン

【キャスト】
サリー・ホーキンス、ボブ・ホスキンス、ミランダ・リチャードソン、ジェラルディン・ジェームズ、ロザムンドパイク、アンドレア・ライズボロー、ジェイミー・ウィンストン、ダニエル・メイズ、リチャード・シフ

【作品概要】
本作の主演は『ハッピー・ゴー・ラッキー』(2008)でベルリン国際映画祭の銀熊賞、『ブルージャスミン』(2013)でアカデミー助演女優賞に初ノミネート、『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』(2018)、「パディントン」シリーズに出演したサリー・ホーキンスが務めました。

女性工員の善きアドバイザーのアルバート役には、『モナリザ』(1987)でゴールデングローブ賞最優秀主演男優賞、カンヌ国際映画祭コンペティション部門男優賞を受賞したボブ・ホキンス。

バーバラ・キャッスル雇用生産大臣役には『オペラ座の怪人』(2005)、『チャーチル ノルマンディーの決断』(2018)、「ハリーポッター」シリーズなどに出演したミランダ・リチャードソン。

映画『ファクトリー・ウーマン』のあらすじとネタバレ


(C) 2010 Dagenham Girls Limited, The British Broadcasting Corporation and UK Film Council. All Rights Reserved.

1968年5月28日リバー工場の縫製部では、女性のミシン工たちがシート用の皮部品などを縫製しています。

同じ工場で働く夫と2人の子供と暮らすリタ、おしゃれ好きで美人のブレンダ、モデルを夢見るサンドラ、PTSDの夫を持ち縫製部の班長をしているコニーなどが工場に通ってきます。

女性工員たちは自分達の技能力に誇りを持っていますが、会社からの報酬はそれに見合っておらず、その不満は爆発寸前でした。

彼女たちは会社が格付けする“非熟練労働者”に納得がいきません。なぜそう分類されているのか、工場の上層部に質問を投げかけ回答を待ちましたが、期日が過ぎても何も答えはありませんでした。

労働組合のアルバートは回答がない場合の手段をどうするのか、採決するよう彼女たちに問いかけます。

アルバートがリタに採決を委ねると、彼女は作業台の上に乗り“実力行使”の時が来たと切り出し、予告通り時間外労働を拒否し、全日ストを決行することを全快一致で採決します。

女性工員たちは仕事を終えると、残業を拒否して退社していきます。リタは夕食時に息子の様子がおかしいことに気がつきます。利き手を見ると鞭で叩かれた痕がありました。

リタは担任に抗議しに行きますが、“団地育ちの子供は規律を守らない”それは、両親に学歴がないせいだと言いのけます。

侮辱的なことを言われたリタは言い返すこともできず、教室を去ります。その途中で廊下で女性とぶつかり優しく声をかけられますが、悔しさから「うるさい」と口走ってしまいます。

翌日、アルバートがコニーのところに来て、イギリス本社から呼び出されたことを伝え、本社はミシン工のストに警戒しているといいます。

本社からは工場長のホプキンスなど3名、縫製部からは労働組合のモンティーとアルバートとコニーが代表ですが、人数で上回るためリタに白羽の矢が立ちます。

モンティは本社へ出向く前に経費で豪華なランチをご馳走してくれます。そして、コニーとリタの2人に交渉は男に任せるよう言い、本社へと向かいました。

本社の言い分は「職能に関する分類には合意している」ということです。アルバートは“非熟練”の扱いに納得ができないと詰め寄ります。

しかし、本社側は要求は受理するが、議題に上げるには順序があると突っぱねます。

そこでモンティーは2週間後に再交渉の場を設け、女性工員の要求を認めるよう促します。そうすることで“ストの回避”はしたと報告できるからです。

また、女性工員たちにも2週間後に“最優先事項”になったと伝えれば、彼女たちの言い分が無視されていないとわかれば十分だろうと言います。

その言葉を聞いたリタは思わず「バカみたい」と本音を漏らします。彼女はシートに使われている皮の部品を広げながら、本社の人間に組み立ててみるよう言います。

そして、見本もなく長年の感覚と手先だけで縫う、難しい技術を使っているのに、それでも“非熟練”だというつもりなのかと訴えます。

更に「準熟練労働」に昇格し賃金を上げてほしいと交渉します。順序を守れというが何年も待ち続けている、そのせいで「女はストをしない」とでも思っているのだろうと言い放ちました。

リタは放っておけば忘れると思ったら大間違い、残業は拒否し直ちにストも決行すると言って席を立ちました。

モンティーは顔に泥を塗られたと怒りますが、3人は工場に戻りリタの口から「スト決行よ」と宣言されます。

以下、『ファクトリー・ウーマン』のネタバレ・結末の記載がございます。『ファクトリー・ウーマン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) 2010 Dagenham Girls Limited, The British Broadcasting Corporation and UK Film Council. All Rights Reserved.

