Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『イコライザー2』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 松川準輝

前作『イコライザー』(2014)から4年ぶりの続編。

昼はタクシードライバー、夜には19秒で悪を倒す元CIAエージェント“仕事請負人=イコライザー”。そんな2面性を持つ魅力的なキャラクターが繰り広げる勧善懲悪物語。

海外のみならず日本でも話題の主人公ロバート・マッコール、ここに帰還…!

スポンサーリンク

映画『イコライザー2』作品情報


© 2018 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

監督
アントワーン・フークア

脚本
リチャード・ウェンク

キャスト
デンゼル・ワシントン、ペドロ・パスカル、アシュトン・サンダース、ビル・プルマン、メリッサ・レオ

【作品概要】
ハリウッド版必殺仕事人ともいうべき特殊エージェントのロバート・マッコールをデンゼル・ワシントンが演じ、共演は『ムーンライト』のアシュトン・サンダースが務め、敵役には『キングスマン:ゴールデン・サークル』のペドロ・パスカルが好演。

演出は『エンド・オブ・ホワイトハウス』のアントワーン・フークア監督が前作から引き続き務め、無双の戦闘スキルで仕事を完遂してきたマッコールを描いています。

映画『イコライザー2』のあらすじとネタバレ


© 2018 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.

国外に向かう夜行列車で書物を読む牧師。彼こそがロバート・マッコール。

マッコールは斜め前の席に座る男に観察していました。その男の隣には声も出せずに怯えてる少女の姿。

男は立ち上がり席を離れると、マッコールは手にしていた書物を閉じ、その後を追っていきます。

尾行する男が向かった先はBARのある車両で、先に集合していた仲間たちと男は談笑していました。

マッコールはカウンターに座り、バーテンダーに飲み物を注文しますが、英語しか話せないマッコールの注文は店員に伝わりません。

すると見かねた男がマッコールに代わり、注文を通しました。

マッコールが追っていた男は、カウンターにつくとマッコールに話しかけてきます。

しかし、マッコールと会話をしていた男の顔が次第に曇っていきます。実はこの男、別れた妻との間に産まれた娘をさらっていき、挙げ句の果てに国外へと逃亡しようとしていたのです。

マッコールが自分を追ってきたと察知した男は、始末するよう仲間に指示。

4対1の圧倒的な劣勢にいきなり立たされたマッコールですが、彼が時計の針を気にしていると、男の仲間たちは次々に襲いかかってきます。

しかしマッコールは、数の不利など気にもせずに、一人、また一人と倒して行きます。

あっという間に気がつけば男は一人、目の前にはマッコールという絶望的状況になり、喧嘩を売る相手を間違えた男はマッコールに倒されます。

夜が明けたボストン。慌てて娘を迎えに来る母親にマッコールは名も告げず、娘を送り届けます。

ボストンに帰ってきたマッコールは普段の仕事に戻ります。彼は昼はタクシードライバーの仕事をしながら、夜は世にはびこる悪を退治していました。

仕事を終えたマッコールが家に着くと人が入った形跡があり、警戒するマッコール。しかし、次の瞬間、安心したように侵入した相手に話しかけます。

彼の家に侵入したのは、マッコールの元職場CIAの同僚で友人のスーザンでした。

マッコールが何の危険もなく悪に制裁を加えられるのも、彼にCIA特殊隊員の経験があったからです。

スーザンは戻って来る気はないかとマッコールを誘い尋ねますが、彼はこれをやんわりと断ると彼女と別れます。

同じ頃、CIAの協力者が何者かの手によって殺されるという、おぞましい事件が起きました。

スーザンや彼女の同僚デイブを含めた局員は、事件の捜査に乗り出します。しかしスーザンはホテルの部屋に一人で戻ったところを、強盗に襲われてしまい、命を落としてしまいます。

一方のマッコール。住んでいるアパートにイタズラ書きが残され、大家さんが大事にしていた家庭菜園が荒らされるという事件が起こります。

マッコールは誰に頼まれたわけでもなく、壁を塗り直していきます。

そこに通りがかった美術学校の学生マイルズは、マッコールの行動に興味を持ち話しかけると、マイルズは自分の境遇や家族ことなどをマッコールに話し始めました。

どうやらマイルズは学校に通わなくなっていて、悪い奴らとつるんでいました。

そんなマイルズにマッコールは諭すように、学校に行くことの大切さや、アパートのペンキ塗りをお金を貰わずともやることの意味を語ります。

マイルズは初めこそマッコールに反論していましたが、次第に態度を改め、真剣に会話をするようになります。

その後、話の流れからマイルズは、ペンキの塗り直しをマッコールに代わり引き受けます。

マイルズは順調に作業を進めていきますが、ところがある時から塗り直しの作業は止まってしまいました。

マッコールがマイルズのことを気にかけていたある日、マイルズがチンピラに連れられて行くところを目撃します。

マッコールはマイルズの後を追っていきます。

マイルズがいる建物に着いたマッコールは、見張り役のチンピラを倒していき、建物からマイルズを連れ出します。

「放っておいてくれ」とマイルズはマッコールに歯向かい、さらには「絵だけじゃ、稼げない。だから悪いことをしてお金を稼ぐんだ」とまで言い出します。

それを聞いたマッコールは、「まだ何にでもなれる。人を殺してしまってはもう戻れなくなる」と強く説得します。

マッコールの心底からの思いを理解し始めたマイルズは改心し、またペンキ塗り作業を始めます。

そんな中、マッコールにスーザンの夫から電話がかかってきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『イコライザー2』ネタバレ・結末の記載がございます。『イコライザー2』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

スーザンが亡くなってしまったことを告げる電話に、マッコールは友人が殺されたことにショックを受けます。

すぐさま、彼はスーザンが亡くなった原因、そしてスーザンに手をかけた犯人の調査に乗り出します。

調査を始めたマッコールは、かつて共に死線をくぐってきたデイブに会いに行きました。

デイブはマッコールすでに死んだものと思っていたので、とても驚きます。

デイブとマッコールは、家族のことやマッコールの亡くなった妻のこと、そして、会いにきた理由であるスーザンのことなど、いろいろと話をします。

その後、CIAの捜査状況も教えてもらい、協力するとデイブに返事をもらったマッコールは、自身でも独自で調査を進めます。

やがてマッコールは、スーザン殺しの事件はただの強盗目的ではなく、プロの犯行だと気付くと、その事実をデイブに伝えると少し曇った表情を見せながら報告を受けました。

ある日、マッコールはタクシードライバーの仕事中に、ある男を乗せると空港に向かってくれ告げられます。

マッコールは男の動きや表情から、ただの乗客ではないと察知。空港に向かえと言われていましたが、マッコールはわざと空港から遠ざかる道を走ります。

それに全く気づかない乗客。疑念が間違いないと確信を得たマッコールは乗客を問い詰めます。

すると乗客の男はナイフを取り出し、マッコールに襲い掛かります。しかしマッコールは、運転しながらも見事に男を撃退しました。

男が持っていたスマホを奪い、マッコールは男ともども自分のタクシーを燃やしてしまいます。

その後、一方のデイブは、娘二人と美しい妻と食事をしています。

幸せな家庭を過ごしていたデイブのもとに、危機を脱したマッコールが調査の報告に訪れます。

デイブはマッコールの訪問に驚きますが、調査状況を聞き始めると、マッコールは自分の身に起こったことを説明します。

そして襲いかかって来た男のスマホから、マッコールは自分を襲った首謀者に連絡を取りました。

スマホの着信音。鳴っていたのはデイブのスマホでした。一連の犯行がかつての戦友だと分かったマッコール。

デイブは必死にマッコールに説明を始めると、スーザンが捜査に加わり、自分たちの行動が気付かれると思ったから殺したのだと自白します。

人殺しマシーンとして訓練を受けた自分たちは、普通の生活には戻れなかったと、デイブは必死に正当性を訴えます。

しかし、唯一の友人スーザンを殺したデイブに、マッコールの怒りは収まりません。

マッコールは怒り心頭で外に出ると、デイブの仲間がいました。それはCIA時代のマッコールのかつての仲間でした。

彼らも普通の生活に馴染めず、デイブと共にチームを組み、副業として殺しをやっていたのです。

マッコールはスーザンを殺めた者たちに「君らが何になろうと知ったこっちゃない。しかし友人を殺した。いつもは選択するチャンスをあたえるが、君たちにはない」と言い放ち、彼らに宣戦布告を告げました。

