Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

【映画ネタバレ】ホワイトノイズ|感想解説と結末あらすじ評価考察。Netflix不条理コメディが映す“薬物中毒の聖人像”と“死を思い描く愚かさ”|Netflix映画おすすめ129

  • Writer :
  • 河合のび

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第129回

マリッジ・ストーリー』『フランシス・ハ』のノア・バームバック監督が、「スター・ウォーズ」シリーズのカイロ・レン役で知られ、『マリッジ・ストーリー』でもタッグを組んだ経験を持つアダム・ドライバーを再び主演に迎え手がけた映画『ホワイト・ノイズ』。

作家ドン・デリーロの小説を原作に、家族と有害化学物質の流出事故と遭遇した大学教授の愛と死をめぐる物語を描いた、不条理と叙情に満ちた作品です。

共演者には、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品のローディ/ウォーマシン役で知られるドン・チードル、バームバック監督の公私のパートナーでもあるグレタ・ガーウィグが名を並べている本作。

本記事ではネタバレを含むあらすじを紹介しつつ、『ホワイト・ノイズ』というタイトルに込められた意味、作中に登場する謎の男“ミスター・グレー”の正体とモチーフなどを考察・解説していきます。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ホワイト・ノイズ』の作品情報


Netflix映画『ホワイト・ノイズ』

【配信】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
White Noise

【原作】
ドン・デリーロ

【監督・脚本】
ノア・バームバック

【キャスト】
アダム・ドライバー、グレタ・ガーウィグ、ドン・チードル、ラフィー・キャシディ、サム・ニボラ、メイ・ニボラ、ジョディ・ターナー=スミス、アンドレ・ベンジャミン、ラース・アイディンガー

【作品概要】
作家ドン・デリーロの小説を原作に、家族と有害化学物質の流出事故と遭遇した大学教授の愛と死をめぐる物語を描いた不条理劇。監督は『マリッジ・ストーリー』(2019)、『フランシス・ハ』(2012)のノア・バームバック。

主人公の大学教授ジャックを演じたのは、「スター・ウォーズ」シリーズのカイロ・レン役で一躍注目され、『マリッジ・ストーリー』でもバームバック監督とタッグを組んだ経験を持つアダム・ドライバー。

共演には、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品のローディ/ウォーマシン役で知られるドン・チードル、バームバック監督の公私のパートナーでもある『レディ・バード』(2017)のグレタ・ガーウィグ。

映画『ホワイト・ノイズ』のあらすじとネタバレ


Netflix映画『ホワイト・ノイズ』

第1章:波と放射物

ジャック・A・K・グラドニーは、“丘の上の大学”のヒトラー学科で教授を務め、北米一のヒトラー研究家として知られていました。しかし彼はドイツ語が話せず、春に開かれるヒトラー学会にはドイツから多くの研究者が訪問することから、必死にドイツ語会話を勉強していました。

彼は4度目の再婚相手と、お互いの連れ子たちとともに暮らしていました。

物忘れが激しく、自身の子どもの名前すらも怪しい妻バベット。ジャックの結婚相手“その1”と“その3”との間の子どもである長男ハインリッヒと次女ステフィ。バベットの結婚相手“その2”との間の子どもである長女デニース。そして、ジャックとバベットの間にできた次男で末っ子のワイルダー。

親子間・兄弟姉妹間で少なからず心の壁はあったものの、それでも平穏に日々を過ごしていたグラドニー家。しかしある時、ジャックはデニースから「バベットが薬を家族に隠れて服用し続けている」と聞かされます。

ジャックは二人きりになった際に薬のことを尋ねますが、バベットは「飲んでない」としか答えません。一方でデニースは「薬の瓶には“ダイラー(DYLAR)”とラベルが」「その薬は、どの薬品リストにも記載されていない」「彼女が『姿勢教室に行く』と言った日の中には、別の場所に行っている可能性がある日も存在する」とさらに説明します。

