Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/09/30
Update

映画『覆面系ノイズ』中条あやみ主題歌デビュー!CD発売日と歌詞は

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『覆面系ノイズ』は2017年11月25日(土)より全国公開がされます。

その前に映画の登場するバンドであり、今回映画主題歌を歌うバンド「in NO hurry to shout;(イノハリ)のメジャーデビュー曲「Close to me」が発表されました。

映画『覆面系ノイズ』予告編

スポンサーリンク

1.映画『覆面系ノイズ』の作品情報

【公開】
2017年(異本映画)

【監督】
三木康一郎

【キャスト】
中条あやみ、志尊淳杠、小関裕太、真野恵里菜珠、磯村勇斗、杉野遥亮、中島亜梨沙、渡辺大

【作品概要】
漫画家福山リョウコの描いた原作恋愛コミックを『のぞきめ』『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』などで知られる三木康一郎監督が実写映画化。

有栖川仁乃役を『劇場版 零ゼロ』の中条あやみが主演を務め、ユズ役を『サバイバルファミリー』の志尊淳、モモ役を『あしたになれば。』の小関裕太が演じています。

2.『覆面系ノイズ』に登場するイノハリがメジャーデビュー!


(C)2017「覆面系ノイズ」製作委員会

映画に登場するバンド「in NO hurry to shout;(イノハリ)」は、中条あやみの演じたボーカルのニノ、志尊淳の演じたギターのユズ、磯村勇斗の演じたドラムのクロ、杉野遥亮の演じたベースのハルヨシからなる覆面バンド。

また劇中では、メンバーはバンドのなかでは、それぞれアリス、チェシャ、ハッター、クイーンの名前で活動しています。

今回メジャーデビューとして映画主題歌のCDが発売されるのは11月15日です。

楽曲タイトル「Close to me」で、この声届きますかとニノが歌いはじめ歌詞は、MAN WITH A MISSIONが作詞作曲を手がけたそうです。

in NO hurry to shout; 『Close to me』Short Ver.

MV動画の始まりから中条あやみの美しさに悩殺されますが、彼女演じるニノが靄と雨の中で叫ぶショットでは当初は声が出ておらず、とても印象的。

また歌い出しはボーカル中条あやみが、こちらを見詰める瞳のアップと見る者の気持ちの掴みも抜群ですね!

今回のMVは、RADWIMPSや[Alexandros]、また東方神起などのディレクションを手掛けた大久保拓朗よるものです。

さすが、魅せて聴かせる動画になっています。

スポンサーリンク

3.「in NO hurry to shout;(イノハリ)」MV映像のメンバー感想は

「in NO hurry to shout;(イノハリ)」のバンドボーカルを務めた中条あやみは、映画主題歌「Close to me」動画について、次のような感想を話しています。

「待ちに待ったMV撮影!
映画のライブシーンでみんなで円陣を組み、綺麗なライティングと沢山の声援を浴びながら演奏した絵がフラッシュバックしました! 改めて貴重な経験をさせて頂いてると思いました。色んなアーティストの方々のMVを撮影されてるスタッフさんに撮っていただき、スモークがかかったダークな世界観の中で全力で演奏した画はきっと最高に格好いいイノハリになったと思っています! 一生忘れない経験になりました!」

またギター担当の志尊淳は、次のような感想を持っているようです。

「役者をやっている中で、まさか自分がメジャーデビューをするとは思っていなかったので今回はかなり貴重な体験ができたな、と感じました。ギター経験はなかったので、本番までにとにかくたくさんギター練習をしたのでその成果をぜひ見て頂けたらと思っています。in NO hurry to shout;のPVではありますが、ご覧いただけたら映画の中の関係性やバンドメンバー同士の絆も垣間見えると思います。覆面バンド、自体もなかなかないと思うので(笑)。
映画を楽しみにしてくださっている方はPVも一緒に楽しんで頂き、まだ映画を知らない方にも、PVをご覧いただいて「映画観に行こう!」というキッカケになったら嬉しいです」

ドラム担当の磯村勇斗は覆面バンド「イノハリ」について感想を話します。

「この度、イノハリでデビューさせて頂けたこと嬉しく思います。約1年間、キャストの皆さんとゼロから練習をしたので、その熱意と結団力をそのまま「イノハリ」としてMVから感じ取って頂けたら嬉しいです!」