一方で何も知らないマイルズは、マッコールの部屋のペンキ塗り作業をしていました。

そこに運悪く、デイブたちが来てしまいます。

マッコールはマイルズに電話を掛け、隠れる場所を指示しますが、デイブはわずかな違和感に気づき、マイルズを見つけて捕まえます。

その後、マッコールは亡くなった妻と住んでいた、海が見える街へとデイブたちを誘い出します。

街には嵐が迫っており、マッコールとデイブたち以外は誰もいません。誘いにのったデイブは高台に登り、マッコールを見つけようとします。

しかし、マッコールはデイブの仲間たち、そしてかつての同僚イコライザーを一人、またひとりと倒していきます。

最後の独りになったデイブ。彼はいきなり自分が乗ってきた車に向けて銃を撃ち始めます。すると中から聞き覚えのある悲鳴。

デイブはトランクの中にマイルズを隠していました。

マイルズが殺されたくなければ姿を見せて出てこいとマッコールを脅しますが、マッコールは姿を表しません。

痺れを切らしたデイブはトランクに銃口を向けて狙います。その瞬間、車のタイヤを撃ち抜いたマッコール。

デイブの撃った弾丸はマイルズを撃ち抜くことなく、失敗してしまいます。

マッコールはデイブのいる高台に登り、最後の戦いを仕掛けます。しかし、デイブとてイコライザーであることからマッコールに必死で応戦します。

しかし、スーザンの敵討ちに燃えたイコライザーであるマッコールを食い止めることはできず、デイブは倒されてしまいました。

マッコールはマイルズの手当てをし、かつて妻と暮らした家で嵐が去るのを待ちました。

やがて、マイルズは再び学校へ通い始め、バスの車内で絵を描いていると、何を描いてるのか聞かれ「ヒーローだよ」と答えました。

そしてマッコールの住んでいたアパートの壁は、かつてのような落書きではなく、マイルズによって素晴らしい絵が描かれ、「私のここでの良い思い出を残す」との文字もありました。

一方のマッコールはただ独り、海の見える家で佇んでいました。

スポンサーリンク

映画『イコライザー2』感想と評価


© 2018 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.

俳優デンゼル・ワシントンがカッコイイ!

本作が公開されると聞いてから、事前に2014年公開の前作『イコライザー』を再視聴しましたが、やっぱりこちらも面白い作品でした。

ぜひ、本作を見る前に、前作『イコライザー』を観ておくと本作品『イコライザー2』はさらに楽しむこと間違いありません。

しかし、もちろん前作を鑑賞していなくても充分楽しめるのが、『イコライザー2』の最大の魅力です。

“ロバート・マッコールは怒らせちゃいけない”。やはり、イコライザーであるマッコールを演じたデンゼル・ワシントンが何よりもカッコイイ!

デンゼル・ワシントン初めての続編


© 2018 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.

本作『イコライザー2』は、彼のキャリアの中で初めての続編。それだけ望まれて制作された本作だけに見どころも豊富に盛り込まれています。

それを可能にしたのが、前作のみならず、さまざまな作品でデンゼル・ワシントンとタッグを組んだアントワーン・フークア監督との信頼関係があるからです。

参考映像:『トレーニングデイ』(2001)

2001年の作品『トレーニングデイ』では、デンゼル・ワシントンがアロンゾ・ハリス刑事役を好演して、アカデミー主演男優賞を受賞

この作品では、ベテラン刑事と新人刑事のバディムービーの設定を仲良くなるストーリーにすることなく、決定的な決裂で終わらせ、デンゼルには悪役を演じさせたことでも大きな話題となり、高い評価を得ました。

そのほかにも、2016年の作品『マグニフィセント・セブン』は、1954年の黒澤明監督の『七人の侍』を基にした1960年のジョン・スタージェス監督の西部劇映画『荒野の七人』のリメイクした作品もあります。

参考映像:『マグニフィセント・セブン』(2016)

この作品でデンゼル・ワシントンとアントワーン・フークア監督は、かつての名作映画のリメイクをしただけではなく、現代でも西部劇が充分に世界の映画ファンを楽しませることを知らしめました。

『マグニフィセント・セブン』は、ワールド・プレミア上映を2016年9月に第41回トロント国際映画祭で行い、また同年の第73回ヴェネツィア国際映画祭でクロージング・ナイト作品を務めたことからもわかります。

デンゼル・ワシントンは、タッグを組んだアントワーン・フークア監督だからこそ、初めての続編の出演を承諾したのです。

アクションだけが見どころではない


© 2018 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.

これまで様々なアクション映画を観てきましたが、本作ほど主人公がピンチなのにピンチと思わない作品は初めてだといえるでしょう。

まるでルーティンワークのように戦う前に腕時計を見直す仕草からの大暴れは負ける気がしません!

また敵役となるかつての戦友デイブを演じたペドロ・パスカルも実に魅力に溢れています。

ペドロ・パスカルが出演した映画前作品の『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)の際には、キャラクターの立ったウイスキー役を好演。

そのダンディなヒゲがあった印象とは、今回は異なる容姿や演技力の幅で、初め登場した際はまったく気がつかないほどです。

ペドロ・パスカルがイコライザーとしての殺し屋ではなく、父親の顔を覗かせる場面があるのですが、彼は新たな一面としての魅力とともに稼業のゆえの悲しさも見せていますので注目。

参考作品:『ムーンライト』(2016)

また、第89回アカデミー作品賞を受賞した『ムーンライト』(2016)で、主人公のティーン時代のシャロンを演じたアシュトン・サンダース。

彼は本作でマイルズ役を好演しています。

初めのうちのマイルズは、悪い輩とつるんだことからマッコールに諭されたります。

その後もマイルズは元の弱い自分に戻ってしまいますが、マッコールに救い出され、やがて成長していきます。

そんなマイルズが自らの人生から逃げずに立ち向かって行く様子は、きっと誰もの胸を打つものがあるでしょう。

デンゼル・ワシントンの熱演したマッコールとの共演で、マイルズを演じた若手俳優アシュトン・サンダースは演技を引き上げられ、今後の活躍も一段と楽しみになりました。

まとめ

世の中の悪を19秒で倒して行くマッコール。そのカブキかたは現代では珍しくなったアクション映画のジャンルじゃないでしょうか。

世も知らず、人からも知られずに闇に隠れて短時間で悪を倒す姿は、ツウなアクション映画ファンなら感動を覚えることでしょう。

ヒーローとしての美学や矜持がすべて描かれているといえる映画です。

また、痛快な迫力のあるアクションを久しぶりに観たいという映画ファンにもぴったりの作品。

映画『イコライザー2』は、劇場によっては4D上映やIMAX上映もしていますので、ぜひ体感するのもオススメです。

前作『イコライザー』からの要点をしっかりと押さえ、続編としての作品性は継続を守りつつも、それを超えた魅力あふれた作品です。

ぜひ、お見逃しなく!

スポンサーリンク

関連記事

アクション映画

映画『キリング・ガンサー』あらすじとキャスト。シュワルツェネッガー最強の殺し屋に

映画『キリング・ガンサー』は7月14日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク7にてロードショー。 製作総指揮に自ら名乗り出たアーノルド・シュワルツェネッガーの今度の役がらは、伝説の世界最強の殺し屋ガンサー …

アクション映画

キングアーサーあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2017年6月17日公開の待望のガイ・リッチー監督の『キング・アーサー』をご紹介! ガイ・リッチー監督ならではのオリジナルな映像美で、アーサー王伝説の物語をソードアクション・エンターテインメントに仕上 …

アクション映画

韓国映画『マスター/MASTER』あらすじと感想レビュー!公開日は?

韓国観客動員715万人の大ヒット!『MASTER/マスター』。2017年11月10日(金)より全国ロードショーに向け、極悪のカリスマ詐欺師に挑んだイ・ビョンホンの来日が決定! 今作では悪の権化と化すイ …

アクション映画

映画『SPL 狼たちの処刑台』あらすじとキャスト。上映館情報紹介も

『SPL 狼たちの処刑台』は9月1日(土)より、シネマート新宿・シネマート心斎橋ほか全国ロードショー!! 「イップマン」シリーズで知られるウィルソン・イップがメガホンを取り、カンフースターのサモ・ハン …

アクション映画

映画『アメリカン・アサシン』あらすじと感想。評価を超え続編はあるか?

スパイアクション映画『アメリカン・アサシン』は、6月29日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー。 大切な人の掛けがえのない命を奪われたことで、テロリストへの復讐心に燃えた青年ミッチ。 その …