Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『シニアイヤー』ネタバレあらすじ感想と結末解説。37歳の高校生チアを感動映画としてレベルウィルソンが熱演!|Netflix映画おすすめ100

  • Writer :
  • からさわゆみこ

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第100回

映画『シニアイヤー』は、高校のチアリーディングチームに所属するステファニーが、演技中の落下事故で、20年の時を経て昏睡状態から覚醒し、37歳で再び高校生チアリーダーになるコメディ映画です。

監督はイギリスBBCの人気コメディドラマ「ヤング・ドクター」シリーズのプロデューサー、アレックス・ハードキャッスルの長編映画初監督作品です。

『クルーレス』(1995)で、人気カリスマ高校生を演じ、第5回MTVムービー・アワードで演技賞を受賞した、アリシアン・シルバーストーンが、伝説のプロムクイーン、ディアナ・ルッソの末路を演じたことにも注目です。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『シニアイヤー』の作品情報

(C)2022 Netflix

【公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
Senior Year

【監督】
アレックス・ハードキャッスル

【脚本】
アンドリュー・クノアー、アーサー・ピエッリ、ブランドン・スコット・ジョーンズ

【キャスト】
レベル・ウィルソン、ゾーイ・チャオ、サム・リチャードソン、メアリー・ホランド、ジャスティン・ハートリー、クリス・パーネル、アンガーリー・ライス、マイケル・チミノ、ジェレミー・レイ・テイラー、ブランドン・スコット・ジョーンズ、アリシア・シルバーストーン、ジョシュア・コリー、ジェイド・ベンダー、アバンティカ

【作品概要】
37歳の高校生ステファニーを「ピッチ・パーフェクト」シリーズ、『ジョジョラビット』(2020)、『キャッツ』(2020)などで、メインキャストを務めたレベル・ウィルソンが演じます。

17歳のステファニーを演じたのは、「スパイダーマン」シリーズでベティ・ブラント役で出演した、アンガリー・ライスが務めます。

映画『シニアイヤー』のあらすじとネタバレ

(C)2022 Netflix

1999年、地元で最も“クール”なスポットの“ロックンボウル”でオーストラリアから移住してきたステファニー・コンウェイは、14歳のバースデーを友達のセスとマーサと一緒に祝っていました。

ステファニーはその時、学校で一番人気の男子ブレインをみつけ、バースデーを祝ってほしいと誘いますが、女子で一番人気のティファニーが邪魔に入ります。

ティファニーは何かとステファニーの出身地オーストラリアを引き合いに、イケてない子呼ばわりします。

ステファニーはそのコンプレックスを払拭するべく、“一番の人気者”になることを決意しました。

彼女はファッショ雑誌をみながら、なりたい自分のマインドマップを作ります。

2002年、ステファニーはチアリーディングチーム、”ブルドゲッツ”のキャプテンとなり、赤いオープンカーで登校する、派手なティーンエイジャーへとイメージチェンジをしました。

ステファニーはハーディング高校の伝説のチアリーダー、ディアナ・ルッソのように“完璧な人生”を送るのが夢です。

ディアナ・ルッソはブルドゲッツのキャプテンであり、プロムでクイーンの座を手にし、同年プロムキングと結婚し、高台に建つ豪華な家で暮らしていました。

学校の花形で人気者になった先には、プロムでクイーンの座が約束され、プロムキングとの華やかな生活までが、“完璧な人生”の構図でした。

つまり、ステファニーもクイーンの座を獲得するつもりでした。そして、キング候補のブレインはティファニーから、ステファニーの彼氏になっていました。

彼女は母親を亡くし父親と2人暮らしになっています。そして、今でもマーサとセスは友達ですが、2人はステファニーの引き立て役のようでした。

また、ティファニーとはプロムに向けて、指向の食い違いや意見の相違がありました。ティファニーもプロムクイーンの座を狙っているからです。

そして、校内でのブルドゲッツ卒業公演で、ティファニーはフィニッシュを失敗させ、ステファニーに恥をかかせるため、仲間に妨害するように指示しました。

ところがその作戦はやりすぎてしまい、ステファニーはバスケットトスで、華麗にキャッチされきめるところを妨害により、床に落下し昏睡状態の重体になってしまいました。

以下、『シニアイヤー』ネタバレ・結末の記載がございます。『シニアイヤー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)2022 Netflix

あれから20年後の2022年、大人になったブレインが自社CMに出演し、「わが社のレンタルリムジンで、最高のプロムを!プロムの準備、きみはできてる?」と呼びかけます。

するとブレインの声と“プロムの準備”というワードに反応するかのように、ステファニーは昏睡状態から目覚めます。

彼女は病室に飾られたバースデーカードに、“ようこそシニアへ”と書かれたメッセージを見て、部屋が間違っているとナースステーションに伝えに行きます。

ナースは昏睡から目覚めたステファニーを見て驚き、主治医に連絡し、彼女は鏡に映る自分を他人だと勘違いし、それが自分の姿だとわかると気絶してしまいます。

主治医から20年間、昏睡状態であったことを聞かされ、少しずつ受け入れていこうと励まされました。

知らせを受けた父親とマーサは、病院へ駆けつけます。奇跡が起きたと大興奮の2人ですが、主治医は「中身はまだ17歳のまま」と注視するよう言います。

ステファニーはマーサの姿を見て「“アリーmy love”(2002年まで放送されていたドラマ)みたい・・・」と言います。

マーサはハーディング高校の校長になっていました。スマートフォンを見て驚き、ニュースも観れると、ステファニーのことが話題になっていると教えます。

注目の的になっていると喜ぶ彼女でしたが、事故の様子を動画で見ます。20年の間で言動に制限があるいることや、SNS用語などをマーサから教わります。

家路に向かうステファニーは、父に通学路にしていた道をリクエストしますが、マーサは避けたがっています。

そして、ディアナ・ルッソの家の前にさしかかると、車から荷物を下す男性の姿をみて、ブレインだと気がつき、自分のために憧れの家を買い取ってくれたと思い込んでしまいます。

興奮したステファニーは走る自動車から、無理矢理飛び降りて家へ向かいました。扉をノックすると中から、大人になったティファニーが出てきました。

ティファニーはステファニーだと気がつきハグしますが、「私たちの夢の家になぜブレインというるの?」と聞かれ、結婚祝いに両親が購入してくれたと答えました。

ステファニーは彼女が自分を追いはらい、夢を奪い取ったと言い捨てます。ティファニーはブレインに、彼女が昏睡から目覚めたことを伝えます。

憤慨しながら自宅へ帰ったステファニーですが、自部屋へ行くと懐かしさに喜びが溢れます。

父は彼女の物を何一つ処分せず、雑誌の定期購入すら解約していませんでした。20年の隔たりは雑誌の表紙にも現れ、マーサは少しずつ教えると伝えます。

その晩、体系の変化に戸惑うステファニーに、父はすぐに更年期もくると言います。彼女は現実を受け入れられません。

彼女が気分を変えようと外に出たとき、ポーチに卒業アルバムが置いてありました。

セスが自宅へ届けにきて、黙って置いていきました。それを見たステファニーは現実を突きつけられ落ち込みます。

母が使っていたドレッサーをみたステファニーは、友達にからかわれて、メイクの練習をしたことを思い出します。

母は優しく「そんなことをしなくても、あなたは十分に美しい子」と慰めますが、彼女はどうしてもアメリカ人っぽい、派手さがほしくて母のいうことに耳をかしませんでした。

ステファニーはその頃の気持ちのまま、やり残した高校生時代の目標達成のため、再びマインドマップを作成します。

高校へ復学し、ブルドゲッツでキャプテンになって、友達がたくさんいる人気者になり、プロムクイーンになることです。

ステファニーは診断書をもって、マーサに高校4年への復学を願います。マーサは大きな不安がありながらも、ステファニーの熱心な願いを仕方なく受け入れました。

ステファニーは2002年のファッションと、愛車の赤いオープンカーで20年ぶりの登校をしました。

颯爽と歩くステファニーですが、20年前の羨望からの注目からはほど遠く、在校生は奇異な目あるいは無関心で、彼女をみつめます。

高校では生活指導のタッパー教諭が、校内を案内するため出迎えます。

ステファニーがタッパーについて進むと、かつて展示されていたプロムクイーンとプロムキングの歴史が無くなり、“プラ撲滅”の啓発アートに取って代わっていて驚きます。

教室へ向かう途中、周りの生徒がスマホを持ち歩いていて戸惑います。そこで高校の図書司書になっていたセスと再会します。

ステファニーは初日のマーサに様子を伝えにいくと、ブルドゲッツに入りたいと願い出ます。

マーサはそれよりも勉強の方が先だとアドバイスしますが、どうしても戻るには誰に頼むべきか聞くと、ブルドゲッツのコーチはマーサが兼任していました。

マーサは演技の機会はあと2回しかないと言いますが、ステファニーはプロムクイーンになるために、1回でもチャンスがほしいと話します。

ところがマーサはプロムクイーンは廃止したと伝えます。マーサは勝ち負けのない平等な校風を目指していたため、争いごとに発展するため廃止したと説明しました。

ランチルームも様変わりしていました。“島”と称したカテゴライズされたテーブルの配置はなくなり、誰もが平等に座れる長テーブルになっていました。

ステファニーはジャネットとヤズ、ニールと仲良くなります。そして、プロムクイーン復活の嘆願書に署名してほしいと、クリップボードを差し出します。

ジャネットとヤズは彼女のアナログな活動に、純粋に感動して署名に協力します。さらに、協力してもらうにはどうしたらいいか聞きますが、ジャネットはブリー次第だと言います。

ブリーと彼女の彼氏ランスのカップルは、雑誌でとりあげられ“新時代の基準”ともてはやされ、SNSでは300万人のフォロワーがいると説明をします。

ステファニーは臆せずブリーに署名を頼みますが、ペーパーレスを宣言したばかりだと断られます。

ブリーはステファニーを有名人だと言って、ティファニーとブレインの娘であることを告げます。

(C)2022 Netflix

ステファニーは人気者に戻るためには、ブルドゲッツのキャプテンになるしかないと思いますが、チアリーディングの人気はすたれていました。

コーチのマーサはダンスをしたり、技のルーチンを駆使することは禁止していました。

ステファニーはブリーのようにSNSを使って、昔のような人気を取り戻そうと、父親にスマートフォンをねだり、プロムクイーン復活にむけて活動を開始します。

ブリーにもフォローを試みますが、ステファニーと母のいざこざに巻き込まれたくないブリーはあっさり断ります。

あきらめないステファニーは、マーサの許可を得ずチアのメンバーに、パフォーマンスの振り付けを教え、発表会で成功させるとマーサとPTA会長のティファニーを驚かせます。

その様子はネットで拡散され、街中にティファニーを支持する人達が現れましたが、彼女はマーサに呼び出され、演技の表現法に問題があると激怒されます。

ステファニーは高校に復学して、何もかもが変っていたことにがっかりしたと訴えますが、20年前のマーサは当時の高校の在り方に苦しんでいたと告白します。

マーサは同性愛者でした。隠し通さなければ、ティファニーやステファニーから、潰されてしまっただろうと告白します。

ステファニーは気まずさを感じますが、マーサの気持ちを理解できていません。

ティファニーは映画『ディープインパクト』の上映会を企画し、ステファニーはセスを誘って上映会に行きました。

そこで、ティファニーを挑発して騒がせ、会場から追い出す作戦でした。ところがセスはブレインの気をひくため、自分を利用しただけだろうと言います。

17歳のままのステファニーの考えはお見通しで、20年前から変っていないと話します。2人はその後、ロックンボウルに行き、デートの続きをしました。

セスはステファニーの人気集めや、プロムに入れ込むことが理解できません。ステファニーは彼女なりのプロムへのこだわりについて話します。

オーストラリアから移住したばかりでイジメられ、母が病に倒れ惨めな気持ちだったこと、その母が“目を閉じて、完璧な人生を想像しなさい”と言ったことを……。

その母が亡くなり惨めさで落ち込んでいたとき、ディアナ・ルッソの存在を知って、彼女の人生こそが“完璧”と思え、プロムクイーンにこだわっていました。

しかし、その目前で昏睡状態になって、目が覚めると再び惨めな気持ちになり、今度こそ母の言ったことを証明したいと、全力になっていると話します。

そして、ステファニーはセスに一緒にプロムに行こうと誘い、セスはその誘いを受け入れました。

一方、恥をかかされたティファニーは、ブリーの人気と影響力を利用して、プロムキング&クイーンコンテストを復活させるため、嘆願書を集めさせようとします。

ブリーは価値観の違う母親と関わりを持ちたくありませんが、自分がやりたいことをするためのスポンサーであるため、渋々手伝わされます。

学校ではブリーの嘆願によって、プロムキング&クイーンコンテストが復活することをマーサが伝えました。

ティファニーはブリーの名前で、ステファニーを除いた卒業生全員を、自宅で催すプロムのアフターパーティーに招待します。

ステファニーは20年前、マーサの別荘でアフターパーティーを計画し、家の鍵を借りていたことを思い出し、マーサに無断でアフターパーティーを主催することにします。

プロム当日、セスはステファニーを迎えに行きます。母が用意してくれたドレスを着ると、父は感慨深げに記念写真をたくさん撮りました。

プロム会場ではPTAとしてティファニーが投票箱の管理をし、ブリーがクイーンになったときのスピーチに、スポンサー名を言うよう指示します。

ブリーは怪訝そうに「ママのプロムじゃない」と言って入場します。コンテストの投票合戦でステファニーは、ギリギリまで自分に投票してほしいと動画で訴えます。

するとそこにブレインが現れ、彼女を誘惑しキスしようとしたところをセスに見られてしまい、セスは誤解したまま会場を後にします。

そして、いよいよプロムキング&クイーンの発表の時間となりました。

キングにはランスが選ばれ、クイーンは327名なのに1000票獲得した、ブリーが選ばれますが、彼女は辞退を申し入れており、ステファニーがクイーンに選ばれます。

この結果にブリーは祝福の拍手を送りました。ステファニーとランスがキング&クイーンのダンスを披露してプロムは終宴します。

ブリーは卒業生たちに、ステファニーのアフターパーティーに参加するよう、声をかけ別荘でのアフターパーティーも大盛況となりました。

しかし、ティファニーは未成年が飲酒し、騒動が起きていると警察に通報し、マーサに無断で別荘を使用したことがバレてしまいます。

パーティー自体が違法だらけであり、マーサへの迷惑を考えていないステファニーの行動に、人の気持ちを踏みにじっていると激怒します。

他の誰も見舞いに行かなくても、マーサとセスだけが欠かさず行っていたと話すと、ステファニーはバースデーカードがたくさんあったと反論します。

マーサはそのバースデーカードすら、ちゃんと見ていない彼女に呆れました。帰り道に使ったタクシーでドライバーが、ティアラを付けたステファニーに、プロムクイーンみたいだと話しかけます。

ステファニーはドライバーの名前を見て、伝説のプロムクイーン、ディアナ・ルッソであることに気付き、完璧な人生を送っていると興奮気味に話します。

ところが彼女は後の人生について語ります。結婚は夫の浮気が原因で3年で破綻し、学歴のない彼女は社会的な信用もなく、仕事を掛け持ちし学位を取る努力をしていました。

そして、ティアラは捨てた方がいいといいます。クイーンになるための努力は、将来になんの役にもたたないからです。

ブリーは帰宅しますが、ティファニーが警察に通報したと察し、娘の安否よりも自分のプライドを優先したことに激怒し、フォロワーを整理すると、母を外しブロックします。

ステファニーはバースデーカードには20年間、病院に駆けつけてくれたマーサとセスの写真があり、過去の栄光に縛られ、大切なことを見失っていたことに気がつきます。

父は卒業式の日の席順について、ステファニーに聞きますが、マーサとセスが怒っているから出席しないと、駄々をこねました。

父は自分がいると言いますが、彼女はそんなの「意味が無い」と返します。父は亡くなった母の遺言を話し始めます。

「あの子に愛の受け入れ方を教えてほしい」と、昏睡しているステファニーにどうしたらそれが伝わるか、悩み彼女を深く愛した人たちに対して、意味が無いなどと言うなと諭します。

ステファニーは自分のために、心を寄せてくれたマーサとセスに、謝罪と感謝のメッセージを配信します。

そして、卒業まで20年かかったけれども、出会ったみんなのおかげで、大切なことが学べたと伝えました。

卒業式の朝、ティファニーはステファニーを訪ね、ブリーがブロック解除をしてくれないと、これまで意地悪を謝罪します。

ステファニーは謝るべき相手は、娘のブリーだと言います。彼女は昔の自分達よりも賢く、競わずに自分らしさを活かしていると話します。

ティファニーはようやく心から彼女に謝罪し、ステファニーもその言葉を受け入れました。

卒業式、ステファニーの名が呼ばれ、彼女は壇上にあがると、マーサに車を売った小切手を渡し、別荘の修理に充ててほしいと謝罪し、マーサは気持ちを受け取りハグします。

卒業生代表挨拶はジャネットですが、彼女は挨拶がわりにブルドゲッツの演技を披露すると宣言します。

ステファニーには内緒で、20年前のルーチンを密かに練習していました。ブリーやランスも加わりステージを盛り上げます。

そこにステファニーも加わり、パフォーマンスはMax状態になり、興奮したティファニーもステージへ、最高潮で大成功のフィニッシュを決めました。

スポンサーリンク

映画『シニアイヤー』の感想と評価

(C)2022 Netflix

過去に縛られるシニアに捧げる物語

ステファニーは移民でいじめられっ子という境遇を、前向きな発想で人気者になり乗り越えました。

マーサとセスもステファニーの友達になったころは、地味で目立たない友達同士で付き合えていましたが、ステファニーの勢いに巻き込まれ戸惑いました。

若い頃に栄光を掴んだ人には、大人になってもその輝かしい思い出をひきずり、気づけば社会に適応できていない人も多くいます。

ステファニーは不幸にも事故で20年間、昏睡状態となりましたが、目覚めた時の心は17歳のままで、まだリハビリの余地と許容できる事情がありました。

ところが何事もなく20年間生きてきた人の中には、意識がアップデートされない大人もいます。

言動や行動そのものが、時代の流れに沿わず、不適切な大人も存在するということです。

マーサやセスのように、自分の悩みを将来に受け継がない努力をする人と、過去の栄光に縛られ自身のプライドのため、子供の価値観やステータスをも利用する“毒親”も存在します。

また、伝説のプロムクイーンが社会的信用を得るため、学位の取得を目指す姿は、行動を起こすことに、年齢は関係ないことも示していました。

性的マイノリティー、環境問題、不適切な言動など、20年という時の壁は想像以上に厚く、時代の変化の激しさを物語っていました。

1人が1台のパソコンを持つ時代を飛び越え、スマートフォンのような小型でハイスペックなモバイルを、1人1台持つ時代というスピード感です。

それゆえに時代に追いつけず適応できない人もいて、個性を尊重する風潮もありながら、差別は一向に減らない現実もあります。

努力を無駄にしない「努力」

マーサの苦しみは、差別のない平等な人間関係の構築をしました。その努力はジャネットのように大統領を目指す子を生みました。

悪い大人は反面教師にすること、高めた意識を社会貢献のために、アップデートし続ける努力が必要なことを感じました。

何が大切なのかを学んでも、それもまた時代の流れと共に風化し、社会になじまなくなる可能性が秘められているからです。

ステファニーのように、憧れのディアナ・ルッソがいることで、現実に何をすべきなのか、必然的に悟ることもできます。

また、ステファニーの父が妻亡き後、愛娘のために心を砕いた愛の努力は、彼女が進学を決心したことで報われるでしょう。

本作は「努力」は「努力」によって報われること、人の愛を無駄にすることが、最低な行為だというのも教えています

まとめ

(C)2022 Netflix

映画『シニアイヤー』は37歳のステファニーが、自分の夢のために奮闘するポジティブな面をコメディ素材にし、ティファニーのように、精神的な成長が止まった大人を揶揄する作品といえます。

また、競争の全てが悪ではなく、競争の中で仲間同士の思いやりを育み、絆や思い出を深める大切さがあることを伝えていました。

そのことをユーモアを交え、押しつけがましくしないところは、コメディ作品を多く手掛けてきた、スタッフやキャストの技量からうかがい知ることができます。

アップデートしていない大人には学ぶ「努力」を促し、惜しみない「愛」を受けた子供には、それを社会にどう還元するのか、個性の昇華を提唱する作品でした。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『レッド・ホークス』あらすじと感想レビュー。男の友情が泣かせるトルコ製ミリタリーアクション!|すべての映画はアクションから始まる4

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第4回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアク …

連載コラム

映画『阿吽』あらすじと感想レビュー。吸血鬼ノスフェラトゥにリスペクトさせながら3.11の見えざる恐怖を描く|シニンは映画に生かされて2

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第2回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第2回でご紹介する作品は、「大災害を経た後の社会」とい …

連載コラム

【ソボクSEOBOK】ネタバレ結末考察とラストあらすじ感想。韓国映画が描くSFクローン人間との“絆”|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー63

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第63回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

中国映画『人魚姫』ネタバレあらすじと結末の感想解説。シンチー節で描くギャグとヒューマニズム満載のエンターテインメント|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー26

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第26回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

映画『人生の運転手』あらすじ感想と評価解説。パトリックコン監督が明るい“未来に進む路”を諭すヒューマンドラマ|映画という星空を知るひとよ76

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第76回 恋人に裏切られ仕事まで失った女性が、バス運転手として人生を挽回していく姿を描いた香港発のヒューマンドラマ『人生の運転手』。 監督・脚本は、香港に生きる …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学