ベースを担当した杉野遥亮は撮影の様子にこのような感想を持ったようです。

「撮影は丸1日かけて行いましたが、楽しくてあっという間に時間が過ぎていきました。
また、圧倒的に曲の世界観を表したセットの中で気持ち良く撮影に臨むことができました。スタッフさんや関係者の皆さん、僕たち含め全員で作り上げたMVです。
とても自信のあるものになっています。是非みなさんに楽しんで観て頂けたら嬉しいです」

MV動画に見られる演奏時のセットはシンプルなだけにそれぞれのパートによく目が届きます。

また時おり、印象的にインサートされる各自をイメージ化したショットで、演奏だけではなく世界観は確かに感じられますね。

まとめ


(C)2017「覆面系ノイズ」製作委員会

中条あやみは映画撮影に有栖川仁乃(ニノ)として挑んでいた当初、奇跡の歌声で人々を虜にするボーカリストの役作りについて、このように語っていました。

最初は人前で歌うことになれなくて小さい声でしか歌えないところから始まったのですが、ボイストレーニングをして回数を重ねるごとに声が出てくるようになったり ニノの印象的な声っていうのはどんなものかと考えながらそこに向かっているうちに、人前で歌うこともだんだん楽しくなってきました。
また、パフォーマンス練習でマイクの持ち方や歌い方を一緒に考えながら練習しているのでどんどんニノに近づいてるようで嬉しいです!そして今回は歌だけでなく、ギターにも初挑戦するので、今からとても楽しみです。

このように少し不安も見せていました中条あやみ。今回のバンド「in NO hurry to shout;」としてのCDメジャーデビュー。

彼女にとっては何よりも嬉しいのではないでしょうか。

MV撮影現場は24時間密着で行われ、わずか1日の撮影であったということですが、「最高に格好いいイノハリになったと思っています! 一生忘れない経験になりました!」という歓喜の声につながっているのでしょうね。

「in NO hurry to shout;」の映画主題歌「Close to me」のCD発売日は11月15日。

また、福山リョウコの同名コミックを実写映画化した『覆面系ノイズ』の公開日は、11月25日より全国ロードショー!

青春のすべてを音楽に懸けながらも、“片思いだらけのラブストーリー”を楽曲で聴かせ、映画でも見せる作品です。

どちらも要チェックです!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『ありふれた悪事』あらすじと感想レビュー【ソン・ヒョンジュ】

1987年―韓国激動の時代―、一人の平凡な刑事が、大統領直属の情報機関による陰謀に巻き込まれていく衝撃作『ありふれた悪事』をご紹介します。 モスクワ国際映画祭で、主演男優賞と最優秀アジア映画賞の二冠を …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ感想】『散り椿』映画ラスト結末に込められた意味を解説

名キャメラマンとして知られる木村大作が、『劔岳 点の記』『春を背負って』に続き、監督第3作目となると時代劇『散り椿』。 『雨あがる』などで監督としても活躍する小泉堯史を脚本に迎え、直木賞作家である葉室 …

ヒューマンドラマ映画

ホン・サンス映画『夜の海辺でひとり』あらすじとキャスト。上映館情報も

ホン・サンス監督の映画『夜の海辺でひとり』は、6月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国順次ロードショー。 プライベートと映画の設定がリンクする?!これ …

ヒューマンドラマ映画

ママ虫(マムチュン)の意味と真相。原作者の体験談から映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は完成した

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開。 チョ・ナムジュによる小説『82年生まれ、キム・ジヨン』は、韓国の1982年生まれの女性で最も多い名前“ジ …

ヒューマンドラマ映画

映画『家族を想うとき』あらすじネタバレと感想。ケンローチ監督が描いた労働者階級の誠実さが集約した「警官の発する言葉」とは

安定した職業について家族を守るはずだったのに・・・。 イギリスの名匠ケン・ローチが、新自由主義が生み出した現代社会の歪みとその渦中で翻弄される家族の姿を描いた映画『家族を想うとき』が2019年12月1 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP