Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『その道の向こうに』ネタバレ結末あらすじと感想評価。A24とAppleTV+共作ドラマでジェニファーローレンスが熱演!

  • Writer :
  • 山田あゆみ

ジェニファー・ローレンスの秀逸な演技が光る一作

映画『その道の向こうに』は、2022年にAppleTV+で配信開始されたヒューマンドラマ映画です。

ミッドサマー』(2019)や『カモンカモン』(2021)のA24スタジオによるこの映画。

ケガを負ったアフガニスタン帰還兵のリンジーと、過去の交通事故のトラウマを抱えたオークインが出会い、互いに人生を見つめなおす物語となっています。

「ハンガーゲーム」シリーズや『世界に一つのプレイブック』(2012)などのジェニファー・ローレンス主演。『エターナルズ』(2021)などに出演しているブライアン・タイリー・ヘンリーが出演しています。

スポンサーリンク

映画『その道の向こうに』の作品情報


(C)Apple

【公開】
2022年(アメリカ映画)

【監督】
リア・ノイゲバウアー

【キャスト】
ジェニファー・ローレンス、ブライアン・タイリー・ヘンリー、リンダ・エモンド、ジェイン・ハウディシェル、スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン、ラッセル・ハーヴァード、フレデリック・ウェラー

【作品概要】
『その道の向こうに』は、『ミッドサマー』(2019)や『カモンカモン』(2021)などのA24スタジオ製作のヒューマンドラマで、AppleTV+にて2022年11月4日から配信開始されています。

主演のジェニファー・ローレンスは、「ハンガーゲーム」シリーズで主演を務め一躍人気を博し、「X-MEN」シリーズではミスティ―ク役で出演。他にも『アメリカンハッスル』(2013)や『ドント・ルック・アップ』(2021)など、出演作が途絶えない人気俳優のひとり。

ブライアン・タイリー・ヘンリーは、映画のみならずテレビや舞台でも活躍する俳優です。出演作品は、映画『エターナルズ』(2021)、『ブレット・トレイン』(2022)やドラマシリーズ「アトランタ」(2016)など。

兄役を演じたラッセル・ハーヴァードは、ろう者の俳優です。

面会室でガラス越しに親指と人差し指と小指を立てた「I love you」のハンドサインは、2022年の映画『コーダ あいのうた』のラストシーンでも印象的に使われていた「I love you」のサインです。(正確には、『コーダ あいのうた』では中指を人差し指にかけて「I really love you」という意味で使われました)

映画『その道の向こうに』のあらすじとネタバレ


(C)Apple

アフガニスタン帰還兵のリンジー(ジェニファー・ローレンス)は、軍病院からヘルパーのシャロンに連れられて車で家へと向かいます。

リンジーは戦地で脳に損傷を受け、手の渋れがあり歩行が困難なため、車いすに乗っています。

家では、トイレや入浴時にシャロンに介護を受ける。夜中にフラッシュバックによる発作が起きる。歩行できるまで回復したものの、ドライブ中も精神不安定になってしまうリンジー。

シャロンの心配をよそに実家のニューオーリンズに帰ることにしました。空港に母親が迎えに来る予定だったもののその姿はなく、バスで家へと向かいます。

家の周りは雑草が生え放題、外壁もくすみ、庭のプールには苔が生えていました。自室で眠っていると、夜になって母親が帰ってきました。

帰ってくる日にちを勘違いしていたと話します。

リンジーを心配する母親ですが、眠るように言うと母親は男性とリビングで楽しそうに飲み始めました。

プール清掃のアルバイトを始めることにしたリンジーは、実家にあった母の車で向かいます。しかし、運転中に故障してしまいます。

修理屋に持っていくと、修理工のオークインから良いトラックだから一度車を預かり見積もりを出すと提案します。

歩いて帰っていたリンジーは炎天下の中へばっているところ、車で通りかかったオークインに呼び止められ同乗することにします。

CDで音楽を聴きながら、互いにニューオリンズが地元であるという話に。オークインの妹のジェスのことをバスケで知っていたリンジーは話題にしますが、オークインは黙ってしまいます。

音楽の話をしてごまかし、別れました。

その晩、母に晩酌を誘われますが疲れているからとリンジーは断りました。

プールの清掃アルバイト中、リンジーの元にオークインがやって来ます。邸宅のプールサイドで会話する2人。

車の事故で片足が義足であることをオークインは明かし、リンジーも帰還兵なことを打ち明けました。

病院で経過良好だと診察を受けたリンジーは服薬をやめたいと言いますが、許可されません。事故の経緯を尋ねられ、リンジーは詳細を節説明します。

陸軍工兵隊の給水システムダムで働いていたリンジーは、基地から車で20分の所にあるダムへ向かっていた時に爆撃にあったと言います。

何が起きているか分からないでいると、隣に座っていた軍曹の足から胸まで火が広がっていた。

視界は悪く、車のドアが開いたが外に出た隊員は射殺されたので出られなかった。

しかし、出なければと思っているところで意識が途絶え、目が覚めると「爆発のせいで脳出血をおこした」と言われたのだ、と説明しました。

自宅へ帰ると、母からオフィスワークを紹介すると言われます。しかし、リンジーは今プール清掃をしていることと、戦地に戻る気でいると伝えます。

翌日、リンジーはトレーニングマシンを家へ運ぶのをオークインに手伝ってもらいます。

リンジーの誘いでハンバーガーを食べに行った2人。バーで2人で居ると、リンジーがナンパされます。「俺の彼女だ」と言って男を追い払ったオークインに、リンジーはお礼します。

バーから出て歩きながら、リンジーは自分がレズビアンだと打ち明けました。

オークインは足の事故のことを話します。妹のジェスと甥っ子のアントワンとドライブに行った時のことでした。

その事故で、アントワンだけ死んでしまいました。自分の責任だと話すオークイン。「闇を感じたときはもがかず、その場に耐えるべきだ」と話します。

家にいることが苦痛だと話すリンジー。あらゆるドラックをやっていた兄がいたといリンジー。うとうとすると、母が疲れたんだねと話していたと言います。「兄に会いたい」とリンジーはつぶやきます。

酔っぱらったオークインを車で家に送り届けたリンジーは、オークインの広い家でおしゃべりします。

母親が死んでから、ジェスとアントワンと3人で3年間暮らしていました。リンジーは、みんなで暮らしていた家に残るのは健康的じゃないと言います。自分の母がそうであるように。

オークインは自分の家に越してきて、一緒に暮らしたら良い、と言います。

「ただ人がそばにいるのって良い。朝は一緒にコーヒーを飲んだりさ、夜は一緒に一服して、たまには料理して。昔みたいに」と話すオークインでした。

帰宅したリンジーは母と会話していると、「昔は面白い子だったのに」と言われました。そして、庭先でビニールプールに入ります。次の予約の時に一緒に行くと母は言いました。

リンジーと母は向かい合って、なぜ家をでたのか母は尋ねます。家が、嫌だったと答えるリンジー。

「昔は私もふらふらしてたから。わかるよ」と言う母。電話が鳴り、お酒をとりに行った母は電話に出ると、恋人でした。

はじめは「今娘と遊んでるから会えない」と言ったものの、話しているうちにリンジーをひとり残して寝室へ行ってしまいました。

「別に何もしていない」と電話で話していました。

病院に行く日に、車で送ると言っていた母は姿を消し、リンジーはオークインに送ってもらいます。

道中でかき氷屋さんに立ち寄る2人。リンジーは後遺症で手が滑ってかき氷を落としてしまいます。イラつくリンジーを慰めるオークイン。

この町を出たいというリンジーの話を黙って聞いていたオークインは、かき氷をもうひとつ買いに向かいました。

病院で、医師に軍隊に戻りたいと話すリンジー。医師はPTSDを心配し、決して許可をしません。

病院から帰ったリンジーは翌日の午後、リンジーが清掃している邸宅のプールで会う約束をしました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『その道の向こうに』ネタバレ・結末の記載がございます。『その道の向こうに』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

プールサイドでお酒を飲み、プールに入ったリンジーはオークインを誘います。嫌々ながら、オークインは義足を外してプールに入ります。

オークインは、事故の時の話でウソをついたと言います。

あえて言わなかったが、事故の時自分が運転していたこと、助手席に座りたいとアントワンに言われたのを止めなかったのは自分だったと言い、涙します。

「もうそれ以上言わないで」と言ってリンジーはオークインにキスします。

我に返ったリンジーは「今のはなし」と言って離れます。オークインの「なぜした?」という問いに、「同情して…」と言うリンジー。

オークインは怒ってプールから上がります。今までさんざん同情されてきたと言い、自分たちの関係は何なんだと問いただします。

リンジーが自分で周りと距離をとっていることを指摘し、自分の問題は自分で解決しろと言います。

戦地でのことや、兄が死んでいることについて。リンジーは兄は売人で刑務所にいるのだと説明します。

死んでいるように言ったとオークインはまたリンジーを責めます。

リンジーは、オークインが甥を亡くした事故の時に、運転前に飲酒していたことを問い詰め、オークインは認めました。2人は激しくののしり合います。

リンジーは再診し、医師に改めて戦地に戻りたい気持ちを伝えます。

トラウマはあるが、任務はこなせるし、役に立てるところに行きたいのだと。医師は、戻ることはできるが、戻るべきかは問題だと言います。しかし、説得され戦地に戻ることを認めました。

リンジーはオークインに電話をしましたが出ません。車を修理屋に取りに行ったリンジー。

オークインは今日は居ないと言われ車を持ち帰ります。修理代は「軍隊にいたから」と言ってオークインが無償で受けていました。

刑務所にいる兄に面会に行ったリンジー。兄はろうあ者で手話で会話する2人。

母と長い間会っていないと言います。兄は、外にいると自分が何するか分からないから、ここなら安心だと伝えます。

リンジーは近況を聞かれて、けがをしたと答えます。でも大丈夫、自分のことは哀れだとは思っていない、ただ自分でも残念なだけだと伝え、互いに見つめ合います。

「愛してる」のハンドサインをガラス越しに重ねる2人は、「いつも思ってる」と伝え合いました。市民プールにやってきたリンジーは、うっすらと微笑みを浮かべ、水の中に潜りました。

別の日、ビールを持ったリンジーはオークインの家を訪ねます。

要件を聞かれたリンジーは、前に「引っ越してきたらいい」とオークインが言っていたことを確認して、もう一度オファーする気はないかと尋ねます。

そしてさらに、「いいかもよ、人がいるって。朝はコーヒー飲んで、夜一服して。たまに料理する」と言います。

「それじゃ行かないのか?(戦地に)」と聞くオークイン。

「今のところは。それに友達を作りたいの」と答え、まっすぐな瞳でオークインを見つめるリンジーです。

スポンサーリンク

映画『その道の向こうに』の感想と評価


(C)Apple

「ただ人がそばにいるのって、いい。朝は一緒にコーヒーを飲んだりさ、夜は一緒に一服して、たまには料理して…」。これは、オークイン(ブライアン・タイリー・ヘンリー)がリンジー(ジェニファー・ローレンス)に言った台詞です。

この言葉以上に、日常の幸せを表せるものはないかもしれません。ただ傍にいて、穏やかな時間を一緒に過ごす。それは平凡なようで、当たり前に手に入る幸せではありません。

そして、この言葉はオークインがかつて幸せだった時のことを思い浮かべながら発したものであり、また、彼同様に孤独を感じているリンジーだからこそ、その言葉に共感したのです。

リンジーは、アフガニスタンで受けた爆撃で損傷を負い、かつ家族に対してトラウマを抱えています。

オークインは自分が起こした交通事故によって片足を失い、命を落とした甥っ子と、その母親の妹に対して、自責の念にかられていました。

互いに体だけでなく心にも傷を負った者同士、心の内を打ち明けやすく、自然と距離が縮まっていきます。

しかし、リンジーが思わずオークインにキスをしてしまったことをきっかけに、2人は口論に発展してしまいます。

そして、触れることで相手を壊してしまうかもしれない心の傷について、お互いに責め合ってしまうのです。

男女の友情は成立するのか、という普遍的なテーマにも触れつつ、ここでより重要なのは2人は同情し合っているからそばにいるのか、ということではないでしょうか。

オークインは「同情されるのはうんざりだ」と言うように、哀れみの目で見られることを求めていません。

リンジーは兄と刑務所で面会した時、自分について「哀れだとは思っていない。ただ、自分でも残念なだけ」と語っているように、決して哀れみや同情を求めてはいません。

リンジーとオークイン、2人は同情しあっているから傍にいるのではない。互いに、一緒にいて安心し合えるから傍にいたいのです。

傷つき苦しんでいる人に対して、どう接したらいいか。心の痛みを知っていればいるほど、迷ってしまうものです。

そこに、正解はないのかもしれません。

ただそばで寄り添うこと、その癒しの効果は計り知れません。そして、そんな居場所を自ら見つけることが、人生をやり直す方法だといえるのではないでしょうか。

リンジーは刑務所にいる兄に会い、彼が自分の居場所を見つけたことを見届けた後、そのことに勇気をもらってか、オークインに謝りに行きます。

そして、リンジーは「友達をつくりたいの」と素直に言います。

そのリンジーのまっすぐな瞳からは、決意がみなぎっていました。映画冒頭、戦地から帰還して魂が抜けたような姿のリンジーとは大きく見違えます。

信頼できる誰かの傍にいられることの尊さ、そして人生を再出発するには誰でもなく自分の一歩が必要という、繊細さと逞しさを描いたこの映画。多くの人に観てほしいと心から思える一作でした。

まとめ


(C)Apple

本作の冒頭、リンジーが迎えの車を待つシーンから、その構図や演出の上手さに唸らされました。

画面の左端にジェニファー・ローレンス演じるリンジーの後頭部と顔の右側の一部がアップで映し出されます。

右下に軽くうつむき、瞬きをしないリンジーからは表情が読み取れませんが、彼女にピントが当てられています。

彼女の右側の少し奥に、軍服を着た人の後姿があり、間もなく車が2人の前方に止まります。

車から降りた女性がこちらへ近づき、軍服の人物と言葉を交わした後、軍人は左手にフェードアウト。

車から降りた女性が「わたしはシャロン」とリンジーに名乗り、ピントがシャロンに当たります。

リンジーは無言のままでしたが、シャロンがリンジーの頭上を見てニコリとすると、画面左から軍人が現れ、リンジーが乗った車いすを後ろから押して、シャロンの車へと運びます。

ここでリンジーが車いすに乗っていたことが初めて分かります。

この冒頭1分ほどのシーンで、見えているものが全てではないとハッとさせられました。

当然のように、リンジーが座っている、もしくは距離をとって立っているように思ってしまった自分に、車いすに乗っているという想像が及ばなかったことに気付かされたからです。

また、まばたき一つせずうつむくリンジーの表情から、戦地で心身に負った傷についても思いを巡らせる見事な演出です。

このシーンのあと、リンジーは迎えにきたシャロンに介護をうけつつ、リハビリ生活を始めます。

本作の良さを語るにあたって、ジェニファー・ローレンスの素晴らしい繊細な演技と役作りは外せません。

ドライブ中に笑顔から徐々に顔色を曇らせる演技や、兄と手話で話しているときに見せる悲しみと喜びを含んだ複雑な表情は息をのむほど繊細です。

ジェニファー・ローレンスの台詞が無くても心境を伝える表現力と、それを最大限に活かす冒頭シーンのような演出が全編に渡って効いていて、リンジーの苦悩や孤独感などを深く表現しています。

決して派手でドラマティックだったり、わかりやすく涙を誘う映画ではないかもしれませんが、人間の弱さと逞しさを丁寧に見せるこの映画に救われる人は、きっと多くいるはずです。

AppleTV+限定配信という限られた視聴方法ですが、多くの人に届いてほしい一作です。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ベニスに死す』あらすじネタバレと感想。洋画おすすめのビスコンティ作品の解釈とは?

「若さと老い」、「幸福と不幸」、「生と死」。 人生の抗えない対比を、まざまざと映し出す映画。 1971年アメリカ製作の映画『ベニスに死す』は、ノーベル賞作家トーマス・マンの同名小説を原作に、巨匠ルキノ …

ヒューマンドラマ映画

『テリーギリアムのドンキホーテ』ネタバレ解説と内容評価。“呪われた映画”は作家自身の鏡写し

「史上最高の文学100選」で1位に輝いた小説を苦節30年を経て映画化 夢に生きる男と現実に生きる男による遍歴の旅を描いた摩訶不思議なロードムービー『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』。 映画製作が長き …

ヒューマンドラマ映画

映画『ホロコーストの罪人』感想評価と解説レビュー。ユダヤ人家族が直面する悲劇を通して描くノルウェー最大の罪

ノルウェーがホロコーストに加担していた衝撃の過去を描く 映画『ホロコーストの罪人』が、2021年8月27日(金)より新宿武蔵野館ほかで全国公開されます。 第2次世界大戦時、ノルウェーの警察や一般市民ま …

ヒューマンドラマ映画

映画ニドナツ村上虹郎は本当にギターを弾いてる?演技評価や感想も

若手俳優として実力とともに人気のある村上虹郎。彼の主演する『二度めの夏、二度と会えない君』は2017年9月1日より全国劇場にて公開! 篠原智役を演じていた主演の村上虹郎は、本当にバンドメンバーとしてギ …

ヒューマンドラマ映画

『アキラとあきら』ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。“最後に土下座するのは誰だ!”池井戸潤原作を竹内涼真×横浜流星の共演で描く

あなたは宿命を信じますか? 正反対の宿命を背負った「アキラとあきら」の物語。 「半沢直樹」シリーズでお馴染みの人気作家・池井戸潤の同名小説を、三木孝浩監督が竹内涼真と横浜流星の共演で映画化。 父親の経 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学