Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『アントマン&ワスプ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • かきぴー

大人気コミック「マーベル」の実写映画化プロジェクト『マーベル・シネマティック・ユニバース』こと、『MCU』

『アントマン』は『MCU』の一部作品で、本編以外にも『シビル・ウォー』にて、キャプテン・アメリカ達と共闘しました。今回は『シビル・ウォー』後の話である『アントマン&ワスプ』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『アントマン&ワスプ』の作品情報


(C)Marvel Studios 2018

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【監督】
ペイトン・リード

【キャスト】
ポール・ラッド、エヴァンジェリン・リリー、マイケル・ペーニャ、ウォルトン・ゴギンズ、ボビー・カナヴェイル、ジュディ・グリア、ティップ・“T.I.”・ハリス、ハナ・ジョン=カーメン、マイケル・ダグラス

【作品概要】
『シビル・ウォー』にてアベンジャーズとともに戦ったアントマンこと、主人公のスコット・ラング。ソコヴィア協定に違反したスコットは、FBIから2年の自宅軟禁が言い渡されました。後3日で軟禁から開放されようとした日に…。

前作『アントマン』から3年、遂に直系の続編が公開されました。『アントマン』公開後から、MCUの中では『シビル・ウォー』に登場して以来です。

監督は『イエスマン』や『チアーズ』など明るい作風のペイトン・リードに、主人公スコット役に『俺たちニュースキャスター』など、コメディ映画への出演が多いポール・ラッドです。

映画『アントマン&ワスプ』のあらすじとネタバレ


(C)Marvel Studios 2018

冒頭は前作でも語られた先代のアントマン&ワスプの話から始まります。

娘であるホープ・ヴァン・ダインを置いて、ロケットを止めに行くハンク・ピムとジャネット・ヴァン・ダイン。

ロケットには追いついた2人ですが止めることができず、ハンクは自身を限界まで小さくして量子になりすり抜けようとしましたが、調整器が壊れていて実行できませんでした。

代わりに、ジャネットが粒子になりロケットを止めました。ですが、量子化したジャネットは2度と戻れず30年経ちます。

所変わって、2年前にアベンジャーズ同士の戦いに関与したスコット・ラングはソコヴィア協定に違反したとして、FBIから軟禁生活を言い渡されました。

後3日で監視から開放されるという日に、とある夢を見ます。

シビル・ウォーの1件で絶縁されていたハンクの妻であり、ホープの母親の夢です。

FBIには隠していた携帯から、ハンクへ連絡しました。その翌日、どこからともなくホープに連れて行かれるスコット。

アントマンやワスプの巨大化、縮小化を生かした技術で車やビルを持ち運びながら生活していました。

2人はアントマンのスーツ制作に関わった罪でFBIから追われていたのです。

ジャネットを量子世界から救う計画を考えていた2人は、スーツの件で悪いと思っているなら借りを返せと言って協力させます。

計画の実行には、裏世界の人間のソニー・バーチから部品を買わねばなりませんでした。

そんな中、FBIと通じているソニーは、取引先の店にて彼女たちが追われていることで脅して持ち運びできるラボを要求しました。

ワスプスーツで圧倒するホープは店を去ろうとしましたが、そこには物質をすり抜ける謎の敵ゴーストにラボを奪われます。

ハンクは、かつてSHIELDで共に働いていたビル・フォスターを訪ね、アドバイスを貰います。

ビルのアドバイスを元に、ラボの位置を割り出したハンクたちは、ゴーストの手からラボを取り返そうとしましたが返り討ちにあってしまいました。

量子実験の失敗に巻き込まれ両親を失い、自身の存在も安定しなくなってしまったゴースト、本名をエイヴァという少女は自身を安定させるためにラボを奪ったのです。

ラボには量子トンネルがありました。ハンクたちは量子トンネルを利用しジャネットを、エイヴァはビルと協力し存在を安定させようとしたのです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『アントマン&ワスプ』ネタバレ・結末の記載がございます。『アントマン&ワスプ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Marvel Studios 2018

とっさの機転を利かしてなんとか脱出したスコットたち。携帯型ラボの関係もあり、どこでも展開できるため森のなかで量子トンネルを展開しようとしました。

ソニーによって居場所を吐かされたルイスはスコットへと報告しました。その場にはゴーストもいて、ゴーストがいち早く向かいました。

間に合わないと決めたソニーは、FBIの内密者へと密告しました。ラボを小さくしたホープたちは周りをFBIに囲まれていました。

こっそりラボを持っていこうとする内密者ですが、ゴーストによって奪われてしまいます。一時は捕まってしまう2人でしたが、スコットにより救出されます。

合流してゴーストを追っていきますが、最終的にソニーがラボを手に入れます。

すんでのところで取り返したアントマンですが、ゴーストによって船着き場の近くで展開されてしまいます。

ラボの中で先にジャネットを救いに行っていたピムは、なんとかジャネットの救出に成功します。

ゴーストに占拠されかけたラボでしたが、なんとかアントマン&ワスプの活躍によって現実世界へと帰還しました。

量子世界で過ごした結果、進化したジャネットによってゴーストの分裂を止めることができました。

スポンサーリンク

映画『アントマン&ワスプ』感想と評価


(C)Marvel Studios 2018

『シビル・ウォー』以来の出演となるアントマンですが、ポール・ラッドの演技も相まってコメディ映画とヒーロー映画のいい所取りでした。

今作『アントマン&ワスプ』を鑑賞して感じたのは、家族愛をテーマにしているという事です。

この作品には家族は3つ登場します。

1つはスコット・ラングと娘たち家族、2つはホープたち、そして3つめはゴーストとビルの2人です。

スコットたちは前作でもクローズアップされましたが、今作ではジャネットを救出しに行くホープたちにも注目です。

そして3つめの家族として挙げた、ゴーストとビルです。

2人は本当の家族ではありませんが、ビルはゴーストを救うと誓い、ゴーストは終盤にてビルを逃すために行方を眩ませるなど、協力者の関係を超えたシーンも見受けられました。

劇場でご覧になる際は、是非この3つの家族に注目して見ていただきたいです。

まとめ


(C)Marvel Studios 2018

MCUの人気シリーズの続編『アントマン&ワスプ』について紹介させていただきました。

MCUにはキャプテン・アメリカのようなかっこいいヒーローや、スパイダーマンのように等身大のヒーローまで様々なヒーローがいます。

その中でもアントマンは家族のために戦い、何よりも見ていて応援していたくなるヒーローです。

劇中では、真面目なシーンでもコメディを入れてくるなど観客を飽きさせない演出で、スクリーンから目を離すことができません。

見に行く方は前作『アントマン』を、予習してから見に行くと話がズムーズに理解できるのでおすすめです。

関連記事

アクション映画

マッドマックスをブラッククロームエディションで観るべき3つの理由!

2017年1月14日から劇場公開中、モノクロ映画の集大成であり、映画史の総括といっても過言ではない、『マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>』エディションをご紹介。 「カラーで観た …

アクション映画

Netflix映画『シャドー・オブ・ナイト』ネタバレあらすじと感想考察。ザ・レイドの出演俳優が過激すぎるバイオレンスアクションを魅せる!

Netflix映画『シャドー・オブ・ナイト』 疲れやストレスの溜まりやすい日常に無性に鑑賞したくなるアクション映画。 難しいことを考えずに画面内の動きを楽しむひと時は、アクション映画好きにとっては至福 …

アクション映画

『アフリカン・カンフー・ナチス』感想評価とレビュー解説。トンデモ映画がガーナから日本へ上陸⁉︎

映画『アフリカン・カンフー・ナチス』は、2021年6月12日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国公開! 2020年インターネット上で話題を呼び、課金制で限定配信されたAmazonでは5点満点 …

アクション映画

西村喜廣映画『WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックス』レビュー感想と考察。オリジナルな世界観で描かれる“セカイのヘイワ”

「シッチェス映画祭ファンタステック・セレクション」は2019年10月11日(金)より全国3か所で開催。 スペイン・バルセロナ近郊のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭「シッチェス映画 …

アクション映画

『ラストサムライ』ネタバレあらすじ結末と感想考察。トムクルーズと渡辺謙の共演で描く明治維新の‟武士道”

第28回日本アカデミー賞外国作品賞受賞ほか数々の賞にノミネートされた傑作時代劇! エドワード・ズウィックが脚本・監督を務めた、2003年製作のアメリカの叙事詩的時代劇アクション映画『ラストサムライ』。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学