Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『気球』あらすじと感想レビュー。東京フィルメックス2019最優秀作品賞の喜びをキャスト主演のジンパが語る

  • Writer :
  • 増田健

第20回東京フィルメックス「コンペティション」最優秀作品賞『気球』

2019年にて記念すべき20回目を迎える東京フィルメックス。令和初となる本映画祭が開催されました。

そのコンペティションでグランプリにあたる、最優秀作品賞を受賞した作品が、中国映画『気球』です。


本作のペマツェテン監督作品は、東京フィルメックス・コンペティションにおいて、『オールド・ドック』が第12回最優秀作品賞、『タルロ』が第16回最優秀作品賞、『轢き殺された羊』が第19回審査員特別賞を獲得しています。

上映終了後、本作の主演男優ジンパ(金巴)が登壇し、観客からの質問に応じて、撮影の舞台裏を語ってくれました。

スポンサーリンク

映画『気球』の作品情報


【製作】
2019年(中国映画)

【原題】
気球 / Balloon

【監督・脚本】
ペマツェテン(万瑪才旦)

【出演】
ソナム・ワンモ(索朗旺姆)、ジンパ(金巴)、ヤンシクツォ(杨秀措)

【作品概要】
80年代に、家族計画政策を導入した中国。その影響を受けたチベットの、農村地帯に住む家族の姿を通して、チベット人の文化や宗教・死生観を描いた作品です。

主演俳優ジンパ(金巴)のプロフィール


(C)Cinemarche

1985年、中国・甘粛省生まれ。北京映画アカデミーの演劇部門で学びました。

2014年よりチベット新世代の映画俳優として、また詩人としても多才な活躍をみせています。

彼の主演した映画はヴェネツィア映画祭などで高く評価され、また『胡同(フートン)のひまわり』のチャン・ヤン(張楊)監督の、2016年の映画『皮绳上的魂(Soul on a String)』での演技は、台北金馬映画祭の最優秀新人俳優賞にノミネートされました。

2018年に東京フィルメックスで上映され、審査員特別賞を受賞した『轢き殺された羊』の英題は『Jinpa(ジンパ)』。その名の通り彼が主演を務めた作品です。

前作に引き続きペマツェテン監督作品に主演し、今回初来日を果たしました。

スポンサーリンク

映画『気球』のあらすじ


チベットの草原で羊を飼育しながら、3人の息子と老いた父と暮らす、ダルケ(ジンパ)とドロルカル(ソナム・ワンモ)夫婦。まだ幼い2人の息子は夫婦の寝室にあったコンドームを、風船のように膨らませて遊んでいました。

夫婦の長男は家族から離れ、1人中学校で学んでいました。その彼を尼僧となったドロルカルの妹、シャンチェ(ヤンシクツォ)が迎えに現れます。

中学校を訪れたシャンチェの前に今は中学教師となった、かつてのボーイフレンドが現れます。彼はシャンチェに、当時の思いをつづった自作の小説「気球」を手渡します。

夫との営みに悩み、婦人科を訪れるドロルカル。そんな姉の姿は、尼となったシャンチェには汚らわしく映ります。一方ドロルカルは、尼になりながらも過去の思い出に囚われている、妹の態度を心配していました。

伝統的な暮らしを送り、チベット仏教の輪廻転生の教えを信仰するこの家族にも、中国政府の政策や近代化の影響が押し寄せていました。

そんなある日、ダルケの父が亡くなります。そしてある出来事が、家族の絆と価値観を大きく揺さぶります…。

映画『気球』の感想と評価


チベットの地で、牧畜を営み穏やかに暮らす家族。彼らはチベット仏教の、伝統的な価値観に従って生活しています。しかし彼らの身にも、現代的な価値観や中国政府の政策が影響を与えます。

この映画は何らかの価値を批判も、称賛もしていません。例えば冒頭に登場する“風船”の正体が提示する、いずれの社会や文化圏でも微妙なテーマである、避妊について考えてみましょう。

避妊は重要な行為でありながら、子供だけでなく同性であっても他者に伝えにくい、タブーを秘めた問題です。同時に各々の価値感によって、避妊の意味するものは大きく異なります。

本作の主人公夫婦は、この行為が社会的・経済的に必要だと認識しています。しかし別の価値感を持つ、尼僧となった妹の目には、人間の愚かしさの象徴にしか見えません。

そして妊娠・出産は、伝統的に尊い行為とされています。しかし現代社会では女性を束縛し、自立を妨げる要因である事も広く認識されています。

映画はこういった1つの物事が持つ、様々な側面を観客に示します。更に映画は避妊というテーマを、宗教的価値観と対決させるのです。

監督のペマツェテンは、この映画をリアリティと魂の関係を探求した映画、と語っています。リアリティと魂がぶつかる時、人はどちらかを選ばねばなりません。

観客もまた、映画が見せた様々な状況から、自分はどの価値に重きを置くかの選択を迫られます。美しい映像で描かれた作品『気球』は、そこに暮らすチベットの人だけでなく、全ての人々に問いを投げかける映画です。

スポンサーリンク

上映後のティーチイン

11月26日の上映後、ゲストとして来日していた主人公を演じたジンパさんが登壇し、観客からの様々な質問に対し丁寧に答えてくれました。

──2本続けて、ペマツェテン監督の映画に主演なさってますが、どのような形で監督とお知り合いになられたのですか。

ジンパ(金巴):(以下、ジンパ)私がペマツェテン監督と初めて出会ったのは2014年で、北京で知り合う事ができました。そして2017年に初めて共に『轢き殺された羊』を、2018年にご覧頂いた『気球』を製作しました。ペマツェテン監督は私にとって、色んな事を教えて頂ける先生であり、同時に友人でもある人物です。

──ペマツェテン監督と知り合う前は、映画に出演していたのでしょうか。あるいは、他の仕事をされていたのでしょうか。

ジンパ:初めて出演したのは、2011年の短編映画になります。その後2014年から、本格的に映画の仕事を開始しました。それ以前は詩や文学の創作活動を行いつつ、教員の職に就いたこともあります。また政府の仕事に関わったこともありました。現在は映画の仕事のみで、他の職に関わっておりません。

『気球』の劇中では羊を取り扱っていますが、私は牧畜を行っている地域に生まれ育ちました。子供の頃に羊を飼った経験があり、映画ではそれが役に立ちました。

──映画の中では伝統的な宗教の価値感と、科学の発展など現在の価値感の対立や矛盾が描かれています。この件について監督はどのようなメッセージをお持ちで、ジンパさんはどのようにお考えでしょうか。

ジンパ:私は1人の役者として監督の作品に出演し、それと向き合わせて頂きました。監督の考えについて勝手に解釈はできませんが、観客の皆様がそれぞれ感じられた通り、それぞれの解釈を生む映画として作られたと考えています。

──子供たちとの親子の演技が素晴らしかったですが、子役との仕事は難しかったでしょうか。また何か演じる上での工夫があれば、ぜひお教え下さい。

ジンパ:子役たちと演技をする前に何日も共に過ごし、お小遣いをあげたり好きなことを言わせたり、コミュニケーションをする時間を用意しました。

俳優として私は“偽物”、本当に存在するかのような人物を演じる訳ですが、今回私たちの演技が良かったと評価して頂けるのは、このような役者たちのコミュニケーションが、上手くいった結果だと思います。“嘘”のない演技こそ、演技の中で最も良いものだと考えております。

最後に観客と共に映画を鑑賞していた、特別招待作品フィルメックス・クラシック上映作品『牛』の、上映前解説を行うため来日された、イラン映画界の名匠アミール・ナデリ監督が質問をされました

アミール・ナデリ監督:──全てが純粋で、ピュアな素晴らしい映画が久しぶりに見れて、本当に嬉しかったです。

質問ですが、映画で描かれた“家族”を作る為に、どれ位の時間がかかったのでしょうか。また映画の脚本は最初から最後まで事前に、完全に書かれていたものでしょうか、それとも毎日の撮影の中で手を加えていったものでしょうか。

ジンパ:1つ目の質問にお答えしますと、親子の関係・夫婦の関係を構築するために、1ヵ月程の期間を用意しました。この期間に家族としてのコミュニケーションを築き、演じるための準備を行っております。2つ目の質問ですが、元々脚本は完成していましたが、撮影をする中で修正を加えていったという形になります。

頭から順番に、時系列通り撮影した訳ではありません。撮影に要した1~2ヶ月の間に、演技が徐々に上手くなっていったので、それに応じて様々な場面を演じました。

第20回東京フィルメックス授賞式


撮影:吉田(白畑)留美

11月30日に行われた第20回東京フィルメックス授賞式にて、映画『気球』の「コンペティション」最優秀作品賞受賞が発表されました。

賞を受け取った主演男優・ジンパさんは自身の喜びの声と、ペマツェテン監督からのメッセージを伝えてくれました。

受賞者コメント

ジンパ:今回日本を初めて訪れ、映画祭にも初めて出席しました。

そんな私が主演をつとめた作品がこのような評価を受け、受賞したことは大変縁起が良いことです。ありがとうございます。

現在、他の用事で別の場所にいるため参加できないですが、ペマツェテン監督からメッセージを預かっていますので、発表いたします。

ペマツェテン監督のメッセージ:こんばんは。東京フィルメックスに出品するたびに、このように賞を受賞することができるなんて、思ってもいませんでした。

本当にご縁としか言いようがありません。参加するたびに、この上ない感謝の気持ちを覚えております。

映画祭の皆さま、『気球』を日本に連れてきてくださり、そして熱心日本の観客に届けてくださいましたこと、ありがたく思っております。

審査員の皆さま、この映画に栄誉を与えてくださったことに感謝しております。そして最後に皆さまに、“吉祥あれ”!

まとめ


(C)Cinemarche

見る者に問いを投げかけ考えさせ、各々がその意味を酌んで自分なりの意見を導き出す映画、それが『気球』です。

ペマツェテン監督は答えを示してくれません。例をあげると、シャンチェとかつての恋人に何があったのか、そしてどうして今の姿があるのか、劇中では描写していません。

観客は映画の登場人物が、かつてどのように行動したか、今後どのように行動するかを想像して、自分なりの解答を用意せねばなりません。

これは製作者が自己の意見を表明する事が難しい、旧ソ連やその影響下にあった、冷戦時代の東欧映画によく見られたスタイルの映画だといえます。

監督は魂と現実、信仰と現代社会の対立の物語を強調していますが、舞台はチベットという微妙な場所。物語に地域の伝統と中央の政策など、観客は様々な対立を感じとるでしょう。

決して魂や信仰や伝統が正しい、などの結論は用意されていません。社会の近代化や新しい価値観も、ある種の必然から生まれたもの。

現代人が生きる上で漫然と選んだものが、本当に価値ある正しいものであったのかを、映画は改めて問いかけてくるのです。

今年は何かと、“表現の自由”が話題になりました。しかし『気球』を見ると、それより価値あるものは、“解釈の自由”ではないかと考えさせられます。

芸術とは感じさせ、思索させるもの。感情や意見を押し付けるものは、広告やプロパガンダの類いに過ぎません。

他者が多様な意見を持つより、他者に正しいとされる意見を押し付ける事が、良しとされる風潮が広まっている現代社会。

中国で作られた映画『気球』に、様々な事柄に疑問を持ち、改めて自分で考えて物事を解釈し、自分なりの答えを導き出す大切さを教えられました。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

井浦新映画『返還交渉人』ドラマあらすじを再構成!劇場公開する上映館情報も

「鬼の千葉なくして、沖縄返還なし」とも言われ、アメリカと激しい交渉を繰り広げた千葉一夫。 ノンフィクション「僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫」を原案に、2017年8月にNHKBSプレミア …

ヒューマンドラマ映画

映画『ラブレス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【アンドレイ・ズビャギンツェフ】

ロシアの鬼才アンドレイ・ズビャギンツェフ監督の映画『ラブレス』は、カンヌ国際映画祭審査員特別賞や数々の映画祭で賞賛を受けました。 また、米アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされるなど、映画関係者か …

ヒューマンドラマ映画

枝優花映画『少女邂逅』あらすじとキャスト。感想レビューのオススメも

気鋭の監督とミュージシャンによるコラボプロジェクト「MOOSIC LAB2017」で製作された枝優花(監督)✕水本夏絵(音楽)による『少女邂逅』は全7回の上映で全て満員となり、長編部門観客賞に輝きまし …

ヒューマンドラマ映画

祈りの幕が下りる時あらすじとキャスト!ロケ地やエキストラ情報も

ますます人気とともに安定感を見せる俳優・阿部寛。 彼が演じる刑事の加賀恭一郎。東野圭吾の原作による『新参者』シリーズの完結編の映画化です。 2018年公開の映画『祈りの幕が下りる時』を一足先にご紹介し …

ヒューマンドラマ映画

映画『団地』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

大阪出身の骨太映画監督・阪本順治が、全く「らしくない」と言われそうなSF分野に進出? 昭和の名残を引きずる大阪の団地。そこで繰り広げられる、まるでお好み焼ソースのように濃い濃い人間模様。 藤山直美のお …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP