Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの迫水(さこみず)洋平役は市原隼人。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。

監督は『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。

脚本を『機動警察パトレイバー』の伊藤和典、『亡国のイージス』の長谷川康夫が担当。

企画に『ローレライ』『亡国のイージス』で知られる作家・福井晴敏が携わっています。

主演は人気実力派俳優である西島秀俊。佐々木蔵之介、佐藤浩市、本田翼など豪華俳優が共演することが発表されています。

この記事では、迫水(さこみず)洋平役を演じる市原隼人について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』の作品情報


(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/「空母いぶき」フィルムパートナーズ

【公開】
2019年(日本映画)

【原作・監修】
かわぐちかいじ『空母いぶき』(小学館)

【監督】
若松節朗

【企画】
福井晴敏

【脚本】
伊藤和典、長谷川康夫

【音楽】
岩代太郎

【キャスト】
西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、小倉久寛、高嶋政宏、玉木宏、戸次重幸、市原隼人、堂珍嘉邦、斉藤由貴、藤竜也、佐藤浩市

【作品概要】
「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじによる累計400万部突破のベストセラーコミックを実写映画化。

名優・西島秀俊(秋津竜太役)と佐々木蔵之介(新波歳也役)が共演します。

ほかにも佐藤浩市はじめ、本田翼、藤竜也、玉木宏、市原隼人ら豪華な顔ぶれの出演が決定しています。

監督は、『ホワイトアウト』(2000)『沈まぬ太陽』(2009)などで知られる若松節朗。

映画『空母いぶき』のあらすじ


(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/「空母いぶき」フィルムパートナーズ

世界が再び「空母の時代」へと突入している20XX年。

日本の最南端沖で、国籍不明の軍事勢力による突然の発砲があり、日本領土の一部が占領されて海保隊員が拘束されました。

緊張が走る中、政府は自衛隊初の 航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせます。

空がうっすらと白み始めた午前6時23分。日本はいまだかつて経験したことのない一日を迎えようとしていました。

「いぶき」艦長の秋津竜太は、元航空自衛隊のエースパイロットという異例の経歴の持ち主。軍人として武力行使や命がけの任務もいとわない人物です。

一方、副艦長兼航海長に選ばれた新波歳也は、専守防衛・人命第一での行動に誇りを持つ男。

新波は秋津の方針に違和感を覚えながらも、彼の努力や能力を認め、共に任務に励みますが…。

スポンサーリンク

映画『空母いぶき』迫水(さこみず)洋平役は市原隼人

参考映像:『リリイ・シュシュのすべて』(2001)

映画『空母いぶき』で迫水洋平役を演じる市原隼人は1987年2月6日生まれ。神奈川県出身の俳優です。スターダストプロモーション所属。

妻はモデルの向山志穂。

小学5年生の時に渋谷でスカウトされて芸能界入り。

2001年岩井俊二監督映画『リリイ・シュシュのすべて』で主演。

2003年ドラマ『ヤンキー母校に帰る』で重要な役割を持つ生徒役を演じます。

2004年『WATER BOYS2』で連続ドラマ初主演。

同年主演映画『偶然にも最悪な少年』で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。

2008年には『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『神様のパズル』と3本の主演映画が公開される大変な人気俳優となりました。。

同年『ROOKIES』で3年ぶりに連続ドラマ出演。この作品は好評となりスペシャル版放送後、映画化もされました。

この作品で2009年ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞

その後も、2009年ドラマ『猿ロック』、2013年『カラマーゾフの兄弟』などで主演しています。2017年NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』にも出演。

2015年『最後のサムライ』で舞台初主演。

そのほか映画『RANMARU 神の舌を持つ男』『無限の住人』など数多くの作品に出演しています。

ファッション好きで、映画でも一部私服で出演したり、自分で髪をセットすることもあるそうです。

趣味はカメラとバイク。

映画『空母いぶき』迫水(さこみず)洋平はどんな役?

市原隼人演じる迫水(さこみず)洋平はアルバトロス隊隊長。

市原は、日本人としてこの作品に出会えたことを誇りに思い、大和魂が掻き立てられたとコメント。守るべきものの為に命をかける清らかさを学んだと話しています。

スポンサーリンク

市原隼人の演技力の評価は

熱いキャラクターで観る者に強い印象を残す俳優・市原隼人。

2001年に鬼才・岩井俊二監督の衝撃作『リリイ・シュシュのすべて』で見事に主役を演じきったのは、なんと弱冠14歳の時。透明感あふれる演技は大きな反響を呼びました。

2004年主演映画『偶然にも最悪な少年』で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。

同年、人気ドラマ『WATER BOYS2』で落ちこぼれでありながらも一生懸命なシンクロ部員役でも主演を務めて好評を得ます。

その後も数々の作品で主演を務める人気俳優となりました。

人気を決定づけたのはドラマ『ROOKIES』安仁屋恵壹役での出演でした。

大人気作品となって劇場版も製作され、興行収入85億円を記録する大ヒットとなりました。

この作品で2009年ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞しています。

三池崇史監督のバイオレンス作品『極道大戦争』では、バンパイアにかみつかれたヤクザ役で出演。お蔵入りになったシーンも多々あるほど、過激に演じきったといいます。

映画『無限の住人』では残虐非道な人でなし役を熱演しました。役作りのために、ハイエナが捕食する動画を見ていたとコメントして会場を驚かせました。

役に対しての個性的なアプローチを試みることで、自身の魅力を引き立たせているに違いありません。

味わい深い脇役を演じることが多くなった市原隼人。『空母いぶき』でも彼の演技から目を離せません。

市原隼人の公式SNSの紹介

【市原隼人のInstagram】

市原隼人の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ

国民の命と平和を守るために戦う者たちの姿を壮大なスケールで描いた、クライシス超大作『空母いぶき』。日本がかつて経験したことのない24時間を描き切っています。

出演は西島秀俊、佐々木蔵之介、佐藤浩市、玉木宏、高嶋政宏ら豪華な実力派俳優陣。

『ホワイトアウト』など大作映画を手がけてきた若松節朗監督が、「未来の命に平和な世界を」をコンセプトに、平和や命に重みを問いかける極上エンターテイメント作品に仕上げています。

アルバトロス隊隊長を演じる熱い漢気あふれる市原隼人の演技に、大きな期待が寄せられています。必見です!

『空母いぶき』は2019年5月24日より全国ロードショー!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画ボストン ストロング|あらすじと感想。実話キャストにジェイクの演技力は

実話映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』は5月11日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー。 2013年、実際に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件。その被害に …

ヒューマンドラマ映画

【映画キング TheKing】ネタバレ感想とレビュー評価。ティモシーシャラメに主役を依頼したのはデヴィッド・ミショッド監督のアイデア

Netflixオリジナル映画『キング(原題:The King)』はヴェネチア国際映画祭にて世界初公開 『キング』は、中世のイギリスが舞台。偉大な指揮官として知られるヘンリー五世を描いた歴史ドラマです。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『キングス・オブ・サマー』あらすじと感想レビュー。上映情報も

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ヒューマンドラマ映画

映画『ここは退屈迎えに来て』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

圧倒的共感を呼んだ山内マリコの傑作小説が、名監督&新世代豪華キャストにより待望の映画化! 夢とあこがれの青春時代とその後も続く人生を描いた『ここは退屈迎えてに来て』をご紹介します。 スポンサーリンク …

ヒューマンドラマ映画

映画『パラダイス・ネクスト』あらすじと感想。半野喜弘監督&妻夫木聡が台湾ロケで紡いだ映像美

映画『パラダイス・ネクスト』は、2019年7月27日より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー! これまで、ホウ・シャオシェン監督やジャ・ジャンクー監督などアジア映画を代表する巨匠監督の作品の音楽を手が …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP