Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/09/30
Update

映画『覆面系ノイズ』中条あやみ主題歌デビュー!CD発売日と歌詞は

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『覆面系ノイズ』は2017年11月25日(土)より全国公開がされます。

その前に映画の登場するバンドであり、今回映画主題歌を歌うバンド「in NO hurry to shout;(イノハリ)のメジャーデビュー曲「Close to me」が発表されました。

映画『覆面系ノイズ』予告編

スポンサーリンク

1.映画『覆面系ノイズ』の作品情報

【公開】
2017年(異本映画)

【監督】
三木康一郎

【キャスト】
中条あやみ、志尊淳杠、小関裕太、真野恵里菜珠、磯村勇斗、杉野遥亮、中島亜梨沙、渡辺大

【作品概要】
漫画家福山リョウコの描いた原作恋愛コミックを『のぞきめ』『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』などで知られる三木康一郎監督が実写映画化。

有栖川仁乃役を『劇場版 零ゼロ』の中条あやみが主演を務め、ユズ役を『サバイバルファミリー』の志尊淳、モモ役を『あしたになれば。』の小関裕太が演じています。

2.『覆面系ノイズ』に登場するイノハリがメジャーデビュー!


(C)2017「覆面系ノイズ」製作委員会

映画に登場するバンド「in NO hurry to shout;(イノハリ)」は、中条あやみの演じたボーカルのニノ、志尊淳の演じたギターのユズ、磯村勇斗の演じたドラムのクロ、杉野遥亮の演じたベースのハルヨシからなる覆面バンド。

また劇中では、メンバーはバンドのなかでは、それぞれアリス、チェシャ、ハッター、クイーンの名前で活動しています。

今回メジャーデビューとして映画主題歌のCDが発売されるのは11月15日です。

楽曲タイトル「Close to me」で、この声届きますかとニノが歌いはじめ歌詞は、MAN WITH A MISSIONが作詞作曲を手がけたそうです。

in NO hurry to shout; 『Close to me』Short Ver.

MV動画の始まりから中条あやみの美しさに悩殺されますが、彼女演じるニノが靄と雨の中で叫ぶショットでは当初は声が出ておらず、とても印象的。

また歌い出しはボーカル中条あやみが、こちらを見詰める瞳のアップと見る者の気持ちの掴みも抜群ですね!

今回のMVは、RADWIMPSや[Alexandros]、また東方神起などのディレクションを手掛けた大久保拓朗よるものです。

さすが、魅せて聴かせる動画になっています。

スポンサーリンク

3.「in NO hurry to shout;(イノハリ)」MV映像のメンバー感想は

「in NO hurry to shout;(イノハリ)」のバンドボーカルを務めた中条あやみは、映画主題歌「Close to me」動画について、次のような感想を話しています。

「待ちに待ったMV撮影!
映画のライブシーンでみんなで円陣を組み、綺麗なライティングと沢山の声援を浴びながら演奏した絵がフラッシュバックしました! 改めて貴重な経験をさせて頂いてると思いました。色んなアーティストの方々のMVを撮影されてるスタッフさんに撮っていただき、スモークがかかったダークな世界観の中で全力で演奏した画はきっと最高に格好いいイノハリになったと思っています! 一生忘れない経験になりました!」

またギター担当の志尊淳は、次のような感想を持っているようです。

「役者をやっている中で、まさか自分がメジャーデビューをするとは思っていなかったので今回はかなり貴重な体験ができたな、と感じました。ギター経験はなかったので、本番までにとにかくたくさんギター練習をしたのでその成果をぜひ見て頂けたらと思っています。in NO hurry to shout;のPVではありますが、ご覧いただけたら映画の中の関係性やバンドメンバー同士の絆も垣間見えると思います。覆面バンド、自体もなかなかないと思うので(笑)。
映画を楽しみにしてくださっている方はPVも一緒に楽しんで頂き、まだ映画を知らない方にも、PVをご覧いただいて「映画観に行こう!」というキッカケになったら嬉しいです」

ドラム担当の磯村勇斗は覆面バンド「イノハリ」について感想を話します。

「この度、イノハリでデビューさせて頂けたこと嬉しく思います。約1年間、キャストの皆さんとゼロから練習をしたので、その熱意と結団力をそのまま「イノハリ」としてMVから感じ取って頂けたら嬉しいです!」

ベースを担当した杉野遥亮は撮影の様子にこのような感想を持ったようです。

「撮影は丸1日かけて行いましたが、楽しくてあっという間に時間が過ぎていきました。
また、圧倒的に曲の世界観を表したセットの中で気持ち良く撮影に臨むことができました。スタッフさんや関係者の皆さん、僕たち含め全員で作り上げたMVです。
とても自信のあるものになっています。是非みなさんに楽しんで観て頂けたら嬉しいです」

MV動画に見られる演奏時のセットはシンプルなだけにそれぞれのパートによく目が届きます。

また時おり、印象的にインサートされる各自をイメージ化したショットで、演奏だけではなく世界観は確かに感じられますね。

まとめ


(C)2017「覆面系ノイズ」製作委員会

中条あやみは映画撮影に有栖川仁乃(ニノ)として挑んでいた当初、奇跡の歌声で人々を虜にするボーカリストの役作りについて、このように語っていました。

最初は人前で歌うことになれなくて小さい声でしか歌えないところから始まったのですが、ボイストレーニングをして回数を重ねるごとに声が出てくるようになったり ニノの印象的な声っていうのはどんなものかと考えながらそこに向かっているうちに、人前で歌うこともだんだん楽しくなってきました。
また、パフォーマンス練習でマイクの持ち方や歌い方を一緒に考えながら練習しているのでどんどんニノに近づいてるようで嬉しいです!そして今回は歌だけでなく、ギターにも初挑戦するので、今からとても楽しみです。

このように少し不安も見せていました中条あやみ。今回のバンド「in NO hurry to shout;」としてのCDメジャーデビュー。

彼女にとっては何よりも嬉しいのではないでしょうか。

MV撮影現場は24時間密着で行われ、わずか1日の撮影であったということですが、「最高に格好いいイノハリになったと思っています! 一生忘れない経験になりました!」という歓喜の声につながっているのでしょうね。

「in NO hurry to shout;」の映画主題歌「Close to me」のCD発売日は11月15日。

また、福山リョウコの同名コミックを実写映画化した『覆面系ノイズ』の公開日は、11月25日より全国ロードショー!

青春のすべてを音楽に懸けながらも、“片思いだらけのラブストーリー”を楽曲で聴かせ、映画でも見せる作品です。

どちらも要チェックです!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『女王陛下のお気に入り』ネタバレ感想。ヨルゴス・ランティモス監督のラブコメディに潜む真意とは

過激な描写とブラックユーモア、不条理な世界観で世界中の観客を惹きつけ時に突き落とす奇才ヨルゴス・ランティモス監督。 今回取り上げるのはランティモス監督の映画『女王陛下のお気に入り』です。 ランティモス …

ヒューマンドラマ映画

ろんぐ・ぐっどばい(森岡龍主演)あらすじ!元ネタ映画ネタバレも

森岡龍は俳優として、NHK朝ドラ『あまちゃん』や『ごちそうさま』に出演をきっかけに一躍人気者になりました! また、森岡龍は2017年5月20日に公開される『ろんぐ・ぐっどばい 探偵 古井栗之助』で主演 …

ヒューマンドラマ映画

映画『世界でいちばん長い写真』あらすじとキャスト。上映される劇場情報も

映画『世界でいちばん長い写真』は、2018年6月23日(土)より、シネ・リーブル池袋、イオンシネマ全国順次ロードショー。 『ストロベリーナイト』や『プラージュ』など数々の作品が映像化される作家・誉田哲 …

ヒューマンドラマ映画

映画『クリミナル・タウン』あらすじと感想レビュー【クロエ・モレッツ&アンセル・エルゴート共演】

映画『クリミナル・タウン』は、8月25日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開。 『ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴート、『彼女が目覚めるその日まで』のクロエ・グレース・モレッツが共演した …

ヒューマンドラマ映画

映画『オーケストラ・クラス』あらすじとキャスト。上映館情報も

映画『オーケストラ・クラス』は、8月18日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開! 移民が多く、様々な生活環境の人々が暮らすパリ1 …

【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP