Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2019/11/25
Update

映画『ゾンビランド2ダブルタップ』ネタバレ感想とレビュー評価。続編でも結末までの悪ノリ小ネタは健在でキャスト陣の魅力も満載!

  • Writer :
  • 伊藤博章

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』が11月22日(金)より全国ロードショー。

2009年北米公開の前作『ゾンビランド』から10年の時を経て、役者と制作陣が更にパワーアップして戻ってきました。

この10年でエマ・ストーン、ジェシー・アイゼンバーグをはじめとする俳優たち、アカデミー賞受賞級に成長。

さらに、脚本のレット・リースとポール・ワーニックは、「デッドプール」シリーズを担当、監督のルーベン・フライシャーは『ヴェノム』の演出を務めるまでに成長しました。

そんな成長を遂げたキャスト陣と制作スタッフが再集結した『ゾンビランド:ダブルタップ』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』の作品情報


(C)2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【監督】
ルーベン・フライシャー

【キャスト】
ウッディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリン、ゾーイ・ドゥイッチ、アバン・ジョーギア、ロザリオ・ドーソン

【作品概要】
スターへと成長した俳優陣と映画スタッフが夢の再集結を果たした、続編『ゾンビランド:ダブルタップ』。2009年の前作『ゾンビランド』から10年後の世界を舞台に、おなじみの悪ノリや小ネタの数々が繰り広げらるゾンビコメディです。

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』のあらすじとネタバレ


(C)2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved

前作『ゾンビランド』から10年後。

自分の家を探すコロンバス、ネイティブ・アメリカンの血をひくタラハシー、コロンバスの恋人であるウィチタ、ウィチタの妹のリトルロックの4人は、ホワイトハウスを寝床にして、ゾンビだらけの世界を生き抜いていました。

そんな中、トラブルが起きてしまいます。

コロンバスからのプロポーズに拒絶反応を感じてしまったウィチタとタラハシー、過剰な親心に嫌気を感じていたリトルロックが家出をしてしまいました。

ウィチタとリトルロックの家出から1ヶ月。

悲観にくれるコロンバスとタラハシーは、ショッピングモールに向かった際に、マディソンという女性に出会います。

そして、コロンバスはマディソンをホワイトハウスに連れ帰り、2人は関係を持ってしまいました。

しかし、そこにウィチタが戻ってきます。

戻ったウィチタは、道中でリトルロックとはぐれてしまったと語ります。

リトルロックは道中で出会ったヒッピー風の男バークレーと恋におちてしまい、ウィチタを残して、グレースランドに旅立ってしまいました。

新型の凶暴なゾンビ「T-800」にリトルロックが襲われないかが心配なタラハシー、コロンバス、ウィチタの3人はマディソンと共に、リトルロックを探しに行くことになります。

その道中、ゾンビに襲われる4人。その後、マディソンにゾンビ化の兆候が出てきてしまい、コロンバスはマディソンを処理します。

3人はグレースランドにあるエルビス・プレスリーをテーマにしたモーテルに到着。

タラハシーはモーテルに住むネバダという女性と恋に落ちてしまいます。

モーテルで一晩を過ごした3人。翌朝、タラハシーとコロンバスにそっくりなゾンビハンターがモーテルに現れます。

現れたゾンビに襲われ、2人はゾンビ化してしまいました。2人を倒した3人はネバダを残し、リトルロックを探しにモーテルを後にします。

3人は、道中でマディソンと再開。マディソンはゾンビ化したのではなく、ナッツアレルギーの反応が出ただけでした。コロンバスもマディソンのことを処理できていませんでした。

そして、4人は「バビロン」と呼ばれる銃禁止の平和な場所に到着し、リトルロックと再会しました。

以下、『ゾンビランド:ダブルタップ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ゾンビランド:ダブルタップ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

リトルロックの幸せそうな姿を見たコロンバスとウィチタは、バビロンに泊まることにしました。

一方、自身の役割の終わりを感じたタラハシーは、バビロンから旅立つことに決めます。

しかし、バビロンの外でタラハシーが目にしたのは、バビロンに向かって走る新型ゾンビ「T-800」の大軍。コロンバス達を救うために、タラハシーはバビロンに急いで戻っていきました。

タラハシーがバビロンの住民たちに新型ゾンビ「T-800」への対処方法をレクチャーした後、コロンバス、タラハシー、ウィチタ、リトルロックの4人は最前線でゾンビの大軍を迎え撃ちます。

途中、助けにやってきたネバダの手も借り、バビロンの住人と共に、新型ゾンビの大軍の迎撃に成功。

ゾンビの迎撃後、ウィチタはコロンバスからのプロポーズを受け入れました。

コロンバス、タラハシー、ウィチタ、リトルロックとネバダの5人はバビロンを後に、再び旅立ちました。

旅立ったコロンバスは、この4人と過ごす場所こそが自分の家なんだということに気付きます。

ゾンビが溢れた絶望の世界で、どこで過ごすかではなく、誰と過ごすのかが大切なことだったのかに気付きました。

スポンサーリンク

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』の感想と評価

俳優たちがパワーアップで悪ノリも健在

本作品『ゾンビランド:ダブルタップ』の大きな魅力は、なんと言っても、前作『ゾンビランド』でも見られた悪ノリの健在の数々

10年間で飛躍的に成長した俳優陣が再集結して、相も変わらず、決して気取らずに楽しんで悪ノリたっぷりと見せてくれます

エマ・ストーンは2016年公開の『ラ・ラ・ランド』で、ジェシー・アイゼンバーグは、それよりも早い2010年に『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞を受賞。

ウッディ・ハレルソンも『スリー・ビルボード』(2017)でアカデミー賞にノミネート。

アビゲイル・ブレスリンも『ファイナル・ガール』(2015)をはじめ主演を担う役者へと成長しました。

スター級の俳優たちが全力で悪ノリをし続ける姿は、映画ファンにはタマラらない満足感を与えてくれます。

特に、エマ・ストーンの女優としての存在感はとても印象的でした。

ルーベン・フライシャー監督がインタビューで、「セリフがないシーンでも、存在感があった」と語っているように、エマ・ストーンが演じることにたの住む姿が魅力があふれていました。

そして、もうひとつの映画ファンの魅力である小ネタの数々も、ターミネーター2、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)、エルビス・プレスリーなど、前作より更にパワーアップしています。

また『ゾンビランド』自体へのパロディやルールも引き続き魅力あるものでした。

そして、何と言っても注目のビル・マーレイだって、他に劣らず、パワーアップして再登場します。

10年を経て『ゾンビランド』は、ハリウッドで成功したスター俳優たちが、今なおファンを楽しませてくれる悪ノリ全開で続けてくれた、豪華なゾンビ・コメディへと変貌をとげていました。

意外にも社会派⁈家族のあり方について言及

また本作は、ただのゾンビ・コメディ映画にも止まっておらず、お笑いとしてのテイストに社会派な一面も盛り込んだ作品にもなっています。

ゾンビだらけの絶望的な世界で、「自分の家」を探し続けるコロンバスの姿は、現代を生きる観客に重なる部分もあり、最終的には「自分の家」とは場所のことではなく、誰と過ごすかのことなんだという、本質的な回答が提示されます。

そして、コロンバスの見つけた家族は、血縁を超えたタラハシー、ウィチタ、リトルロック、ネバダの4人

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』でも、他者との関係構築は遺伝子や血脈にあるものではないという、“ニュー・ファミリーというコミュニティ形成”を新しい家族のあり方が示唆しています。

また、世界の課題に対する、ヒッピー的な姿勢の否定も描かれました。最近だと『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でもヒッピーはモチーフになっていました。

本作品『ゾンビランド:ダブルタップ』でも、ゾンビに勝つことができない姿を通して、ヒッピー的な姿勢の限界が描かれています。

そこでも観客に送るメッセージとして、現代を生き抜く姿への問題提議がなされているのでしょう。

まとめ

本作品『ゾンビランド:ダブルタップ』に再集結したエマ・ストーンをはじめ、ジェシー・アイゼンバーグら俳優たち、2009年に北米で公開された前作『ゾンビランド』から、10年の月日のなかで大きくスターダムにのしあがりました。

そんなキャストたちや、ルーベン・フライシャー監督率いるスタッフ陣も、前作のファンである観客を更に楽しませるために、大幅にパワーアップして再集結してくれました。

前作『ゾンビランド』の魅力を決して失うことなく、悪ノリや小ネタもテンコ盛りのサービス精神で多く飛躍させてくれました。

ゾンビ映画や娯楽映画ファンにはたまらない、ハリウッド俳優としてのトップスターを成し遂げた、豪華キャストたちの全力の悪ノリは注目です!


関連記事

コメディ映画

田中征爾映画『メランコリック』感想と評価。銭湯を舞台に人殺しサスペンスで描くコミカルな人間模様

映画『メランコリック』は2019年8月3日(土)より、アップリンク渋谷ほか順次公開! 田中征爾監督が初めて手掛けた長編映画が、第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門の監督賞を受賞し、大きな注目 …

コメディ映画

映画『決算!忠臣蔵』あらすじネタバレと感想。キャスト堤真一×岡村隆史らで描く『忠臣蔵』の“お金”事情

映画『決算!忠臣蔵』は2019年11月22日(金)より全国ロードショー公開! 時代劇の定番『忠臣蔵』を“お金”という視点で捉え直し、新しい一面を描く新感覚時代劇。 監督を務めたのは中村義洋。多くのヒッ …

コメディ映画

【ネタバレ】新解釈・三國志|映画解説とラスト結末の考察。歴史小説との比較でユニークな英雄像を楽しめる

歴史には諸説あり。本当の『三國志』とはこうだったかもしれない!? 福田雄一監督が、歴史ファンの中でも特に人気を誇る『三國志』に独自の解釈を加え、自ら脚本を書き上げた映画『新解釈・三國志』。 福田組なら …

コメディ映画

映画『天使にラブソングを』ネタバレあらすじと感想レビュー。キャストのウーピーゴールドバーグが相違する価値観の必要性を問う

クラブ・シンガーが巻き起こすヒューマンコメディの秀作『天使にラブ・ソングを…』。 売れない歌手が、ある事件から逃げる為に、かくまわれた修道院で起こす騒動を描いたコメディ映画『天使にラブ・ソングを…』。 …

コメディ映画

ロバート・アルトマンおすすめ映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』あらすじと感想レビュー。80年代の幻のコメディ作品とは

ロバート・アルトマンのおすすめ映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』。 2018年12月15日(土)、16日(日)に東京・杉並にある座・高円寺2にて、After School Cinema …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学