労働党政府が発足して2年、雇用生産大臣のバーバラ・キャッスルが、公約に掲げた「労働者の利益推進」の進捗状況に業を煮やしていました。

1年の間にストの件数は2万6000、失われた労働日は延べ500万日に上り、労使関係の悪化により生産力は低下の一途で、国際収支は大赤字であると秘書官たちに怒りをぶつけます。

バーバラが目指していたのは労働者と組合のパイプを活かし、製造業の古い体質を改善し、希望に満ちた職場環境でした。

縫製部の残業拒否は決行され、翌日のストライキ決行のため、女性工員達はプラカードや抗議バナーを作ります。

女性たちのストライキは和やかなものです。倉庫にはシートの在庫があったため、自動車の製造には影響はありませんでした。

就業時間近くになって急に雨が降り出し、ストライキは中断され女性たちは帰宅します。そのときリタはカフェでアルバートと会い、彼が幼少時だったころの話しを聞きます。

アルバートの母は女手一つで彼を育てました。男性工員と同じ仕事をしても、“女性”というだけで賃金の差は大きく苦労したと話しました。

そんな悪しき習慣は断ち切るべきで、ストライキは意義深いと語ります。そして、より団結力を高めるリーダーシップが必要で、その先頭に立つのはリタだと言います。

班長はコニーでしたが精神を病んでいる夫の面倒を見ながらでは大変だと、リタにその役目を担うよう願いました。

リタはコニーに話してから決めると答え、子供たちを迎えに学校へ行きます。そこで体罰の抗議をしに行った日にあった女性がリタに声をかけます。

彼女はリタに体罰の件で行ったのか尋ね、自分もそのことで抗議しに行ったと話します。彼女は暴力教師の処遇に抗議する署名を集めており、リタも署名に協力しました。

翌日、リタがコニーにリーダーの件を話すと、彼女はリタが適任だと委任します。するとそこに本社からの通告が配られます。「手続きの無視は言語道断」という内容でした。

リタはそれを読むと「男の作ったルールに従わない!強硬手段よ!」と、同一賃金になるまで全面ストを続けると告げ、女性達からの採決をとります。

ストライキに全面協力をするアルバートは、組合のトップに呼ばれ彼女たちを扇動し、会社との関係を悪化させたと厳重注意をうけます。

しかし、アルバートはマルクスの言葉「社会の進歩は女性の地位に表れる」を引用し、賃金格差の撤廃を求め、組合を名乗るなら組合員のために働けと一喝します。

リタが率いるミシン工の女性たちは工場内にとどまらず、町に出てデモ行進をしたり議場前で演説をするなど、活動の場を広げローカルメディアも彼女たちを取材します。

やがてシートなどの在庫も使いつくし、ダゲナム工場の生産ラインはストップし工場は一時閉鎖してしまいます。

アメリカのフォード本社はダゲナム工場のストを問題視し、統括責任者のトゥーリーが動き出します。

イギリスに来たトゥーリーを工場長のホプキンスは、妻の手料理でもてなすため自宅に招きます。出迎えに出てきたのはリタが学校で出会った女性のリサでした。

トゥーリーはリサが高学歴だと知り、ダゲナム工場の労働組合は甘すぎるのではないかと、意見を求めます。するとリサはその逆だといいます。

理由はライバル会社“GM”のヴォクリールではストが起きておらず、その理由が親会社に労働者への理解があるからだと話します。

さらにフォードは組合を厄介者だと思っている節があり、労働者から会社は敵視されているのでは?と踏み込んで意見しました。

ミシン工達のデモ活動には拍車がかかり、最初は好意的に応援した男たちも仕事を失い、彼女たちを訝しく思い始めます。リタの家庭もギクシャクし始めます

事態はダゲナム工場だけのことではなくなり、各地の労働組合もリタ達を支持しなくなると、そのことを新聞各紙は報じました。

トゥーリーは労働者内に亀裂を作り、ストライキやデモを阻止しようと動きます。その手始めとして、モンティーが行っていた経費の不正利用です。

弱みを握られたモンティーは労働組合総会で、彼女たちの不支持を訴えようと画策します。また、モデル志望のサンドラには、フォードのパンフレットモデルという話をもちかけました。

