Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2017/10/09
Update

『セントラル・インテリジェンス』あらすじとキャスト。感想レビュー

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

“ロック様”こと人気アクション俳優のドウェイン・ジョンソンと、コメディ俳優ケヴィン・ハートがバディを組んだ『セントラル・インテリジェンス』。

元イジメられっ子のCIA捜査官ボブ・ストーンが頼ったのは、かつては優等生であったが今は冴えない会計士カルヴィン。

2人が行きがかりでバディを組み?ある陰謀に巻き込まれていく姿を描いたアクションコメディ、“世界を救うのは、コイツらでいいのか!?”。

スポンサーリンク

1.映画『セントラル・インテリジェンス』の作品情報


© 2016 Universal Pictures, Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

【公開】
2017年(アメリカ映画)

【原題】
Central Intelligence

【監督】
ローソン・マーシャル・サーバー

【キャスト】
ドウェイン・ジョンソン、ケヴィン・ハート、エイミー・ライアン、アーロン・ポール、ジェイソン・ベイトマン

【作品概要】
人気アクションスターの“ロック様”こと、ドウェイン・ジョンソンがコメディ俳優ケヴィン・ハートとバディを組んだアクションコメディ。

高校生の頃にイジメられっ子だったCIA捜査官と、逆にかつては将来を有望視されたが今ではパッとしない会計士が巨大な陰謀に巻き込まれていく作品。

ヒット作『なんちゃって家族』の演出を務めたローソン・マーシャル・サーバー監督。

2.ドウェイン・ジョンソンのプロフィール

元イジメられっ子のCIA捜査官ボブ・ストーン役


© 2016 Universal Pictures, Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

ドウェイン・ジョンソンは、1972年5月2日にアメリカのカリフォルニア州ヘイワード生まれで、ハワイ育ちです。

高校時代に全米代表フットボール選手として才能を開花させ、マイアミ大学では花形選手となってチームの全米優勝に貢献しました。

大学卒業後は祖父の‘ハイ・チーフ’ことピーター・メイビア、WWE殿堂入りした父親のロッキー・ジョンソンと同じ道を選び、プロレス団体WWEに進むことを選びます。

ドウェインの作り出したキャラクター「ザ・ロック」(日本では“ロック様”と言われています)は、業界屈指のカリスマ性とドラマ性を誇るアイコンとなり、絶大な人気を誇るようになります。

ドウェインがWWEに所属する1996年から2003年までの7年間、情熱溢れるファイトスタイルによって、全米観客動員数の記録が更新されました。

その間にも2001年に、『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』で映画デビューを果たします。

その際に映画試写を観たユニバーサル・スタジオ経営陣はドウェインのキャラクター性に惚れ込み、さっそくスピンオフ作品『スコーピオン・キング』(2002)を企画します。

『スコーピオン・キング』予告編(2002)

その後も出演作が続き、2011年に『ワイルド・スピード MEGA MAX』の出演で人気を決定づけます。

また2012年に『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』(12)が記録的なヒットをしたことで、一躍トップスターの仲間入りをします。

さらにドウェインは、熱心な慈善事業家の一面も持ち、身体の鍛錬を通して子どもたちを教育や奨励する、“ザ・ロック基金”を設立しています。

そのほかにも、“難病と闘う子どもが持つ夢の実現の手伝いをする”ことを目的にするメイク・ア・ウィッシュ財団の公式アンバサダーでもあります。

このような実績で2008年に、目覚ましい指導力と青少年への機会を提供する市民に与えられるホライズン賞が授与

心技体のスピリッツを体現するドウェインは、常に人気者でスケジュールはいっぱい、また最近では、次期大統領選出馬を示唆するなど大きな話題を呼んでいます。

スポンサーリンク

3.ケヴィン・ハートのプロフィール

元優等生だが今は冴えない会計士カルヴィン・ジョイナー役(画面:右)


© 2016 Universal Pictures, Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

ケヴィン・ハートは、1979年7月6日にアメリカのペンシルバニア州フィラデルフィア生まれです。

フィラデルフィアにあるコメディクラブの舞台に立ちパフォーマンスを披露して、靴販売員を辞めて、アメリカ各地の劇場にフルタイムで出演をはじめます。

その甲斐もあってモントリオールで行われた“Just For Laughs” Comedy Festivalへの出演を機に長編映画へ進出します。

“What Now”と銘打ったコメディ・ツアーにも乗り出し、アメリカ国内ではマディソン・スクウェア・ガーデンやバークレイズ・センターなど、8州の都市でチケットが即完するほどの人気となります。

また、NFLスタジアムでパフォーマンスした初のコメディアンでもあります。

続くコメディ・ツアー“Let Me Explain”はアメリカ、ヨーロッパ、アフリカなどの合計90都市で公演されるほどです。

さらにはテレビでもお笑いの才能を発揮し、第3シーズンまで放送された『Real Husbands of Hollywood』では製作総指揮も務めました。

ほかにもBETのスタンドアップ・コメディの人気番組『Comic View: One Mic Stand』のホスト、製作総指揮と脚本も担当したABCの『The Big House』など多数のテレビ番組に出演しています。

そのほかにもケヴィンは、2015年にH&Mのキャンペーンムービーにサッカー界のスーパースター、デヴィッド・ベッカムと共演を果たします。

『デヴィッドの人生を描いた映画』に主演するケヴィンが役作りのためベッカムの家に行き、1週間ベッカム家に泊まるというストーリーです。

この時の動画でベッカムとケヴィンのバディコメディ感がSNSを中心に世界的な反響を呼びました。

参考映像:【H&M】「The Road Trip featuring David Beckham and Kevin Hart」

スポンサーリンク

4.ローソン・マーシャル・サーバー監督のプロフィール

長編デビュー作品『ドッジボール』(2004)

ローソン・マーシャル・サーバーは、1975年2月9日にアメリカのカリフォルニア州サンフランシスコ生まれです。

ニューヨークにあるユニオン・ カレッジに進学し、英文学と演劇で文学士号を取得した後に、サウスキャロライナ大学でプロデュース業を専攻して美術学修士号を取得し卒業をしました。

彼が脚本監督を務めたスーパーボールのCMが、広告業界の最高の栄誉のカンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバルのゴールドライオン賞を受賞。

その後、2004年にベン・スティラーとヴィンス・ヴォーン出演の『ドッジボール』で長編監督デビューを果たします。

『The Mysteries of Pittsburgh』

2008年に公開した2作目『The Mysteries of Pittsburgh』は、サンダンス映画祭でグランプリを受賞

2013年に3作目『なんちゃって家族』は、世界興収で2.7億ドルを超えた大ヒット作となりました。

大ヒット作『なんちゃって家族』(2013)

5.映画『セントラル・インテリジェンス』のあらすじ


© 2016 Universal Pictures, Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC
高校時代に教師や同級生から将来を有望視された優等生のスーパースターが、気づけば今は冴えない中年会計士であるカルヴィン。

勤務する会社内での立ち位置は後輩に昇進を抜かれる中途半端、また部下からのリスペクトも全くありませんでした。

そんな彼に高校の同窓会が間近に迫まりますが、仕事はどん詰まりで、結婚生活もただ維持しているのみ平凡なカルヴィンは、高校時代の頃との自身のギャップに顔など出せないと悩んでいました。

そんな折、かつて肥満でイジメられっ子だった同級生のボブから、20年ぶりに会いたいとの連絡が入ります。

しぶしぶ彼と会うことを決め待ち合わせの場所に行くと、カルヴィンの前に現れたのは、マッチョな肉体へと変貌を遂げていたボブでした。

ボブは1日6時間、20年間365日鍛え続けていたら今のマッチョな姿になったと、不気味な笑顔で軽快に語る彼のペースにカルヴィンはどんどん乗せられてしまいます。

ボブが妙に馴れ馴れしいのには訳がありました。2人は友達同士だったことは一度もありませんが、ボブはカルヴィンのことをよく覚えている出来事があったのです。

高校の頃に肥満で優しい性格だったボブは、選手壮行会のセンターコートに裸で放り出されるという酷いイジメを受けていました。

その時にカルヴィンは自ら着ていたレタージャケットを優しく差し出してくれていたのです。

その瞬間からボブにとってはカルヴィンは憧れの存在になっていたのです。

2人は再会して打ち解け始めた矢先に、ボブは何気ないお願いを会計士のカルヴィンに頼みます。

ある経理データを分析してくれないというのです。

その翌日になると、武装したCIA捜査官を名乗る人物たちがカルヴィンの自宅にやって来ました。

それだけでなく会社のオフィスにも訪れ、彼らに占拠されてしまいます。

ボブはここから一緒に逃げようと誘いをかけると同級生で友人の自分の計画に乗るか、降りるか判断を唐突に迫られますが、あれよあれよというまに、CIA捜査官から追われて銃撃されと散々な目に遭ってしまいます。

実はボブはCIAエージェントであったことがわかると、カルヴィンは妻のいる家に帰してくれと懇願をします。

しかし、ボブは組織の秘密を奪ったあげく、相棒殺しの濡れ衣を着せられてしまい、追われる身となっているので、高校生時代からの自分のヒーローであるカルヴィンに助けてほしいと言うのです。

何度もきっぱり断わるカルヴィンですが成す術なく、なぜかCIAの追っ手から一緒に逃げるはめになって行きます。

そこから闇取引や世界安全保障を脅す米国スパイ衛星の暗号盗難を巡る陰謀という、危険極まりない事件にカルヴィンは引きずり込まれて行きます。

果たして冴えない会計士カルヴィンはどうなってしまうのか。そして、本当にボブはCIAエージェントなのか…。

6.映画『セントラル・インテリジェンス』の感想と評価


© 2016 Universal Pictures, Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

この作品は誰もがノリノリの音楽とともに痛快に笑って観られる作品です。しかし、秀でた部分はアクションコメディという要素のみではありません。

いきなりバディを組むことになるボブとカルヴィンが、高校の同級生であることが重要なモチーフになっています。

その見どころについて今回は解説をしていきましょう。

2人にはそれぞれ心に刺さる“ツライ過去”や“良き思い出”があり、反面的な事柄ですが過去の記憶に縛られた自身に悩みを抱えています

この要素がスパイスのように効いていることもあって、ジーンと涙を誘う一流のエンターテイメント性を発揮しているのです。

ケヴィン・ハート演じる会計士カルヴィンは、かつては誰もが注目する優等生でスーパースターの“ゴールデン・ジェット”であったが、今ではパッとしない中年男です。

カルヴィンは“良き思い出”の記憶に縛られ、やり直すこともできず、自分は落ち目でどうしようもないと自信をなくしています

このことについて、カルヴィン役を演じたケヴィン・ハートは、インタビューで次のように述べています。

「かなり厄介な殺人マシーンのような男が、ごく普通のサラリーマンと組んで犯人を挙げようとする。カルヴィンはかつて見たこともやったこともないことに挑戦する。それも、考えている暇なんてない、早く反応しなきゃならない。まるで陸に上がった魚だね。(中略)ボブがどんな人間になったのかを目の当たりにして、カルヴィンは背中を押されたように感じる。ボブは色々やり遂げた男だが、それが返ってカルヴィンに自分が成しえなかったことを思い出させる。けれど、ボブと一杯ひっかけた夜、カルヴィンの人生は変わり始める。地獄を見るなんて勘弁してほしいが、ちょっと見方を変えれば、カルヴィンに自分の可能性を思い出させる絶好のチャンスだよ。覆いかぶさっていた雲が自然と晴れていくようなものだね」

ボブという同級生と再会したことでカルヴィンは事件に巻き込まれて命の危険を感じます。

しかし、その瀬戸際に過去の自分に縛られながら落ち目からの人生のリベンジ(再起)をはじめます。

ボブから背中を押された行動であったとしても、カルヴィンが巻き込まれながらも内面にあったツマズキに向き合い克服していこうとする姿勢に変わりありません。

また、ボブにとっては自分のスーパースターであるカルヴィンへの憧れと無邪気な信頼を持った人物です。

そのボブ役を演じたドウェイン・ジョンソンは、役柄について、次のように述べています。

「ボブがいまだにカルヴィンをヒーローと崇めているところなんだ。『お前は最高、お前こそゴールデン・ジェット! 大好きだぜ!』ってね。遠い昔の高校時代のことだが、お互いの人生がその後どう変わろうとも、当時の記憶は消えないのさ。そういうアイデアが気に入ったよ。準備万端で戦略に長けているボブの能力は誰にも劣るものじゃない。それも彼の一面だが、一方でセンターコートの床に素っ裸で転がされたあの日から完全には立ち直れず、大人になりきっていない。だから、物事を子供感覚でしか見ることができない。武器を取るなりターゲットの眉間を撃ちぬいといて、『そのシャツどこで手に入れた? イカしているじゃん!』とか言うんだ。」

ドウェイン・ジョンソンの“記憶は消えないというアイデア”は、過去の悪い出来事でも、良い出来事でも、広く一般的に誰もが持つ当たり前のことです。

例えば学生時代の記憶に限らず、過去という時間に対して人は後悔を抱くことは心の真理といえます。

「あの時こうすればよかった」「もう一度やり直したい」など、それはあなたにもあることでないでしょうか。

ローソン・マーシャル・サーバー監督が自ら脚本を書いた『セントラル・インテリジェンス』のアクションコメディの味付けスパイスの素晴らしさはそこにあります

このようにバディを組んだボブとカルヴィンは、高校時代の記憶に縛られていることで、そこから“心の卒業”ともいうべき本当の意味での大人への一歩を互いに歩みきれていません。

それこそが今の2人にとって、それぞれ人生の問題点である原風景の壁があるのです。

ローソン・マーシャル・サーバー監督はインタビューで、本作のアクションコメディに一つの見方について解説を述べています。

「面白いのは、ボブはマッチョマンに生まれ変わったのに、中身はまだ脆くてぎこちない子供のままってことだ。内面が成長していなければ、本当の意味で変わってはいないのさ。表面的にはイジメに立ち向い、なりたい自分になっても、過去に縛られてしまう大人のヒーローの抱える深い問題に気づかせてくれる。だからといって、ドウェインのアクションが減ることもないし、ケヴィンは適材適所で笑わせてくれる。最高だと思うね。ストーリーには2つのタイプがあると言われている。まともでない世界に投げ込まれたまともな人間のストーリーと、まともな世界に放り込まれたまともでない人間のストーリーの2つだよ。ケヴィンはまともでない世界のまともな人間を演じているわけだから、そういう意味で彼は観客の代弁者と言える。つまり、観客はカルヴィンの視点でものを見れるんだ。」

ローソン・マーシャル・サーバー監督の適切で分かりやすい作品の見どころですね。流石です。

まともでない世界に投げ込まれたまともな人間と、まともな世界に放り込まれたまともでない人間の2つのストーリー」のそれぞれの主人公が“心の卒業”をやり残していると見てはいかがでしょう。

それをかつての高校生時代の同級生同士がバディを組んで、事件という困難に立ち向かったことで、自身の記憶に縛られたことで目の前にある壁をぶち壊す!(乗り越えるのでなくてね)

そこが痛快であり、そして、私たちの誰もが記憶に縛られ何か“心の卒業”をしていないとしたら、ジーンと目頭を熱くしてくれるはずです。

監督のいうように観客はカルヴィンの視点で映画を見ることができますし、また、イジメられた記憶を持つあなたならボブの気持ちもよく理解できることでしょう。

この作品は現役高校生が見ても楽しい作品です。

でも、より強く楽しめるのはかつて高校生だった中年のオッサンと言えるでしょう。

まるでボブとカルヴィンは、高校生時代に戻ったかのように、まるで無邪気に高校の赤点補習授業を受けるかのように“心の卒業”をすることが最大の見どころです。

単純さのドンパチのアクションコメディの味付けスパイスは、“記憶は消えない”、ということに、どのように向き合い大人になるか。また人生を再起するのか

そんなところも考えさせてくれるところが、ローソン・マーシャル・サーバー監督の小粋な一品ともいえるエンターテイメント性の秘密なのかもしれませんね。

まとめ


© 2016 Universal Pictures, Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC
コメディ俳優のケヴィン・ハートは「全体が切れ目なく流れるように繋がっている。脚本がいいんだね。」と本作を語り、次回作でもローソン・マーシャル・サーバー監督とタッグを組むようです。

また、“ロック様”ことドウェイン・ジョンソンは、「アクションが大好物の男がボブってやつだ。かたや相棒はアクションが大嫌いで、ヤだヤだと抵抗する。バディムービーとか、アクションコメディの設定としては上々だ」と述べています。

映画の最後にボブからカルヴィンにある大切なプレゼントが渡されます。またカルヴィンからもボブにある大きなプレゼントが贈られます。

そんな温かさも要注目ですよ!

ご機嫌で極上の友情の始まりともいえるボブ&カルヴィン。映画『セントラル・インテリジェンス』11月3日(祝・金)全国ロードショー。

ぜひ、お見逃しなく!

スポンサーリンク

関連記事

コメディ映画

映画『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

映画『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』のあらすじネタバレと感想や評価をまとめました! 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』映画作品情報 …

コメディ映画

映画『ミックス』主題歌の歌詞と発売日は?【SHISHAMO/サボテン】

2017年10月21日より全国公開される映画『ミックス。』。新垣結衣と瑛太のダブル主演で話題が大きい作品。 今作『ミックス。』の主題歌&挿入歌を3ピースロックバンド「SHISHAMO」が担当することが …

コメディ映画

映画『あさひなぐ』あらすじとキャスト!先行上映会9月10日招待TOHOシネマズ伊丹にて

2017年9月10日に兵庫県伊丹市にて実施される映画『あさひなぐ』先行上映会に50組100名さまご招待! 「修武館」など「なぎなた」とゆかりのある「なぎなたの聖地・伊丹」で、2017年9月22日から全 …

コメディ映画

映画『雨に唄えば』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

誰をも笑顔にし、誰もが幸せな気持ちになる…そんな映画はいかがですか? 言わずと知れたミュージカル映画の金字塔『雨に唄えば』をご紹介します。 スポンサーリンク 映画『雨に唄えば』の作品情報 【公開】 1 …

コメディ映画

超高速!参勤交代|動画無料視聴はU-NEXT!ネタバレ感想と評価

日本には時代劇の作品がいくつもありますが、その中でコメディ色が強いにも拘らず、第57回ブルーリボン賞作品賞を初め、かずかずの賞を受賞した、江戸時代の参勤交代が題材の『超高速!参勤交代』を紹介します! …

映画専門サイトライター募集中