Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『バッドボーイズ2』あらすじネタバレと感想。続編はアクション×コメディが前作以上のエンタメに!

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

“共に生き、共に死ぬ、一生悪友(バッドボーイズ)だ”

1995年公開の前作『バッドボーイズ』から、8年…。

マーカスとマイクの名(迷?)コンビが帰ってきた!

強敵、キューバの麻薬王に挑む中、マーカスの妹、シドの登場でバッドボーイズは解散の危機を迎えます。

銃撃戦!カーチェイス!悪態&口喧嘩も白熱!映画『バッドボーイズ2バッド』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『バッドボーイズ2バッド』の作品情報

©2003 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES,INC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2003年(アメリカ映画)

【原題】
Bad BoysⅡ

【監督】
マイケル・ベイ

【キャスト】
ウィル・スミス 、マーティン・ローレンス、ガブリエル・ユニオン、ジョルディ・モリャ、ピーター・ストーメア、テレサ・ランドル、ジョー・パントリアーノ、マイケル・シャノン

【作品概要】
前作『バッドボーイズ』(1995)に引き続き、マーティン・ローレンスとウィル・スミスのダブル主演、マイケル・ベイが監督、ジェリー・ブラッカイマーが製作を担当しています。

バッドボーイズが強敵、ジョニー・タピアに挑む中、二人が直面する解散の危機を迫力満点に描かれています。

映画『バッドボーイズ2バッド』のあらすじとネタバレ


©2003 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES,INC. ALL RIGHTS RESERVED.

マイアミに「エクスタシー」と呼ばれる麻薬が運び込まれようとしていました。

マイアミ警察の戦略麻薬捜査班、TNTはその情報をつかみ、エクスタシーを確保しようとしていました。

しかし、船着き場ではKKK(白人至上主義の秘密結社)の集会が行われており、集会のたき火で様子が分かりません。

船から降りた運び屋は集会の脇を通り過ぎようとしますが、集会に参加していた二人の男が覆面を取り、銃を抜き、運び屋を制止します。

その男たちこそ、マイアミ署きっての名コンビ『バッドボーイズ』のマーカス(マーティン・ローレンス)とマイク(ウィル・スミス)でした。

集会のただなかに黒人警官のマーカスとマイクが現れたことにKKKの面々と運び屋は驚きを隠せません。

マイクはTNTのメンバーに突入を指示しますが、無線機の調子が悪く、連絡が取れません。

焦るマーカスとマイクの隙を突き、運び屋はマーカスに銃を突き付け、人質に取ります。

マーカスに構わず運び屋を撃とうとするマイク、それをなだめるマーカス。騒ぎ立てる二人の隙を突き、KKKのメンバーの一人が銃を抜き出し、マイクを狙います。

マーカスの警告でマイクは銃を抜く男へ発砲、銃撃戦が始まりました。発砲音を聞きつけ、TNTも突入、あっという間に制圧します。

しかし、現場で確保されたエクスタシーはわずか。

そのころ、キューバ系麻薬カルテルのボス、ジョニー・タピア(ジョルディ・モリャ)は警察に情報が漏れていたことを知ります。

翌朝、マイクはマーカスの家を訪ねます。そこで、マーカスの妹、シド(ガブリエル・ユニオン)と対面、マイクは驚きます。

以前、証人を送るためニューヨークを訪れていたマイクは、ニューヨークのDEA(麻薬捜査局)で働くシドと偶然出会ったことをきっかけに距離を縮め、交際に至っていました。

しかし、マイクはそのことをマーカスに話せずにいました。

マーカスもまた、マイクに秘密を抱えていました。ストレスと命の危機にさらされる生活に疲れ、麻薬課からの転属願を出していました

それは、マイクと相棒でなくなることを意味していました。

そんな想いを抱えながら、二人は職場へ向かいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『バッドボーイズ2バッド』ネタバレ・結末の記載がございます。『バッドボーイズ2バッド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ロシアンマフィアのボス、アレクセイはジョニーからエクスタシーを買うべく、仲介人と面会します。

その仲介人はシドでした。

シドはマーカスやマイクに「事務職」と嘘をついており、実はDEAの捜査官として潜入捜査をしていたのです。シドは金を受け取り、引き渡し場所に向かいます。

その頃、マーカスとマイクはストリートギャングが誰かを襲撃すると言う情報を手に入れ、ギャング達を張り込み、追跡していました。

シドは金の引き渡し場所に到着しますが、現れたギャングに襲われます。

マーカスとマイクはギャングから追われるシドを目撃、たまらず追いかけます。

一般車両を巻き込んだ銃撃戦、カーチェイスの後、シドは逃げ切りますが、追ってきたマーカスとマイクに事情を問いただされます。

潜入捜査官だと明かすシドはこれまで何度も逮捕されながらも釈放されてきたジョニーを完全に逮捕、起訴する情報をつかんでいると言います。

しかし、家族に自分の仕事を秘密にしていた事、「兄」ではなく「マイアミ署の刑事」として接し、仕事の詳しい内容を明かさないシドにマーカスは怒りを露わにします。

マイクもまた、話してほしかったとシドに言葉を残し、署に戻った二人は、上司のハワード警部(ジョー・パントリアーノ)から怒鳴りつけられます。

一般車を巻き込む派手なカーチェイスを演じたうえで成果が上げられていないことに腹を立てるハワードは二人に成果を上げるようにきつく言いつけます。

その頃、ジョニーは屋敷に沸くネズミに頭を悩ませており、部下になんとかするように命令します。

マーカスとマイクは情報屋の元を訪れ、ストリートギャングの居所を聞き出します。

マーカスとマイクはギャングから、どこでジョニーへの金の受け渡しを知ったのか聞き出そうとしていました。

二人は、ギャングのアジトに向かいますが、アジトに入るや否やたちまち銃撃戦になります。

銃撃戦を制したマーカスとマイクですが、生き残ったギャングは事情を知らず、手がかりは、情報を仕入れた男のビデオカメラでした。

カメラの映像には、ある葬儀社から銃で武装した男たちが、厳重な警戒で棺を運び出す映像が映っていました。

署に戻り、葬儀社を調べる二人はその持ち主が、ジョニーの母親であることを知ります。

ジョニーの電話を盗聴することにした二人はジョニーの屋敷にネズミが発生し駆除を業者に依頼したことを知ります。

マーカスとマイクは駆除にやってきた作業員を装い、ジョニーの屋敷へ潜入。

二人が、屋敷のあちこちに盗聴器を設置する中、アレクセイが会計士と共にジョニーの屋敷を訪ねます。

その頃、マイクはシュレッダーで切り刻まれた書類を見つけ、持ち出します。ジョニーがアレクセイを屋敷に招いたのはビジネスの「再交渉」のためでした。

席を外した会計士が戻るまでビジネスの話はできないというアレクセイですが、運ばれてきたのはバラバラに切り刻まれ、箱に詰められた会計士でした。

ジョニーはアレクセイが担っていたエクスタシーの販売を自ら行うため、アレクセイから販売拠点となっているクラブを「譲り受け」ます。

屋敷内を調べていたマイクは血まみれになったキッチンを見つけ、落ちていた男の指を拾い、持ち出そうとしますが、ジョニーの部下に見つかってしまいます。

部下たちに追われながらもマーカスとマイクは脱出に成功。

ジョニーはマーカスとマイクの正体を突き止めるよう、部下たちに命令します。

マイクが持ち帰った指と書類の分析の結果、指はロシアンマフィアの会計士のもの、書類は「ディキシー7」という名の船で所有者はKKKの集会に参加していた男でした。

また、仕掛けた盗聴器からジョニーへ部下が「死体の中身を抜いておく」と言う報告と、女とビーチで会おうという電話が録音されていました。

その女の声を聴いたマーカスは顔色を変え、マイクと共に署を飛び出していきます。

女の声はシドのものでした。ジョニーと面会したシドは、ジョニーの信用を勝ちとり、エクスタシー販売の仲介を任されます。

その後、マーカスとマイクはシドを訪ね、潜入捜査を改めてやめさせようとしますが、シドは聞き入れません。

怒りをあらわにするマーカスに対し、マイクはその夜、エクスタシーの密輸に関わっていると思われる男と会うことを明かし、一緒に来るか誘います。

シドを巻き込むなと言うマーカスですが、マイクは二人でシドを守れば危険が減ると考えており、マーカスを説得します。

その後、ディキシー7の所有者の男を仮出所させ、いつものように強引に協力させ、密輸の方法について聞き出します。

港近くで受け渡しをされるという情報を聞き出したマーカス、マイクとシドはその現場を押さえようと張り込みます。

張り込み中、親しげに話すマイクとシドを見て、マーカスはシドに対しプレイボーイであるマイクをその気にさせるなと注意します。

シドはマイクがいつまでもマーカスに自分たちが交際していると話さないことにしびれを切らし、「マイクが口説いてるのかも…。」と言います。

血相を変えてマイクに問いただす、マーカスにマイクは真相を話します。

マーカスはマイクが黙っていたことに腹を立て、相棒関係を解消すると宣言。

いつもの冗談かと思ったマイクですが、すでに転属願を出したというマーカスに激怒、二人は激しい口論を始めます。

しかし、受け渡しの船が近づきます。ディキシー7は棺を受け取り、港に向かい、バンへ棺を乗せ換えます。

そのバンは葬儀社のものでした。

バンを追う二人ですが、護衛するジョニーの部下に追跡していることが見つかってしまいます。

逃走するバンを二人は部下たちの妨害を受けながら、追いかけますが、バンの運転手は死亡、ほかの部下も逃げてしまいます。

バンの中に残された棺には何もありませんでしたが、乗せたあった死体は奇妙なことに内臓がすべて抜かれていました。

現場処理に現れたハワードが激しく叱責する中、ジョニーが死体にエクスタシーを詰めて密輸している事、その証拠をつかむため、葬儀社を捜査させてほしいと伝えますが、ハワードは拒否します。

その後も、ハワードに掛け合うマイクは、捜査の許可を取り付け、一度帰宅したマーカスの元へ向かいます。

冷静になった二人はマーカスの転属について話します。

転属を希望するマーカスの意思は固く、これがバッドボーイズ最後の事件になるため、見事解決させようと誓います。

葬儀社に潜入した二人はそこで、死体と棺の裏に隠されたエクスタシーと金を見つけます。

それを写真に収めた二人はハワードの元を訪ね、ジョニーの屋敷への強制捜査の許可を取り付け、翌日決行することとなりました。

翌日、シドはジョニーに屋敷へ商談に訪れます。

しかし、ジョニーの部下はマーカスとマイクの素性を突き止め、シドがマーカスの妹であることを知ります。

時を同じく、TNTは葬儀社とジョニーの屋敷への強制捜査を決行します。

葬儀社へ向かったマーカスとマイクですがすでに金は港へ送られていました。

ヘリで港へ向かった二人は不審なボートを見つけ、拿捕、中から、金が詰まった棺を押収します。

屋敷を捜査していたTNTの面々はジョニーの姿を見つけることができません。

その時、マーカスに電話がかかります。電話の相手はジョニーでした。

シドを人質に取ったジョニーは、マーカスとマイクが押収した金を48時間以内に引き渡すように言います。

DEAやFBIも参加し、対応が話し合われますが、ジョニーはすでにキューバの領空に入っており、当局は手が出せず、また、犯罪者との交渉には一切応じないことを宣言します。

途方に暮れるマーカスにマイクは語り掛けます。

「共に生き、共に死ぬ一生悪友(バッドボーイズ)だ」。

二人はキューバへ向かう決意を固めます。

しかし、そのことを察したTNTのメンバーやDEAの潜入捜査班も二人に協力を申し出ます。

マーカスとマイク、その仲間たちは、キューバ出身の刑事の弟が率いる反政府組織の手引きによりキューバに入国します。

キューバでのジョニーの屋敷、そのすぐ近くに隠れ家を用意した反政府組織は隠れ家から、屋敷に通じる地下通路を作っていました。

しかし、キューバ政府と通じているジョニーにはキューバ軍の後ろ盾があり、シドの奪回はごく短時間で行わなけえればなりません。

マーカスとマイク達は棺を運ぶトラックを足止め、その隙にそっくりなトラックで屋敷に侵入。その棺の中にはマーカスとマイクが隠れ、ほかの仲間たちは、地下通路で屋敷へ向かいます。

屋敷に入ったトラックからラジコンカーに偽装した爆弾を走らせ、集まってきた兵士たちの真ん中で爆発させると、それを合図に全員突入しました。

慌てて応戦する部下たちと激しい銃撃戦の中、マーカスとマイクはシドを取り戻します。

しかし、思いの他、早く到着した軍隊に足止めされ、三人は地下通路へ行くことができません。やむなく車を奪い、逃げ出す三人を、ジョニーが追いかけます。

ジョニーと軍隊の執拗な追跡を受けながらも逃げる三人は最寄りのアメリカ海軍の基地に向かいます。

なんとか基地の敷地に入った三人ですが、そこは地雷原の上でした。

地雷に気を取られたマイクは追ってきたジョニーに背後を取られ、銃を突き付けられます。

ジョニーはマーカスとシドに銃を捨てるよう指示、シドは地雷の上に銃を投げ捨てます。

地雷が作動し、吹き飛ばされるジョニーの部下とそれに驚くジョニーの隙を突き、マーカスは発砲、銃弾はマイクの頭をかすめ、ジョニーに命中します。

九死に一生を得た、マーカスとマイクはマイアミに戻りました。

マーカスは転属願を撤回、マイクもマーカスにシドとの交際を認められます。

全てが丸く収まったかのように見えましたが、マイクはマーカスがシドとの交際を一向に認めなかったため、シドを諦めようとしていたことを明かします。

それを聞いて激怒するマーカス、それに反論するマイク、二人の怒号が今日もマイアミの海に響き渡ります。

スポンサーリンク

映画『バッドボーイズ2バッド』の感想と評価

前作『バッドボーイズ』から8年の月日を経て公開された本作。前作以上の迫力あるアクションに軽快なコメディが楽しめるエンターテイメント作品になっています。

特に、ギャングがシドを追いかけ、さらにそれを追うマーカスとマイクを妨害するためキャリアカーから次々と車を落とす場面は、次々と車がクラッシュし、マイクが自身の車をすれすれで避けていく様子は手に汗握るアクションシーンとなっています。

また、ギャングのアジトに踏み込んだ際のマイクとギャングが壁を隔てて撃ち合うシーンは、お互いの様子がわからない中で、心理戦のような様相を呈しており、次の展開が読めない演出にハラハラさせられました。

他にもキューバの屋敷での銃撃戦では銃弾で破損した柱の木片が飛び散ったり、コンクリートから舞う土埃の演出は激しい銃撃戦を体感させる演出で臨場感あふれる場面になっています。

前作では、マーカスとマイクのコミカルなやり取りが印象的でしたが、本作でも健在、それどころか、パワーアップしています。

マーカスは前作以上に慎重に平和的に物事を進めようとしている一方、マイクは前作以上に喧嘩っ早くなっており、すぐに銃を取り出していました。

そのことによって、起こる二人の口論はどんな状況だろうとお構いなし、特に冒頭で、マーカスを人質にとられながらも犯人そっちのけで口論する様子は非常に愉快なシーンとなっていました。

そんな二人が本作ではコンビ解消の危機に追い込まれるわけですが、シドが連れ去られて途方に暮れるマーカスをマイクが抱きしめる場面は長年、育んできた絆の強さを感じさせるとともに、言葉を交わさずとも通じ合える関係性に胸が熱くなりました。

まとめ

前作「バッドボーイズ」で一躍有名になったマーティン・ローレンスとウィル・スミスですが、本作への想いは非常に強く、自分たちを代表する作品だからこそ、その続編には心血を注いでいます

また、監督のマイケル・ベイもその想いは同じで前作で現職警官から指摘された事により、本作の撮影に際し、現職警官からレクチャーを受け、実際のTNT隊員を役者に起用し、アクションシーンに臨むという徹底ぶりでした。

その結果、本作は前作を超える大ヒットとなりました。

彼らの飽くなき精神と努力が今後もヒット作を生み出し、私たちを楽しませてくれることを願います。




関連記事

アクション映画

イーサン・ホーク主演『リミット・オブ・アサシン』。父の日を記念した場面写真と特別映像解禁!

復讐に与えられたのは24時間限りの命『ジョン・ウィック』製作陣とイーサン・ホーク主演のノンストップ・キリング・アクションが誕生。 映画『リミット・オブ・アサシン』は6月16日(土)より 新宿バルト9ほ …

アクション映画

映画ジャスティスリーグあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

マーベルと双璧を成すDCコミックスのスーパーヒーローたちが結集! 今年一番の超大作映画『ジャスティス・リーグ』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『ジャスティス・ …

アクション映画

映画『ラストウィッチハンター』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

800年もの時を生き抜いてきた魔女ハンターが、現代のニューヨークを舞台に人類存続のため復活を目論む女王と死闘を繰り広げるアクション・ファンタジー. ヴィン・ディーゼル主演の話題作『ラスト・ウィッチ・ハ …

アクション映画

インド映画『ロボット2.0』あらすじと感想評価。続編でもスーパースターラジニは健在!

ラジニカーントが再び“ロボットたち”になって帰って来た! インドのスーパースターにして人間国宝、ラジニカーント。2019年現在、御年68歳のラジニが、踊ります!飛びます!増えます! 2010年、南イン …

アクション映画

映画『パンク侍、切られて候』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『パンク侍、切られて候』は、6月30日(土)より全国ロードショー。 芥川賞作家にしてサブカルチャーのキーパーソン町田康のベストセラー小説を監督石井岳龍、脚本宮藤官九郎という現時点で最高の布陣で映像 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP