Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2018/05/25
Update

映画『ピーターラビット』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【名作絵本をハリウッドで初の実写化】

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

イギリスの名作絵本「ピーターラビット」を初めて実写映画化

ビアトリクス・ポターによるイギリス絵本「ピーターラビット」をハリウッドで実写映画化。

ビア役は『ANNIE アニー』のローズ・バーン、またマグレガー役は「スター・ウォーズ」シリーズのドーナル・グリーソンが務めます。

CGで描かれたピーターの声を『ワン チャンス』のジェームズ・コーデンが担当し、そのほかデイジー・リドリー、マーゴット・ロビーら人気俳優が声の出演で参加しています。

演出は『ANNIE アニー』『ステイ・フレンズ』のウィル・グラッグ監督が担当しています。

原作とは雰囲気が違うワイルドなピーターラビットの活躍を描いた、2018年5月18日より公開された映画『ピーターラビット』を、ご紹介致します。

スポンサーリンク

映画『ピーターラビット』の作品情報

【公開】
2018年(オーストラリア・アメリカ・イギリス合作映画)

【原題】
Peter Rabbit

【監督】
ウィル・グラック

【キャスト】
ローズ・バーン、ドーナル・グリーソン、サム・ニール、デイジー・リドリー、エリザベス・デビッキ、マーゴット・ロビー、ジェームズ・コーデン

【作品概要】
イギリスの作家、ビアトリクス・ポター原案の、世界中で愛されている『ピーターラビット』をハリウッドで初の実写映画化。

いたずら好きのピーターラビットと、動物嫌いの神経質な青年、マクレガーとの恋の争いを描くハートフルなコメディ。

監督は『ANNIE アニー』のウィル・グラック。

『ピーターラビット』のあらすじとネタバレ

ウサギのピーターは、両親を失いながらも、三つ子の妹フロプシー、モプシー、カトンテールと従兄弟のベンジャミン、心優しい絵描きのビアと楽しく暮らしていました。

ピーターは、父親をパイにして食べてしまった農夫のマクレガーの畑に侵入し、野菜を盗みマクレガーをからかっていました。

ある日ピーターは、マクレガーの畑に置いてきてしまったジャケットを取り戻す為に、畑に侵入しますが、マクレガーに捕まってしまいます。

ですが、マクレガーは心臓発作で亡くなります。

天敵のマクレガーが亡くなった事をピーターは喜び、森の動物達を集めて、マクレガーの屋敷で盛大にパーティーを開催します。

一方、ロンドンのデパート「ハロッズ」の玩具コーナーで働いているマクレガーの甥、トーマスは、副支配人への昇進を期待しながら日々の業務に携わっていました。

ある日、大叔父のマクレガーが亡くなった事を聞かされますが、会った事も無い為、トーマスは一切興味を示しません。

ですが、副支配人が別の人間に決まり、昇進のチャンスが無くなった事に激高し、デパート内で暴れ始めた為、強制的に長期休暇を命じられます。

ショックから放心状態で過ごしているトーマスですが、大叔父のマクレガーが土地と豪邸を残している事を知り、売却して玩具屋を開く事を計画します。

トーマスは、マクレガーの残した豪邸の状態を見に行きますが、そこで動物達に遭遇、潔癖症であるトーマスは、動物達を追い出し、侵入できないように柵を作ります。

柵を作っているトーマスに、隣人のビアが挨拶に来ます。

動物好きのビアに、動物と共存する事を勧められ、トーマスはバードウォッチ用の双眼鏡をプレゼントされます。

それでもトーマスは柵を完成させます。

トーマスの行動に怒ったピーターは、畑に侵入しますが、トーマスに見つかりベンジャミンが捕まります。

トーマスは、ベンジャミンを袋に詰めて川に流そうとしますが、ピーターの機転でビアから送られた双眼鏡とすり替えられていました。

ビアからの贈り物を、誤って川に捨ててしまったトーマスは、ずぶ濡れになりながらも取り返し、ピーター達への怒りを膨らませます。

ウサギを完全に駆除する為の道具を購入する為に街へ出たトーマスは、偶然ビアと出会い親しそうに話をします。

お互いの仲を深めていくトーマスとビアに、ピーターは嫉妬するようになりました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ピーターラビット』ネタバレ・結末の記載がございます。『ピーターラビット』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

トーマスが畑に電流を流した銅線を仕掛け、ピーター達がその電流を逆にトーマスの家に仕掛けるなど、争いはエスカレートし、遂にビアのアトリエでトーマスとピーターは格闘を開始します。

トーマスとピーターの争いの中で、ビアの絵を汚してしまい、ピーターがやったと勘違いしたビアは激怒し、ピーターをアトリエから追い出します。

ビアに嫌われた心の傷から、トーマスへの憎しみが更に増したピーターは、トーマスを追い出す事を決意します。

ピーターはトーマスの家に侵入し、トーマスをからかい続け、トーマスはピーターの巣に爆薬を仕掛けます。

そして、畑で果物を投げつけてくるピーター達と、爆弾を使って駆除しようとするトーマスの戦争に発展します。

騒ぎを聞きつけて、様子を見に来たビアに、トーマスは「何でもない」とごまかしますが、トーマスのポケットから落ちた起爆装置を、ピーターが面白がって押してしまいます。

ピーターの巣に仕掛けられた爆弾が爆発し、大木が倒れ、ビアのアトリエが破壊されます。

ビアはトーマスが爆弾を起動させたと勘違いし、トーマスを責め、アトリエと絵を失ったショックで、その場を立ち去ります。

ビアに嫌われ傷ついたトーマスは、ロンドンに戻り「ハロッズ」に復職、ビアも村を離れる事を決意します。

自分の軽率な行動が、全てを失う結果になった事を反省したピーターは、トーマスを連れ戻す為に、ベンジャミンと共にロンドンに向かいます。

都会ねずみの案内で「ハロッズ」を訪れたピーター達は、逆上したトーマスに追いかけられます。

ですが、ビアを想うピーターとトーマスは心が通じ合い、ビアを説得する為に、トーマスは村へ戻ります。

一方、村を去ろうとするビアは、動物たちの妨害に遭い、なかなか出発できません。

そこへ駆けつけたトーマスから、全てを謝罪され、爆弾を起動させたのもピーターだという事が分かります。

ビアはピーターとトーマスの謝罪を受け入れますが、そこへトーマスが売りに出した、マクレガーの豪邸を購入した夫婦が現れます。

販売の取り消しを望むトーマスですが、夫婦は聞き入れません。

豪邸の中に入った夫婦を動物達は追い出します。

その後、トーマスは村で玩具屋を開き、ビアはピーター達をモデルにしたイラストを執筆するようになり、動物達と楽しく暮らすようになりました。

スポンサーリンク

映画『ピーターラビット』の感想と評価

シリーズ全体で1億5000万部以上が発行されている『ピーターラビット』を初の実写映画化

ほのぼのとしたイメージの強い原作とは違い、映画版のピーターは、やんちゃな性格になっており、トーマスに仕掛けるいたずらは、命を狙っているレベルになっています。

キャラクターの変更に関して、監督のウィル・グラックは「元々の原作は出来事がすごく少なく、全ての話を集めても映画のストーリーには足りなかった」と、それぞれの原作からイメージを膨らませてストーリーを考えた事を語っています。

大胆なアレンジがファンの間で賛否両論起きていますが、ウィル・グラックは、映画化に対して慎重だった『ピーターラビット』の原作を継承している団体を、長い時間を懸けて説得したという話があり、作品への思い入れの強さを感じます。

また、ピーター以外の動物達も、毎回ピーターに巻き込まれ酷い目に合うベンジャミン、長女という事を前面に出してくるモプシー、可愛らしくてしっかり者のフロプシー、ぶっとんだ性格のカトンテールなど、個性の強いキャラクターが揃っています。

序盤は個性の強い動物達に心を掴まれ、後半は自らの軽率な行動で何もかもを失ったピーターの精神的な成長を描いた、最高級のエンターテインメント作品になっています。

映画『ピーターラビット』のまとめ

本作は世界中で大ヒットしており、既に続編の製作も決定しています。

ヒットの秘密は、動物の映画と見せかけて、イギリス流のブラックな笑いや、ビアとマグレガーのラブロマンスなど、大人も楽しめる要素が入っている事だと思います。

デートムービーとしても最適の作品となっている『ピーターラビット』は、2018年5月18日から公開中です。

関連記事

コメディ映画

『テルアビブ・オン・ファイア』あらすじと感想。映画監督とキャストがコメディに込めたイスラエルの状況

2018年10月に開催された第31回東京国際映画祭コンペティション部門に出品されたイスラエル映画『テルアビブ・オン・ファイア』。 10月29日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ上映後にサメ …

コメディ映画

映画『ぐらんぶる』あらすじと感想評価レビュー。竜星涼×犬飼貴丈が演技力で魅せる青春グラフィティ

映画『ぐらんぶる』は、2020年8月7日(金)全国ロードショー! 映画『ぐらんぶる』は、井上堅二原作、吉岡公威作画の青春コメディ漫画『ぐらんぶる』を実写映画化したものです。 原作は、スキューバダイビン …

コメディ映画

映画『ハッパGoGo大統領極秘指令』あらすじネタバレと感想。虚実入り混じりのドラッグ・ムービー

アメリカに渡ったウルグアイ人親子に与えられた極秘ミッション。 それは、「マリファナの供給ルートの確保」だった―― ウルグアイ発のコメディ『ハッパGoGo 大統領極秘指令』が、2019年7月13日(土) …

コメディ映画

『だれもが愛しいチャンピオン』映画感想と内容解説。障がいと困難に立ち向かう必要性を軽快なテンポでユーモラスに描く

映画『だれもが愛しいチャンピオン』は2019年12月27日(金)より全国公開 プライドの高いバスケットコーチと、知的障がい者のバスケットボールチームのメンバーとの絆を描いたヒューマンドラマ、映画『だれ …

コメディ映画

映画『モンキーキング』あらすじと感想レビュー!キャストも

スイス・ドイツで数々の映画賞を獲得し、高い評価を得ているオリバー・リース監督が放つ問題作『モンキーキング』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『モンキーキング』の …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学