Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

【ネタバレ】パイレーツ・オブ・カリビアン2|結末あらすじ感想と評価解説。デッドマンズチェストをめぐる海賊の争いにジャックたちの恋愛模様も加わる

  • Writer :
  • 秋國まゆ

大人気映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ第2作目!

ゴア・ヴァービンスキーが監督を務めた、2006年製作のアメリカのアクションアドベンチャー映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』。

自由を愛する海賊ジャック・スパロウが13年前、自らの魂と引き換えに深海の悪霊デイヴィ・ジョーンズと血の契約を交わしました。

その契約期間が終わりに近づいた頃、デイヴィ・ジョーンズの幽霊船で永遠の労役に服すという地獄から逃れるべく、「死者の宝箱(デッドマンズ・チェスト)」を追い始めるジャックの姿とは、具体的にどんな姿だったのでしょうか。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』の作品情報


(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved

【公開】
2006年(アメリカ映画)

【脚本】
テッド・エリオット、テリー・ロッシオ

【監督】
ゴア・ヴァービンスキー

【キャスト】
ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ビル・ナイ、ステラン・スカルスガルド、ジャック・ダヴェンポート、ケヴィン・マクナリー、ナオミ・ハリス、ジョナサン・プライス、マッケンジー・クルック、トム・ホランダー、リー・アレンバーグ、ジェフリー・ラッシュ、デヴィッド・スコフィールド、アレックス・ノートン、デヴィッド・ベイリー、ヴァネッサ・ブランチ

【作品概要】
前作『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』(2003)に引き続き、『ザ・リング』(2002)のゴア・ヴァービンスキーが監督を務めた、アメリカのアクションアドベンチャー作品。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』(2003)から3年後を描いた続編です。

前作『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』(2003)に引き続き、『シザーハンズ』(1990)のジョニー・デップが主演を務めています。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』のあらすじとネタバレ


(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved

前作『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』(2003)から3年後。恋人同士となったイギリス帝国のポート・ロイヤルの鍛冶職人ウィル・ターナーとポートロイヤル総督の娘エリザベス・スワンは、結婚式を目前に控えていました。

しかし結婚式前日、ウィルとエリザベスはイギリス帝国で悪事を働いた海賊ジャック・スパロウを手助けした罪で、東インド貿易会社の権力者カトラー・ベケット卿に逮捕されてしまいます。

そしてベケット卿はウィルに、「このまま婚約者ともども絞首刑に処されたくなければ、東インド貿易会社の代理人として、ジャックからある所有物を回収してこい」と命じました。

その所有物とは、ジャックが肌身離さず持っている「北を指さないコンパス」のことです。

一方ジャックは、冷酷な海賊ヘクター・バルボッサからカリブ海最速の船「ブラックパール号」を取り戻し、再びブラックパール号の船長に返り咲いていました。

ですが、ジャックの指示は針路も目的も定まっておらず、彼の右腕的存在である航海士のジョシャミー・ギブス航海士らはしばらくの間海賊らしいことは何もできていませんでした。

ギブスたちが不満を募らせるなか、1人でブラックパール号を降りたジャックは、あるものを開けるために使う鍵を記した紙を手に入れて戻ってきました。

「それは財宝が眠る宝箱の鍵か?」というギブスたちの問いに、ジャックは言葉を濁します。

そんなジャックの元に、ウィルの父親である「靴ひも(ブーツストラップ)のビル」のビル・ターナーが突如現れ、深海の悪霊デイヴィ・ジョーンズとの契約の期限が迫っていることを告げました。

実は13年前、ジャックは自らの魂と引き換えに、デイヴィ・ジョーンズと血の契約を交わしていました。

それはジャックがブラックパール号の船長となる代わりに、契約期限が切れたらデイヴィ・ジョーンズが船長を務める幽霊船「フライング・ダッチマン号」の乗組員として100年間働かなければならないというものでした。

ビルもデイヴィ・ジョーンズと魂を売る契約を交わした船乗りの1人。バルボッサによって靴ひもに砲弾を括りつけられ海へ落とされた彼は、アステカの金貨の呪いで死ぬこともできず、永遠の苦しみを味わいました。

この苦しみから逃れるためならなんでもする、そう思ったビルは自らの意思で深海の悪霊デイヴィ・ジョーンズと契約を交わし、彼が船長を務める幽霊船「フライング・ダッチマン号」の乗組員となったのです。

言い訳ばかりするジャックに、ビルはデイヴィ・ジョーンズが操る怪物クラーケンを引きつける黒丸を彼の掌に残していきました。

その頃ウィルは、牢屋に監禁されたエリザベスに「ジャックをポート・ロイヤルに連れ戻し、君と結婚する」と約束し、ジャックを探す旅に出ました。

ウィルはペレゴストス族の島でジャックとブラックパール号を見つけるも、ジャックとギブスたちは囚われの身となってしまっていました。

しかしジャックの場合、ギブスたちよりも深刻な状況に置かれていました。

ジャックを族長だと勘違いしているペレゴストス族は、彼を人の姿をした神だと思い、肉体という牢獄から魂を解放するべく、丸焼きにして食べてしまおうとしていたのです。


(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved

ジャックが生きたまま丸焼きにされてしまう直前、ウィルとギブスたちは球体型の檻ごと脱走。指示を仰がれたジャックは、島民に捕まえに行くよう命じました。

その隙に、ジャックも体に棒を括り付けられたまま脱走。崖から森に落ちた際に運よく自由の身となったものの、島民に脱走したことがバレて追いかけられてしまいます。

それでも何とか停泊していたブラックパール号に辿り着いたジャックは、先に着いていたウィルたちと共に島から脱出しました。

この間、バルボッサの手下であるラゲッティとピンテルはポート・ロイヤルの牢屋の鍵を持つ犬を手なずけて脱獄。

浜辺に停められていたブラックパール号を盗もうとしますが、ペレゴストス族がジャックを追いかけているのを見て、その場の勢いでジャックの手下となりました。

ジャックは、自身が持つ「北を指さないコンパス」を欲しがるウィルに、「コンパスを渡す代わりに、鍵を捜すのを手伝って欲しい」と提案しました。

ウィルはこれに承諾し、取引成立。ジャックたちと共に、ジャマイカの司祭ティア・ダルマの元へ向かいました。

その道中、ウィルはギブスから、ジャックが沖に出ることを避けているのは、クラーケンに船もろとも海に沈められたくないからだと聞きました。

ジャックはティア・ダルマに、バルボッサが飼っていた不死身の猿ジャックと引き換えに、「死者の宝箱(デッドマンズ・チェスト)」を探してほしいと頼みます。

以下、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』ネタバレ・結末の記載がございます。『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved

この時、「北を指さないコンパス」は、ティア・ダルマがジャックにあげた「持ち主の望む場所を指すコンパス」であることが、ティア・ダルマの口から明かされました。

ジャックは自分の望む場所がどこか分かっていますが、それを認めることができないため、「北を指さないコンパス」の針が定まらなかったのです。

ティア・ダルマ曰く、ジャックが探している「死者の宝箱」とは、海のようにすぐに心変わりし、荒々しく決して思い通りにならない女に恋焦がれたデイヴィ・ジョーンズの心臓が入った宝箱だといいます。

女を想い続ける苦しみに耐えきれず、デイヴィ・ジョーンズは自らの心臓を抉りだし、宝箱に納めました。その宝箱を開ける鍵は、常に自分の目に届くところに置きました。

そう話した後、ジャックの掌に記された黒い烙印を見て事情を察したティア・ダルマは、「デイヴィ・ジョーンズは10年に一度しか陸に上がれない。だから陸にいれば安全だ」と言って、陸の土が入った瓶を渡しました。

ウィルが「その鍵を手に入れるには、フライング・ダッチマン号を探すしかない」と言うと、ティア・ダルマはフライング・ダッチマン号がある場所を占いました。

その後、クラーケンによって破壊された船を見つけたジャックたちは、もうすぐその船の近くにフライング・ダッチマン号が現れると見越して、ウィルをその船のもとに行かせました。

ウィルがその船に辿り着いた直後、ジャックたちの予想通り、フライング・ダッチマン号が出現。デイヴィ・ジョーンズは乗組員たちが捕まえた船の水夫に、自分と契約を交わすよう脅迫します。

その水夫の中に、死んでもいないし死にかけてもいないウィルが混じっていることに気づいたデイヴィ・ジョーンズは、「なぜお前がここにいる?」と尋ねました。

それに対しウィルはジャックの指示通り、「ジャック・スパロウのツケの清算にきた」と答えました。

その言葉を待ちわびていたデイヴィ・ジョーンズは、望遠鏡越しにこちらを見ていたジャックの元へ移動。「どんな事情(バルボッサ一味による反乱)があったにせよ、13年間ブラックパール号の船長だと名乗り続けたツケを払え」と迫ります。

ジャックが「ウィルが代わりにフライング・ダッチマン号の乗組員となって働く」と提案すると、デイヴィ・ジョーンズから3日の猶予が与えられ、ウィルを含む100人の魂を集めるよう命じられました。

ジャックたちは99人の魂を集めるべく、カリブ海北部のハイチ島「トルトゥーガ」で新たな乗組員を募集しました。

そこでジャックたちは、元イギリス帝国海軍の提督ジェームズ・ノリントンと、男装したエリザベスと再会します。

エリザベスは父であるウェザビー・スワンに牢屋から出してもらった後、ベケット卿を脅迫し、ジャックへの敵国船拿捕許可状(民間の船が他国の船を攻撃・拿捕することを国家が認めた他国船拿捕免許状のこと)を入手。

貿易船「エディンバラ・トレーダー号」に密かに乗り込み、ドレスを女の幽霊に見立てた作戦でトルトゥーガに寄港させたのです。

ジャックはエリザベスに、「ウィルを過酷な運命から救い出したいなら、“北を指さないコンパス”を使って、デイヴィ・ジョーンズを意のままに操ることができる“死者の宝箱”を見つけ出してほしい」と提案しました。

その頃、フライング・ダッチマン号で再会した父と話していたウィルに、長年船にいた為に身体が船壁と同化している乗組員のウィバーンが、死者の宝箱について詳しく語りました。

「死者の宝箱に入っている心臓を突き刺してはならん」「このフライング・ダッチマン号には生きた心臓が必要。でないと船長、鍵を持つ者がいなくなってしまう」と言うも、ウィバーンは宝箱と鍵の在り処に関してだけは秘密を貫きました。

そこでウィルは、フライング・ダッチマン号の乗組員がやっていた賭け事を利用し、デイヴィ・ジョーンズに勝負を挑むことにしました。

ウィルが負ければ彼の魂は永遠にフライング・ダッチマン号で働く、ウィルが勝てばデイヴィ・ジョーンズが持つ鍵を貰う、という条件で。

そんな約束をした息子が心配で、ビルもゲームに参加。ゲームは簡単で、参加者全員の手の内を読んで、全体でのサイコロの目がいくつあるか当てるのです。

勝負の結果、5の目が8つで、それを予想したデイヴィ・ジョーンズの勝ち、ターナー親子の負けでした。

それでも鍵を手に入れることを諦めきれなかったウィルは、父と協力して就寝中のデイヴィ・ジョーンズのタコひげの中に隠された鍵と、鍵を記した紙をすり替えます。

ウィルは自分の身を犠牲にしてでも陸に帰そうとしてくれる父に、「必ずあなたを自由にする方法を見つけ、あなたから貰ったこのナイフで奴の心臓を突き刺す」と約束し、フライング・ダッチマン号から立ち去りました。


(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved

翌朝、ウィルはトルトゥーガから出航したエディンバラ・トレーダー号に救助され、エリザベスが脱ぎ捨てたドレスを見つけます。

しかしその直後、鍵を取り戻すためにデイヴィ・ジョーンズが呼んだクラーケンによって、エディンバラ・トレーダー号は沈められ、運よく生き残った水夫はフライング・ダッチマン号の乗組員によって殺されました。

ジャックがウィルに鍵のことを教えたのは、死者の宝箱が目的だからだと察したデイヴィ・ジョーンズは、乗組員に死者の宝箱がある十字架島へ向かわせます。フライング・ダッチマン号の舳先に、ウィルが隠れていることには気づかずに………。

先に十字架島に辿り着いたのはジャックたちでした。浜辺に埋められた死者の宝箱を見つけ出したジャックたちの元へ、ウィルが現れます。

ジャックは、父との約束を果たしたいウィルと、箱の中身をベケット卿のもとに持ち帰って自分の名誉を回復したいノリントンと、死者の宝箱を巡って対峙することに。

エリザベスは大人げないことをする3人の男に呆れつつ、死者の宝箱を盗んだラゲッティとピンテルを追いかけました。

そんなエリザベスたちの元へ、潜航してから上陸したフライング・ダッチマン号の乗組員たちが襲い掛かってきます。

死者の宝箱を巡る乱戦の末、ノリントンが鍵がささったままの死者の宝箱を持って囮となり、フライング・ダッチマン号の乗組員を引きつけている間に、ジャックたちはブラックパール号に戻りました。

これでもう誰も追いかけてこない、そうギブスが安堵した直後、ブラックパール号のすぐ横にフライング・ダッチマン号が現れました。

ジャックは臆することなく、陸の土が入った瓶を掲げてデイヴィ・ジョーンズに新たな取引を持ち掛けます。

そこに死者の宝箱から取り出したデイヴィ・ジョーンズの心臓が入っているからです。ですがジャックとの取引にうんざりしたデイヴィ・ジョーンズは、乗組員たちにブラックパール号に砲弾を撃ち込むよう命じます。

降り注ぐ砲弾から逃げるべく、ジャックたちはブラックパール号を使って逃走。ブラックパール号に速さでは勝てないと悟ったデイヴィ・ジョーンズは、わざと速度を落として諦めたと見せかけ、ブラックパール号を目掛けてクラーケンを放ちました。

一度クラーケンと対峙したことがあるウィルが指揮を執り、ブラックパール号の乗組員総出でクラーケンと果敢に戦っているなか、ジャックは脱出ボートで逃げ出します。

ですが「北を指さないコンパス」を見て、「自分が最も手に入れたいもの」が何か知ったジャックはブラックパール号に戻り、ウィルと協力してクラーケンを追い払いました。

しかしそれはクラーケンを怒らせただけにすぎないと考えたジャックたちは、断腸の思いでブラックパール号を捨てる決断をします。

ブラックパール号の乗組員が脱出の準備を進める中、エリザベスはジャックにキスをし、ブラックパール号のマストの支柱に手枷で縛りつけました。ウィルがそれを見ているとは知らずに………。

「クラーケンの狙いはあなたであって私たちじゃない。だからこうするしかないの」と説明するエリザベスに、ジャックは「海賊め」と答えました。

その後、脱出用のボートに乗ったウィルたちの目の前で、ジャックはブラックパール号もろともクラーケンによって海に沈められました。

これでジャックのツケは清算されたと思っていたデイヴィ・ジョーンズは、死者の宝箱の中が空っぽなのを見て、「おのれジャック・スパロウ!」と怒りの声をあげました。

その頃ノリントンは、漂流していたところを東インド貿易会社の船に救助され、ベケット卿にデイヴィ・ジョーンズの心臓を渡して取引を持ち掛けました。

後日。ウィルたちはティア・ダルマの元を訪れ、ジャックがブラックパール号と共に海に沈んだことを話しました。

そしてウィルが、エリザベスに「ジャックを生き返らせる方法があったら…」と言うと、ティア・ダルマが割って入り、「世界の果てのその先まで旅をして、ジャックとその大事な船を取り戻す気はあるか?」と皆に尋ねます。

ウィルたち全員が賛同すると、ティア・ダルマは「世界の果ての不気味な呪われし海に挑むとなったら、あの海を良く知る船長が必要だ」と言いました。

その直後、死んだはずのバルボッサが猿のジャックを肩に乗せながら皆の前に現れ、「さあ聞こうか、俺の船はどうなったんだ?」と尋ねました。

スポンサーリンク

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』の感想と評価


(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved

「死者の宝箱」を巡る男たちの熱き戦い

物語の鍵を握る「死者の宝箱」と、その中に入っているデイヴィ・ジョーンズの生きた心臓。

ウィルはフライング・ダッチマン号に囚われた父ビルを自由にするために、ノリントンはデイヴィ・ジョーンズの心臓をベケット卿のもとに持ち帰り、失った名誉を回復させるために「死者の宝箱」を求めます。

最初に探し始めたジャックが「死者の宝箱」を求めるのは、デイヴィ・ジョーンズを殺すのではなく、彼の弱みを握って新たな取引を持ち掛けるためでしょう。

エリザベスの制止する声も聞かず、戦いに夢中のジャックたちの姿はいかにも男の子って感じがして微笑ましいですし、戦いの最中に思わぬハプニングが起きるのでとても面白いです。

愛・友情・裏切り


(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved

ウィルとエリザベスはお似合いのカップルであり、本来物語の序盤で彼らは結婚式を挙げるはずでした。

それができなくなった元凶たるジャックは、またしても己の目的のためにウィルを騙し、裏切ります。

さらにウィルがいない隙を狙って、ジャックはエリザベスを口説くのですが、ウィル一筋の彼女は当然1ミリたりともなびきません。

エリザベスもウィル同様、クラーケンとの戦いの最中に自分たちを見捨てて逃げたジャックに憤慨していました。

ですがジャックは、「北を指さないコンパス」を覗いてブラックパール号に戻ってくるのです。

それは何故かと言うと、ジャックが本当に手に入れたいのはエリザベス、ひいては彼女の心だと考察します。

そして物語の終盤で描かれた、熱いキスを交わすジャックとエリザベスの姿。それを偶然見てしまったウィルの心は、ジャックへの嫉妬と怒り、そのことを黙っているエリザベスへの不信感でいっぱいでしょう。

ターナー親子の再会


(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved

ジャックに騙されたことに憤慨するウィルですが、そのおかげで死んだと思っていた父親のビルと再会できました。

ですが再会してすぐ、デイヴィ・ジョーンズに代わってフライング・ダッチマン号の甲板での作業を指揮する甲板長のジミー・レッグスの前で失態を犯し、ウィルは鞭打ちの刑に処されることに。

レッグスの鞭打ちは、打たれた箇所の肉が骨から削げ落ちるほどの威力があることを知っていたビルは、ウィルを守るために自分に鞭打ちの刑をと懇願しました。

さらにビルは、デイヴィ・ジョーンズとの勝負で、ウィルを守るために自分もゲームに参加して彼を庇って負けたり、「死者の宝箱」の鍵を盗む彼に協力して逃がしてあげたりします。

姿かたちは変わってしまっても、ビルは父としての情を捨ててはおらず、大事な息子を守ろうと必死でした。ウィルもまた、ビルを自由にするためにジャックたちと戦いました。

そんなビルとウィルが交わした約束が果たされる時、タナー親子に自由と穏やかな生活が送れるようにと、願いたくなるほどの親子愛に涙します。

まとめ


(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved

物語の鍵を握る「死者の宝箱」を巡って、自由を愛する海賊と鍛冶職人と元イギリス帝国海軍の提督、そして深海の悪霊と東インド貿易会社のそれぞれの思惑が交錯し激突する、アメリカのアクションアドベンチャー作品でした。

本作の見どころは、十字架島での「死者の宝箱」を巡ったジャックたちの戦い、タナー親子の感動の再会、そしてジャック・ウィル・エリザベスの三角関係です。

エンドロール後、ペレゴストス族の島に取り残されてしまった犬が、新たな族長となった姿が描かれていました。

また物語のラストでは、前作『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』(2003)でのジャックとの戦いに敗れたバルボッサが、今度はウィルたちを導く船長として登場しました。

バルボッサが林檎を齧っている姿から察するに、バルボッサの飼っている猿のジャックとは違い、彼は再びアステカの金貨の呪いによって不死身となって甦ったのではなく、普通の人間として蘇ったのだと考えられます。

このバルボッサの復活が、果たしてウィルたちにとって吉と出るか凶と出るか、続編が楽しみです。

自由を愛する海賊が本当に自分が手に入れたいものを知る、愛と友情と裏切りを描いたアクションアドベンチャー映画が観たい人に、とてもオススメな作品となっています。

関連記事

アクション映画

【ネタバレ】エッジ・オブ・トゥモロー|あらすじ結末感想と評価解説。武術アクションでルイス・ファンが新兵器“戦闘用パワードスーツ”大暴れ!

1人のSPがテロリストから世界を救うアクション・アドベンチャー! タン・チャオチアが監督を務めた、2021年製作の中国のアクション・アドベンチャー映画『エッジ・オブ・トゥモロー』。 政府は平和の抑止力 …

アクション映画

007は二度死ぬ|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ロケ地の東京や鹿児島の撮影でボンドがファンを魅了する

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第5作! ルイス・ギルバートが監督を務めた、1966年製作のイギリス・アメリカ合作の大人気スパイアクション映画『007は二度死ぬ』。 米ソ両国の有人ロケット …

アクション映画

『るろうに剣心 京都大火編』あらすじネタバレ感想と結末評価の解説。藤原竜也×神木隆之介らが敵として剣を交えるアクション時代劇

原作の「京都編」を2部作で描いた前編にあたる『るろうに剣心 京都大火編』 映画『るろうに剣心 京都大火編』は、原作のクライマックスにあたり、人気の高いエピソード「京都編」を描いた2部作の前編です。 不 …

アクション映画

映画『フリー ガイ』ネタバレ感想評価と結末あらすじ。ライアン・レイノルズがゲーム世界で“モブキャラヒーロー”になる

平凡なゲームのモブキャラが世界の危機を救うアクション・アドベンチャー! ショーン・レヴィが製作・監督を務めた、2021年製作のアメリカのアクション・アドベンチャー映画、『フリー・ガイ』。 何でもありの …

アクション映画

【ネタバレ考察】ドクターストレンジ2|あらすじ感想と結末解説レビュー。ワンダの最後を経てエンドクレジットで描かれる“希望”

サム・ライミによって描かれる 異色すぎ・新感覚すぎなマーベル・ヒーロー映画! 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2022)によって「マルチバース(多元宇宙)」の世界が開かれ、登場不可能とされて …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学