Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

ザ・ロストシティ|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。サンドラブロックら豪華キャストで贈るノンストップ冒険ロマンス!

  • Writer :
  • 松平光冬

豪華キャスト勢ぞろいのノンストップアドベンチャー!

映画『ザ・ロストシティ』が、2022年6月24日(金)より全国ロードショー

サンドラ・ブロック、チャニング・テイタム、ダニエル・ラドクリフ、ブラッド・ピットという豪華キャストで贈るノンストップアドベンチャーを、ネタバレ有りでレビューします。

スポンサーリンク

映画『ザ・ロストシティ』の作品情報


(C)2022 Paramount Pictures. All rights reserved.

【公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
The Lost City

【監督・共同脚本】
アダム・ニー、アーロン・ニー

【製作】
ライザ・チェイシン、サンドラ・ブロック、セス・ゴードン

【製作総指揮】
J・J・フック、デイナ・フォックス、ジュリア・ガン、マーガレット・チャーニン

【脚本】
オーレン・ウジエル、デイナ・フォックス

【編集】
ジョナサン・セラ

【キャスト】
サンドラ・ブロック、チャニング・テイタム、ダニエル・ラドクリフ、ダバイン・ジョイ・ランドルフ、オスカーオスカー・ヌニェス、パティ・ハリソン、ボーウェン・ヤン、ブラッド・ピット

【作品概要】
サンドラ・ブロックが主演と製作を手がけ、チャニング・テイタム、ダニエル・ラドクリフ、ブラッド・ピットといった豪華キャストが集結したアドベンチャー。サンドラ演じる小説家とチャニング演じる軽薄なモデルが巻き込まれる騒動を、コメディタッチで描きます。

原案を、『モンスター上司』(2011)の監督やドキュメンタリー『ZAPPA』(2022)で製作総指揮を務めたセス・ゴードン。

『トム・ソーヤーの盗賊団』(2015)の アーロンとアダムのニー兄弟が、監督を務めました。

映画『ザ・ロストシティ』のあらすじとネタバレ

(C)2022 Paramount Pictures. All rights reserved.

考古学者ラブモアと冒険家ダッシュのロマンスを描く冒険小説シリーズを手がけ、ベストセラー作家となったロレッタ。ですが5年前に執筆に協力してくれていた考古学者の夫を亡くして以降、新作が書けない状態が続いていました。

それでも、担当編集者にして親友のベスからの催促交じりの支えを受け、なんとか新作『ザ・ロストシティ・オブD』を完成。

全米の書店を巡る大々的なブックツアーを開こうと意気上がるベスは、手始めにロレッタと、小説の表紙でダッシュ役を務めるモデルのアランとのトークイベントを開くことに。

外見はイケメンでも軽薄な性格のアランが気に入らないながらも、ロレッタは派手なスパンコールのジャンプスーツ姿で参加。ところが、自分を差し置いて小説の感想を喋りまくるアランにイラついてしまい、その結果イベントを台無しにしてしまいます。

アランとの口論の末、先に会場を出ようとしたロレッタは、大財閥のアビゲイル・フェアファックスの部下に拉致されてしまいます。

財閥の後継者の座を弟に奪われてしまったアビゲイルは、周囲を見返そうと、伝説とされている古代都市“ロストシティ”があったと思われる島の半分を買い取り、そこにあるという王の墓に埋蔵された炎の冠を探していました。

冠の手がかりが記された羊皮紙の解読を頼まれたロレッタは拒否するも、クロロホルムで眠らされ、無理やり島へと連れ去られます。

一方、ロレッタの誘拐を目撃したアランはベスに相談。しかし、犯人から脅迫もなく目撃者もいないため、捜査機関への協力を仰げません。

そこでアランは、遠い知人で元シールズ特殊部隊にしてCIA工作員の男ジャック・トレーナーにロレッタ救出を依頼。

ジャックの助言でGPSでロレッタの居場所を突き止めたアランは、自分も救出の手助けをするとして、ジャックと共に島へと向かいます。

捕らわれている小屋を襲撃し、あっという間に自分を救ってくれたジャックに、自分が生んだキャラクターのダッシュを重ねてときめくロレッタ。ところがすぐさま、アビゲイルの部下にジャックが頭を撃ちぬかれてしまいます。

アビゲイルは、ロレッタと共に逃げたのはダッシュのような危険を顧みない凄腕の男だと勘違いし、部下たちに用心する忠告しました。

(C)2022 Paramount Pictures. All rights reserved.

一方、なんとか逃げのびた2人ですが、アランは水中を進んだ際に体に付着したヒルに怯え、ロレッタに取ってもらうなど、まるでいいとこ無し。

ベスの手配による救助隊が来るまで身を潜めようと考えるアランでしたが、ロレッタはたどり着いた滝の岸壁に、アビゲイルから奪った羊皮紙に記された文字が掘られているを発見。古代都市の存在が事実だと確信します。

一夜明け、密かに羊皮紙を調べていたロレッタの姿を見たアランは、アビゲイルが追いかけてくるのはその羊皮紙を持っているからだと責めます。

またもや口論となる中、思わず自小説を「駄作」と蔑んだロレッタに、自分がダッシュのモデルを務めてきたことが、いかに小説のファンを喜ばせてきたかという体験談を語るアラン。

「小説を書きたくないなら書くな。でも自分の小説を駄作と呼ぶのはファンをバカにしている」と言われ反省したロレッタは、アランへの見方を変えていくのでした。

一方、ロレッタたちを捕まえられないことに苛立つアビゲイルは、武装したバイク隊を投入。事態がどんどん悪化していく状況に、島の伝統を重んじる部下で側近のラフィは制止を促すも、アビゲイルは聞き入れません。

そのバイク隊に追われたロレッタたちですが、彼女の着ていたスパンコールの服を活かし、振り切ります。

ようやく島内で人間が暮らす町に着いた2人は警察に報告。ロレッタはベスにも連絡するもつながらず、事の詳細を留守電メッセージに吹き込みます。

そのベスは、捜査機関が当てにならないとして単独で島に向かっており、口説いてきた貨物飛行機のパイロットを捕まえてロレッタを探していました。

町でアランとつかの間の安らぎを得ていたロレッタは、町の女性が歌っていた島唄の歌詞から炎の冠の在処を突き止めます。

明け方にでも2人で改めて探しに行くことを決断するも、警察とつながっていたアビゲイルが現れ、再度ロレッタはさらわれてしまうのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ザ・ロストシティ』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2022 Paramount Pictures. All rights reserved.

ロレッタを乗せて装甲車で古代都市があった場所へと向かうアビゲイル。そこへ、マフラーが壊れたスクーターに乗ったアランが追いかけます。

救出しようと奮闘するアランでしたが結局捕まってしまい、ロレッタと共にボートで古代都市に通じる洞窟へと連れていかれます。

アビゲイルに銃を突き付けられ先に進めさせられる2人は、ついに王の墓を発見。しかし棺の中には、添い寝するように横たわっていた王と王妃の骨のみ。

炎の冠とは、王と王妃の強い愛を比喩した表現だったのです。

冠=財宝と信じ込んでいたアビゲイルは激怒し、ロレッタとアランに棺の中に入るよう脅し、蓋をしてしまいます。

万事休すと思いきや、ロレッタは棺内のバールを発見。常軌を逸したアビゲイルに嫌気が差した部下のラフィが、密かに忍ばせておいたのです。

そのラフィにボートを奪われ、1人残されてしまったアビゲイルでしたが、ロレッタを探す海上保安局船に乗ったベスに救助を求めます。

バールで蓋をこじ開けた直後、ロレッタはそれまで着けていた結婚指輪を外し、棺に収めます。洞窟が塞がってしまった2人は、海中に潜って脱出に成功したところをベスに救助。

先に助けられていたアビゲイルはロレッタに正体をバラされ逃げようとしますが、船に同乗していた貨物飛行機パイロットに取り押さえられます。

すべては終わり、ロレッタは今回の騒動を元にした新作小説を発表し、ベストセラーに。リゾート地でロレッタとアランは、熱い口づけを交わすのでした。

エンドクレジット中のエピローグ

瞑想教室に参加していたロレッタとアランは、後方から声をかけられます。振り返ると死んだと思われていたジャック・トレーナーの姿がありました――。

スポンサーリンク

映画『ザ・ロストシティ』の感想と評価

(C)2022 Paramount Pictures. All rights reserved.

謎の古代都市や財宝を求めて繰り広げられるロマンス・アドベンチャーは、ポップコーン・ムービーの定番ジャンル。

「ロマンシング・ストーン」シリーズ(1984~85)や「キング・ソロモンの秘宝」シリーズ(1985~86)などはその代表的作品ですが、本作『ザ・ロストシティ』もその系譜です。

小説家ロレッタとモデルのアランが、幻の古代都市探しに巻き込まれながらも距離を縮めていく。それと同時にロレッタは辛い過去と決別し、アランは人間として成長していきます。

サンドラ・ブロック、チャニング・テイタム、ダニエル・ラドクリフ、ブラッド・ピットと、主要キャストがとにかく豪華なのも注目ですが、興味深いのは役どころ。

長期スランプの小説家(ブロック)、中身軽薄のムキムキイケメン(テイタム)、金持ちの悪人(ラドクリフ)、素性不明な謎の男(ピット)と、各キャスト各が過去に演じてきたような役をそのままトレース

ピット扮するジャックの電話での喋り口調は『ファイト・クラブ』(1999)を、クライマックスでブロック扮するロレッタが荘厳な劇伴とともに海中から浮かび上がるシーンは『ゼロ・グラビティ』(2013)をそれぞれ連想できたりと、細かいシーンでもセルフパロディの要素が感じられます。

2022年に入り、ブロックは俳優業の休止を発表しましたが、休業前の主演作として本作を選んだのも、もしかしたら最後は明るく楽しいポップコーン・ムービーで締めたかったという思惑があったのかもしれません。

まとめ

(C)2022 Paramount Pictures. All rights reserved.

本作はロマンス・アドベンチャーの雛形に沿った内容のため、良くも悪くも予想の範疇を超えない出来になっています。

期待しすぎて損したという感想もあるようですが、こうしたジャンルの作品は、堅苦しく考えずにサラリと観るのがベターというもの。本国アメリカで大ヒットしたのも、分かりやすい内容が受けたからでしょう。

製作のパラマウント・ピクチャーズは続編に意欲を示しているとの報もありましたが、ブロックの休業も踏まえつつ、新たなロマンス・アドベンチャーシリーズの誕生となるのか?今後に注目です。

映画『ザ・ロストシティ』は、2022年6月24日(金)より全国ロードショー



関連記事

コメディ映画

映画『アンクル・ドリュー』あらすじと感想。キャストのバスケNBA選手たちの紹介も

映画『アンクル・ドリュー』は、11月9日(金) 全国ロードショー! バスケットNBAの人気プレイヤー、カイリー・アービングが、老人に扮してストリートで勝負をする――という、アメリカで人気を博したペプシ …

コメディ映画

松尾スズキ映画『108 海馬五郎の復讐と冒険』あらすじネタバレと感想。演劇と映画の面白さから突き抜けた艶笑譚

劇団「大人計画」の主宰・松尾スズキが映画監督4作目。 2018年に創立30周年を迎えた劇団「大人計画」。主宰の松尾スズキが監督・脚本にして、満を持して放つ主演も務めます。 妻に裏切られた脚本家の復讐劇 …

コメディ映画

いつだってやめられる10人の怒れる教授たち|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2009年のイタリアは、ギリシャに始まった欧州危機が拡大し、大学の多くの研究者たちの収入が削減され、職を追われるものも後が立たない状態でした。 彼らの中には、海外に稼ぎを求めるものも多く、“国の頭脳流 …

コメディ映画

映画『決算!忠臣蔵』あらすじネタバレと感想。キャスト堤真一×岡村隆史らで描く『忠臣蔵』の“お金”事情

映画『決算!忠臣蔵』は2019年11月22日(金)より全国ロードショー公開! 時代劇の定番『忠臣蔵』を“お金”という視点で捉え直し、新しい一面を描く新感覚時代劇。 監督を務めたのは中村義洋。多くのヒッ …

コメディ映画

映画『まぼろしの市街戦』感想と解説。4K版のラストエンディングで日本公開版より狂気の果ては明快に

フランスの巨匠フィリップ・ド・ブロカ監督の代表作『まぼろしの市街戦』が、4Kデジタル修復版で、10月27日(土)より、新宿K’s cinemaほかにて公開されることが決まりました。 狂気にまみれた愚か …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学