正体不明の男と寝室で遭遇する悪夢を見た翌日、ジャックは大学の同僚である化学科の教授に「今度自分が薬を持ってくるので、その成分分析をしてほしい」と頼みます。

またジャックも、エルヴィス研究を専門とする新任教授マーレイに「新設されるエルヴィス学科をライバルの教授コツァキスではなく自分が受け持つためにも、知名度のある君が僕の講座の講義に飛び入り参加し、PRに協力してほしい」と頼まれます。

約束通り、マーレイのエルヴィス学講義に飛び入り参加し、「エルヴィスとヒトラーはともにマザコンだった」という共通項からヒトラー学を論じるジャック。

「群衆は死を締め出すこと」「群衆から離れたら死の危険が訪れる」「一人で死に向き合うのだ」「群衆が集まった理由は、群衆になるためだ」……ヒトラーが憑依したかのような、ジャックの演説はマーレイすらも感心させ、生徒たちは“群衆”となって彼を称賛しました。

その頃、運転手が酒に酔いながら可燃物を運んでいたタンクローリーが、有害な化学物質を運んでいた貨物列車と激突。爆発が巻き起こり、黒煙が空へと吹き上げる中、サイレンとともに防護服を身に付けた人々が事故現場へと駆けつけてきました……。

第2章:空媒毒物事象

事故の発生後、ジャックたち家族が暮らす街では、消防車や救急車などのサイレンが絶えませんでした。ラジオなどで情報収集を続けるハインリッヒをはじめ、子どもたちは危機を察知し始めていましたが、「ここは大丈夫だろ」としか答えないジャックは事態を軽視し続けました。

「霞」は「波状の黒雲」と訂正され、やがて「空媒毒物事象」へと訂正する報道。事故で空気中へと流出したのは“ナイロディンD”という有害化学物質であり、その物質に汚染された場合の症状は「息切れと吐き気」から「動悸とデジャヴ」「脳機能への障害」へと訂正され……。

「全住民は避難を」という指示がサイレンとともに流れても、それでも夕食を続けようとするジャックに対し、流石に危機を察したバベットは避難を家族全員へ呼びかけます。

「外にいる方はすぐに屋内へ」大渋滞の道路を進んでいたものの、家族が乗っていた車はガス欠寸前に。仕方なくガソリンスタンドへと立ち寄りますが、その際にジャックは毒雲から降る雨を浴びてしまいます。

車中で何かを口に入れ飲み込んだバベットを目撃するも、また誤魔化されてしまうジャック。巨大な黒雲の中では雷電が疾り続け、その恐ろしくも美しい景色を目にした人々の中には、車から降りて観察してしまう者もいました。

避難場所のキャンプ場へ到着したジャックたち。キャンプ場では「空媒毒物事象の雨に触れてしまった者」の招集を呼びかけていました。

「少しでも触れたら危ない、新世代の最新の毒物」だというナイロディンDの雨に、ジャックは2分半以上もさらされていました。「今回の災害での被害記録は、自分たちが研究する災害シミュレーションの予行演習となる」と語るスタッフ。

シミュレーション上においてジャックは「急を要する事態」であるものの、ナイロディンDの物質としての寿命は30年であり、データが足りないため詳細な診断にはできないとのことでした。

ジャックはキャンプ場内でマーレイと再会し「自分は毒雲のせいで早いうちに死ぬ」「バベットには言わないでくれ」「死はすでに、悪夢を通じて感じていた」と伝えます。

すると、マーレイは「人間は、殺す人間か死ぬ人間かの2種類」「誰かを殺せば自分の命の残高が増える」「暴力は生まれ変わりだ」「もしかしたら死を殺せるかもしれない」と語ると、隠し持っていたドイツ製の小口径拳銃をジャックに渡します。

翌朝。ジャックが目を覚ますと、キャンプ場内はパニック状態に陥っていました。避難所から避難する人々を掻き分けながら避難しようとする中、ジャックはステフィが落としたウサギのぬいぐるみを拾ってくれた男に、悪夢で遭遇した例の男の面影を感じとりました。

その後、「銃規制は精神統制」のステッカーを貼った車に乗る男たちに「生命力が高さ」を感じたジャックは、その車について行きます。道なき道を走り続けても前方の車に追いつくことはできず、しまいに車は川へと落ちてしまいました。

一時は流されてしまいそうになるも、ハインリッヒの機転により無事川を脱出し、草原、そして渋滞する車道へと戻ることができたジャックたち。やがて家族は新たな避難所へと無事に辿り着きました。

「建物から出ることは一切許されない」と通達された新たな避難場所では、「政府がナイロディンDの毒雲の中心に特殊な微生物を植え付け、物質を食べさせる」という噂が立っていました。

突如、テレビを抱えた避難者の男が、今回の災害報道におけるマスコミの行動への批判を演説し始めます。英雄かのように称賛される男でしたが、ジャックの姿を見ると「前に見たことがある」「あんたはそこ、俺はここにいた」……デジャヴを感じていました。

空媒毒物事象による災害が収束し、ジャックたち避難者に帰宅の許可が出たのは、それから9日後のことでした……。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ホワイト・ノイズ』のネタバレ・結末の記載がございます。『ホワイト・ノイズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

第3章:DYLARAMA

いつものように大型スーパーへ買い物に行けるようになり、春のヒトラー学会の準備を再開できた程度には、ジャックの日常は戻りつつありました。その一方で、流出事故以来バベットは窓の外を見ては泣くようになり、それがジャックの悩みの種となっていました。

事故以来、病院での検査を続けているジャック。そんな彼にマーレイは、エルヴィス学科をめぐってのライバルだったコツァキスが、マリブでの休暇中でサーフィンに興じていた際に波に飲まれ亡くなったことを打ち明けます。

「あんな大男が死ぬのか」とコツァキスの急死にショックを隠せないジャック。「死は単なる音なのでは」「死は、永遠に聞こえ続ける、周りにある音なのでは」と考えに耽る中、また例の悪夢で出会った男と遭遇します。

病院の検査を続けるジャックは医者にバベットが服用していると思われる薬“ダイラー”について尋ねますが、答えは「聞いたことない」の一言。その間にもバベットは夜に「教会で開かれる、“飲食の仕方”を学ぶ新しい教室に行く」と出かけるなど、奇行が目立ち始めます。

デニースはジャックに、ヒーターのカバーに隠されていたのを発見した、“ダイラー”の薬瓶を見せます。そして、薬局で確認したがやはり薬品リストにはなかったことを明かした上で、バベットの主治医に電話で確かめるようジャックを説得しました。

しぶしぶバベットの主治医に電話をかけるジャック。しかし主治医は“ダイラー”について「見たこともないし、処方もしてない」としか答えませんでした。

またジャックは、例の化学科の教授にも成分分析を依頼しましたが「“ポリマー皮膜で薬品を包む”という従来の錠剤と異なる技術が用いられている」「恐らく精神に働きかける薬であり、市販薬ではない」とは判明したものの、“ダイラー”がどんな薬品なのかは分からずじまいでした。

夜帰宅したバベットに、ジャックは“ダイラー”について分かったことを明かし、「自分は誤魔化せてもデニースには誤魔化せない」と彼女を問い詰めます。

バベットは、自身が1年ほど前から「そういう時期」……“人生の分岐点”といえる中年期へと入ったのを“症状”として痛感していたことに触れた上で、“ダイラー”について語り始めます。

中年期に訪れた“症状”に悩まされ、いろいろな薬を試したものの効果はなかったバベットは、ある日タブロイド紙で「極秘研究のボランティア募集」という広告を見つけました。

広告主であった、精神生物学を研究する会社……仮の名で“グレー研究所”では、脳内から“ダイラー受容体”を見つけ出し、それを基に薬品を完成させるという極秘研究プロジェクト“ダイラー”を進めていました。

募集に応募したバベットは、プロジェクトに携わる研究員たち……仮の名で“ミスター・グレー”たちのテストを受け、被験者の最終候補3名にまで選ばれました。

しかし人体実験では、薬品の副作用による言語野などの脳の機能障害(バベットの物忘れも、その副作用によるもの)をはじめ、最悪は死に至る可能性もあったことから、バベットは結果的には被験者に正式に選ばれることはありませんでした。

ところが、中年期に訪れた自身の“症状”を改善できる薬として“ダイラー”に希望を見出していたバベットは、ミスター・グレーのうちプロジェクトリーダーを務めていた一人と個人契約を結び、自分たちで勝手に実験を進め始めたのです。

契約を結んだミスター・グレーと短期間ではあるものの、薬をもらうために肉体関係を持ったこともあったが、結局“ダイラー”の効果はなかったため契約を解消したと明かすバベット。

ショックを隠せないものの「全部教えてくれ」と尋ね続けるジャックに、彼女は「死ぬのが怖いの」「信じられないのよ存在を失う状態に向かっているのが」「あなたのことを本当に愛してる。でも、死への恐怖の方が強いの」と涙ながらに告白しました。

その後、ジャックはダイラーを試してみようと、ヒーターのカバーに隠されていた薬瓶を手に入れようとしますが、そこにはすでに薬瓶はありませんでした。

薬瓶の存在を知るデニースの部屋まで探し始めたジャックは、薬の正体を誤魔化しつつも、デニースから「薬瓶は数日前、家のゴミ圧縮機に捨ててしまった」と聞き出します。

庭の物置に向かったジャックは、ゴミ圧縮機やゴミ袋を必死に漁り、中年期になったバベットが感じとった“症状”……“必ず訪れる死への恐怖と不安”を解消できる可能性があった“ダイラー”の薬瓶を探しましたが、見つかることはありませんでした。

しかし、バベットが話していた例のタブロイド紙の広告を偶然見つけたジャック。彼はのちに広告の連絡先に電話し「ダイラーを買いたい」と伝えると、男の声で「ジャーマンタウン、ロードウェイ・モーテルの8号室」に来るよう指示されました。

ヒトラー学会の壇上で、何とか話せるようになったドイツ語で研究発表を行うジャック。そのポケットの中には、事故の際にマーレイから受け取った拳銃が入っていました。

ジャックはバベットを学会のパーティ会場に残し、マーレイに車を借りるとロードウェイ・モーテルへと向かいます。彼の心は、ミスター・グレーを殺すという復讐心に満ちていました。

雨が降り続ける夜、モーテルへと到着したジャック。8号室にいたミスター・グレーは、悪夢をはじめジャックがこれまで遭遇してきた例の男でした。

「ダイラーは失敗作で、心どころかどこにも効かない」「だがいつか来る、あるいは来ない」「俺はキャンディ並みに食ってる」……明らかに薬物中毒のミスター・グレーは、かつて薬欲しさに自分と肉体関係を持った客……バベットについて話し出します。

復讐心を抑えられなくなったジャックは、ミスター・グレーとの会話の中で、バベットが話していたダイラーの副作用の具体例「『銃弾のような〜』と聞いて銃弾に当たるまいと体を伏せてしまうように、言葉を文字通りにしか受け取れなくなる言語障害」を思い出します。

ジャックが「飛行機の墜落」と口にすると、たちまち恐怖し始めるミスター・グレー。そして何度も同じような言葉を浴びせ、ミスター・グレーを散々怯えさせると、ジャックは拳銃で彼を撃ちました。

ジャックは拳銃の指紋を洗い流し、ミスター・グレーの手に持たせて隠蔽工作を進めます。ところが小口径の銃弾、しかもそれらが急所以外に命中していたミスター・グレーはまだ生きていたのみならず、拳銃にはまだ一発銃弾が残っていました。

隠蔽工作を終え、8号室を去ろうとするジャック。そこに、彼の復讐心を察していたバベットが現れます。そしてミスター・グレーが放った最後の銃弾が、ジャックの手を掠めたのち、バベットの太腿へと命中しました。

まだ息があるミスター・グレーをそのままにするわけにもいかず、教会が運営する救急病院へと彼を運びます。不幸中の幸いか、一度意識を失った後のミスター・グレーは“ダイラー”の副作用による記憶障害により、自分を撃った犯人を覚えていませんでした。

ミスター・グレーは一命を取り留め、同じく銃弾で負傷した夫婦も病院で治療を受けます。そこで夫婦は、片言の英語を話すドイツ人であり、“天国”の存在を信じていないという修道女マリーに思わぬ説教を受けます。

「私たちの仕事は、“誰も信じないこと”を信じること」「信仰を完全に捨てたら、人類は滅びる」「信じるふりをしなきゃ、世界が崩壊する。それこそ地獄だ」「信仰者はいずれ絶える。だから、お互いを信じ合うことね」……。

バベットは「症状の話をしなきゃよかった」「そうすれば、あなたが先に死ぬって聞かずに済んだ」と話したのち、「私が何より願うのは、あなたが先に死なないことと、ワイルダーがあのままでいること」と明かします。

ジャックが冗談を返す中、教会の窓からは夜明けとともに太陽の光が差し込んできます。夫婦の手は、いつまでも相手の手を握り続けていました。

夫婦は子どもたちが起きてくる前に無事帰宅したため、一夜に起きたどこかバカバカしい事件も知られることはありませんでした。

日常へと戻ったグラドニー家は、家族全員でいつもの大型スーパーへと行きます。子どもたちがそれぞれの目当てがある売り場へと向かう中、ジャックとバベットは手をつないでいました……。

スポンサーリンク

映画『ホワイト・ノイズ』の感想と評価


Netflix映画『ホワイト・ノイズ』

ミスター・グレーは“イエス・キリスト”?

マーレイの「人は脳内で未来を予見する」という作中の言葉通り、ジャックが夢を通じて“モーテルでの遭遇”を未来視した人物であり、ジャックの精神、そして彼とバベットの夫婦関係を掻き乱す存在として登場した謎の男“ミスター・グレー”

彼はバベットが服用していた“必ず訪れる死への恐怖と不安”を解消できる薬の失敗作“ダイラー”を自身も服用し、薬物中毒に陥っていました。

その状況からも、新薬研究のプロジェクト・リーダーとして失敗し、“ダイラー”が失敗作だと理解しながらも服用してしまうほどに自らも“必ず訪れる死への恐怖と不安”に苛まれていたことが察せます(そもそも「新薬研究のプロジェクト」自体が真実かも怪しいですが)。

作中の描写内で提示された情報からは、「元研究所の職員と思われる、薬物中毒の売人」として映るミスター・グレー。その一方で、同じく作中の描写を振り返ってみると、彼は非常に有名な“ある男”をモチーフに描かれているのではと気づけます。

それは、キリスト教の“神の子”にして“救世主”ナザレのイエスです。

“薬物中毒の聖人像”は何を啓示する?

作中で繰り返し映された、ミスター・グレーの右手の甲の刺し傷の跡“聖痕”を連想させるその傷に加え、彼の髪型、ジャックとの会話における“アメリカ以外の国から来た異邦人”としての振る舞いからは、どこかイエスその人、あるいは“聖人”をイメージさせられます。

また“ミスター・グレー”という仮名も、キリスト教において白は「降誕節、復活節」などイエスの“誕生”と“復活”を祝う色であり、対して黒は葬儀に用いられるなど“死”を象徴する色であることから、白と黒がともに存在し混ざり合った色グレーに「“生”も“死”も経験した者が持つ色」をイメージすることが可能です。

それらは、あくまでも“イメージ”に過ぎません。

しかしながら、もしミスター・グレーがキリスト教で長らく語り継がれてきたナザレのイエスや“聖人”をモチーフとしていたら、信仰の重要性を説くものの、キリスト教が語る逸話の数々は一切信じていない修道女マリーの「聖人がいるのなら連れてきて」という言葉が、より痛烈な皮肉となるのです。

まとめ/“静かな雑音”だけが残る時、“安眠”は


Netflix映画『ホワイト・ノイズ』

本作の題に冠された「ホワイト・ノイズ」は雑音の一種で、人間が聴覚で感知する様々な周波数の音を同じ強さで混ぜ合わせ、再生したノイズのこと。「シャーッ」「ゴーッ」と擬音で表されることが多く、ブラウン管テレビの砂嵐や換気扇の回転音などがホワイト・ノイズの具体例としてよく挙げられています。

「人が聴きとれるすべての周波数が、均等に混ざった音」であるために、人によって快・不快の基準となる音の特徴が失われ、言うなれば“静かな雑音”とも表現できるホワイト・ノイズ。近年では、集中力を高める効果や安眠効果があるとして話題にもありました。

映画作中では、“死”もまた“音”の一種であり、それは“静かな雑音”であるホワイト・ノイズなのではないかと言及されています。

「内容の脈絡も意味も分からない会話」というノイズばかりを発し続けている、ジャックを含む登場人物たち。また近代以降の社会では音のみならず、色彩や文字といった“記号”そのものが生活に溢れ返り、もはやノイズと化していることも、ジャックがたびたび訪れる大型スーパーを通じて描かれています。

そうした膨大なノイズの中に潜み続ける、“静かな雑音”ホワイト・ノイズ。もし他者が発するノイズも、心臓の鼓動など自身から発されるノイズもすべて消え去った時、“安眠”をもたらすそのノイズだけが残るのでは……『ホワイト・ノイズ』という題には、そのような意味が込められているといえます。

……なお、ホワイト・ノイズを構成する多種多様な周波数の音を長時間聴き過ぎてしまうと、耳鳴りや難聴などの聴覚障害を引き起こす可能性があるとのこと。

もし“静かな雑音”こそが“死”だったとしても、その音だけが延々と流れ続ける世界に置かれた者に“安眠”は訪れるのかその答えは、作中におけるマーレイの「ある意味変じゃないか」「死を思い描けるって」の言葉通り、想像すること自体がバカバカしいのかもしれません。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

ライター:河合のびプロフィール

1995年生まれ、静岡県出身の詩人。

2019年に日本映画大学・理論コースを卒業後、映画情報サイト「Cinemarche」編集部へ加入。主にレビュー記事を執筆する一方で、草彅剛など多数の映画人へのインタビューも手がける。


photo by 田中舘裕介





関連記事

連載コラム

映画『ボディ・リメンバー』感想評価とレビュー解説。ラストまで納得の“3つの見どころ”で本格ミステリーな男女ら3人の異色サスペンス|映画道シカミミ見聞録57

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第57回 こんにちは、森田です。 今回は、2021年6月25日(金)よりアップリンク吉祥寺、7月23日(金)よりアップリンク京都で公開される映画『ボディ・リメンバー』 …

連載コラム

Netflix映画『マザー/アンドロイド』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。SFポスト・アポカリプスとして荒廃した世界で“家族になる”までを描く|Netflix映画おすすめ81

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第81回 未知の生物による襲撃や自然現象によって崩壊していく世界を描いた映画ジャンル「ポスト・アポカリプス」。 このジャンルを描いた作品の多 …

連載コラム

【東京国際映画祭2019】のん×片渕須直ほかレッドカーペットに登場!『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』|TIFF2019リポート2

第32回東京国際映画祭は2019年10月28日(月)から11月5日(火)にかけて10日間開催! 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に …

連載コラム

【シネマルNEWS】映画・海外ドラマの連載コラムを開始!エッセイスト&随筆家など続々登場

写真:倉田爽 これまで、映画やドラマといった関する深掘り考察を行ってきたCinemarcheでは、今後、専門的な連載コラムをスタートさせる運びとなりました。 第1弾として、映画随筆家の森田悠介による連 …

連載コラム

映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』あらすじと感想評価。キャストの吹越満が現代における“戦争”を熱演する|映画という星空を知るひとよ48

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第48回 映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』は、太平洋戦争の平和記念館を設立させることで、祖父の過去を改ざんしようとする市長と、それに反対する戦犯遺族の物語。 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学