Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/07/25
Update

映画『火口のふたり』あらすじネタバレと感想。原作・白石一文の災害と男女と肉体の物語を荒井晴彦が描く

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『火口のふたり』は2019年8月23日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国公開

直木賞作家・白石一文が東日本大震災の翌年である2012年に発表した同名小説を原作に、往年の名脚本家にして映画監督・荒井晴彦が4年ぶりにメガホンをとった最新作。

それが、映画『火口のふたり』です。

柄本佑瀧内公美の二人芝居と言える程に濃密なドラマの中で、大災害を前に“人間としての自然”を選びとった男と女のあり様を描いた、“2011年以降の”人間とエロティシズムの物語です。

スポンサーリンク

映画『火口のふたり』の作品情報


(C)2019「火口のふたり」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
白石一文

【脚本・監督】
荒井晴彦

【キャスト】
柄本佑、瀧内公美、柄本明

【作品概要】
『Wの悲劇』から『共喰い』『さよなら歌舞伎町』まで、40年以上にわたって多種多彩な作品の脚本を手がけてきた往年の名脚本家・荒井晴彦の監督第3作。原作は『ほかならぬ人へ』で直木賞を受賞した作家・白石一文の同名小説。

メインキャストは、柄本佑と瀧内公美の実質二人のみです。過去に肉体関係のあった男女が再び出会い、濃密な逢瀬とあまりにも変化してしまった環境の中で自らの生に対する選択を試みようとする様を描きます。

映画『火口のふたり』のあらすじとネタバレ


(C)2019「火口のふたり」製作委員会

賢治(柄本佑)の元に、かつて恋人同士だった直子(瀧内公美)の結婚の話が届きます。

あまり気乗りしないながらも帰郷し、直子と再会する賢治。二人はかつて濃厚な肉体関係を結んでいた過去があり、富士山の火口のポスターを背景に交わっている写真を残したほどでした。

「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」という直子の言葉をきっかけに、濃密な情事に溺れていく二人。

結局一夜だけに収まらず、結婚式までの5日間、互いの身体に刻まれた快楽と葛藤を感じながら交じり合い続けます。

直子は「賢ちゃんが知っている賢ちゃんの身体と、私が知っている心と体とはちがうんだよ」と語ります。そして、二人は互いの身体の言い分に従って情事に溺れていきます。

その合間合間で、当時と今の互いの真実をぽつりぽつりと語っていきます。

直子の結婚相手は自衛官で、子供が生みたいがために結婚するというのでした。それを聞いた賢治には直子の言い分が、何か建前のように、言い訳のように聞こえると言います。

ただ、賢治は直子と別れた直後にできちゃった婚という形で結婚。その後浮気をして、子供が1歳の頃には離婚してしまい結婚生活には失敗していました。そのことを、直子から逆に突っ込まれてしまいます。

またある夜には、過去のアブノーマルな情事について、賢治はある種のうしろめたさ故のことだったとポツリと話します。直子と健司は従兄妹同士だったのです。

肉体を交わしながら、かつて話せなかった当時の思い、打算的な各々の結婚を考えていく中で、新たに気持ちの繋がりを感じるようになった二人。

しかし、期限の直子の結婚式前日となり、二人は離れていくことになります。

以下、『火口のふたり』ネタバレ・結末の記載がございます。『火口のふたり』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019「火口のふたり」製作委員会

最後の5日間が過ぎ、直子の結婚式当日の朝を迎えました。

突然、直子の結婚式が中止になったという話が賢治のもとに届きます。

5日間のことが直子の結婚相手にばれたのではないかと思った賢治は、慌てて彼女に連絡し、その事情を聴きます。

直子が周囲に語っていた「結婚相手の自衛官が秘密の任務に就くため」という嘘めいた話は真実でした。

結婚式までキャンセルしなくてはいけない事情とは何なのかと問い質す賢治。直子は富士山の火口のポスターを見せながら、「富士山が噴火するんだって」と語ります。

にわかには信じがたい賢治ですが、それが真実だと知るとどこか振り切れたような気持ちになります。

また、自分を置いていってしまった結婚相手との心の距離を感じた直子もまた、賢治への気持ちを新たにします。

二人は、富士山が噴火して日本がどうにかなることよりも、互いが寄り添い抱き合うことのできる相手を選ぶのでした。

スポンサーリンク

映画『火口のふたり』の感想と評価


(C)2019「火口のふたり」製作委員会

その脚本家としてのキャリアを、ピンク映画やロマンポルノの世界でスタートさせた荒井晴彦

そんな彼が、一映画監督としてジャンルへのオマージュと想いを捧げたのが本作です。

劇中では様々な濡れ場シーンが描かれていますが、それが主眼ではなく、そのような場面を通じて真実が明らかになっていく作りになっていることから、物語の意外な進展に目を奪われていきます。

