Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2021/08/02
Update

映画『ジャングル・クルーズ』ネタバレあらすじ感想と結末の解説。ディズニーランドの人気アトラクションを実写化したアクションアドベンチャー!

  • Writer :
  • 秋國まゆ

奇跡の花を追い求める者たちの旅と戦いを描いたアクション・アドベンチャー。

ジャウム・コレット=セラが監督を務めた、2021年製作のアメリカのアクション・アドベンチャー映画、『ジャングル・クルーズ』。

植物学者とその弟が、アマゾン川を知り尽くしたクルーズツアーの船長を旅の相棒にし、伝説として語り継がれた万病を癒す奇跡の花を探す旅に出る姿とは、具体的にどんな姿だったのでしょうか。

ディズニーランドでお馴染みの人気アトラクション「ジャングル・クルーズ」を実写映画化させたアクション・アドベンチャー映画『ジャングル・クルーズ』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『ジャングル・クルーズ』の作品情報


(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

【公開】
2021年(アメリカ映画)

【脚本】
マイケル・グリーン、グレン・フィカーラ、ジョン・レクア

【監督】
ジャウム・コレット=セラ

【キャスト】
ドウェイン・ジョンソン、エミリー・ブラント、エドガー・ラミレス、ジャック・ホワイトホール、ジェシー・プレモンス、ポール・ジアマッティ

【作品概要】
フライト・ゲーム』(2014)や『トレイン・ミッション』(2018)などを手掛けた、ジャウム・コレット=セラが監督を務めた、アメリカのアクション・アドベンチャー作品です。

「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソンが主演を務め、『メリー・ポピンズ リターンズ』(2018)のエミリー・ブラントが共演しています。

映画『ジャングル・クルーズ』のあらすじとネタバレ


(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

全ての伝説は真実から生まれる。アマゾンでは、ある花にまつわる伝説が生まれました。

‟月の涙”と呼ばれるその花は、万病を癒し、どんな呪いも解くという。何百年にもわたり、多くの人々が巨木に咲くその、癒しの花を探し求めました。

中でも有名なのが、スペイン人の征服者ドンロペ・デ・アギーレです。‟月の涙”を手に入れることは、彼の悲願でした。

しかし、花はアマゾンのジャングルに守られており、歴史書には「旅に失敗した」としか、記されていません。

でも、その伝説には続きがありました。多くの仲間を失い、自身も瀕死に陥ったアギーレは、巨木を守る一族に命を救われたのです。

そこでアギーレは、花を探す鍵となる「聖なる矢尻」という存在を知りました。アギーレは族長に、彼が持つ矢尻を渡すよう求めました。

しかし、族長に拒絶されてしまい、これに激怒したアギーレは、族長たちを虐殺し村を焼き払いました。

これにジャングルは怒り、アギーレとその仲間たちをジャングルに引き摺り込み、呪いをかけました。二度と川のそばを離れられず、死ぬことも出来ない惨い呪いを…。

1916年、大戦の2年目のイギリス・ロンドン。その伝説を語る青年マクレガー・ホートンは、「アギーレたちはペルー・アンデス方面にある、アマゾン川の上流“クリスタルの涙”と呼ばれた場所におり、‟月の涙”と呼ばれる花が咲く巨木もここにあるとするならば、この伝説は真実であるという証明が出来る」と断言します。

マクレガーと彼の姉、行動力と研究心を兼ね備えた植物博士リリー・ホートンは、この‟月の涙”を手に入れることが出来れば、その花によって医療は大きく変わると確信していました。

リリーたち姉弟はまず、王立人類学冒険協会から、彼らの所蔵品である矢尻を盗みます。その途中、同じく矢尻を求めてやって来たドイツ帝国の王の末の息子ヨアヒム殿下に見つかり、ピンチに陥りますが何とかして切り抜けました。

矢尻を手に入れたリリーに、矢尻が入っていた木箱の中にあった、鳥のおもちゃを掴まされてしまったヨアヒム殿下は、ドイツ帝国軍を率いて彼女を追跡することにしました。

ブラジルのポルト・ヴェーリョに到着したリリーたちは、早速月の涙へ行くための船を手配するべく、ここにある船と波止場を管理する男ニールを探しました。

リリーが、ニールの事務所で会ったのは、彼に借りた金の返済が滞り、船の鍵とエンジンを没収されてしまったクルーズツアーの船長フランク・ウルフでした。

アマゾンのジャングルに生息する珍しい動物や、スリル溢れた先住民の村、滝の裏側などの名所の数々を、時々ジョークを交えながら観光客相手にガイドをしているフランク。

リリーは、ニールのフリをしたフランクを、ニール本人だと思い込み、‟月の涙”へガイドして欲しいと頼み込みます。

しかし、別行動をとっていたマクレガーが、本物のニールを連れてきたことで、2人の交渉は決裂。それでもフランクは、リリーの首にかけられた矢尻を見て目の色を変え、ニールよりも自分にガイドをさせろと要求します。

リリーとフランクが言い合う中、彼らがいるニールの事務所兼酒場に、1頭のジャガーが侵入。腰が引け逃げ出してしまうニールに対し、フランクは難なくジャガーを追い払ってくれたのです。

対照的な2人の行動を見て、フランクの有能さを認めたリリーは、彼を旅の相棒に決めました。


(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

フランクは船の鍵とエンジンを取り戻し、マクレガーが持ってきた彼の余計な荷物を川に捨てたのち、船を出航させます。

しかしその時、リリーは剥製にしようとする商人から、鳥や猿たちを助けつつ、ヨアヒム殿下が遣わしたドイツ兵アクセルに追われていました。

そんなリリーを助け、無事船に乗り込ませたフランクたち。しかし、月の涙を手に入れドイツ帝国軍を戦争で勝利させ、世界を支配したいと企むヨアヒム殿下は、今度は潜水艦を使って追いかけてきました。

フランクの操縦と波止場や倉庫を盾に使った作戦により、潜水艦が放った魚雷も、潜水艦による特攻も回避したフランクたち。

彼らは無事、港を出てアマゾン川の奥地にある、クリスタルの涙へ向かう旅に出ました。

その道中、フランクとリリーは事あるごとに衝突し、急流に差し掛かり滝壺へ落ちそうになったり……。

実は彼の飼っている「プロクシマ」というジャガーを使って、ガイドをさせるよう自作自演の芝居をうっていたことが分かったりと、散々な目に遭うリリーたち姉弟。

フランクに事あるごとに騙されるリリーたちは、その度に彼への信用を失い、怒りました。

一方、ヨアヒム殿下はドイツ帝国軍の兵士たちを連れて、アギーレとその仲間がいる洞窟へと向かいました。

ヨアヒム殿下は、川の水から離れ石化してしまっているアギーレたちを、川の水を使って蘇らせ、月の涙奪取のために利用しようと企みます。

その頃、フランクたちは地図に記された場所、ウカヤリの入り江に到着。フランクとマクレガーは船を降り、燃料に使う薪を集めに行きました。

その際、マクレガーはフランクに、危険を承知の上でリリーについて来た理由を明かします。実はマクレガーは、父親に早く結婚するよう見合いをさせられましたが、どんなに教養があって完璧な女性が現れても、好きになれませんでした。

女性とは別のものに心惹かれるマクレガーに、彼のおじは家の相続権を奪うと言い、親戚は彼に背を向けてしまいます。家族から見放されたマクレガーを、唯一見捨てず味方でいてくれたのは、リリーだけでした。

そのリリーのためならば、たとえ火山でも一緒に着いていくと心に決めたマクレガー。そのリリーはというと、フランクに立ち入りを禁じられている船長室に忍び込み、彼もまた‟月の涙”を探していることを知りました。

そのことを問い詰められたフランクは、素直に‟月の涙”を探していたことを白状し、アマゾン川を回りずっと探してきたけど、‟月の涙”を見つけることは出来なかったと言います。

以下、『ジャングル・クルーズ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ジャングル・クルーズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

フランクの告白を聞いた直後、リリーたちは突如現れた先住民たちに捕まり、矢尻を返すよう脅されました。実はこれも、フランクがクルーズツアーのために仕込んだものでした。

またもやフランクに騙されたと憤慨するリリーたち兄弟。さすがにやり過ぎたと反省するフランクをよそに、リリーは先住民の女性サラに、矢尻に刻まれた文字を訳して貰います。

「月の涙。それはいかなる病み患いも治すもの。魂をも癒すことができる」「花を手に入れたくば、水を石に変えてみせよ。次に、壊れた心を治せ」

「月の涙が咲くのは、巨木がなく月の下に入りし時。つまり2日後の夜。巨木が隠れるは、月が地にそまる場所」

「つまり西の方角にある、蛇の心臓の向こう側。蛇が自らの緒を嚙むところなり」。つまり、月の涙が咲く巨木がある場所は、クリスタルの涙ではなく、月の道と呼ばれた場所にあります。

‟月の涙”の在り処を知ったフランクたちが、村で一晩明かすことにしようとしたその瞬間、アギーレ一味が現れ村を襲撃。

彼らは矢尻を持つリリーを狙い、襲い掛かってきますが、矢尻の奪取に気を取られてしまったあまり、どんどん川のそばから離れてしまいました。

それにより、ジャングルの呪いに引き摺り込まれてしまったアギーレ一味。無事難を逃れたリリーたちでしたが、フランクはアギーレの剣が心臓に刺さっており、マクレガーも左足を骨折してしまいました。

死んでもおかしくないほどの重傷を負ったフランクですが、彼はピンピンしています。それに困惑するリリーたちに、フランクは隠していた秘密を明かしました。

フランクの本当の名前は、フランシスコ・ロペス・デ・エーリア。彼は父親がアギーレの父親に仕えていた傭兵だったことから、父親の死後、アギーレの家に引き取られ、アギーレとまるで兄弟のように育てられました。

1556年、スペイン。アギーレの娘アナが重い病を患ってしまい、アギーレは娘の命を救うために、フランシスコたち仲間と共に、月の涙を手に入れる旅に出ました。

しかし、アマゾン川に辿り着いた直後、アギーレたちが乗る船は大破。月の涙への道は険しく、ジャングルの中で何人もの仲間が死に、ほぼ全滅状態でした。

けれどアギーレは、娘のいない世界など無意味であるため、月の涙を手に入れることを諦めようとしません。

フランシスコもまた、アナの命を救うことを諦めず、アマゾン川とジャングルを地図に記しながら、アギーレについていきました。

瀕死に陥ったアギーレと部下3人、フランシスコを救ったのは、月の涙を巨木を守る先住民たちでした。

村の族長とその娘によって、全てを癒す花弁の魔法を使い、傷を癒したアギーレたち。彼は‟月の涙”が手に入れば、娘の命を救うことが出来ると確信が持てた一方、内心焦っていました。

ある日の夜、アギーレは族長に、「矢尻を渡せ、巨木へ案内しろ」と要求しましたが、拒絶されてしまいました。それに逆上したアギーレは、族長に剣を突き刺して殺し、部下たちと共に村を焼き払い、あんなに良くしてくれた村人たちを虐殺していったのです。

そんなアギーレの行為をさすがに良くないと思ったフランシスコは、矢尻を持つ娘を庇い、アギーレの手によって命を落としました。

族長は息を引き取る直前、聖なる矢尻と巨木を守る呪文を唱えました。それはアギーレ一味とフランシスコを、不死の体に変え、一生川から離れられないよう、ジャングルに縛り付ける呪いでした。

それから300年間、アギーレは自身を裏切ったフランシスコを恨み、部下たちを率いて何度も何度も彼を殺しにかかりました。

もうアギーレに剣で刺され、殺されるのはまっぴらだと思ったフランシスコは、アギーレ一味を深い洞窟の底に落とし、閉じ込めることに成功。

川の水から離れてしまったアギーレ一味は、ジャングルの呪いに囚われつつ、干からびて石化。やがて彼らは、ジャングルの呪いに蝕まれ続けた結果、蛇や蜂、植物や泥を纏った化け物へと姿を変えたのです。

フランシスコはそれから100年ぐらいの間、アマゾン川の近くに港と街を作り、多くの人々と出会い、別れを繰り返す日々を送っていました。

フランシスコ自身、はぐれ者のジャガーを連れて自作の船に乗り、月の涙を手に入れる旅に出ましたが、結果見つけられませんでした。

そんなフランシスコは、この400年間で世界を嫌というほど見てきたため、もういい加減ジャングルの呪いから解放されて、永遠の眠りにつきたいと思っていました。

そう話すフランシスコに、リリーは「世界を見る意味が加われば、見え方も変わってくる」と言います。

一方、リリーたちに足の怪我を理由に、村に置いていかれてしまったマクレガー。彼はサラと一緒にカヌーに乗り、先を行くリリーたちと合流しようとしていました。

そんな2人の元に現れたのは、潜水艦に乗るヨアヒム殿下率いるドイツ帝国軍。サラはマクレガーを見捨て川に逃げてしまい、彼に捕まったマクレガーは、先住民たちの命を人質に取られてしまったため、強制的に月の道までの道案内をさせられてしまいました。

そうとは知らないリリーたちは、翌日月の道へ到着。まずは巨木への道を開くため、「水を石に変える」べく、川の中にあった囲いのレバーを引きます。

リリーとフランクが協力し、決死の覚悟でレバーを力いっぱい引くと、川の水がどんどん引いていき、沈んでいた遺跡が浮上。2人で力を合わせてここまで来たことで、互いに信頼し合い、心を通わせ惹かれ合っていくフランシスコたち。

「花弁はすぐそこ、貴方は自由になれる。貴方はどこにでも行ける、世界を見られる。私の故郷ロンドンにも来て、私が車を運転してガイドしてあげるわ」

「俺はロンドンには行かないし、車にも乗らない。俺の命はもうとっくの昔に、終わっている」

「君には戻るべき世界があるが、俺にはない」「いいえ、その世界はもう、貴方の世界でもあるの」

そう話し合っているフランシスコたちの元に、ドイツ帝国軍の潜水艦が現れ、彼らはヨアヒム殿下たちに捕まり、巨木への道案内をさせられてしまうのです。


(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

遺跡の向こうに広がる洞窟、その中央に聳え立つ巨木のもとへ辿り着いたフランシスコたち。フランシスコの船に乗り込んだヨアヒム殿下は、月の涙の咲かせ方を知っている2人に、早く咲かせるよう命じました。

その鍵となる矢尻を、はめ込む囲いに到着したフランシスコとリリー。彼らは矢尻に記された言葉と、囲いの中に刻まれた絵を照らし合わせ、月の涙を咲かせようとします。

「心の壊れた戦士は、一番の高みへと辿り着くと、月に向けて矢を放つ。月は真の痛みを知り、涙を流す。その雫が、聖なる巨木に落ちる」

そこでリリーたちは、サムが言っていた壊れた心とは、この矢尻のことではないかと推測し、真っ二つに壊しました。

そしてリリーたちは、中から出てきたピンク色の光を放つ欠片を、矢尻を埋め込む場所にセット。するとたちまち、巨木は月の涙を咲かせていき、満開に咲き誇りました。

ただし、ヨアヒム殿下との交渉の結果、ヨアヒム殿下以外に月の涙を手に入れられるのは1人だけ。そう言われたリリーは、フランシスコをドイツ兵から奪った銃で撃ち、巨木の下を流れる川に突き落とします。

しかしこれは、事前に打ち合わせたリリーたちがうった、一芝居にすぎません。リリーはヨアヒム殿下の信頼を勝ち取り、彼らを油断させたうえで、彼らを出し抜き月の涙をゲット。

洞窟の影に月が隠れてしまい、満開だった月の涙はみるみるうちに枯れてしまい、残っていたのはリリーが手にした花弁だけです。

この間、フランシスコは、船にいたマクレガーとプロクシマと一緒に、ドイツ兵を倒し、船を奪取。リリーは枯れていく巨木の枝にしがみつきながら、真下に船を寄せたフランシスコに向かって、花弁を投げ渡します。

その直後、自分たちを出し抜き裏切ったヨアヒム殿下を始末するべく、現れたアギーレ一味。

彼らはヨアヒム殿下を蜂と蛇で甚振っていた時、フランシスコが月の涙を手に入れ、船で逃げようとしている姿を見つけ、標的を彼へと変更します。

それを見たフランシスコは、マクレガーとプロクシマを船から降ろし、川の水をせき止めるべく遺跡へ直進していきました。

フランシスコはその時、マクレガーに、「リリーこそが俺の世界だ」とリリーに伝えるよう言い、己の首に巻いていたスカーフに包んだ花弁を託します。

フランシスコの手に、花弁がないことを知らないアギーレ一味は、船に乗り込み彼を殺そうとしました。

船が遺跡にぶつかる直前、アギーレ一味はフランシスコが花弁を持っていないことと、彼が川の水をせき止めようとしていることに気づきます。

しかし、アギーレ一味が気づいて止めるには遅すぎました。アギーレ一味とフランシスコを乗せた船は、そのまま遺跡に衝突し大破。

川の水が塞き止められ、川の水と離れてしまった彼らは、再びジャングルの呪いに囚われ、石化してしまいました。

この間、蛇や蜂に散々甚振られ、顔を赤く腫れあがらせたヨアヒム殿下は逆上し、マクレガーたちと合流したリリーを殺しにかかります。

ところが、そこでマクレガーがリリーの前に立ちはだかり、捕まっていた時に味わったヨアヒム殿下の傲慢さへの怒りをぶつけるべく、彼をボコボコに殴りました。

その結果、後ろの巨木に倒れ込んだヨアヒム殿下は、崩れ落ちた遺跡の瓦礫の下敷きになり死亡。

石化してしまったフランシスコの元に、駆けつけたリリーたち。リリーは、フランシスコの開いた口に花弁を銜えさせ、彼の望み通りに永遠の眠りにつかせてあげようとします。

ところが、フランシスコは‟月の涙”による魔法のおかげで、普通の人間となって蘇ったのです。

喜びを分かち合い、抱き合うフランシスコたちの真上に、‟月の涙”が1つ咲きました。フランシスコたちはその後、船の残骸を使って港へ無事帰還。

後日、ロンドンに帰国したマクレガーは、この冒険によって晴れてケンブリッジ大学の教授になったリリーの代わりに、教会員たちからの勧誘を強気な発言で拒絶します。

そしてリリーとフランシスコ、プロクシマは約束通り、リリーのガイド付きで、パリの街を車で観光することにしました。

スポンサーリンク

映画『ジャングル・クルーズ』の感想と評価


(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

奇跡の花を求めた危険な冒険

万病を癒す癒しの花、‟月の涙”を手に入れようと、アマゾンの奥地にある月の道の先、‟月の涙”を咲かせる巨木へと向かうリリーたち一行。

リリーとマクレガーは、多くの人々の命を救うために。フランシスコは、不死の体を捨て永遠の眠りにつくため。

ヨアヒム殿下は、ドイツ帝国軍を戦争で勝たせ、世界を支配するために。三者三様の思惑が渦巻く旅となります。

旅の途中、何度もリリーたち姉弟を騙してくるフランシスコと、アギーレ一味が遣わした蜂に指示を仰ぐヨアヒム殿下を描いた場面は、思わずクスッと笑ってしまうほど面白いです。

フランシスコに騙されるたび、彼への信用を失い、憤るリリーたち姉弟。しかし物語の後半では、フランシスコの秘密を知った2人が、彼と協力してヨアヒム殿下率いるドイツ帝国軍を倒そうとします。

いくつもの危険を乗り越え、何度も喧嘩したことで、いつの間にか3人の間に芽生えた友情と絆。それを感じられる物語の後半は、感動する場面が満載です。

さらに、ヨアヒム殿下率いるドイツ帝国軍の潜水艦vsフランシスコたちの船、フランシスコたちvsアギーレ一味による激闘の数々はどれも迫力満点、ハラハラドキドキするスリルを味わえます。

フランクの正体と伝説の真実

陽気な船長、フランシスコに隠された秘密が、アギーレ一味に最初に襲われた物語の後半で明かされています。

フランクの正体は、かつてアギーレと兄弟同然に育った彼の仲間、フランシスコ・ロペス・デ・エーリアでした。

フランシスコは400年前の1556年、アギーレの娘アナを救うために、アギーレと彼が率いるスペインの部隊と共に、‟月の涙”を手に入れる旅に出ました。

その際、矢尻を渡すことを拒絶した族長を討ち、自分たちに良くしてくれていた先住民たちを虐殺したアギーレと彼の部下たち。

さすがにそれはやり過ぎだと思ったフランシスコは、アギーレを裏切るという苦渋の決断を下し、彼らと共にジャングルの呪いにかかったのです。

フランシスコの陽気に笑うその笑顔の裏に、400年前の悲劇とそれからの苦悩が隠されていたなんて……。これを聞いたリリーが、のちにフランシスコと結ばれ、彼の命と心を救った場面は一番感動します。

まとめ


(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

奇跡の花を巡って、リリーたちとフランシスコ、ヨアヒム殿下とアギーレ一味が争う、アメリカのアクション・アドベンチャー作品でした。

ディズニーランドの人気アトラクション「ジャングル・クルーズ」から生まれたこの映画は、ハラハラドキドキするスリルと迫力あり、笑いあり涙ありの冒険物語となっています。

本作の見どころは、フランシスコ一行vsヨアヒム殿下率いるドイツ帝国軍、フランシスコvsアギーレ一味の戦いと、‟月の涙”へ向かうまでの冒険の旅です。

リリーとフランシスコの関係が変わるところはもちろん、ビビってばかりいたマクレガーが大きく成長するところも見逃せないポイントとなっています。

リリーたちの旅の中で描かれる、自然豊かなアマゾン川とジャングル、巨木へとつながる月の道、‟月の涙”が満開に咲き誇る場面はどれも神秘的です。

最初から最後まで見逃せない、奇跡の花を求める者たちの旅と戦いを描いた、アクション・アドベンチャー映画が観たい人に、とてもオススメな作品となっています。

関連記事

アクション映画

映画『バッドボーイズ』あらすじネタバレと感想。ウィル・スミス×マーティン・ローレンスのコミカルな掛け合い

誰も俺たちを止められない! マイホームパパ、マーカスと金持ちプレイボーイ、マイクの刑事コンビが難事件に挑む…! はずが、証人保護のために二人は入れ替わることに!? マーティン・ローレンスとウィル・スミ …

アクション映画

マッドマックスをブラッククロームエディションで観るべき3つの理由!

2017年1月14日から劇場公開中、モノクロ映画の集大成であり、映画史の総括といっても過言ではない、『マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>』エディションをご紹介。 「カラーで観た …

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の成蟜(せいきょう)役は本郷奏多。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日より公開。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超える一大 …

アクション映画

韓国映画『悪人伝』感想考察とレビュー評価。キムソンギュ×マドンソク×キムムヨルの三つ巴のコリアンノワール

映画『悪人伝』は2020年7月17日(金)よりシネマート新宿ほかにて全国順次ロードショー! 本国韓国で興行収入ランキング初登場1位を記録、観客動員数300万人を超えるヒット作品となった極悪バイオレンス …

アクション映画

『アウトポスト』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の考察。実話アクション映画として描かれた敵兵に囲まれた“米軍基地の兵士たち”

圧倒的多数の敵兵に囲まれた米兵たちの実話を描いたミリタリーアクション! ロッド・ルーリーが監督を務めた、2019年製作のアメリカのミリタリーアクション映画『アウトポスト』。 アフガニスタンの北東部を舞 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学