リタ達も総会に行き組合の支持が得られるか見届けようとします。その矢先、デモに参加している間にコニーの夫が自殺をしてしまい、彼女はストのせいだとリタを責めました・・・。

その頃、ホプキンスの妻リサが新聞でリタの活動を知り、彼女たちが劣勢に立たされていることも知ります。

総会に行くことを迷いはじめていたリタの所に、リサが訪ねてきました。彼女は体罰を加えていた教師が解雇されたことを知らせます。

そして、リサは夫が工場長のホプキンスであること、高学歴でも夫からバカ扱いされていること、歴史を作る偉人のように、自分も歴史を変えたかったとリタを励まします。

総会ではモンティーがミシン工員達が訴えている賃金値上げの件を議題に出し始めました。ところが参加者の一人がせっかくだから、女性の代表者の声を直接聞きたいと発言します。

演台へと向かったリタにモンティーは手を差し伸べますが、彼女は拒否して1人で舞台にあがり語り始めます。

コニーの亡くなった夫ジョージは、正義のために闘った勇敢な軍人であったと話します。空軍に入った理由は「女にモテるから」と「戦うべき時がある。だから戦う」でした。

逃げ出すことを恥じていたイギリス国民は、もう存在していないのか?闘うことをやめていないのなら、一緒に立ち上がってほしいと訴えます。

そして、私たちは男も女もない労働者であり、区別されるべきは「不公平を受け入れる人」とジョージのように「正義のために闘える人」だけで、男女同一賃金は「正義」と締めくくりました。

組合の採決はリタ達が打ち出した、男女同一賃金を支持することで決定します。

この決定はメディアでも取り上げられ、動向を見守っていたバーバラ雇用生産大臣は、リタ達との会談を申し出ます。

リタは雇用大臣との会談でイギリス全体で、労働者の同一賃金が叶うと希望を抱きました。そして、リサの家を訪ね、彼女が着ていた赤いワンピースを借り会談に挑みます。

しかし、フォード社はイギリス経済の柱であったため、アメリカとの関係を悪くしたくない首相は、バーバラの行動にストップをかけます。

フォード本社のトゥーリーもバーバラに謁見し、彼女たちと会談するということは、4万人の失業者を出すリスクがあると脅します。

しかし、バーバラはその言葉に屈しませんでした。会談を実現させると「男女同一賃金を実現させましょう・・・いずれは」と言いました。

企業もマスコミも騒ぎ出しては、決まることも決まらないとまずは、縫製工場に戻り仕事を再開するよう促します。

リタはその場で約束を取り付けるために来たと言います。そしてバーバラと同じように「働く女性」なのだと訴えました。

するとバーバラは職場に復帰する条件(約束)をリタに聞きます。リタは男女同一賃金が実現するまでの間、男性賃金の90%まで引き上げてほしいと提示しました。

バーバラはトゥーリーの待つ部屋へ行くと、4万人のリスクを引き受けると言い放ち、会談の結果を待つマスコミの所へリタ達を連れて向かいます。

バーバラはフォード社のミシン工は7月1日に職場復帰し、賃金を時給にして7ペンス増額し、男性賃金の92%とすると発表しました。

そして、バーバラは会談を通し政府として「男女同一賃金法」の成立を目指すと宣言しました。

スポンサーリンク

映画『ファクトリー・ウーマン』の感想と評価


(C) 2010 Dagenham Girls Limited, The British Broadcasting Corporation and UK Film Council. All Rights Reserved.

長期的な「英国病」の影

イギリスは1960年代以降、社会保障制度の充実化や基幹産業の国有化などを政策に掲げており、所得税などの引き上げなどにより労働意欲が低下していました。

1964年に労働党が発足し、代表的な政策の一つとして、1967年の労働党政権にてウィルソン内閣は鉄鋼や運輸などの産業を国有化し、1975年には自動車産業を国有化していました。

まさに本作は女性労働者による、男女の賃金同一を求めたストライキが発端で、国の政策として動き始めた時期の実話が基となりました。

1970年5月に「同一賃金法」は成立し、世界各国の先進国でも同種の法律が生まれました

第二次世界大戦後のイギリスは「ゆりかごから墓場まで」のキャッチフレーズで社会保障制度を充実させ、1960年代から1970年代にかけては「英国病」と呼ばれるほどに経済がひっ迫し、1978年〜1979年におきたオイルショックによって、各産業で労働者たちによるストライキが頻発していました。

1984年〜1985年の炭鉱ストライキの町を舞台にした映画『リトル・ダンサー』もあります。イギリスには労使関係、賃金の格差など問題山積みな時代が長く続いていました。

歴史にすり込まれた「偏見」

映画『リトル・ダンサー』ではトランスジェンダーにも触れていて、映画『ファクトリー・ウーマン』では性的差別を扱いました。

イギリスでは国王が女性の時代もあり、首相が女性の時期もあったので、女性の地位は他国に比べ進んでいると思われましたが、実際はそうでもなかったのです。

例えば女性を敬うというイメージの「レディー・ファースト」の起源は、女性が男性のために先々の準備をしたり、余計なことを話す前に退席することなどを指しています。

また女性を引き立てるように前面に出すのは、奇襲から身を守るための盾にするためだと知り、ゾッとしました。

男性の女性に対する「あしらい方」は、学歴があろうとなかろうと卑下しており、こうした差別は賃金格差にも表れていました。

映画『ファクトリー・ウーマン』は古典的な女性の生き方を全面否定しているのではなく、男性と変わらぬ技術や技能または、それ以上の能力を認めてもらう権利を主張した物語です。

この主張はこれまで女性に特化した分野で、男性が活躍する権利をつかむ時代へと繋がっていきます。

要は「持ちつ持たれつ」が良好である関係性が大切になります。互いを思いやり、認め合える社会が労働意欲や生産性を高めるのではないでしょうか?

まとめ


(C) 2010 Dagenham Girls Limited, The British Broadcasting Corporation and UK Film Council. All Rights Reserved.

映画『ファクトリー・ウーマン』は、1968年にフォード社ダゲハム工場の縫製部門で、実際におきたストライキを題材に、架空の登場人物を設定したヒューマンコメディでした。

1960年代のファッションやヘアメイクそして、流行していた音楽が小気味好くちりばめられた映画です。

女性達の共闘は健気で涙ぐましいものでした。家庭崩壊や友情の亀裂などさまざまな局面を乗り越えたとき、そこにはより深い絆と未来への希望が芽生えていました。

「闘わなければならない時には闘う」という精神は時代とともに変化しますが、人生ではそういう場面に直面します。その時には勇気をもって立ち上がれる自分でありたい。そう思わせてくれた作品でした。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『食べる女』あらすじとキャスト。原作の筒井ともみは女優と料理にこだわりを見せる

映画『食べる女』は9月21日(金)よりロードショー。 70年代から数々の映画やドラマ、アニメの脚本を手掛けてきた超ベテラン脚本家・筒井ともみの短編小説『食べる女』『続・食べる女』を映画化。 原作者であ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ハニーボーイ』あらすじネタバレと感想。キャストのシャイアラブーフは出演依頼を受けるつもりはなかった⁈

ノア・ジュプ主演、アルマ・ハレル監督作品『ハニー・ボーイ』 映画『ハニー・ボーイ』は、「トランスフォーマー」シリーズの主演を務めたシャイア・ラブーフが脚本を執筆。特に男性の観客から大きな支持を獲得し批 …

ヒューマンドラマ映画

映画『泣く子はいねぇが』ネタバレ解説と内容考察。なまはげという秋田の伝統文化で描いた“たすくの葛藤と成長”

娘が産まれても、大人になりきれない男の心の葛藤と成長を描いた、映画『泣く子はいねぇが』。 監督、脚本、編集を担当した佐藤快磨が、5年の時間を費やして完成させた本作は、仲野太賀や吉岡里帆など、若手の注目 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ガラスの城の約束』ネタバレ感想。ブリー・ラーソンが原作者ジャネット・ウォールズの半生を演じる

映画『ガラスの城の約束』は2019年6月14日(金)より、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国順次ロードショー! 『ガラスの城の約束』は、元ニューヨーク・マガジンのコラ …

ヒューマンドラマ映画

映画『さよならくちびる』あらすじネタバレと感想。ハルレオの門脇麦&小松菜奈の演技と演奏に注目!

映画『さよならくちびる』は、2019年5月31日(金)より全国ロードショー! 突然解散を決めた人気デュオの“ハルレオ”。付き人のシマと共に行く解散ツアーを描く音楽エンターテインメント。 音楽劇であると …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学