さらに二人を取り巻く環境、東日本大震災、そしてそれを上回る大災害であろう富士山の噴火などの話になるにつれて、主演の二人がほぼヌードで絡みのシーンばかりであることには意識が向かなくなっていきます。

この辺りは、絶妙な脚本の運び方を感じることができます。

長いキャリアを積んできた荒井晴彦の巧みな脚本展開によって、実質的な登場人物は二人にもかかわらず、そのことを感じさせない映画になっています。

柄本佑瀧内公美の二人以外はエキストラレベルで、後は声の出演として柄本佑の父親役で実際に柄本佑の父親である柄本明が登場するくらいです。

こうなると特殊な絵作りの前衛的、実験的な映画にもなりかねないのですが、そうはならずに日常の延長線上にあるような絵にしか見えないのが流石です。

『火口のふたり』という映画を語る時に、どうしてもまずは大胆な濡れ場のことにどうしても目がいってしまうかもしれませんが、落語の艶話のような巧みと不思議な笑いを生む大人の艶笑話となっています。

まとめ


(C)2019「火口のふたり」製作委員会

繰り返しになりますが、『火口のふたり』の濡れ場シーンはあくまでも映画の全体の骨組みであり、そこに肉付けされていった部分を見るととても楽しめる映画作品となっています。

柄本佑と瀧内公美の思い切りの良さもあって、絡みの部分も妙に突き抜けた明るさがあります。またドラマパートについても、二人の本来の実力をたっぷりと発揮されていて見ごたえがあります。

内容が内容ですので、どうしても拒絶反応が出てしまうかもしれませんが、できるだけ心の中の敷居を下げて見て欲しい作品です。

映画『火口のふたり』は2019年8月23日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国公開!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『シリアにて』ネタバレ感想と解説。戦地が泥沼化する状態を女性の視点で描く

戦地シリア。窓の外は死の世界でアパートの一室に身を寄せる家族とその隣人を女性の視点から描く。 映画『シリアにて』は、激化するシリアで、アパートの一室をシェルター代わりにして身を寄せ合う家族とその隣人を …

ヒューマンドラマ映画

映画『アウシュヴィッツ・レポート』感想評価とレビュー解説。収容所を脱走した二人の報告書がホロコーストの真実を伝えた

映画『アウシュヴィッツ・レポート』は2021年7月30日(金)より、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開予定   2人のアウシュヴィッツ脱走者が、収容所で行われている残虐行為の様子を暴いた実録映画『アウシ …

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『ありふれた悪事』あらすじと感想レビュー【ソン・ヒョンジュ】

1987年―韓国激動の時代―、一人の平凡な刑事が、大統領直属の情報機関による陰謀に巻き込まれていく衝撃作『ありふれた悪事』をご紹介します。 モスクワ国際映画祭で、主演男優賞と最優秀アジア映画賞の二冠を …

ヒューマンドラマ映画

映画『リバーズ・エッジ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【二階堂ふみ×行定勲監督】

蜷川実花監督&沢尻エリカ主演で映画化された『ヘルタースケルター』などで知られる、伝説的な女流漫画家の岡崎京子の同題原作を、行定勲監督が二階堂ふみ主演で映画化。 二階堂ふみは作品に触れたことで …

ヒューマンドラマ映画

映画『放課後ソーダ日和 特別版』ネタバレ感想。枝優花監督が描く“17歳が愛おしいもの”を巡る冒険譚

2019年3月22日より公開の映画『放課後ソーダ日和 特別版』 ソーダの泡みたいに一瞬。だけど、ずっと消えない。 森田想、田中芽衣、蒼波純が演じる三人の女子高生の、美味しいクリームソーダを探す放課後の …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学