Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2021/07/04
Update

映画『ピーターラビット2』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。吹き替え版も楽しめる絵本から飛び出したウサギの物語

  • Writer :
  • もりのちこ

ピーターは悪党うさぎ!? 誰も僕を認めてくれない。

世界中で愛され続けるビアトリクス・ポターの名作絵本『ピーターラビット』が、2018年にハリウッドで実写映画化されてから3年、待望の続編が公開となりました。

ピーターの大好きなビアが、宿敵のマグレガーと結婚。マグレガーは、ピーターにだけ「いい子にしろよ」と注意ばかりしてきます。誰も本当の自分をわかってくれない。

そんな時、ピーターは都会で亡き父の親友だったというバーナバスと出会います。バーナバスを慕うようになったピーターは、次第に悪事を重ねていくことに。

ピーターは、本当に悪党うさぎになってしまうのか。いたずら好きで怖いもの知らずのピーターが、都会で大暴れ! 映画『ピーターラビット2 バーナバスの誘惑』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ピーターラビット2 バーナバスの誘惑』の作品情報

(C)2021-ソニーピクチャーズ

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原作】
ビアトリクス・ポター

【監督】
ウィル・グラック

【キャスト】
ローズ・バーン、ドーナル・グリーソン、デビッド・オイェロウォ、マーゴット・ロビー、エリザベス・デビッキ

【作品概要】
1902年に出版され、今もなお世界中で愛され続けるビアトリクス・ポターの絵本『ピーターラビット』の実写映画化第2弾。

前作に引き続き、主人公ピーターの声を務めるのは『はじまりのうた』のジェームズ・コーデン。日本語吹替版では、こちらも前作同様、千葉雄大が務めます。

ビア役には『ANNIEアニー』のローズ・バーン。マグレガー役には『アバウト・タイム 愛おしい時間について』のドーナル・グリーソンが、前作に引き続き登場。

声優陣、俳優陣に加え、監督も前作同様ウィル・グラック監督。最先端のCGを駆使し、ピーターラビットを原作の水彩画の世界から飛び出させました。

映画『ピーターラビット2 バーナバスの誘惑』のあらすじとネタバレ

(C)2021-ソニーピクチャーズ

ここはピーターたちが暮らす自然豊かな湖水地方。今日はピーターの大好きなビアと宿敵マグレガーの結婚式が行われています。

3年前に隣に引っ越してきた動物嫌いのマグレガーは、ピーターのお父さんをパイにして食べた因縁の一族のひとり。さらには、ビアをめぐって奮奪戦も勃発していました。

ピーターは、マグレガーの顔面に飛び蹴りを食らわせたい気持ちをどうにか抑え、幸せそうなビアのため2人を祝福しました。

ある日、ビアとマグレガーのもとに大手出版社から連絡が入ります。ビアがうさぎたちをモデルに書いた絵本『ピーターラビット』を売り出したいというお誘いでした。

喜ぶビアとマグレガーはさっそく、出版社の社長ナイジェルを訪ねようと町へと向かいます。うさぎたちも一緒です。

ナイジェルは、絵本をヒットさせるには少し方向性を変え、うさぎたちのキャラをもっと過激にしようと提案します。ビアは、うさぎたちの素朴な暮らしを描きたいだけと悩みます。

しかし、ナイジェルの説得力ある話し方や、町に設置された絵本の大きな看板を見せられ、だんだんとその気になっていきます。

看板の絵のピーターは、いかにも悪そうなトラブルメーカーラビットとして描かれていました。「僕ってそんなに悪い子なの?」。

ピーターは、ここ最近マグレガーに叱られてばかりでした。確かにピーターは好奇心旺盛でいたずら好きな男の子です。でも、ちゃんと約束は守ります。

それなのにマグレガーは、ピーターは悪い子と決めつけ、何もしてないのに「ピーターはおとなしくしていなさい」「やっぱりピーターの仕業だな」とすっかり父親気取りです。

ピーターはひとり、いじけて町の中をぶらついていました。そこで、盗みをはたらくギャングうさぎ・バーナバスと出会います。

騒ぎに巻き込まれ、一緒に人間から逃げることになったピーターとバーナバス。「人間をからかうのって楽しいな!」。ピーターの気分もすっきり晴れたようです。

すっかり意気投合したピーターとバーナバスでしたが、なんとバーナバスはピーターのお父さんの友達だったことが分かります。

ピーターは、バーナバスに父親の面影をかさね、慕うようになっていきます。湖水地方に戻ってからもこっそりと町へと通い、バーナバスから盗みの極意を教わっていくのでした。

以下、『ピーターラビット2 バーナバスの誘惑』ネタバレ・結末の記載がございます。『ピーターラビット2 バーナバスの誘惑』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2021-ソニーピクチャーズ

ピーターの様子がおかしいことに、いとこのベンジャミン、三姉妹のフロプシー、モプシー、カトンテールも心配しています。

「バーナバスは僕を認めてくれるんだ」。ピーターは、ベンジャミンたちの心配をよそに、湖水地方に暮らす動物たちを集め、バーナバスの所へと連れて行きます。

仲間を集めたのには理由がありました。バーナバス悪党一味は、町で開催されるファーマーズマーケットで、大きな盗みをはたらこうと企んでいました。狙うは、栄養満点で長持ちするドライフルーツです。

ピーターは、バーナバスから「お前の父親は、一生食うに困らない生活を望んでいた」と教えられます。「この計画は、お前の父の思いを実現させるものだ」とも。

一方、ビアは、出版社の社長ナイジェルの言葉通りに、ピーターたちうさぎのコスチュームを今風にアレンジしてみたり、果てには宇宙飛行するうさぎの挿絵まで描かされていました。

「これも、うさぎたち家族を養うため。売れるためよ」と張り切るビア。マグレガーは、ビアらしくない作風を心配し「行き過ぎだよ」とたしなめますが、大げんかになってしまいます。

マグレガーは、ファーマーズマーケットに自慢のトマトを出店できると張り切っていました。町にきて、出版の打ち合わせに忙しいビアとは別れ、トマトを売りに出掛けます。

ファーマーズマーケットの片隅では、バーナバスとピーター、うさぎたちと森の仲間たちが待機をしています。「さぁ、みんな決行の時だ!」。

作戦は順調に進みます。ハリネズミのティギーおばさん、あひるのジマイマ、キツネどん、豚のピグリン・ブランドも大活躍です。

ドライフルーツの瓶がたくさん並んだ台に紐を結び、あとは車で台ごと引っ張って逃げるだけです。

瓶のひとつが、トマトを出店していたマグレガーのところに転がり、盛大にぶつかりました。「こらーっ!」。ピーターと目が合います。「ピーター! 何をしてるんだ!」。

ピーターは、バーナバスと車で逃げていきました。しかし、他の仲間たちは置き去りです。「バーナバス、みんなは?」。次々に捕えられていく動物たち。

バーナバス悪党一味は、はじめからピーターたちをだまし、ドライフルーツを独り占めしようとしていたのです。「ピーター、お前は素質がある。仲間にならないか」。

バーナバスの誘いに、自分が間違っていたと気付いたピーター。車から飛び出し、仲間の元へ走ります。しかし、時すでに遅し。

檻に入れられた仲間たちはそれぞれ別々に連れていかれました。途方に暮れるピーターにマグレガーがやってきます。

はじめて人間に言葉を話すピーター。「僕は失敗ばかりだけど、チャンスをくれないか」。マグレガーは驚くも、ピーターのことを誤解していたと反省。2人は仲直りできました。

ビアは、出版社で続編の打ち合わせをしていました。もっと過激にもっと面白くと、好き勝手注文をつけるメンバーに嫌気がさしていたところです。「違う、これは私の世界じゃない」。

マグレガーとピーターが、ビアの元へ助けを求めにやってきます。事情を聞いたビアは、会議を飛び出し、動物たちの救出に加わります。

その救出劇は、ビアが絵本の続編で描かされたスパイアクションさながら、空を飛び、ボートに飛び乗り、カーレースを繰り広げます。

どうにか全員を救出し終わったピーターたちは、バーナバスからドライフルーツを奪い返し、元のお店に戻します。バーナバス悪党一味は、動物保護団体の檻の中です。

「ごめんよ」。謝るピーターに、耳栓してて「聞こえなーい」とふざけるベンジャミン。「これからは、何かする前に僕たち家族に相談するんだよ」。ピーターも返します。「聞こえなーい!」。湖水地方の我が家へと帰りましょう。

しばらくして、ビアとマグレガーに赤ちゃんが産まれました。「ピーター、妹だよ」。新しい家族の誕生にデレデレのピーターでした。

スポンサーリンク

映画『ピーターラビット2 バーナバスの誘惑』の感想と評価

(C)2021-ソニーピクチャーズ

出版から100年以上たった今でも世界中で愛されている『ピーターラビット』。2018年に実写映画化され、今回第2弾が公開となりました。

映画版ピーターラビットは、原作のほんわり温かい水彩画の雰囲気とはまた一味違う、かなりやんちゃなピーターが、スクリーンを所狭しと暴れまくります。

原作のおはなしでも、ピーターのお父さんは事故でマグレガーおばさんにパイにされてしまったという、なかなかシビアな展開もありますが、映画ではバイオレンスやブラックユーモアも盛り込まれ、大人も楽しめる世界に変身しています。

「あのかわいいキャラクターのピーターが⁉」と驚いてしまう子供もいるのではないでしょうか。

しかし、大人向けといっても物語に込められたメッセージは、やはり絵本の世界と同じです家族や友達の大切さ。悪い事はしちゃダメ。ピーターの経験を通して多くのことを学ぶことができます。

好奇心旺盛でやんちゃなピーターは、悪い事とは知らず度を越してやったり、時には失敗もします。今作では、「誰も自分のことを分かってくれない」とグレてしまいます

マグレガーがピーターのことを頭から悪い子と決めつけ注意ばかりし、何もしてないのに誤解され、トラブルメーカーとイメージを付けられたり。

実生活でもピーターのような思いをしている子供たちが多いのではないでしょうか。だからこそ、バーナバスのようにピーターの良い所を認め、対等に扱ってくれる大人に憧れを抱くピーターの気持ちが良く分かります。

最後にピーターは、実は家族や仲間は自分のことを分かってくれていたと気付きます。ピーターは自分の殻に閉じこもり、どうせ分かってくれないと決めつけていました。自分から心を開けば、誤解もほどけ、苦手な人とも分かり合えることが出来ました。

失敗を乗り越え成長するピーターの姿は、私たちに勇気と希望を与え、本当に大切なものを気付かせてくれます

また、映画『ピーターラビット』の世界では、ピーターたち動物とビアやマグレガーの人間との関係性も素敵です。

ビアはピーターの飼い主でもありますが、常にピーターたちうさぎのことを家族と呼びます。さながら、ピーターのお母さん的存在です。

マグレガーは、にっくき宿敵からビアの夫へと昇格したものの、ピーターとは馬が合いません。それでも、ピーターのことをペットとして扱うことはありません。父親だと認めさせようと頑張ります。

動物も人間も関係なく家族のように大事に思い合う関係性に、温かい気持ちでエンディングを迎えられることでしょう。そして、ピーターたち動物のもふもふとした愛くるしい姿と表情、仕草に癒されて下さい

ちなみに、日本語吹替版では前作同様、千葉雄大がピーターラビットの声を務めています。好奇心旺盛でやんちゃなピーターの性格に、千葉雄大の声がドハマりです。

吹替版での注目は、なんといってもバーナバスを担当した哀川翔。誰もが「兄貴」と言ってしまうほどの個性を醸し出しています。ぜひ、日本語吹替版もお楽しみ下さい。

まとめ

(C)2021-ソニーピクチャーズ

ビアトリクス・ポターの名作絵本『ピーターラビット』の実写映画化第2弾『ピーターラビット2 バーナバスの誘惑』をご紹介しました。

2022年は『ピーターラビットのおはなし』出版から120周年を迎える記念の年。日本では「ピーターラビット イングリッシュガーデン」が富士本栖湖に誕生する予定だそうです。

これからも「世界一愛されるうさぎ」ピーターラビットの人気は、衰えることはないでしょう。映画のさらなる続編にも期待です。

原作とはまた一味違う映画版『ピーターラビット』の世界を、あなたもぜひご体験ください。

関連記事

コメディ映画

映画『ボン・ボヤージュ』ネタバレ感想と評価レビュー。“家族旅行は大暴走”で絆の再生と成長を描く

ハートフルでエキサイティングな密室コメディ。 夏休みのバカンスに出かけた家族が、停車不能の暴走車両に乗り込んだ事から起きる騒動を描いたコメディ映画『ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走』。 主人公の家族 …

コメディ映画

映画『今さら言えない小さな秘密』あらすじネタバレと感想。原作絵本の世界観を美しくも優しく描く

南仏プロヴァンスを舞台に、原作絵本の世界を美しくも優しく映画化! フランスを代表する作家・イラストレーター・漫画家であり、雑誌「ニューヨーカー」「パリ・マッチ」で執筆している多才なアーティスト、ジャン …

コメディ映画

映画『テルアビブ・オン・ファイア』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。恋愛の三角関係と脚本家への道⁈

2018年ベネチア国際映画祭InterFilm部門作品賞受賞したコメディドラマ。 サメフ・ゾアビが脚本・監督を務めた、2018年製作のルクセンブルク・フランス・イスラエル・ベルギー合作のコメディドラマ …

コメディ映画

映画『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』あらすじと感想レビュー。フィンランド映画界が巨額を投じたコメディムービー

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』は2019年12月27日(金)より、シネマート新宿、心斎橋ほか全国ロードショー! ヘヴィメタルのカテゴリーにまで成長した、北欧メタルの世界。フィンラ …

コメディ映画

映画『帰ってきたムッソリーニ』感想と評価レビュー。ヒトラーに続き現代に統師(ドゥーチェ)が帰ってきた!

『帰ってきたムッソリーニ』は2019年9月20日(金)より、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー! 2012年にドイツで風刺小説として発表されるや話題沸騰、2015年映画化 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学