Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/06/25
Update

映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』あらすじとキャスト。上映館情報も

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

1973年に行こなわれた、性別を超えたテニスの試合を描いた、映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』は2018年7月6日(金)から全国順次ロードショー

若手注目女優、エマ・ストーンが主演を務めた本作の、あらすじやキャストをご紹介します。

スポンサーリンク

映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』の作品情報


(C)2017 Twentieth Century Fox

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Battle of the Sexes

【監督】
バレリー・ファリス、ジョナサン・デイトン

【製作】
クリスチャン・コルソン、ロバート・グラフ、ダニー・ボイル

【脚本】
サイモン・ビューフォイ

【キャスト】
エマ・ストーン、スティーブ・カレル、アンドレア・ライズボロー、サラ・シルバーマン、ビル・プルマン、アラン・カミング、エリザベス・シュー、オースティン・ストウェル、ナタリー・モラレス、ジェシカ・マクナミー、エリック・クリスチャン・オルセン、ジェームズ・マッケイ、フレッド・アーミセン

【作品概要】
1973年、男女格差が激しかった時代のテニス協会。

協会に不満を持つ、女子テニスの世界チャンピオン、ビリー・ジーン・キングと、ギャンブルが原因でどん底の人生を歩み、再起をかけた戦いに挑む元男子世界チャンピオンのボビー・リッグスによる、性別を超えた世紀の一戦を描いたヒューマン・コメディ。

主演を『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンと『フォックスキャッチャー』のスティーブ・カレル、監督に『リトル・ミス・サンシャイン』のジョナサン・デイトンとバレリー・ファリス。

1973年のテニス男女対抗試合を映画化


(C)2017 Twentieth Century Fox
本作では、1973年に実際に開催された、男女の性別を超えたテニス男女対抗試合を描いている実話です。

主人公のビリー・ジーン・キングは、11歳からテニスを始め、1961年に女子ダブルスで初優勝後に、ウィンブルドンで史上最多の20回という優勝記録を持っています。

ビリー・ジーン・キングは男子との優勝賞金額の違いなど、男女格差が激しかった当時のテニス協会に反発、1970年代初頭に「女性によるテニスツアー」を提案し、1973年に「女子テニス協会」を発足します。

このビリー・ジーン・キングの動きに「男と女のテニスマッチ」というショーを思いついた、男子テニスの元チャンピオン、ボビー・リッグスは、当時「テニス界で最も有名な母親」と言われていたテニス選手、マーガレット・コートと対決し圧勝します。

その場でビリー・ジーン・キングに宣戦布告し、ビリー・ジーン・キングがボビー・リッグスの挑戦を受けた事で、当時29歳の女子テニスプレイヤー、ビリー・ジーン・キングと、当時55歳の男子テニスプレイヤー、ボビー・リッグスの性別を超えた戦いが決まり、全世界で9000万人が観戦したと言われています。

この試合をきっかけに、「女子テニス」が発展し始めたと言われており、2009年に、ビリー・ジーン・キングはオバマ大統領より大統領自由勲章を授与されています。

ビリー・ジーン・キングは、2018年1月現在も、マーガレット・コートの同性愛への差別的な発言に意を唱えるなど、性差別と戦い続けています。

スポンサーリンク

映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』の主なキャスト


(C)2017 Twentieth Century Fox

エマ・ストーン(ビリー・ジーン・キング役)のプロフィール

男性優位だったテニス協会に反発し、女性の平等な権利獲得の為に、世紀の一戦に挑む女子テニスのカリスマ、ビリー・ジーン・キング。

演じるエマ・ストーンは、1988年11月6日生まれのアメリカ出身。

11歳から地元の劇団で演技を始め、2005年のTVドラマで女優デビュー。

2009年の映画『ゾンビランド』で注目されるようになり、2012年の映画『アメイジング・スパイダーマン』でヒロインのグウェンを演じ話題になります。

2014年の映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でアカデミー助演女優賞に初めてノミネートされ、2016年の映画『ラ・ラ・ランド』で主演を務め、アカデミー主演女優賞など数多くの賞を獲得しています。

スティーブ・カレル(ボビー・リッグス役)のプロフィール

男性優位主義の代表として、ビリー・ジーン・キングに挑む、男子テニスの元チャンピオン、ボビー・リッグス。

演じるスティーブ・カレルは、1962年8月16日生まれのアメリカ出身。

大学卒業後に、コメディ集団「セカンド・シティ」に所属、1991年の映画『カーリー・スー』で映画デビューを果たします。

2005年に主演を務めた、映画『40歳の童貞男』が大ヒットし注目され、2014年の映画『フォックスキャッチャー』アカデミー賞、ゴールデングローブ賞など数多くの作品にノミネートされ、高い評価を受けます。

2015年の映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』でもゴールデン・グローブ賞にノミネートされています。

2010年から始まったアニメ映画『怪盗グルー』シリーズの主役、グルーの声を務めている事でも有名です。

アンドレア・ライズボロー(マリリン・バーネット役)のプロフィール

同性愛に目覚めたビリー・ジーン・キングが、初めて交際したビリー・ジーン・キングの同性の恋人マリリン・バーネット。

演じるアンドレア・ライズボローは、1981年10月27日生まれのイギリス出身。

9歳で舞台デビューし、2005年に王立演劇アカデミーを卒業、2008年のTV映画『マーガレット・サッチャー ~政界を夢見て~』で、主役のマーガレット・サッチャーを演じ、英国アカデミー賞にノミネートされ、注目されます。

2013年に映画『オブリビオン』でハリウッドデビューを果たしました。

ビル・プルマン(ジャック・クレイマー役)のプロフィール

男女平等を求める、ビリー・ジーン・キングの訴えを棄却し、後に世紀の一線となる試合のキッカケを作る、全米テニス協会の責任者、ジャック・クレイマー。

演じるビル・プルマンは、 1953年12月17日生まれのアメリカ出身。

ニューヨークの大学で演技を学んだ後に、マサチューセッツ大学で美術学修士号と名誉博士号を修得、1983年に俳優として本格的な活動を開始します。

1986年の映画『殺したい女』で映画デビュー、1996年の映画『インデペンデンス・デイ』の大統領役で、世界的に有名になります。

その他の出演作に1993年の映画『めぐり逢えたら』1995年の映画『キャスパー』、2014年の映画『イコライザー』などがあります。

映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』のあらすじ


(C)2017 Twentieth Century Fox
全米女子テニスチャンピオンのビリー・ジーン・キングは、全米テニス協会が、次期大会の優勝賞金を男子の1/8にすると発表した事で、全米テニス協会への不満が爆発します。

ビリー・ジーン・キングは、テニス協会を脱退し、仲間達と「女子テニス協会」を創設、当時盛り上がっていた、男女平等を訴える運動に乗り、宣伝活動を始めます。

一方、テニス元世界王者のボビー・リッグスは、ギャンブル癖が原因で、妻と離婚の危機に直面し、どん底の人生を歩んでいました。

ボビー・リッグスは再起を賭けて、「男対女のテニス勝負」を提案、ビリー・ジーン・キングに戦いを挑もうとしますが、相手にされません。

ビリー・ジーン・キングに断られたボビー・リッグスは、彼女のライバル、マーガレット・コートに戦いを申し込み完勝「男が女より優秀」と挑発します。

ボビー・リッグスとの戦いを、避ける訳にはいかなくなったビリー・ジーン・キングは、挑戦を受け、世界中の男女が注目する、性別を超えた戦いに挑みます。

スポンサーリンク

映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』の感想と評価


(C)2017 Twentieth Century Fox
実話を映画化した、本作のみどころは、ビリー・ジーン・キングとボビー・リッグスの2人のキャラクターだと思います。

女性選手の地位向上を目的に、男社会だったテニス協会に戦いを挑んだ、ビリー・ジーン・キングの「真っ直ぐな想い」に、自分の人生を逆転させる目的で、ショーを成功させる為に利用しようとしたボビー・リッグスは、人間的に対象の存在と言えるでしょう。

ボビー・リッグスは、この試合を注目させる為に、自らを「男性至上主義のブタ」と名乗り、奇抜なパフォーマンスで盛り上げていました。

ボビー・リッグスを演じたスティーブ・カレルは「見ていて不快だがどこか憎めない。彼はそんな男だ」と語っており、エマ・ストーンも「悪い人じゃないし、一種の演技よ。ビリー・ジーンも見抜いてた」と、ボビー・リッグスが、癖のある愛すべき男だったと語っています。

対極にいる両者の人間ドラマを、長編デビュー作となる、2006年の映画『リトル・ミス・サンシャイン』が高い評価を得た、バレリー・ファリスとジョナサン・デイトンが演出しています。

『リトル・ミス・サンシャイン』は、数々の問題を抱える家族が、共に旅する中で団結していくロードムービーで、曲者ぞろいの家族が抱える悩みや、挫折などをユーモラスに描いている傑作映画です。

バレリー・ファリスとジョナサン・デイトンが演出し、これまで、数々の癖が強いキャラクターを演じてきたスティーブ・カレルによるボビー・リッグス像は、どのように表現されているのでしょうか?

また、『ラ・ラ・ランド』で高い評価を受け勢いに乗る女優、エマ・ストーンとどのような化学反応が起きて、どんな作風になっているのか?非常に気になる作品です。

まとめ


(C)2017 Twentieth Century Fox
本作の主人公、ビリー・ジーン・キング本人は、当時の心境を「私は影響の大きさを理解してたわ。絶対に負けられない。風穴を開ければ、後の世代がそれに続く」と語っています。

現在も、セクハラなどの性差別問題は、アメリカだけでなく日本でも問題となっています。

ビリー・ジーン・キングとボビー・リッグスの、性別を超えた戦いから、45年が経過しても本質は変わっていないのかもしれません。

今も語り継がれる、テニス男女対抗試合をユーモラスに描き、そして現代に根付く、性差別問題へのメッセージを込めた『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』は、2018年7月6日から全国公開です。

映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』を上映する劇場情報


(C)2017 Twentieth Century Fox

【北海道・東北地区】

北海道 札幌シアターキノ 8/11~
北海道 シネマアイリス 近日公開

青森県 フォーラム八戸 近日公開

岩手県 フォーラム盛岡 近日公開

宮城県 フォーラム仙台 8/17~

秋田県 ルミエール秋田 近日公開

山形県 フォーラム山形 近日公開
山形県 フォーラム東根 近日公開

福島県 フォーラム福島 近日公開

【関東・甲信越地区】
東京都 TOHOシネマズ シャンテ 7/6~
東京都 シネクイント 7/6~
東京都 シネマサンシャイン池袋 7/6~
東京都 109シネマズ二子玉川 7/6~
東京都 立川シネマシティ 7/6~

埼玉県 ユナイテッド・シネマ浦和 7/6~

神奈川県 TOHOシネマズららぽーと横浜 7/6~
神奈川県 TOHOシネマズ 川崎 7/6~
神奈川県 109シネマズ湘南 7/6~

栃木県 フォーラム那須塩原 近日公開

群馬県 シネマテークたかさき 近日公開

【中部・北陸地区】
新潟県 ユナイテッド・シネマ新潟 近日公開

富山県 JMAX THEATERとやま  近日公開

長野県 長野ロキシー 近日公開
長野県 松本シネマライツ 近日公開

静岡県 静岡シネギャラリー 8月11日~

愛知県 伏見ミリオン座 8月10日~
愛知県 ユナイテッド・シネマ豊橋18 近日公開

【近畿地区】
大阪府 TOHOシネマズ 梅田 7/9~
大阪府 TOHOシネマズ なんば 7/9~

京都府 TOHOシネマズ 二条 7/9~

兵庫県 OSシネマズミント神戸 7/9~

【中国・四国地区】
広島県 八丁座 壱・弐 7/9~

【九州・沖縄地区】
福岡県 福岡中洲大洋 8/17~
福岡県 ユナイテッド・シネマなかま16 7/9~

鹿児島県 天文館シネマパラダイス 近日公開

*上記に記載された情報は6月25日現在のものです。作品の特性からセカンド上映や全国順次公開されることが予想されます。お近くの劇場をお探しの際は必ず公式ホームページをご確認ください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ロケットマン』あらすじネタバレと感想。エルトン・ジョンのただの伝記ではなくミュージカル映画だ!

グラミー賞を5度受賞した世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの映画。 『ロケットマン』は、天才歌手エルトン・ジョンの1950年代から1991年初頭迄を描いたミュージカル映画です。 『キングスマン』の …

ヒューマンドラマ映画

映画『チア男子!!』キャストの鈴木総一郎役は菅原健(けん)。プロフィールと演技力の評価

映画『チア男子!!』は2019年5月10日(金)ロードショー! 『桐島、部活やめるってよ』『何者』で知られる直木賞作家・朝井リョウが、実在する男子チアリーディングングチームをモデルに書き上げた『チア男 …

ヒューマンドラマ映画

映画『人生はシネマティック!』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

戦争で疲弊した国民を勇気づけるため、映画製作に奔走する人々。 コピーライターの秘書だった女性が、脚本家として才能を発揮し、成長していく姿を描いたイギリス映画『人生はシネマティック!』をご紹介します。 …

ヒューマンドラマ映画

『ニューシネマパラダイス』動画無料視聴はこちら!結末ネタバレと感想も

ジュゼッペ・トルナトーレ監督作品『ニュー・シネマ・パラダイス』の日本公開は、イタリアから遅れること翌年1989年12月16日に、東京のミニシアターのシネスイッチ銀座でした。 史上空前の40週間ロングラ …

ヒューマンドラマ映画

映画『マリッジ・ストーリー』あらすじネタバレと感想。離婚する夫婦が相手の長所に思いを寄せた境地とは

相手の長所は何ですか? 出会った頃の気持ちをもう一度。 スカーレット・ヨハンセンとアダム・ドライバーを主演に、夫婦が離婚に向かう葛藤を描いたNetflixオリジナル映画『マリッジ・ストーリー』が、20 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP