Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2021/06/21
Update

アニメ『終末のワルキューレ』Netflix第1話のネタバレあらすじとラスト結末感想。神と人類のタイマン勝負に勝利するのはどちらか⁈

  • Writer :
  • 秋國まゆ

Netflixで2021年6月17日(金)より配信された、梅村真也原作の血肉踊る超絶バトルアクションアニメ『終末のワルキューレ』

人類の存亡をかけた、全世界の神代表13人vs人類代表13人で行われる、一対一のタイマン勝負である最終闘争「ラグナロク」とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

『月間コミックゼノン』で連載し、累計発行部数700万部突破の大人気漫画が、Netflixにてアニメ化された『終末のワルキューレ』、第1話「ラグナロク」のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

アニメ『終末のワルキューレ』の作品情報


(C)アジチカ・梅村真也・フクイタクミ/コアミックス, 終末のワルキューレ製作委員会

【配信】
2021年(Netflixオリジナルアニメ)

【原作】
梅村真也『終末のワルキューレ』

【監督】
大久保政雄

【キャスト】
沢城みゆき、黒沢ともよ、関智一、斉藤壮馬、山路和弘、緑川光、髙木渉、櫻井孝宏、諏訪部順一、野津山幸宏、田所陽向、中野泰佑、山口智広、鈴木達央、田中理恵、松岡禎丞、速水奨、川上彩、川口莉奈、小林ゆう、石井康嗣

【作品概要】
『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』(2009)で絵コンテ・演出・原画を担当し、『黒子のバスケ』(2012)では原画、『ワンパンマン』(2019)や『魔入りました!入間くん』(2019)では絵コンテを担当した日本のアニメーター、大久保政雄が監督を務めたバトルアクションアニメ作品です。

原作は梅村真也の同名漫画であり『月間コミックゼノン』にて大人気連載中。そして「ソード・アート・オンライン」シリーズや「夏目友人帳」シリーズなど、人気アニメ作品に多数出演している声優の沢城みゆきが主演を務めています。

アニメ『終末のワルキューレ』第1話のあらすじとネタバレ


(C)アジチカ・梅村真也・フクイタクミ/コアミックス, 終末のワルキューレ製作委員会

第1話「ラグナロク」

700万年続く人類の歴史が、今幕を閉じようとしていました。その原因は、核戦争でも地球外生命体による侵略でも、小惑星の衝突でもありません。

人類は今、他ならぬ人類の創造主、”神”の意思によって、滅亡を終末を迎えようとしているのです。

1000年に一度、全世界の神々が一堂に介し、天界のヴァルハラ評議会議事堂で開催される、「人類存亡会議」。

全知全能の神ゼウスが議長を務め、評決を取った結果。破壊と創造の神シヴァや美の女神アフロディテを初めとする神々は皆、人類が冒してきた愚かな行いにより、全会一致で「終末」という答えでした。

ゼウスが「終末」の判決を下す直前、半神半人の戦乙女(ワルキューレ)の一人、ブリュンヒルデが異議を唱えます。

「確かに人類の専横と暴虐は、目に余る。しかし、ただ滅ぼすのでは、あまりにも芸がない」

「いかがでしょう。人類に次の1,000年間を生きるかちがあるかどうか、神々の慈悲と威光を見せつけつつ、彼ら人類を試してみては?」

「神対人類の最終闘争、ラグナロクで」

以下、『終末のワルキューレ』第1話のネタバレ・結末の記載がございます。『終末のワルキューレ』第1話をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)アジチカ・梅村真也・フクイタクミ/コアミックス, 終末のワルキューレ製作委員会

そう話すブリュンヒルデが提案したラグナロクとは、全世界の神々と、歴史上の全人類から選ばれた代表者たちが一対一のタイマン勝負です。

全13番勝負、先に7勝した方が勝利となり、人類が負ければ終末を迎え、勝てば次の1,000年の生存が許されます。

しかし、ヴァルハラ憲法第62条15項に定められた、超特別条項であるこのラグナロクは、人類誕生以来一度も適用されていません。

何故なら、人類が神に勝つなど、絶対に不可能だからです。そう高を括る神々が嘲笑する中、ブリュンヒルデは彼らを挑発します。

「では神々の皆様の意思は”人類の滅亡”。そして、”人間との直接対決は避けたい”ということでしょうか?」

「”戦わずして人間を滅ぼしたい”、”同じリングに立ちたくない”」「それってもしかして、ビビってるんですかァ?」

このブリュンヒルデの挑発は、神々の逆鱗に触れ、ゼウスたちはラグナロクを承諾します。

ブリュンヒルデは、神々は人間よりキレやすいと確信していたからこそ、彼らを煽って怒らせたのです。

そしてゼウスは、ブリュンヒルデに人類側の代表を命じます。これに対しブリュンヒルデは、「人類700万年の歴史の中から、最強の13人を選んでお見せしましょう」と宣言。

こうして、天界にあるヴァルハラ闘技場にて、「ラグナロク」が勃発することが決定しました。

終末の番人ヘイムダルが告げる、第一試合は、北欧最強の雷の狂戦士トール神と、中華最強の英雄、呂布奉先の戦いです。

ヘイムダルが終末の角笛「ギャラルホルン」を吹き、始まったラグナロク第1戦。

巨大ハンマーを持つトールと、槍を持つ呂布は構えを取らず、ゆっくり間合いを詰めていき、渾身の一撃を秘めた武器をぶつけ合います。

スポンサーリンク

アニメ『終末のワルキューレ』第1話の感想と評価


(C)アジチカ・梅村真也・フクイタクミ/コアミックス, 終末のワルキューレ製作委員会

神を挑発した戦乙女ブリュンヒルデ

ブリュンヒルデの挑発に、まんまと乗っかったゼウスら神々により決定された、人類の存亡をかけた神vs人類による最終闘争「ラグナロク」。

ブリュンヒルデが挑発する場面は、原作ファンは勿論、原作を知らない視聴者も思わず笑ってしまうほど面白かったことでしょう。

それにしても、人類が次の1,000年生きられるかどうかを、神々の会議「ヴァルハラ評議会」で決まっていたなんて驚きです。

確かにブリュンヒルデやゼウスたち神の言う通り、人類は森林を伐採し海を汚染し、私利私欲のために争っています。

人類が滅亡してもおかしくないほど愚かな行いをしてきましたが、それを変えていこうとしているのもまた事実です。

ブリュンヒルデが満場一致で「人類滅亡」と決まったヴァルハラ評議会の決定を、単身覆そうとしているところが格好良くてしびれます。

呂布とトールが対戦

終末の番人ヘイムダルが、終末の角笛「ギャラルホルン」を吹いたことによって開戦したラグナロク。

第一試合は、三国志史上最強の武人であり、中華最強の英雄の呂布奉先と、北欧最強の雷の狂戦士トール神の対決です。

どちらも最強と言われるほどの漢だからか、一切防御も構えもせず、ゆっくりゆっくり距離を詰め、渾身の一撃をぶつけ合います。

しかも、神を目の前にした呂布の堂々たる姿、彼の家臣でなくても思わず惚れ惚れしてしまうほど、格好良い勇姿です。

まとめ


(C)アジチカ・梅村真也・フクイタクミ/コアミックス, 終末のワルキューレ製作委員会

戦乙女13姉妹の長姉ブリュンヒルデが異議を唱え、「人類滅亡」を決めた神々を挑発した結果、神vs人類の最終闘争「ラグナロク」が実現した、バトルアクションアニメ作品でした。

人類と神話に登場する神々が戦うなんて、まるで夢のようです。第1話「ラグナロク」では、ラグナロク開幕までの物語が描かれています。

原作『終末のワルキューレ』ファンも、原作を知らない視聴者も、ブリュンヒルデの挑発に笑い、ラグナロク開幕に心躍ることでしょう。

次回の第2話「好敵手」では、第1話で対戦が決まった呂布とトール神の、最強同士の戦いが中心に描かれます。

最強故の呂布たちの苦悩と、互角に渡り合う彼らの攻防に、戦いを見守るゼウスたち神同様、観ているこちらも驚くことばかりです。

神vs人類の最終闘争「ラグナロク」の開幕が描かれた、血肉踊る超絶バトルアクションアニメが観たい人に、とてもオススメな作品となっています。

Netflixオリジナルアニメシリーズ『終末のワルキューレ』は、2021年6月17日(金)よりNetflixで配信スタートです。

関連記事

アニメーション

映画『マウスマン 愛の塊』感想考察とレビュー評価。ピエール伊東の自主制作アニメは“愛する人の定義”を問う

映画『マウスマン~愛の塊~』は2020年9月25日より、シネ・リーブル池袋で劇場公開。 青いマウス型サイボーグの活躍を描いた「マウスマン」シリーズ。2016年から現在まで、短編を含め計70本が制作され …

アニメーション

映画サイコパス2期(2019)ネタバレ感想と結末までのあらすじ【PSYCHO-PASS Sinners of the System Case.2】

『Case.2 First Guardian』は2019年2月15日(金)ロードショー 人気SFアニメシリーズ『PSYCHO-PASS サイコパス』の新プロジェクト『PSYCHO-PASS Sinne …

アニメーション

映画『岬のマヨイガ』ネタバレあらすじ感想と結末考察の解説。アニメ監督 川面真也が描く“震災の痛みと人間の強さ”

岩手県を舞台に震災と伝承を組み合わせたアニメ映画 2011年3月11日、宮城県牡鹿半島沖で発生した最大震度7の地震は多くの犠牲者を出し、日本だけでなく世界を悲しみに包みました。 10年が経過してもなお …

アニメーション

『プロメア』映画評価。今石アニメが劇場4DX体感でさらに熱く【ネタバレあり】

『プロメア』4D版は2019年10月18日(金)より全国ロードショー! どこまでもエンジン全開な独特のノリと勢いが特徴的であり魅力でもある作家、中島かずきが脚本を担当した作品の数々。 2019年5月2 …

アニメーション

ダンまち映画ネタバレ感想『劇場版ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか オリオンの矢』冒険者のベルが女神アルテミスを救う!

運命に選ばれた冒険者が女神と約束を交わす冒険譚 桜美かつしが監督を務めた、2019年製作の日本の冒険ファンタジーアニメ映画『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか オリオンの矢』。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学