Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/05/08
Update

映画『ドリームガールズ』動画無料視聴はこちら!結末ネタバレと感想も

  • Writer :
  • バフィー

地方のアマチュア音楽グループがトップスターになるまでの道のり、そして、栄光と挫折、また友情と再起をかけた音楽業界の表と裏。

ギュッと詰め込んだスピーディーな130分は、時間を短いと思わせるほどの隙のない展開。

そして、全てが魅力的すぎる楽曲の数々は、何度でも観たいと心にも残る傑作ミュージカル映画『ドリームガールズ』をご紹介します。


映画『ドリームガールズ』を
U-NEXTで無料で見る

スポンサーリンク

映画『ドリームガールズ』の作品情報


(C)2006 Paramount Pictures and DreamWorks LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2007年(アメリカ映画)


【原題】
Dreamgirls


【監督】
ビル・ゴンドン 

【キャスト】
ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィ、ジェニファー・ハドソン、アニカ・ノニ・ローズ、ダニー・グローバー

【作品概要】
実在した音楽グループ”スプリームス”のメンバーであったメアリー・ウィルソンの自伝をベースにトム・アイエンが製作。

1981年から長きにわたり上演もされてきた名作舞台『ドリームガールズ』を、映画『シカゴ』では脚本を担当し、最近ではエマ・ワトソン主演で公開された『美女と野獣』の監督も務めるなど、ミュージカル映画界ではおなじみで実力もあるビル・コンドンが監督を勤めています。

すでにトップ歌手であったビヨンセは圧倒的な存在感を見せ、エフィーを熱演したジェニファー・ハドソンは新人ながら本作でアカデミー助演女優賞を受賞。

映画『ドリームガールズ』のあらすじとネタバレ

☆偶然が重なり素人からプロのバックコースへ
カーディーラーのカーティス・テイラー・Jrは、デトロイド劇場のタレントコンテストで、たまたまジミー・アーリーの女癖の悪さによってバックコーラスがツアー直前に逃げようとするのを引き留めるマネージャーのマーティ・マディソンを目撃します。

一方、音楽活動をよく思っていない母親が寝付くまで待っていたため、コンテストに遅れてきたディーナ・ジョーンズでしたが、すでに、彼女の出番はとうに終わっていました。

なんとか劇場スタッフに、出場させて欲しいとディーナは頼みますが聞き入れてくれません。

その光景を見たカーティスは劇場スタッフを説得。そして、ディーナ率いるドリーメッツは何とかラストに出場ができることになりました。

メンバーのローレルとエフィ、エフィの兄で作詞作曲を担当しているC.Cも合流すると、パフォーマンスを成功させます。

それを舞台袖で見ていたカーティスは、良からぬことを閃き、劇場スタッフに賄賂を渡し、ドリーメッツを優勝させないようにしました。

ディーナは優勝できなくて落ち込んでましたが、カーティスは彼女にある提案をします。

それはジミーのバックコーラスをしないかという提案でした。はじめは乗り気ではなかったエフィもカーティスに口説き落とされ合意します。

そして、ジミーとドリーメッツのツアーがスタートします。

☆ニューサウンドへの探求
ジミーとドリーメッツによるツアーは成功しますが、ジミーは伸び悩みます。

カーティスはジミーの音楽は固定客が多く、新しいファンを増やすことが上手くいかないことに悩んでいました。

一方、マーティは今のファンを大切にした独自路線でいいと思っていました。カーティスとマーティの音楽性の考えの違いが浮き彫りになります。

しかし、ジミー自身は新しいファン層も獲得したいうことから、マーティよりもカーティスの提案を受け入れます。

マーティは、これからは家で聴く音楽ではなく、車でドライブしながら聴く音楽を目指そうと楽曲「キャデラック・カー」が完成。

順調に売上げを伸ばしていくものの、「キャデラック・カー」は白人歌手に盗作されてしまいます。

カーティスはエルヴィス・プレスリーの名曲「ハウンドドッグ」は、元々はビッグ・ママ・ソーントンの曲だったといいます。

ラジオでは黒人局では流れていても白人局では流れていないため、世間的には知名度が低く、盗作されても主張できないというのです。

カーテイス、C.C.、そして、カーティスの部下であるウェインの3人は本業であった車の販売を辞め、レインボーレコードを設立します。

車を売ったお金で裏金を作り、賄賂を渡しラジオ局を買収しました。

☆ザ・ドリームズの誕生
白人街でのジミーの失敗で、これからはテレビの時代でビジュアルにこだわったものがウケることに気づきます。

このタイミングでジミーからドリーメッツを離れさせ、リードボーカルをエフィからディーナに変更して、ザ・ドリームズを誕生させます。

はじめは反対したエフィも、みんなの説得によって納得します。

カーティスの予想は当たり、ザ・ドリムーズは瞬く間に有名になりトップスターに踊り出ます。

しかし、その一方では見放されたジミーは薬物に溺れます。

また、エフィも、カーティスが自分よりもディーナに気持ちが動いているのではないかと不安を抱き始めます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ドリームガールズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ドリームガールズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

☆ディーナ・ジョーンズ&ザ・ドリームズの誕生
エフィはディーナとカーティスの仲を疑いはじめます。

日に日にエフィの態度は悪くなり、遅刻を繰り返すようになりました。

それを見かねたカーティスは、秘書だったミシェル・モリスを新たに加入させます。

グループに残ると言い張るエフィですが、みんなが追い出し、ディーナ・ジョーンズ&ザ・ドリームズが新たに誕生します。

☆メンバーたちのそれぞれの道
ディーナとカーティスは結婚しました。

それだけではなく、ディーナは主演映画『クレオパトラ』の出演も決まるなど順風満帆に思えますが、自分のことを商品としてしか見ていないカーティスに不満がつのります

ローレルとジミーは、今だに不倫関係が続いているものの、いつまでもジミーが奥さんと別れないことにウンザリしていました。

ジミーは新しい音楽を試行錯誤するも、カーティスには認められずレーベルを解雇。

これが引き金となり、薬物の過剰摂取によりジミーは亡くなってしまいます。

C.C.は自分の作りたい音楽と、カーティスの目指す売れる音楽との価値観の違いに、カーティスのもとを離れて行きます。

エフィはマジックという女の子がいて、エフィの態度から妊娠していたことが判明しました。

☆エフィとディーナの再出発
エフィはシングルマザーとして娘を育てながら、音楽関係の仕事を探しますがなかなか見つかりません。

そんな中、かつてのジミーのマネージャーであったマーティと再会。

マーティとC.C.の助けを借りて、ソロのレコード「ワンナイト・オンリー」を完成させます。

しかし、 C.C.は、作詞の権利を持つことを主張し、ザ・ドリームズ版のワンナイト・オンリーを発表。

カーティスがエフィの再出発を邪魔します。

一方、ディーナとカーティスの溝は深まり、あることがきっかけでエフィのレコードをカーティスのオフィスから発見します。

エフィの曲の盗作を知ったディーナは、エフィに連絡して、カーティスがこれまでしてきた裏工作、裏帳簿をエフィの弁護士に提供したことで、カーティスの元から離れて行きます。

☆ザ・ドリームズ解散コンサート
ディーナがカーティスの元を離れたことで、ザ・ドリーズは解散。

最後のコンサートで、かつてのファミリーたちが集まります。

4人目のザ・ドリームズとして、エフィもサプライズ登場。客席にはエフィの娘マジックもその姿を見守っています。

解散コンサートはフィナーレを迎えると、カーティスは気がつきます、マジックが自分の娘であることに…。

スポンサーリンク

映画『ドリームガールズ』の感想と評価

60年代の音楽の試行錯誤

ラジオからテレビに移行するなどメディアの発展に対応を余儀なくされ、今までの方法だけでは生き残れなかった音楽業界の実情がありました。

成功したいがために汚いことにも手を染めたカーティスと、自分の信じる音楽で世間を認めさせたいと思うアーティストの思いを変遷する音楽業界を舞台に、エンターテイメント性の濃いミュージカルに仕上げたのが本作『ドリームガールズ』の特徴といるでしょう。

出演したキャスト陣も、集まるべくして集まった豪華面々。このキャストが揃わなければ、これほど作品に深みを見せることはできなかったはずです。

完成度の高いミュージカル・シーンは、何度でも観たくなってしまう中毒性があると言え、ビヨンセもいい!ジェニファーもいい!エディもいい!と、映画を盛り上げる音楽が長短に関わらず、素晴らしい完成度です。

非日常を見せたショーの強さ

本作は彼女たちの音楽グループ「ドリーメッツ」と、カーティスがファミリーとなり、音楽活動を始めてからグループが解散するまで終わります。

激動60年代の音楽業界を生きてきたファミリーの始まりと終了に焦点を当て描かれています。

自分に娘がいることを知ったカーティスはどうするのか?今後のディーナはどうなるのか?といろいろ知りたくなるでしょう。

しかし、この作品は観る者の解釈にそこを委ね、“ショー”として終わります。

これこそが原作ミュージカルや音楽への強いリスペクトがある証のように感じます。

ミュージカル映画は日常を描いても、音楽を熱唱し踊ることで、それは“非日常的ショー”です。

映画として物語を重視した起承転結で終わらせることよりも、“非日常ショー”として華やか音楽をに描いた点に、“現実を超える夢の力”=ショーという、ミュージカルの本質があるのではないでしょうか。

音楽業界のあるあるネタ満載

本作『ドリームガールズ』の原作は、スプリームスの自伝を基にしたこともあり、実名ではありませんが、それぞれのキャラクターにモデルとなる実在の人物がいます。

カーティスのモデルはベリー・コーディ・ジュニアということで、カーティスが設立したレインボー・レコードのモデルは「モータウン・レコード」です。

モータウンに所属したアーティストで有名なのは、誰もがご存知のジャクソン5やマイケル・ジャクソンです。

この作品の中にも、“この子どもはマイケル・ジャクソン?”という場面があるので、要チェックです!

▼U-NEXTで『ドリームガールズ』は見られます。
映画『ドリームガールズ』を
U-NEXTで無料で見る

映画『ドリームガールズ』を見るならU-NEXTがお得!

映画『ドリームガールズ』は、PandoraやDailymotionのサイト内で、すでに削除されてしまい、見れなくなってしまっている場合があります。

そんな時は動画配信サイトのU-NEXTが、公式にアップロードをしている作品を視聴する方が安心安全です。

U-NEXTは月額たった1,990円で12000本以上の映画やドラマ動画が視聴できる日本の動画配信サービス!

劇場にまで出かけて映画を観ても一般鑑賞料金1,800円と、交通費や食事代もかかってしまい、それらを含めれば、U-NEXTが安いのがお分かりいただけますね。

しかも登録すると雑誌70誌以上も読み放題になっちゃうんです。

映画館だけでなく、レンタルDVD屋さんを利用したり、毎月雑誌を買ったりすることを考えれば、かなりお得なサービスですよね。

さらに有料会員になると毎月1,000ポイントがもらえます!

もちろん!そのポイント使用すれば『ドリームガールズ』は無料で観られますし、それ以外の作品も無料視聴視聴することもできます

映画『ドリームガールズ』を
U-NEXTで無料で見る

スポンサーリンク

【U-NEXT】のメリットとは

U-NEXT最大の特徴はなんでしょう?それはDVD発売やレンタル開始と同時に最新作が見られる点です。

しかも、作品中にはレンタル開始前に配信されるものや、一部の映画には劇場公開されない特典映像ある作品も配信されることもありました。

もちろん最新作は多くは有料とはなりますが、面倒なDVDの返却の手間がかからない忘れてしまっても延滞料金もない、これだけでもDVDレンタル店に行くより断然便利でお得ということです。

【お得情報】今ならポイントがもらえ、有料作品に使える!

U-NEXTは有料会員になると毎月1,000ポイントが支給されますが、なんと!無料お試しに登録するだけでも600ポイントがもらえます

ほかにもメリットはあるんです!

動画配信のライバル社のNetflixやhuluと違い、U-NEXTは国内の動画配信サービスです。

そのため見逃してしまった国内ドラマや、劇場に観に行けなかった邦画、アニメのラインナップが豊富に用意されています。

また、NHKオンデマンド作品も入っているので、話題の大河ドラマや可愛いヒロインで人気の朝ドラも見られ、ドキュメンタリー番組もけっこう充実しています。

▼U-NEXTで『ドリームガールズ』は見られます。
映画『ドリームガールズ』を
U-NEXTで無料で見る

まとめ

本作『ドリームガールズ』の中で描かれているディーナという役柄と、その役を演じたビヨンセは、重なり合う要素を見出すことができます

ビヨンセは、かつて、デスティニーズ・チャイルドというグループの1人でした。

そこでソロとなり、映画やメディアで活躍する現在のスタイルになったこともあり、ディーナとビヨンセ自身のストーリーがリンクしています。

物語で描かれた心の叫びは、ディーナなのか、それとビヨンセ自身のそのものなのか。ビヨンセを俳優に起用したことで、ストーリーとキャラクターに強い説得力を持たせています。

また、ジェニファー・ハドソンは本作が映画初出演。しかし、彼女のことはすでに全米で知れ渡った存在でした。

リアリティ番組『アメリカン・アイドル』で、上位7位まで勝ち進んだスター性のある原石だったからです。

惜しくも優勝に手は届きませんでしたが、その後、この作品での活躍を見て感動したアメリカ人は少なくないでしょう。

プロとして活躍を見せるビヨンセの存在感さえも食ってしまうスター性は、彼女が本作で掴んだアカデミー助演女優賞という栄光そのものの輝きなのでしょう。

映画『ドリームガールズ』を
U-NEXTで無料で見る

非日常的な音楽ショーが思う存分ら楽しめる『ドリームガールズ』を見るのに、パンドラTV(Pandora)やデイリーモーション(Dailymotion)で視聴するのも、1つの方法かもしれませんが、最近では動画リンクが削除されている場合も多いのです。

そこで動画がストレスなく見られる公式動画配信サイトのU-NEXTで、動画をサクサクと観られ、ウィルスなどの心配もない安心安全の高いに環境をオススメします!

【どこにいても映画『ドリームガールズ』は見られます!】

U-NEXTの動画は自宅でのパソコンの視聴だけでなく、スマホやタブレットにダウンロードして、どこでも持ち歩き観ることができます

ネットを使わなくてもオフラインで視聴できますので、速度制限を気にする必要がないのはありがたいサービスです。

あなたのライフスタイルに合わせて、お好きな場所で都合の良い時間に気になる作品が観ることができますね

映画『ドリームガールズ』を
U-NEXTで無料で見る

※紹介している情報は2018年5月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『優駿』映画原作ネタバレあらすじと結末の感想評価。宮本輝おすすめ小説“馬に夢をかける人々の人生”を爽やかに綴る

映画『優駿 ORACION』原作の宮本輝の小説『優駿』のご紹介 一頭の競走馬をめぐる牧場主や馬主、調教師、厩務員、騎手などさまざまな人々の生き様を描いた、宮本輝の小説『優駿』。 仔馬の誕生からずっと見 …

ヒューマンドラマ映画

ニュー・シネマ・パラダイス|ネタバレあらすじ感想とラスト結末解説。ジュゼッペ・トルナトーレおすすめ映画の人気No. 1では“自伝的な郷愁と再生”を描く

涙なくして見られないイタリアの名作 イタリアの映画監督ジュゼッペ・トルナトーレが弱冠29歳にして、映画を愛する全ての人に贈った感動編『ニュー・シネマ・パラダイス』。 公開された1989年にカンヌ国際映 …

ヒューマンドラマ映画

映画『Smoke』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

映画『Smoke』のあらすじネタバレと感想やラスト結末をまとめました! 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『Smoke』映画作品情報をどうぞ! スポンサーリンク CONTEN …

ヒューマンドラマ映画

ネタバレ『ハウス・オブ・グッチ』結末ラスト考察と評価解説。実話と共に高級ブランドに隠された“一族の闇”を暴き出す!

高級ブランド「GUCCI」に隠された衝撃的な真実とは? 現代のファッションブランドの元祖と呼ばれ、誰もが知る世界的な高級ブランド「GUCCI」。 そんな「GUCCI」に隠された、30年に渡る一族の確執 …

ヒューマンドラマ映画

『パラサイト』ネタバレ考察。映画伏線の仕掛け「石・家政婦・大洪水」の意味を深掘り解説

隠された仕掛けといくつもの伏線が絶妙な『パラサイト 半地下の家族』 2019年度の映画賞を軒並み獲得し、アジアからアカデミー賞を総なめする作品となった韓国映画『パラサイト 半地下の家族』。ポン・ジュノ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学